ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

au・「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」と「新スマホデビュープログラム」はお得なのか

   

auが6月よりスタートしている新キャンペーンが話題です。

一つは6月17日より開始された、「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」、もう一つは6月24日より開始された「新スマホデビュープログラム」です。

それぞれ注目のポイントはやはりその価格です。

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」は月額料金が1980円、「新スマホデビュープログラム」は月額料金が2980円よりと案内されています。

そんな料金だけ聞くと、「MVNO格安SIMでなくてもそこまで安くなるのか」と、興味を引かれると思います。現ドコモ・ソフトバンクユーザーは、「そんなに安いならauに・・・」と考えた人もいるかもしれません。

しかし慌ててはいけません。

両キャンペーンには各種条件が潜んでいるのです。大手キャリアの美味しい話には簡単に乗ってはいけません。

しっかり両キャンペーンの裏側を検証していきます。

auの1980円・「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」

auの新キャンペーン、「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」について見ていきます。

まず、そのキャンペーン期間と適用条件です。

 

【キャンペーン期間】

2016年6月17日~2016年8月31日

 

【適用条件】

・iPhone SEを購入すること

・新規契約、もしくは他社から乗り替え(MNP転入)すること

・スーパーカケホ・データ定額1に加入すること

 

【キャンペーン割引内容】※最大2年間

料金プラン データ定額 ISP iPhone SE
イチキュッパキャンペーン
auスマートバリュー 合計
スーパーカケホ
1700円
データ定額1
2900円
LTE NET
300円
-1986円 -934円 1980円

 

どうでしょうか。

以上の中に難しい条件があるでしょうか。

あえて言うならauスマートバリューくらいでしょうか。固定のインターネットであるauスマートバリューは、家庭の状況やエリアによっては選択が難しいケースもあると思われますが、それ以外の条件はそれほど難しくはないのではないでしょうか。

ただし、あくまで対象はMNP含む新規契約の場合のみで、機種変更時には適用しませんので注意が必要です。加えて、対象機種も限定されており、iPhone SEのみです。iPhone 6sでは適用しません。料金プランについても細かく規定されており、スーパーカケホ+データ定額1が条件です。つまり、電話を長時間かける人や、データ使用容量が多い人には向いていません。

すなわち、

長電話をしない人

・データ使用容量が毎月少ない人

という隠れ条件が存在していると考えていいでしょう。

 

au・1980円「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」の裏側

今回のau・iPhone SE イチキュッパキャンペーンは、新規契約時に必ずスーパーカケホとデータ定額1が条件にされていることが大きな特徴となっています。

そして、その点こそが、iPhone SE イチキュッパキャンペーンの落とし穴でもあります。

 

申込み時点では、スーパーカケホ及びデータ定額1を条件としているにも関わらず、以下の注釈が存在します。

割引期間中であっても、機種変更・対象外のデータ定額サービスへの変更・解約・一時休止などをされた場合、割引の適用は当月をもって終了します。ただし、『データ定額2/3/5/8/10/13』への変更の場合は継続します

つまり、申込み時のデータ定額1は必須ではあるものの、その後、データ定額2~13に変更するのはあり、というわけです。その場合、iPhone SE イチキュッパキャンペーンは継続することになります。

それはそれで、おかしな話だと感じられないでしょうか。データ定額2~13に変更しても割引適用を継続するのであれば、そもそも申込み時点でデータ定額1のみ、などという限定をせずに初めからデータ定額2~13も割引適用条件に含めてしまえばよかったのです。

データ定額1はさすがに少ないからデータ定額5を利用しようと考えている人がいたとして、iPhone SE購入時にイチキュッパキャンペーンを適用させるためには、わざわざ最初データ定額1を選択し、あとからデータ定額5に変えなければならなくなります。ユーザー目線で考えれば完全に2度手間です。

しかしこの措置には、重大な理由が隠されているのです。まさにKDDI auの深謀遠慮です。

 

auが、iPhone SE イチキュッパキャンペーンにデータ定額1を条件としたかったのは、すなわち、「データ定額1」には、毎月割が適用しないからと思われます。

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」において、新規契約時にデータ定額1以外を選ばせない理由はまさしくここにあります。「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を適用させたユーザーには、毎月割はつけない、ということです。

まだどういうことなのか、ピンとこないかもしれません。

つまりこういうことです。

 

毎月割が適用しない=本体代金がそのままかかる

 

iPhone SE 16GBのauにおける本体価格は56880円。24回の割賦にすると月々2370円(税込)

基本料金合計1980円は税別なので税込にすると2138円。iPhone SEの本体代と合わせて月あたりの費用は4508円となります。一気に月額料金総額が上がりましたね。

そして、その価格帯になってくると、スーパーカケホとデータ定額1で4900円となり、毎月割適用で実質0円近い機種を購入した場合とほぼ近い金額となります。

1980円のからくりが見えてきました。

本体代金を合わせて考えると、1980円と言われても実際のところは4500円以上かかり、これがもしiPhone SE 64GBであればさらに料金は高くなります。補償等を加えると確実に5000円を超えてきます。思った以上にお得感が少ないことに気が付くはずです。

 

総務省主導のケータイ/スマホ業界の流れとしては、月額料金と端末代金を分けてわかりやすくしたいという意図があるため、これはこれでauとしては総務省の意図する方向へ舵を切ったと言いたいのだと思います。

しかし残念なのは、あくまでこれがキャンペーンであり、2年が経てば割引が終了してしまうため、一つの端末を長く使い続ければお得になるというものでもないという点です。

つまり結論としてはこういうことです。

 

「総務省の意図するところを実行したように見せかけ、ユーザーにも安くなったように見せかける、auの巧妙なトリック」。

 

端末代金さえ考えなければ非常に安く優良なキャンペーンと言えたところですが、毎月割が適用しないiPhone SE購入を条件としたため、結果的にはあまり安くならないという残念な内容です。

まだまだこの水準であれば、MVNO格安SIMには到底かないません。

 

au・新スマホデビュープログラムの裏側

新スマホデビュープログラムも、構造としてはiPhone SE イチキュッパキャンペーンと同じです。

 

【適用条件】

他社ケータイ(フィーチャーフォン)から対象のauスマホに乗りかえ、または25カ月以上ご利用のauケータイ(フィーチャーフォン)から対象のauスマホに機種変更した場合

 

【適用期間】

2016年6月24日より終了時期未定

 

【対象機種】

Qua phone PX/Qua phone/DIGNO rafre KYV36/AQUOS SERIE mini SHV31/
Xperia Z4 SOV31/Galaxy S6 edge SCV31/AQUOS SERIE mini SHV33

 

【キャンペーン割引内容】※加入月から37ヶ月間

料金プラン データ定額 ISP 合計
スーパーカケホ
1700円
データ定額cp(0.8GB)
980円
LTE NET
300円
2980円

 

iPhone SE イチキュッパキャンペーンと違うのは、auスマートバリューが対象外となる点です。データ定額も「データ定額cp(0.8GB)」という特殊な容量となり、かなり少なめの設定になっています。

対象ユーザー自体が、他社もしくはau自社のフィーチャーフォン(ガラケー)ユーザーであり、初めてスマホに替えるというユーザー向けのプログラムとなっています。

今までスマホに替えてこなかったのだから、元々容量はあまり使わないユーザーが多いと予測されていることもあるのかもしれませんが、そういう意味ではデータ容量を最低限に抑えてあるのは理に適っています。

ただし、このau・新スマホデビュープログラムに関しても、毎月割が対象外となってしまいます。

本体代金がそのままかかってきてしまうため、対象機種の中でも価格ができる限り安い機種を選ばないと、結局2980円では到底おさまりません。

2980円にプラスして補償と消費税、そして機種本体代金がのってくれば、結果的に5000円越えしてくる可能性大です。

イチキュッパに対してニーキュッパの2980円と言われるとかなり安く聞こえはするものの、結局内実はそこまで安くならないという罠が仕掛けられています。

しっかり毎月かかる総額を本体代金も含めて確認するようにしましょう。

 

 - KDDI auの裏