ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

「スマホの月額料金は高い」/「格安だけど何か?」 2016年・完全二極化の時代

   

2015年末、雑誌付録とはいえついに0円スタートとなるMVNOのSIMカード(0SIMが登場したことにより、MVNOによる価格競争も来るところまできた感があります。

一方で、ドコモなど3キャリアの料金は依然として高止まりしており、キャリアでスマホを利用しているユーザーと、MVNOの利用を開始しているユーザーとの間には、あまりにも大きな価格差が生まれつつあります。

2016年は、この価格差が総務省の動きによってどれだけ縮まるのかが一つの焦点であり、3キャリアの月額料金が値下がりする反動で、端末価格の高騰または端末価格の割引減少が想定されています。

そうした動きを踏まえて、ユーザー側はどういう心構えで2016年のスマホ業界を渡り歩いたらいいのでしょうか。

MVNOは徐々に淘汰の時代へ

MVNOは、認知の度合いにかなり差があるため、まだまだ知らない人も多いですし、知っている人も2015年に初めて知ったという人も少なくないでしょう。

実際にMVNOが一般的に認知され始めたのは2013年で、その頃にすでに利用を開始していた人は、かなり耳が早いユーザーと言えそうです。

2014年から2015年にかけて、MVNO事業者は爆発的に拡大し、数え切れないほどのMVNOが登場しました。そのことが結果的に、利用してみたいがどこを利用すればいいのかわからない、というユーザーを生んだ側面もあるかもしれません。

多くのMVNO事業者は当初、家電量販店などで販売される「格安スマホ」とのセットなどで契約数を伸ばしました。

ただその中で、当初格安スマホとのセット販売は行われていなかったOCNモバイルONEが、現在MVNOシェアナンバーワンに輝いています。この点、やはりNTTの持つブランド力と安心感のたまものかもしれません。

 

とりあえず最初はNTTコミュニケーションズというバックを持つOCNで様子を見てみよう

 

そんなユーザーが多かったのかもしれません。

2015年には、MVNOの広がりとともに大まかな勢力図も見え始め、OCN、IIJmio、BIG LOBE LTE、b-mobileなどのシェア上位に対して、マルチキャリアMVNOを武器に展開するmineoや、業界最安値を全面的に押すDMMモバイル、独自のSIMフリースマホに格安プランにより契約を伸ばすFREETELなどが戦いを挑む形でしょうか。

しかしそれでもやはりMVNOの数は多く、選択はなかなか難しいところです。MVNOもそれぞれ独自プランもあり、一からプランを精査していくのは非常に骨が折れる作業です。

今後ユーザーが求めるのは、安心感と、わかりやすさと、安さ、この三つを兼ね備えたMVNOではないでしょうか。すでに最低料金が0円~500円以下まで落ちてきている中で、もはや安さだけでは勝ち抜いていけなくなることは確実です。

 

3キャリアの料金値下げには期待しない

2016年は、大手ケータイキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金体系にも大きな変動が予想されています。

これは、安倍首相の一言に端を発した総務省主導の値下げ圧力によるもので、利用が少ないユーザーには安くサービス提供ができるようにと、1GBプラン5000円以下のプランを作るよう、各キャリアに要請が出ています。

それを踏まえて考えると、「もう少し待てば安くなるならドコモに残ろうかな」という気持ちが出てくるユーザーも多いと思います。しかし、ここはあまり期待はしない方がいいでしょう。

そもそもの話をすると、1GB以下で5000円であれば、完全に不十分です。MVNOと比較すればそれでも十分高いのです。というより、5000円も支払うのに1GBしか使えないこと自体、おかしな話です。MVNOの平均はデータ専用プランなら3GBで900円、通話を含めても1600円前後で利用可能です。

もちろん、MVNOにもカケホーダイにならないとか、通話品質が確実に劣る、サポートが弱い、などのデメリットはあります。それでも料金だけで考えるのであれば、もはや大手キャリアを利用する意味はありません。

 

もう一つ、3キャリアの値下げに期待ができない理由としては、当然のことながら収益が下がるとわかっているプランを出したい企業があるはずもなく、利用状況によって料金が下がるユーザーを作り出すなら、逆に利用によって料金が上がるユーザーも作り出さなければ割に合わないわけです。

そうでなくても地味な値上げ措置が都度とられている大手キャリアの姿勢からみて、あまり信用できるとは考えない方がいいでしょう。

もちろん、値下げになるユーザーは確実に出てくるでしょうし、どういうプランが実際に提示されるかは決まってみなければわかりませんが、期待する気持ちは半分程度にとどめたほうが無難と言えそうです。

 

スマホ価格高騰に今から備える

2016年にもう一つ考えておきたいのは、スマホ端末の価格高騰についてです。

価格はもともと6万~9万円程度で推移しているので、実際のところは月々サポート等、割引の減額といった方がいいでしょう。

料金を値下げする代わりに、端末代金については極端な割引をしないように変わってくるかもしれません。総務省による「販売奨励金に上限を」という方向性が、ユーザー側にはデメリットとして左右する可能性大です。

そうなってくると、「実質0円」という表記は消滅し、24回で割賦を組んでも端末料金は高ければ月額3800円程度かかってくる計算になります。結果、ユーザー負担は今までよりも増えます。

つまり、長く同じスマホを使い続ければ続けるほどお得になる、という形です。たくさん買いかえれば、その分コストは上がるということです。

こうなってくると、当然端末の販売数が激減することが確実なので、何かしら手を打ってくれると信じたいところですが、今のうちから対策を取っておくにこしたことはありません。

つまり、今のうちの買い替えです。

とりあえず今のうちに買い替えておけば、その機種までは大きな月々サポート等の月額割引を受けることができ、実質価格としてはかなり安く利用できるはずです。

ただ、これももちろん、まだどうなるかわからない今の状況においては一つの可能性の話ではあります。

 

iPhoneは安く買えなくなる?

同じことが、iPhoneにも言えます。

というより、もっとも大きく影響を受けるのはiPhoneではないかと思われます。

端末価格が上がれば当然スマホやiPhoneは売れにくくなり、その結果としてどのキャリアも、Appleから課せられた販売ノルマをこなせなくなる可能性があります。

そうなったときにどうなるのか、これは見当もつきません。Appleから契約を切られ、日本からiPhoneが消えてしまうのか、高くても購入したいというユーザーにのみ、細々と売られ続けていくのか、価格の高騰をできる限り抑え、ユーザー負担にならないように今と同じような何らかの施策がとられるのか。

ただし、MNP一括0円など、そもそも日本におけるiPhoneの普及の仕方に問題があったわけで、本来の本当に買いたい人だけが買うハイエンドの端末として生まれ変わるのもそれはそれでいいのかもしれません。

 

2016年には、4インチのiPhoneが復活するという噂があります。iPhone 6cなのかiPhone 7cなのか、4月発売なのか従来通り9月発売なのか、まだまだ情報は錯綜しており何が正しいのかはわかりませんが、そうした新型iPhoneが、今までのように格安で手に入るかどうかはまったくの未定です。

スマホもiPhoneも、実は非常に高い端末である、という認識を改めて持ち、来るべき時に備えて大切に利用していきたいところです。

 - ドコモとMVNO/スマホ業界裏コラム