ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ・2018年夏モデル新機種の足音

   

2018年も新年度に入り、いよいよ新機種・2018年夏モデルの足音が聞こえてくる時期となりました。

例年の動きからすれば、5月~6月には発表会が実施され、その直後には発売が開始されるというスケジュールとなりますが、2018年も近い動きになることが予想されます。

既に発売が有力視されている機種としては、SONYより発表済みのXperia XZ2や、こちらもサムスンより発表済みのGalaxy S9/S9+がありますが、その他の機種もこれまでの発売スケジュールを考えていくと概ね予想はできます。

果たして2018年夏モデルにはどういう機種が発売されるのか、今から購入を検討するのであれば待つべきなのか今のうちに購入すべきなのか、考えてみました。

2017年夏・冬発売スケジュール

過去機種の発売スケジュールを確認すると、2018年夏モデルの動きも大体は予想ができます。まずは2017年夏モデルから振り返ってみたいと思います。

 

2017年夏モデル・ドコモ

夏モデル 機種名 発売日
Xperia XZs SO-03J 5月26日
arrows Be F-05J 6月1日
Galaxy S8 SC-02J 6月8日
Galaxy S8+ SC-03J 6月8日
Galaxy Feel SC-04J 6月15日
Xperia XZ Premium SO-04J 6月16日
AQUOS R SH-03J 7月7日

 

一応参考までに、2017-2018冬春モデルの発売スケジュールも出しておきます。

 

2017-2018年冬春モデル・ドコモ

冬春モデル 機種名 発売日
Galaxy Note8 SC-01K 10月26日
AQUOS sense SH-01K 11月10日
Xperia XZ1 SO-01K 11月10日
Xperia XZ1 Compact SO-02K 11月17日
MONO MO-01K 11月30日
arrows NX F-01K 12月8日
M Z-01K 2月9日
V30+ L-01K 1月25日
Disney Mobile on docomo DM-01K 2月28日
JOJO L-02K 3月23日
らくらくスマートフォン me F-03K 2月28日

 

2017年の傾向から考える2018年夏モデル

Xperiaは2017年夏モデルで2機種発売されていますが、本来なら1機種でもおかしくなかったところなので、2018年夏モデルでフラッグシップモデルとしてのXperia XZ2は確実としても、あともう一機種、Xperia XZ2 Compactが発売されるかどうかは微妙、というところです。

Compactシリーズは冬春モデルにおいてXperia XZ1 Compactが発売されているので、「年間サイクル」が採用されると夏モデルでは見送られる可能性もあります。

 

次に富士通のarrowsですが、これは現在既にarrows Be F-05Jが販売終了となっていることからも、次期機種の発売が大いに期待できそうです。

加えて言うなら、その機種はエントリーモデルとして価格と性能を抑え、docomo withに対応してくることが期待されるため、次期docomo with機種を待ちたい、という人はもう少し待ってみるのも一つの方法です。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

 

SHARPのAQUOSは、冬春モデルでエントリーモデルのAQUOS senseが発売されており、その前の2017年夏ではフラッグシップモデルとしてのAQUOS Rが初登場しました。

その流れで行くと、2018年夏は、新しいフラッグシップモデルの投入が期待されます。

 

2017年夏、最もドコモで多くの機種を発売したメーカーが、サムスンです。

以前の勢いは完全になくなってしまいましたが、それでも引き続き非常に使いやすい人気機種であることは間違いありません。

2017年夏にGalaxy S8S8+、さらにdocomo with対象機種としてGalaxy Feelが発売されました。さらに秋には久しぶりのGalaxy NoteシリーズとしてGalaxy note8も発売されました。

2018年夏は、Galaxy S9S9+の発売が濃厚ですが、docomo with機種として他にも機種投入があるかには注目したいところです。

主要メーカー以外の機種投入はあるのか

注目したいポイントの一つとして、2017年夏にはなかった、主要メーカー以外の機種投入があるのか、という点があります。

現在ドコモで発売されているスマートフォンの主要メーカーは、SONY、富士通、サムスン、SHARPの4社で、冬春モデルではこれに加えて韓国のLG、中国のZTEが参加しています。

国際的には勢いのある中国メーカーも、日本ではやはりなかなか受け入れられにくい面があるのか、ZTE、そしてたまに発売されるHUAWEIも、苦しい戦いが続いている印象です。韓国のLGも最近は少し控えめな印象です。

まぁそもそも日本はiPhone一強時代が続いているので、Android勢は元々が不利なのですが。

仮に主要メーカー以外の機種が投入されても、よほどの特徴がない限り、なかなか選択する理由は生まれにくいと言えるのかもしれません。

 

コラボ機種はないのか

2017-2018年冬春モデルでは、ドコモとして久しぶりのコラボスマートフォン、JOJO L-02Kが登場しました。

こうした、遊び心とファンに特化した特徴的なスマートフォン展開は、コストに見合うのかはともかくとして、今後も続けてもらいたいところですが、引き続き2018年夏モデルとして登場するのかも気になるところです。→「ドコモの歴代コラボスマホ

 

新サービス・新プランの発表があるか

新機種と同時に気になるのが、新サービスや新プランの発表があるのか、という点です。

2017年夏は、シンプルプランとdocomo withが、時期はズレましたが相次いで発表されて話題を集めました。

2017年冬は、注目を集めるほどの大きな新プランの発表はありませんでした。

楽天の携帯業界への正式参入も決まったところで、まずは最大手のドコモから、さらに追随を許さない新しい展開が期待されるところです。

5月、または6月の新商品・新サービス正式発表に期待しましょう。

 

新機種購入を検討する前に

ドコモの新機種購入をする前には、必ず事前準備をしておきましょう。

そうすることで、効率よく、よりお得に機種変更・新規契約を実施することができます。

行き当たりばったりで購入すると、せっかくお得に購入できるチャンスをみすみす逃してしまいます。

新機種購入をする前に是非確認しておいていただきたい内容を以下でまとめていますので、参考にどうぞ。

新機種購入する前に

 - 2018年夏モデル