ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

au 発表会 2017 Summerにおいて新料金プラン発表なし

   

ドコモから発表された「シンプルプラン」、「docomo with(ドコモウィズ)」に対抗した料金プランの発表が期待されたauの新商品発表会でしたが、残念ながら新しいプランに関する発表はありませんでした。

発表されたのは、既に発表されていたXperia XZs、Galaxy S8/S8+を加えた2017年夏モデルと、「au HOME」という新しいサービスのみでした。

au HOMEはまだまだこれからのサービスと思われるため、「docomo with」がサプライズ発表されたドコモの発表会と比べるインパクトとしてはあまり強くない印象でした。

ただし、auの田中社長の質疑応答において、注目の発言もありましたので、振り返っていきたいと思います。

 

関連記事:「ドコモの新プラン『docomo with(ドコモウィズ)』

auの2017年夏モデルはスマホ7機種・ケータイ2機種

今回auから発表された新機種夏モデルは、事前に発表されていたXperia XZsとGalaxy S8/S8+に4機種を加えたスマートフォン合計7機種と、フィーチャーフォン2機種でした。

ドコモからも発表されているAQUOS R SHV39、au常連のHTCよりHTC U11 HTV33、タフネススマホの京セラ「TORQUE(トルク)」シリーズよりTORQUE G03、エントリーモデルとして人気の「Qua phone(キュアフォン)」シリーズよりQua phone QXです。

スマートフォンのラインナップとしてはハイスペックから特徴のあるトルク、スマホ初心者向けのキュアフォンと、今回もバランスのいい配置となっている印象です。

希望に合わせて欲しい機種をしっかり選べそうです。

そしてauからはフィーチャーフォンも発売されます。

 

auからはケータイも出る

スマートフォンに押されて、発売自体がかなり少なくなってきているフィーチャーフォン。

ドコモからは夏モデルとして「ケータイ」の発売はありませんが、auからは2機種、ケータイも発表されています。

一つはかんたんケータイの新機種、もう一つは京セラよりMARVERA(マーベラ) KYF35です。VoLTE対応のいわゆる「ガラホ」なので、EZ webは利用できません。

どちらの機種も、ケータイにEメールやLINEで届いた写真をテレビの大きな画面で見ることができる「テレビde写真」に対応しているので、家族一緒に写真を大画面で楽しむこともできます。

ただし、テレビde写真利用時には別売りの「テレビde写真受信機」が必要です。

 

スマートフォンも気になるけれどやっぱりケータイがいい、というユーザーにとっては、この二つのケータイの発売は嬉しいところかもしれません。

 

au HOMEは気になるけれど・・・

今後、携帯・スマホキャリアは、通信端末としてのケータイ・スマートフォンにとどまらず、もっと広い枠組みとして家全体を通信環境にしてしまおうという大きな取り組みを目指す形になりそうです。

そんな中で発表された「au HOME」は、まさしくそんな未来に向けたauからの提案ではあるのですが、まだまだ普及していくには少し時間がかかりそうな気もします。

最も残念だったのが、仮にauを利用していたとしても、あくまでauひかりユーザーに対してのみに提供するという部分ですが、今後の予定として、auひかり以外を利用していても使えるように拡大していく予定はあるようなので、今から期待したいところです。

 

auから新料金プランの発表はなかったが・・・

今回、ドコモから先行して発表された新料金プラン「シンプルプラン」・「docomo with」に対抗したauの新プランが発表されるのではないか、という期待を誰しも持っていたと思いますが、残念ながらそうした新プランの発表は一切ありませんでした。

期待外れだなぁと感じていたものの、質疑応答時に田中社長より、注目の発言がありました。

 

「言うなと言われていたんですけどね、auから久しぶりにガツンといこうかなと思ってます。期待してもらえれば」

 

つまり、新料金プラン発表の予定はあるけれど、今回は間に合わなかったでもう少し待ってほしい、ということですね。

これは期待が高まります。

今後のauからの発表を注視して待ちたいと思います。

 - KDDI auの裏