ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

auひかりかドコモ光か光コラボ+MVNOか

   

基本的にケータイスマホと違い、固定の光サービスの乗り換えには様々な乗り越えるべき壁があります。解約金くらいなら簡単なもので、何より最も面倒なのは物理的な工事が伴う、という部分ではないでしょうか。

だからこそ、各ケータイキャリアは血眼になりながら光回線の獲得に注力しているのです。つまり、一度光回線を獲得してしまえば、なかなか工事のやり直しをしてまで他社に移るメリットが得られにくいため、長期で自社にとどまるユーザーが増え、なおかつ家族を引っ張ってきてくれる可能性が出てくる、というわけです。

ということはやはり、auひかりを利用中の場合、あえてドコモ光にするメリットはないのでしょうか。逆にドコモ光を利用中の場合、auひかりにはしない方がいいのでしょうか。

ドコモ光とauひかり

ドコモ光auひかりには、根本的に大きな違いがあります。

ドコモ光はあくまでNTT東西の光ファイバー網を利用し、サービス提供のみをドコモが実施している形であり、ドコモが光ファイバー網というインフラを構築しているわけでも管理しているわけでもありません。

いわゆるNTTの「光回線の卸売り」を利用している状態であり、「光コラボ事業者」と呼ばれる事業者は、すべてNTTの光回線卸売りを利用しているのです。

 

一方でauひかりの場合、NTT東西の光ファイバー網を直接借りて自社サービスとして提供しており、場所によっては提携している電力会社や自社インフラとしての光ファイバー網を利用しているところもあり、完全にNTTからの脱却とまではいかないものの、ある程度独立したサービスとしてユーザーに光サービスが提供されているのです。

ともあれ、だからどちらのサービスがいいのか、という判断基準にはなりえませんので、ここはもっと総合的な視点で選択していく必要があります。

要は、ユーザーとしては光回線が快適に安くつながればいいのです。

 

ドコモユーザーかauユーザーかMVNOか

「ニワトリが先か、卵が先か」、ではないですが、「光が先か、スマホが先か」という状況が生まれています。

つまり今現在、スマホはドコモなのかauなのか、光はNTTなのかドコモなのかauなのか、まずそのベースによって考える起点が変わってくるわけです。

 

最も先に考えるべきは、やはりです。何故なら、前述したように最も切り替えが難しいからです。できることなら、光に合わせて移動体であるケータイ/スマホも選択していくのが正しい方法です。

もし自宅の光がドコモ光やauひかりになっているのであれば、これは家族の誰かにドコモユーザーやauユーザーがいるということだと思いますが、その家族に合わせて他の家族も同じキャリアを選択するのが最も効率的です。

ただ、もし自宅にまだ光がないとか、NTTのフレッツ光や電力系の光サービスを利用しているという場合には、第三の選択肢としてMVNOが現実味を帯び始めます。慌ててドコモ光やauひかりにする必要はありませんし、むしろ目先の利益に惑わされて変更しない方が、将来的にはいいかもしれません。

 

auひかりとドコモ光料金比較

自宅がすでにauひかりを利用中の場合、ドコモ光に変えるメリットが果たしてあるのでしょうか。

auとドコモを比較した場合、ケータイ/スマホではほとんど差異がなく、どちらにしても大差ない料金体系になります。ですが、光サービスがこれに加わると大きく変わります。

光サービス込でauとドコモの料金を比較した場合、確実にauがお得です。とりあえず料金面でauからドコモ光+ドコモスマホに変えるメリットは皆無です。

まず純粋に光の料金を見てみます。

 

auひかり ホーム ドコモ光 戸建 auひかり マンション ドコモ光 マンション
4900円(3年目以降) 5200円(タイプA) 3800円 4000円(タイプA)

 

戸建てプランでもマンションプランでも、auひかりの方が安くなっています。auひかりホームについては、1年目は5100円、2年目が5000円、3年目移行が4900円ですが、1年目の段階ですでにドコモより安いです。

この料金はインターネット専用で出してあるもので、電話機能をつけるとauひかりは+500円がかかります。ドコモ光ではひかり電話の取り扱いがありませんので、NTTのひかり電話としてやはり500円がかかることになります。この場合、ひかり電話の料金のみが別にNTTからくる形になるので、少しわかりにくくなります。ただし、請求元は同じNTTファイナンスのため、おまとめ請求という方法もあります。

ちなみに、auひかりの料金は「ずっとギガ得プラン」で算出しているため三年更新となります。この点に関しては後述します。

 

続いて、auスマートバリューとドコモ光パックを比較してみます。

 

auスマートバリューとドコモ光パック

両者にはそれぞれ、割引額に大きな違いがあります。

 

au 家族全員が割引対象 ドコモ 光契約回線が割引対象
データ定額2・3 永年934円OFF データSパック 最大一年間500円OFF
データ定額5・8 永年934円OFF+最大二年間476円/月OFF データMパック 永年800円OFF
データLパック 永年1000円OFF
データ定額10・13 永年934円OFF+最大二年間1066円/月OFF シェアパック10 永年1200円OFF
シェアパック15 永年1800円OFF
シェアパック20 永年2500円OFF
※戸建の場合
シェアパック30 永年3200円OFF
※戸建の場合

 

とりあえず一目見て大きく違う点が一点。割引が、家族全員に適用されるのか、契約回線にのみ適用されるのか、という点です。

これは非常に大きな違いです。つまりauの場合、家族の回線数が増えれば増えるほど割引額は大きくなります。ドコモの場合は回線数が増えても割引額は変わりません。

 

そして、最安値に差がついています。もし、家族全員Wi-Fi環境での利用が多くそれほどデータ容量を使わない場合、auの場合はスーパーカケホ利用でデータ定額3が最安値ですが、さらにauスマートバリューで永年934円を割引してくれるため、LTE NETも含めて6200円から934円が割引され、5266円になります。

そして家族の回線数分、同じ割引が適用されるので、同等の料金で2台以上利用が可能です。

 

一方ドコモの場合、最安値はカケホーダイプラン(spモード含む)+データSパックで光特別割引が一年間500円入り合計6000円ですが、二年目以降は光利用による割引がそもそもないため、6500円がそのまま1回線あたりの最安値になります。

ただ、光Mパックにすればカケホーダイライトが利用でき、かつ800円の光Mパック割引が適用されるため、かえって安くなり6200円となります。

ただそれでも、auとの価格差は1台あたり約1000円あります。加えて光の料金差もあるわけです。

 

大容量部分の格差も見逃せません。auスマートバリューの場合、二年の追加割引が存在しており、データ定額10・13となるとドコモとの割引額の差が非常に大きくなります。

家族でデータ容量を非常に多く使う、という場合にはドコモのプランも悪くはないのですが、それでもやはりauの方が圧倒的有利です。

例えば、auのデータ定額10で3回線利用の場合、スマートバリュー適用で1回線あたり毎月2000円割引です。3回線合計6000円が二年間割り引かれるわけです。

一方でドコモの場合、シェアパック10で3回線利用したとして、光シェアパック10の割引額は1200円です。ひと月あたり実に3800円もの価格差が出ます。

しかも、二年のスマートバリューの割引がなくなったとしても、永年割引934円×3台分=2802円が残るため、やはりauの方が3年目以降も倍以上安くなります。4回線、5回線になればなおauとドコモの価格差は開くばかりです。

よって、現在auひかりを利用しているユーザーがわざわざスマホをドコモにMNPしてドコモ光にわざわざ切り替えるメリットは、ほとんど0といってもいいでしょう。

 

ドコモ光を利用している場合

では逆に、現在すでにドコモ光を利用している場合はどうでしょうか。わざわざauひかりに変更するメリットはあるでしょうか。

上記の料金比較でわかることは、auひかり利用かつauスマホ利用の方がドコモと比較して圧倒的に有利ですが、それ以外にドコモ光を継続し、家族のau回線をドコモにまとめてしまうことにメリットは存在するのでしょうか。

au回線をドコモにまとめ、かつプランでシェアパックを選択するのであれば、2016年2月末までは「光スマホ割」が適用されます。

1年間だけの割引ではありますが、1350円/月割引されるため、お得にはなります。とりあえず家族がドコモ光を利用しながら、他の家族がau回線を利用し続けるよりは、ドコモにまとめた方がマシ、というのは間違いないと思われます。

ただし、このケースでも、仮にドコモ光の解約金やドコモの解約金がかかったとしても、丸ごとauひかりに乗り替え、逆にドコモ回線をauに移してしまった方がメリットは大きくなる可能性が高いです。

家族の回線数や利用状況にももちろんよるのですが、私ならドコモ光解約およびauひかり契約の道を選びます。

 

フレッツ光を利用している場合

auひかりを利用しておらず、またドコモ光に転用もしておらず、NTTフレッツ光をまだ利用中の場合、第三の選択肢が開けてきます。

一つ目の選択肢はドコモ光への転用。二つ目の選択肢はフレッツ光解約後のauひかりへの切替え。この二つの選択肢であれば、前述したようにauひかりを選ぶ方がコストはかなり抑えられます。

三つ目の選択肢は、ドコモ光もauひかりも利用しないという選択肢です。かといって、フレッツ光を継続するわけでもありません。ドコモ光以外の光コラボを利用するという方法です。

 

NTT東西の光卸は、ドコモに光サービス提供の道を開いたと同時に、他の多数の事業者に対しても光サービス参入の道を開きました。つまり光コラボ事業です。

多くのISPは自社光コラボを開始し始めました。たとえば、OCN光、So-net光、BIGLOBE光などなど、多数の光卸サービスが各ISP事業者・MVNO事業者から提供され始めたのです。

そしてISP事業者は同時に光コラボ事業者となり、そしてもう一つ、MVNO事業者でもあるのです。

前述のOCN、So-net、BIGLOBEはすべてMVNO事業も行っています。

つまりはMVNO+MVNO事業者が提供する光コラボ利用

これが最強です。

フレッツ光は光コラボ事業者が提供する光サービスへ「転用」します。スマホはMVNOに切り替えます。劇的なコストダウンが実現するはずです。ドコモよりずいぶん有利なauよりも、さらにさらに激安の料金が実現できます。

 

auひかりの落とし穴

MVNO利用に対して抵抗がある、よくわからないという人もまだまだ多く、ドコモかauで選択したいという場合、auが有利であることはここまでの内容で明らかです。

ただ、auひかりにも落とし穴があります。

まずはエリアの問題です。auひかりが提供エリア外であっても、ドコモ光=フレッツ光であれば提供エリアになっている、というケースがあります。この場合はドコモ光のメリットというよりも選択肢がほかにないという状況ではありますが、auひかりは場所によっては利用したくても利用できないこともある、ということは覚えておきましょう。

 

さらにもう一点。auひかり申込時の、初期費用についてです。

auひかりホームの場合が工事費含む37500円、マンションの場合が30000円です。ドコモ光の場合の工事料と比較してもかなり高いです。この工事料金に関しては分割という選択肢も容易されているのですが、そうすると、せっかくのauスマートバリューでの割引分が見事に打ち消されてしまう可能性があります。

ただ、この初期費用に対しては、割引が準備されています。

auひかりホームの場合、電話とネットのセットで申込の場合、初期費用相当額割引が適用されます。マンションの場合は電話がなくても初期費用相当額割引が適用します。この割引により、初期費用というマイナス面は打ち消すことができるのですが、その分、長期の縛りが発生します。

auひかりの長期縛りはそれだけではありません。

auひかりホームの場合の最安値料金は、「ずっとギガ得プラン」に加入した場合、という条件が付きます。

ずっとギガ得プランとはつまり、3年縛りの契約です。固定のインターネットは基本的に長期利用が前提であり、あまりスマホやケータイのように短期間で解約新規を繰り返すことはないと思いますので問題ないと思いますが、auひかりを利用すると決めたのなら、少なくとも3年は利用しないとせっかくの割引が帳消しになってしまう可能性があるため、ある程度の覚悟を持って申込する必要があります。

 

最後にもう一つ、auひかりのデメリットとしては、プロバイダーの数が少ないという点があげられます。

対応プロバイダーは

@nifty/@T COM/ASAHIネット/au one net/BIGLOBE/DTI/So-net

となっています。とりあえずOCNやぷららなどのNTT系を除く主要プロバイダーは抑えてあるので問題はないと思いますが、若干選択肢は絞られてきます。

 

光サービス比較まとめ

結論として、ドコモかauならauが圧倒的優位ですが、最終的にはMVNOが最強、ということです。

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクの料金水準がMVNO並みに落ちてくる可能性は極めて低いと思われるため、その存在価値を安さにこそ求めるMVNOは、今後も伸びていくと思われます。

将来的な格安MVNO利用を検討しているのであれば現状、ドコモ光もau光も利用せず、普通にフレッツ光を利用しておけばいいのではないでしょうか。

先々MVNO利用をいよいよ開始したときに、覚悟を決めてそのコラボ光事業者が運営するMVNOを同時に利用して割引等を受ければ最高といえます。

光サービスについては慎重に、長期的視野で選択していくようにしたいところです。

 

 - KDDI auの裏, ドコモのサービス情報の裏