ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモの機種購入時「頭金」とdポイントの消費税負担増

   

ドコモで新機種スマートフォンを新規購入、機種変更しようと考えて販売店に赴くと、かなりの確率で「頭金」に出会うことになります。

「頭金」は機種購入時に店頭で支払う必要がある金額なので、割賦だからお金はいらないと思ってショップに出向くと、頭金を払えずに購入できないということもありますので注意が必要です。

しかしそもそも、ケータイスマートフォン販売における頭金とは、どういうものなのでしょうか。

「頭金」を理解する

通常「頭金」と言えば、住宅などを購入する際に、支払い総額の中で最初に支払うある一定のまとまった金額のことを指します。

「総額5000万円の住宅の、うち1000万円は頭金で支払って、残りをローンで」、という具合です。

 

しかしスマートフォン販売における「頭金」とは、住宅の場合のそれとは若干内容が違い、本体価格に上乗せされた販売店独自の追加料金のことを指します。

 

つまり、ドコモオンラインショップで購入すれば5万円のスマートフォンを販売店窓口で購入すると、5万5千円かかったりします。この場合5000円がオンラインショップ価格よりも高くなっているわけですが、この部分が「頭金」です。

実店舗で購入する際の、手数料のようなものだと理解するとわかりやすいかもしれません。

この「頭金」を支払いたくないなら、頭金がかからない機種を選んで購入するか、お店ごとの頭金割引キャンペーンなどを狙って購入するか、もしくはドコモオンラインショップで購入すれば頭金はかからずに機種購入をすることができます。

さらに加えると、ドコモオンラインショップであれば、手数料も店頭での手続き実施よりも安くすみます。内容をほとんど自分で把握できる人は、わざわざ店頭で買うメリットは皆無と言えます。

 

頭金と消費税とdポイント

さて、この頭金。

その金額の幅は初期のころから見るとかなり大きいものでした。

最も高かった時期には、頭金だけで1万円超え、なんてお店も一時期ありました。現在ではそこまで頭金が高いお店は見当たらないので、何らかの是正が入ったのかもしれません。各キャリアともに、現在頭金の上限金額は5000円となっている模様です。

 

ちなみに、頭金5000円は税別の金額で、しっかり消費税がかかります

そのため、頭金が5000円であれば、消費税は8%で計算すると400円。つまり合計で税込5400円となります。

そしてau WALLETポイント、ソフトバンクのTポイントに続いて、ついにドコモも、2015年12月1日以降、この消費税分が大きく影響を及ぼすようになってしまいました。

 

つまり、1ポイント=1円(税別)から1ポイント=1円(税込への変更です。

 

この部分については完全に「改悪」と言わざるを得ない部分ですが、すでに変更済みだったau、ソフトバンクにドコモも悪い意味で追随することになりました。

頭金においてもこの1ポイント=1円(税込)が適用されるので、5000円(税別)の頭金に対しても今まで5000ポイントあれば相殺できていたのですが、2015年12月1日以降は、5000円(税別)の頭金に対して5400ポイントが必要になったのです。

つまり頭金を相殺しようと思ったら、400円分のポイントを損する形になってしまったのです。

時代の変化に合わせて、ということですが、地味にユーザー負担はこんなところでも増えてきています。

 

dポイントで頭金の消費税分を取り戻すには

dポイントのシステムが開始され、ドコモ以外の加盟店でもdポイントを貯めることができるようになりました。

2015年12月時点では、dポイントが付与される加盟店はほぼローソンのみ(都内一部マクドナルドも加盟店)という状況ではあるのですが、ではその加盟店でどれだけ利用すれば、頭金分のポイントを取り戻せるのでしょうか。

 

ローソンにて100円(税抜)の買い物をすると1ポイント。つまり1万円(税抜)買い物で100ポイント。

4万円(税抜)買い物してようやく400ポイントです。

 

ローソンでもポイントを貯められるようになった、と思って喜んでいたら大間違いということです。

実はこの、1ポイント=1円(税込)への変更だけで、5000円(税抜)分へのポイント利用にたいして、単純にローソンでのポイント付与4万円購入分ほどがマイナスになっているのです。よっぽどローソンで買い物をしないと、元を取ることはできません。

 

しかも割に合わない感じなのは、ポイント付与については100円(税抜)=1ポイントと、消費税を別にしてあるところです。

1000円(税込)だったら、9ポイントしか貯まらないわけです。こういう細かい部分は、一人一人のユーザーであればそれほど大きな影響はありませんが、全体として規模が大きくなるとかなり効いてきます。ポイントシステムの流れが全体としてこうした流れであるのは承知の上で、なんとなく損した気分になりますね。

 

とはいえ、そんなことを言っても変わってしまったものはどうすることもできません。

できる限り効率よくポイントを貯め、利用できるように、そして機種購入時の頭金はできる限り払わなくてもいい方法(ドコモオンラインショップや店頭での頭金割引キャンペーン)を選択することで節約につなげることはできます。

今後端末代金については大きな変動が入る可能性もありますので、今のシステムの中で早めに新機種を手に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 

 - dポイントクラブ, ドコモのサービス情報の裏