ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

一般会社員でもアメックスカードを持てた話/dカード GOLDとの併用

   

ドコモユーザーとして、dカード GOLDをメインにすえた最高に効果的なクレジットカード運用を日々考えている当サイトですが、ごくごく平凡な会社員に過ぎない私が、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)を手に入れることに成功した話を今回は書こうと思います。

 

実は当初、ステータス性を求めるのであれば初めからアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)にチャレンジすることも検討しました。

幸いにもその当時、アメックスはグリーンカードもゴールドカードも年会費が1年間無料という素晴らしいキャンペーンが実施されていたため、初年度の負担はゼロということがわかっていました。2年目以降はまた、その時の状況で考えればいいわけです。だからこそ、ゴールドカードチャレンジ、という無謀な野望も持っていたわけです。(※アメックスグリーンは年会費12000円、ゴールドは29000円

 

ただ、せっかくなのでまずはグリーンカードから手に入れ、そしてやがてはゴールドにインビテーション(招待)されてみたい、アップグレードという形で少しずつカードを育ててみたいと考え、あえてアメックスカード・グリーンを申し込みました。→関連記事:「クレジットカードの育て方

ちなみに、レギュラータイプのアメックスカードは、その券面のデザインから「グリーンカード」と呼ばれたりします。ゴールド・プラチナなどと分けて考えたい時には表現として便利なので一般的によく使われています。

 

amex01

 

そのアメックスカード(グリーン)の申し込み自体は、ドコモのdカード GOLD同様、ネットから簡単申し込み可能でした。

その結果と、dカード GOLDとの併用について検証していきます。

アメックスカードの申し込みをしてみた

アメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスカードの申し込みは、インターネットから簡単に実施できます。

というより、インターネット以外でどこで申し込みをすればいいのか、私はよく知りません。

ネットからの申し込みが最も手っ取り早く簡単です。

ただ、ネット上での申し込みを行う場合にも、アメックスカードにはメインとなるプロパーカード以外にも提携カードが各種存在するため、うっかり間違って提携カードを申し込みしてしまうという可能性もあります。

プロパーカードとはアメックスが自社で発行しているアメックスカードのことを指しますが、そのプロパーカードの申し込みをしたい場合は、間違って提携カードの申し込みをしてしまわないように注意しましょう。以下、アメックスカードおよびアメックス・ゴールドの公式申し込みサイトです。

 

アメックス公式→アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスゴールド公式→アメリカン・エキスプレス(R)・ゴールド・カード

 

アメックスカードの審査

アメックスカードはそのステータスの高さから、やはり審査も相当厳しいのではないかと、個人的にも考えていましたし、実際そういう印象が強いのではないでしょうか。

申し込みをしてみたはいいものの、普通の会社員程度ではもしかしたら審査に通らないのではないかと、結構不安でした。

ですが、そんな心配は杞憂に終わり、結果的に申し込みをして一週間ほどでその結果が出ました。

おそらく定職に就き、数年経過している状態であれば、大抵の人は通るのではないかと思います。想像よりも、ずっとアメックスカードは入手しやすいようです。

 

アメックスカードが届いた

私がアメックスカードを持ちたいと思い始めたのは、30歳を超えてからだったと記憶しています。

そもそも、アメックスカードのステータス性を認識していなければ、そもそも持ちたいなどと思うはずもなく、アメックスカードの存在を意識し始めたのが、30を過ぎた頃だったということだと思います。

そんなアメックスカードについにチャレンジし、そしてその夢のクレジットカードが我が家に届いたのです。

待ちに待った、アメックスカードに、言いしれぬ高揚感とともに、封筒の封を切ったのを覚えています。
楽しみにしていた何かを開封するのは、いつになってもドキドキするものです。

内容物は結構多く様々でしたが、とりあえず私は真っ先に、カードを探しました。
生まれて初めて手にする、アメリカン・エキスプレスカードです。やはりテンションが上がります。早くどこかで利用したいと思いました

おそらく、アメックスカード/アメックスゴールドカードを手に入れると、多くの人がそんなワクワク感を覚えるのではないかと思います。

そしてチラッと頭をかすめる年会費12000円・・・。わざわざそれだけの年会費を払ってでも持っておきたいカードなのだという特別感、年会費を払ってステータスカードを所有しようとしている自分の像が、頭の中で勝手に作られ、アメックスカードの価値をぐっと高めてくれたりするわけです。

もしこれから申し込みをするのであれば、是非、申し込みからカードが届くまでの一連の高揚感を味わってもらえればと思います。

 

アメックスカードとdカード GOLD

さて、そこで忘れるわけにはいかないのが、dカード GOLDです。

こちらもステータスの高いゴールドカードとして、ドコモユーザーの方であれば既に長年有効活用している方も多いのではないかと思います。

アメックスカードとdカード GOLDは、比較的違和感なく併用できます。

アメックスゴールドカードとdカード GOLDの場合は、それこそゴールドカードを2枚持つ形になりますが、どちらも役割が異なると考えれば2枚持ちでも十分合理性はあります。

 

 

まず、アメックスカード(グリーン)とdカード GOLDの場合です。

dカード GOLDについては、どういうメリットがあるのかはここでは省略します。ドコモ利用中であればいくつもの特典が用意されており、年会費1万円がかかったとしても十分元を取ることができる、経済的合理性に基づいて利用することができます。→関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

加えてアメックスカードです。こちらは前述したとおり、やはりそのステータス性がものを言います。

何より大事なことは「アメックスカードを持っている」という事実であり、ポイントがお得とか、こういう特典を受けられる、というような詳細内容は二の次です。

もちろんそうした詳細なサービス内容は理解しておくべきですし、活用してこそ年会費分の元はとれるのかもしれませんが、dカード GOLDほどに年会費分を実際に金額として元を取ることはありません。

あくまで社会的ステータスを買ったと考えるべきところだと思います。

利用パターンとしては、いろんな場面でクレジットカードを利用する場合、アメックスカードを提示した方が見る人が見ればインパクトを与えられるかもしれません。

ただ、そこまでカードに詳しくない人が見た場合、アメックスカードは普通のグリーンカードです。それに対してdカード GOLDは曲がりなりにもゴールドカードなので、アメックスカード以上のパワーを発揮することもあります。

場面場面に合わせて、買い物時に利用するカードは選択すればいいのではないでしょうか。

 

そして、アメックスゴールドカードとdカード GOLDの場合です。

この場合、どちらもゴールドカードではあるものの、圧倒的なステータスパワーがあるのはやはりアメックスゴールドカードです。

ただし、年会費が29000円もするアメックスゴールドカードは、コストパフォーマンスという意味ではdカード GOLDに遠く及びません。

アメックスゴールドカードも、ゴールド特有の特典は非常に多く用意されているものの、そのすべてを年会費の元を取るほどに利用できるかというとかなり微妙なところです。

その分、細かくコスト的なメリットを受けたい場合にはdカード GOLDをうまく活用することで、多少の帳尻を合わせることはできるかと思います。

 

ただ、そもそもアメックスゴールドカードを持てるような人は、収入的に、または資産的に余裕がある人が多いのではないかと思われるため、dカード GOLDを細かく活用する、という必要はもしかしたらあまりないのかもしれません。

とはいえその場合でも、dカード GOLDはドコモを利用している限り非常にお得なカードであるのは間違いないため、しっかり併用はしていきたいところです。

 

アメックス公式→アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスゴールド公式→アメリカン・エキスプレス(R)・ゴールド・カード

アメックスカードでApple Payを利用することもできる

dカード GOLDは当初からApple Payに対応していますが、アメックスカードは最近ようやくApple Payに対応しました。

dカード GOLDの「iD」に対してアメックスカードでは「QuicPay」を利用します。→「Apple Payをアメックスカード/アメックスゴールドカードで利用する

 

現状、Apple Payが利用できるのは、iPhone 7/iPhone 7 Plusのみなので、誰もが影響を受けるわけではありませんが、今後iPhoneの新機種が出てくるたびにApple Pay対応機種は当然増えると思われますので、今後のことを考えても非常に大きなアメックスカードのApple Pay対応になったのではないでしょうか。

dカード GOLD、アメックスカード、どちらもApple Payに登録しておけば、「iD」でも「QuicPay」でもどちらでも簡単買い物が楽しめますので、両方のカードを入手したなら、是非試してみましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏