ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

mineo(マイネオ)の評価・メリットデメリットまとめ/2017年春

   

格安SIM/MVNOには現在、非常に多くの事業者があります。そのため、MVNOをせっかく利用しようと考えても、どこを選択したらいいのか悩んでしまい、結果として選択しきれないということがあると思います。

そんなときに何を基準にMVNOを選ぶのかで選択肢も変わってきますが、数ある中でも他とは違う大きな特徴を持つMVNOが、mineo(マイネオ)です。

mineoのサービス内容詳細、メリットデメリットを確認していきます。

まずはmineo公式ページを確認したい人はコチラ格安スマホmineo

mineoはマルチキャリアMVNO

mineo最大の特徴とは、ドコモ系SIMとau系SIMの両方をサービス提供しているという、数少ない「マルチキャリアMVNO」という点です。

通常MVNO(格安SIM事業者)は、そのほとんどがNTTドコモに回線を借り受けてサービス提供しています。そんな中で、ドコモではなくあえてauから回線を借りてサービス提供しているMVNO事業者が数社あり、その一つがmineoなのです。

例えば現在auユーザーでauのスマートフォンを所有している場合、ドコモ系のMVNOはauスマホのSIMロックを解除しないと利用することができません

そもそもauのスマートフォンでSIMロック解除ができるスマートフォンは2015年5月以降に発売された機種しかありませんし、仮にSIMロックを解除したとしても周波数帯の問題などでそもそもauスマホではドコモ系MVNOが利用できない可能性もあります。

そのため、auのスマートフォンを利用するのであれば、auの回線を利用したau系MVNOを利用した方が圧倒的に利便性が高く確実なのです。

そこで活躍するのが、ドコモ系MVNOでありながらau系MVNOでもある、マルチキャリアMVNOmineo(マイネオ)です。

mineoは元々、au回線を利用したMVNOとしてスタートしたのですが、その後ドコモ回線を利用したSIMカードの取り扱いも開始しました。元々ドコモ系がほとんどだったMVNOの中にau系MVNOとして参入することで差別化を図り、au系のスマートフォンを利用しているユーザーをしっかり取り込みながら、次の戦略としてドコモ系のユーザーをも取り込もうとしているわけです。

mineoは、ドコモ系MVNOとしてのサービスをスタートすると同時に、au系プランを「auプラン(Aプラン)」、ドコモ系プランを「ドコモプラン(Dプラン)」として、わかりやすく分類しています。

 

mineo auプラン(Aプラン)の料金

mineoの料金プラン・auプラン(Aプラン)の詳細を見ていきます。

 

データ容量 デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MB 1310円 700円
1GB 1410円 800円
3GB 1510円 900円
5GB 2190円 1580円
10GB 3130円 2520円

 

500MBの水準としては、他にSo-netの0SIMがあるので決して安いとは言えませんが、3GB水準となると一般的なMVNOと同等となります。

5GB、10GBもほぼ一般的な料金水準となっており、特に料金の面で目を引く特徴はありませんが特別高いわけでもないので、安心して利用できます。

 

mineo ドコモプラン(Dプラン)の料金

mineoのドコモプランの場合も、基本はauプランと変わりませんが、音声プランの場合の料金が若干ドコモプランの方が割高となっています。

 

データ容量 デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MB 1400円 700円
1GB 1500円 800円
3GB 1600円 900円
5GB 2280円 1580円
10GB 3220円 2520円

 

料金は安心して利用できる水準ではあるものの、逆にドコモ系MVNOで他社と同等レベルなのであれば、あえてmineoを選択する必要性が少なくなります。

例えば当ブログおすすめのLINEモバイルでは、月額500円で1GBを利用できる上に、LINEの利用について、通信容量をカウントしないLINEフリーが採用されています。

さらにLINEモバイルの上位プランであるコミュニケーションフリープランを利用すると、LINEに加えてTwitterやFacebook、インスタグラムの通信容量もカウントしません。この点、mineoと比較した場合のLINEモバイルの大きなメリットといえます。

 

もう一つ、おすすめMVNOであるOCNモバイルONEでは、月次コースではない日次コースが用意されているため、使い方によっては非常に便利に利用することができます。この日コースは、ほかにはないOCNの大きなメリットです。

たとえば、その日の容量を使い切ってしまい速度制限が入ったとしても、翌日になればすぐに制限が解除されるため、制限がかかってしまった場合に翌月まで待つ必要がある月次コースよりも使い勝手の良さが格段に上がります。

 

そうした他社MVNOの利点を考えた場合に、ドコモ系MVNO格安SIMはなかなかに強力なライバルがそろっています。そういう意味で、やはりmineoを利用するのであればあえてauプランの方がお勧めと言えそうです。

 

mineoのSMS機能について

ドコモ系MVNOでSMSを利用しようとする場合、独特の特徴があります。それは以下の2点です。

 

・通話機能付きSIMの場合にはSMSはセットでついており、月額料金は特にかからない

・データ通信専用SIMの場合には、SMSを利用しようとすると月額別料金がかかる。

 

おそらくドコモがMVNOに回線を貸し出す際の料金が、SMS機能付きSIMの場合に限り若干高めに設定されているためではないかと思われますが、それを裏付けるように、ドコモ系MVNOはmineoも含めてSMS機能付きデータ専用SIMの場合、私が知る限りのMVNOでは必ず120円程度の別料金がかかります。

ただ、mineoのauプラン(シングルタイプ)に限っては、なんとSMS機能が標準でついています。これは非常にお得な点といえます。

SMS機能を持っているだけで、「セルスタンバイ問題」を回避することができますし、SNSの認証などにも利用できます。そう考えると、mineoのauプランに関しては、実際の料金よりも安いのだと考えていいのではないかと思われます。

 

mineoのauプランではデータ専用SIMである「シングルタイプ」でのSMS利用に関して月額別料金はかからないものの、申し込みの段階でSMSオプションを申し込みしておく必要があります。料金は変わらないのですから、必ず申し込みした方がお得です。損するところはまったくありません。仮に最初に申し込みを忘れていたとしても、後日申し込みをすることが可能です。

対してドコモプランの場合には、こちらも「シングルタイプ」の初期の申し込み時点で「SMS機能あり/SMS機能なし」のどちらにするかを選択しておく必要があります。auプランと違い月額料金が120円(税別)かかるため、本当にSMS機能が必要なのかは吟味する必要があります。

auプラン同様、後日の申し込みでもSMS機能のありなしを変更することはできるものの、その際にはSIMカードそのものが交換となるため、SIMカード変更の手数料が2000円かかってしまいます。このあたりに関しては、他のドコモ系MVNOと内容はほぼ同じです。

 

mineoの通信速度と接続方式

mineoの通信速度は、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)で若干異なります。理論値自体は同じでも、通信方式自体に違いがあるため、実際にはエリアや環境によっても速度は異なります。加えて、機種側が最大速度に対応していなかったり対応バンドが少なかったりすれば、当然速度が遅くなることもあります。

 

auプラン ドコモプラン
受信最大速度 225Mbps
(au 4G LTE相当)
225Mbps/14Mbps
(Xi/FOMA 相当)
送信最大速度 25Mbps
(au 4G LTE相当)
50Mbps/5.7Mbps
(Xi/FOMA 相当)
速度制限後 200kbps 200kbps
接続方式 データ:4G LTE  音声:3G
VoLTE対応SIM:4G LTE
データ:Xi/FOMA
音声:Xi/FOMA

通信速度の制限が入った状態の場合には、auプランもドコモプランも200kbpsとなります。

接続方式についても、それぞれau、ドコモと同じで、Dプランは音声通話もデータ通信もXi/FOMA。auの場合はVoLTE対応SIMおよびVoLTE対応機種を利用した場合のみau 4G LTEで、それ以外はデータ通信には4G LTE、音声通話を利用する場合には3Gに切り替えをします。

mineoの容量追加のパケットチャージ

 mineoのパケットチャージとは、ドコモでいうところの「1GB追加オプション」のようなものです。

つまり、一ヶ月の利用容量が足りなくなってしまった場合に、追加容量を購入することができるサービスです。

mineoのパケットチャージは100MB単位となっており、100MBあたり150円(税別)でチャージすることが可能です。

容量を超過し速度制限がかかった際にパケットチャージを申し込めば、パケットチャージした分の制限が解除され通常速度に戻すことができます。

さらに、残ったパケットに関しては、翌月に持ち越しすることができたり、グループ内でシェアしたりすることも可能となっているため、非常に便利です。

 

一般的に容量超過による速度制限解除のための料金(追加チャージ)は、ドコモなど大手キャリアよりもMVNOの方が割高になる傾向があります。

mineoの場合も100MB150円ということは、1GBで1500円なので、ドコモの1GB追加オプションが1GB1000円であることを考えるとやはり割高です。ただしそれでも、MVNOの中では比較的安い方ではあります。

mineoよりも追加チャージ料金が安く設定されているのは、翌月繰り越しがないけれど1GB480円のイオンモバイル、500MB500円のOCNモバイルONEなどです。それ以外は100MB200円以上の水準が多くなっています。

実際にパケットチャージを利用する場合には、mineoのマイページから手続きを実施します。

 

mineopake02

 

IDとパスワードを入力してログインします。今月の使用量の下の方に、パケットチャージという項目が見えてきます。

 

mineopake03

 

あとはそのパケットチャージを選択すると、100MB(162円・税込)で何口チャージをするのかを選択できるようになります。「今すぐチャージ」を選べばチャージ完了です。

有効期限は翌月末までとなっています。

 

mineopake04

 

ちなみにパソコンでログインした場合にはより見やすくなっています。画面は以下の通りです。スマホでもマイページにて残容量は確認できますが、パソコン版ではより見やすくなっています。

 

mineopake01

 

mineoのパケットシェアとは

mineoには、使い切れなかった基本データ容量やパケットチャージ容量を、最大5回線でシェア(分け合う)ことができる「パケットシェア」が存在します。

余った容量はまず、翌月に繰り越されます。そしてその繰り越されたパケットが、シェアされる対象パケットとなります。「パケットシェア」は無料で利用できるため、あらかじめしっかりパケットシェアメンバーを登録しておくと非常に便利です。

そして、このパケットシェアを利用した際の見逃せない重要ポイントが一つあります。

 

mineoでは、繰り越ししたパケットは、その当月の基本データ量よりも優先して消費されます。

 

一見、当たり前のことのように思えるかもしれません。

そこで、大手キャリアであるNTTドコモを見てみましょう。カケホーダイ&パケあえるにおいて余ったデータ量については、データMパック以上で繰り越しするものの、繰り越されたデータ容量は最後に消費されます。

つまり、ドコモにおけるデータ容量消費の順番は以下の通りです。

 

基本データ量→ボーナスパケット→繰り越しデータ量→追加購入データ量(スピードモード/1GB追加オプション)

 

つまりドコモは、繰り越しデータ量を消費するためには、当月の基本データ量を使いきる必要があり、本来繰り越し対象となる基本データ量を繰り越しされた容量よりも先に消費してしまうため、さらに翌月へ繰り越されるケースが劇的に減ってしまうのです。

つまりまったくユーザー目線ではないのです。

それに引き換え、mineoの繰り越しはユーザー目線です。しっかり繰り越しした分を優先して消費してくれるので、その上で当月分が余ったらまたその分繰り越しする形となり、毎月繰り越し容量がたくさん残っているというケースも十分あり得るわけです。

 

ということで、そのうえで繰り越ししたパケット容量を分け合うのがパケットシェアです。

まずはシェアメンバーの中でリーダー(代表者)を決めます。そして、メンバー登録できる条件としては、リーダーとシェアメンバーの契約住所が同一である必要があります。つまりは、同居の家族が対象、ということですね。

リーダーとなる回線のマイページにログインし、下部の「パケットシェア変更」から手続きをします。パケットシェアメンバーにしたい利用番号を登録し、申し込みをすると、パケットシェアメンバーに承認依頼のメールが送られます。その承認依頼メールを受けて、メンバーが承認をすると、晴れてシェアメンバーとなり、翌月分から適用されます。

ちなみに承認依頼メールは、mineoのメール(@mineo.jp)宛に届くため、メールアカウントの設定をしておく必要があります。承認依頼メールが送られた全員が1週間以内に承認を行わないと、申込み自体が無効となってしまうため、早めに承認手続きは実施しましょう。

 

mineoにおけるテザリング問題(Android/iPhone)

MVNOを選ぶ一つの基準として、テザリングの利用ができるかどうかという点は比較的重要なポイントになると思います。

まず、mineo/ドコモプラン(Dプラン)の場合、他のMVNO同様、ドコモから発売されているスマートフォンではテザリングの利用ができません。これはドコモ製スマートフォンのテザリング利用時にAPNを切り替えてしまうという仕様の問題なので仕方がありません。

その代わり、テザリング対応のSIMフリースマートフォンであれば、基本的にテザリング利用が可能となります。加えて、mineoのドコモプランではiPhoneでもテザリングが可能です。

iPhoneは、iPhone 5s以降であればSIMフリー版、ドコモ版の両方でテザリングが可能となっており、iPhone 6sについてはau版、ソフトバンク版であってもSIMロックが解除さえしてあれば利用可能と確認が取れているようです。

 

一方でmineo/auプラン(Aプラン)の場合です。ドコモとは逆に、au端末であれば基本的にテザリングが利用可能です。SIMフリー端末も、auの周波数帯をカバーしている端末で動作確認が取れているものであれば、おおむねテザリング利用もできるようです。

ただ1点、ここもドコモプランと逆なのですが、mineo/auプランのSIMカードでは、iPhoneではテザリングができません。これは、SIMフリー、ドコモ製、au製、ソフトバンク製を問いません。iPhone全般でテザリング不可となっています。

もしmineoを利用してiPhoneで運用したいと考えているのであれば、迷わずドコモプランを選択するべきでしょう。

 

mineo AndroidスマートフォンのAPN設定

MVNOのSIMカードをAndroidスマートフォンで利用する場合、必ず必要な設定がAPN設定です。

スマートフォンの設定に慣れている人であればそう難しいものではないのですが、初心者の人には若干難しく感じられる部分かもしれません。

ただ、正しく手順を踏めばものの数分で設定できる程度のものです。

最近のSIMフリースマートフォンには、初期の段階で主要MVNOのAPNはプリインストールされていることが多くなってきていますが、mineoのドコモプランなどはまだまだサービス開始してからの年月が浅すぎるため、なかなかプリインストールされているものを見たことはありません。未確認ですが、最近発売された機種であればもしかしたらプリインストールされているかもしれません。

ただ、設定自体は手動でも一度覚えてしまえば簡単にできるので、APN設定くらいは手動でできるように覚えておきたいところです。

 

mineo auプラン(Aプラン) mineo ドコモプラン(Dプラン)
APN mineo.jp mineo-d.jp
ユーザー名 mineo@k-opti.com mineo@k-opti.com
パスワード mineo mineo
認証タイプ CHAP CHAP

 

mineoのAPN設定は、Aプランを利用しているのかDプランを利用しているのかで若干違います。この内容をAndroidのアクセスポイント設定から入力することで、すぐに利用が可能となります。

 

格安SIMフリースマートフォンでmineo auプランは使えない?

SIMフリー」のスマートフォンということは、元々どの会社のSIMを挿しても利用できますよ、ということだと考えてしまいそうですが、実際はSIMフリースマホの多くがmineo auプランには対応していなかったりします。

何故SIMフリーなのにmineoのauプランに限って利用できないのかというと、やはり周波数帯の問題ではないかと思われます。

格安SIMフリースマートフォンには、そもそもドコモの周波数帯を利用することを前提に作られていたり採用されているものが多く、日本においてauに特化して作られているSIMフリースマホはまだまだ少数です。

例えば富士通のarrows M02/arrows M03などは、防水防塵にMIL準拠とあってドコモ系MVNOで非常に大きな人気を集めていますが、実はarrows M02/arrows M03が人気を集めるもう一つの要因として、mineo/auプランのSIMでも使える、という点が大きいのです。

例えばFREETELのSIMフリースマートフォンは、SIMフリーにもかかわらず全機種auSIMに非対応なので、あくまでドコモ系MVNOのSIMを利用する前提で作られているということがわかります。

つまり、mineoのauプランを利用する場合は、手元に利用可能なauスマホを所有しているか、SIMフリースマホを購入予定ならそのスマホがau系SIMを利用できるのかをしっかり確認しておく必要があります。

 

mineoのiPhone SEでの利用方法

mineoのSIMカードをiPhone SEで利用したい場合、Androidとは違い別にAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。別記事にて詳細を案内しています。※「SIMフリーiPhone SEにmineo auSIMを入れてみた

まずはmineoのauプランにするかドコモプランにするかで、利用できるiPhone SEが変わってきます。基本的にどちらもそのまま利用できるiPhone SEとしては、当然のことながらAppleで販売されているSIMフリーのiPhone SEということになります。

ドコモやauから販売されているiPhone SEは、販売当初はSIMロックがかかっているため、そのままではドコモのiPhone SEならドコモ系MVNO、auのiPhone SEならau系MVNO(mineo)でなければ利用できません。この辺りはiPhone 6やiPhone 6sも同様ですが、実際に大手キャリアから発売されているiPhoneでSIMロック解除ができるのは、iPhone 6s以降となります。iPhone 6以前の大手キャリア版iPhoneはSIMロック解除はできません。
関連記事:「SIMロック解除(ドコモ・au・ソフトバンク)の詳細についてまとめてみる

 

Windows 10 mobile端末KATANA02ではmineo Aプランは使えない?

Android及びiOS全盛の時代にあって、シェアも存在感も非常に薄くなってしまっているWindows 10 mobile

そのWindows 10 mobile搭載スマートフォンとしてFREETELから発売されているKATANA02は、珍しいWindows機として様々なテスト用の実験機としても使うことが出来る便利なスマートフォンだったりします。

そのKATANA02を使って、mineoのAプラン(auプラン)が利用できるかどうか試してみた、という話をしたいと思います。
※「KATANA02の評価レビュー

 

ここでmineoのDプラン(ドコモプラン)を使わなかった理由としては、元々ドコモ系MVNOであるFREETELから発売されている機種ということもあり、当然ドコモのSIMカードには対応しているためです。そのためテストをするまでもありませんし、0SIMやOCNモバイルONEはじめ、様々なドコモ系MVNOのSIMカードで通信できることを既に確認しています。
※「KATANA02のデュアルSIM利用

ただ、auのSIMとなると話は別です。FREETELの公式見解としては、「auのSIMはKATANA02含むFREETEL端末では使えない」というものなので、それが正しいと考えていいはずです。

実際、auの周波数帯としてはバンド1にギリギリ対応しているはずのSIMフリースマホ(Priori 3S LTE)を利用してmineoのAプランSIMを入れてAPN設定し試してみましたが、通信はできませんでした。

もちろん、KATANA02でもできるはずがないと思いながら、とりあえず試してみたという話です。

実は、KATANA02にmineo AプランのSIM、つまりauのSIMを入れて利用してみるということ自体、技適やら電波法やらの問題云々という余計な話題が発生してしまう可能性があるので(私も法律は詳しくないのでよくわかりませんが)、ここではあくまで実際に試してみたという友人の友人からの仄聞情報として案内します。

 

mineo AプランのSIMをKATANA02に入れ、電源を立ち上げます。

そして、通常のドコモ系SIMを入れるとき同様、APNの設定をします。当然、mineo AプランのAPNです。

元々KATANA02はSIMを切り替えると電波を掴むのに若干時間がかかりますが、利用できなくて当然と思って居ますので、電波を拾えないまま他の作業をしていてしばらく忘れていたそうです。

その後、思い出したようにKATANA02の画面を見てみると、なんと、LTEを掴んでいたそうです。

もう一度KATANA02の対応バンドを確認してみました。

 

3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE):2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19)

 

一方で、au SIMの対応バンド(LTE)は以下の通りです。

 

Band1/11/18/26/28

 

LTEで対応しているのは、間違いなくバンド1のみです。しかし、確実にLTE通信が可能になっていたということです。

面白いですね。同じ条件のはずのPriori 3S LTEが通信できないのに、KATANA02は通信可能なのです。

Windows 10 mobileの恩恵でしょうか、機種自体の設定の問題でしょうか。

 

とはいえ、いずれにしてもKATANA02にauのSIMを入れて日本で利用していいのかどうかがわからないので、まったくお勧めはできません。

早い話、どうしてもKATANA02で利用したいならドコモ系MVNOを利用すればよく、mineoにするにしてもDプランにすればいい話なので、あえてAプランSIMを使う必要性はゼロです。

それでもこの話題を投入したのは、あくまで疑問に対する事実という回答を提示したかっただけです。

以上の情報は、あくまで参考程度にどうぞ。

 

mineo auプラン・実際の使用感

mineoについて、実際利用してみた感想としては、特に違和感なく普通に利用できる、という感じですが、実はこれが何より大事です。

そして特に便利だなと思える点としては、やはりmineoのauプランであれば他のドコモ系MVNOでは利用できないauスマートフォンを利用して格安運用ができるという点で、自宅に埋もれていたauスマートフォンが生き返ってくれるというところです。

数が多すぎるMVNOの中でも、「ここにしかない」という差別化ポイントがあるmineoのようなMVNOは面白いと思えますし、利用シーンによっては唯一無二の選択肢となったりすることもありますので、十二分に存在価値があると思います。

そういった意味でも、我が家にあるMVNOのSIMの中でもSo-net 0SIMOCNモバイルONEなどと同じように、mineoのauプランは特徴あるMVNOとして有効活用していきたいと思えるMVNOではないかと思えました。

auユーザーの人は特に、mineoを第一優先に考えてMVNOを検討してみてはいかがでしょうか。

▼mineo(マイネオ)公式サイト▼

 - mineo(マイネオ)