ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモスマホで仮想通貨取引ができるのか

   

2017年は今まで仮想通貨というものに対して興味がなかった人たちや、まだまだ様子見をしていた人についても、多くの参入者を生んだ年となったのではないでしょうか。

まだまだ注意するべき点もあるものの、株や為替(FX)に勝るとも劣らず、大きな利益を手にすることができる可能性も高く、かなりの注目を集めています。

事実、2017年だけで一気に億単位の利益を得た人も少なくないと思われ、ここを逃すとまた同じようなチャンスはいつくるかわからないという、まさに先行者が大きな利益を得ることができるチャンスが到来していると考えてよさそうです。

ということで、そんな仮想通貨について、ドコモのスマートフォンやiPhone、格安スマホなどで実際に取引することができるのか、確認してみました。

関連記事:「格安スマホ/iPhoneでFX取引

そもそも仮想通貨は信用できるのか

多くの仮想通貨初心者の方が考えるのは、「仮想通貨? 何それ、怪しい・・・」という感想だと思います。

ただ、これだけ話題になり、実際にかなりの仮想通貨長者を生み出している現状を見て、「怪しいけれど気になる」という状態なのではないでしょうか。

確かに、円やドル、ユーロのような国による裏付けがある法定通貨とは異なり、仮想通貨の置かれているポジションはまだまだ脆弱なものに思われるかもしれません。

そう感じるのであれば学ぼうと思えばいくらでも仮想通貨/暗号通貨の技術なり現在の立ち位置なりを学ぶことはできますが、とりあえず取引に必要になるのはそうした知識よりも、ビットコインやモナコインでリアルのサービス決済が実際にできたり、そもそも円やドルという基軸通貨と交換することができる、という点が仮想通貨取引を行う場合の何よりも大きな拠り所となります。

円に換えられるなら、ビットコインを増やして円にすれば、単純に「儲かる」ということになるわけです。

そして、仮想通貨で得た利益には、税金もかかります。

税金がかかるということはすなわち、仮想通貨は利益を生むということを国が認知しているということでもあります。

そう考えると、仮想通貨が「怪しい」という気持ちも少しは和らぐのではないでしょうか。

 

ドコモスマホで仮想通貨取引を開始するまで

 

ということで、仮想通貨に対する基礎知識など、細かい内容はすべて省いて、ここではドコモのスマートフォンやiPhoneで仮想通貨を実際に取引開始するまでの大まかな流れを解説していこうと思います。

 

そもそも仮想通貨を取引するためには、どういう手続きが必要なのでしょうか。

株や為替であれば証券会社などで専用の口座を開設する必要がありますが、仮想通貨に関しても大枠は似たようなもので、実際に取引をするための取引所にアカウントを開設する必要があります

その上でそのアカウントに対して実際に円を入金し、入金した円で実際に仮想通貨を購入し取引する形となります。

仮想通貨と言えば最大の取引量を誇るのがビットコインであり、さすがに他の仮想通貨のことはまったく聞いたことがなくても、ビットコインくらいは聞いたことがあるという人も多いのではないかと思います。

ちなみに。ビットコインに対して、それ以外の仮想通貨のことをアルトコイン/オルトコインと呼んだりします。alternative coin、つまり、ビットコインの代替となるコイン、という意味ですね。仮想通貨用語として覚えておくと便利です。

 

そのビットコインはじめ、多くの人気アルトコインの取り扱いをしているのが、coincheck(コインチェック)です。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

現在取り扱いされている仮想通貨は以下の通りです。

 

ビットコイン BTC
イーサリアム ETH
イーサクラシック ETC
リスク LSK
ファクトム FCT
モネロ XMR
オーガー REP
リップル XRP
ジーキャッシュ ZEC
ネム XEM
ライトコイン LTC
ダッシュ DASH
ビットコインキャッシュ BCH

 

取り扱い銘柄がかなり多いため、おそらく日本の取引所の中では最も人気があるのではないでしょうか。

 

もう一つ、ビットコインの取引量日本一を誇る取引所が、ビットフライヤーです。

 

【ビットフライヤー公式】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットフライヤーは、コインチェックと比べるとアルトコインの取り扱いがやや少ないため、幅広く取引をしたい人にとってはやや使い勝手がよくないですが、人気の国産仮想通貨「モナコイン」の取り扱いがあるため、いつでも購入ができるように取引所だけは開設しておきたいところです。

 

どちらもアカウント作成自体は非常に簡単で、メールアドレスを登録するだけで完了します。

現在のビットコインの価格情報など、簡単な内容はこの段階でも確認することができるようになります。

登録にあたって、手数料や月額料金のようなものは一切かからないので、とりあえずこの段階まで登録して確認してみてもいいでしょう。

実際に取引を開始するためには、本人確認書類を提出し、承認される必要がありますが、ここまで進めば入金後、自由に取引を開始することができます。

最初はなんとなく抵抗があるかもしれませんが、実際にスタートしてみると要領がわかってきます。

何事もやってみないと前に進まないので、興味がある方はとりあえず登録をしてみることをお勧めします。

 

【仮想通貨取引所の登録はコチラから】

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットフライヤー(bitFlyer)公式

 

株・FX経験者には抵抗が少ない? 仮想通貨取引

現在、仮想通貨の取引をすでに開始している人たちの投資経験を聞いてみると、少なからず株や為替(FX)の取引経験者が存在しています。

これは当然といえば当然で、取引の流れは基本的に株や為替とそれほど変わらないため、仮想通貨の取引にも抵抗なく参入できるのだと思われます。

しかし、もちろん取引開始しているのはそんな玄人ばかりではありません。

まだまだこれから伸びていく可能性の高い仮想通貨市場であるため、基本は安値で買っておけばあとはじっくりホールドするだけで、勝手に大きな利益を生み出してくれる可能性も高く、より素人向けであるともいえるかもしれません。

事実、2017年初めにビットコインを買っていた人は、ただ持っているだけで、すでに10倍以上に資産は膨れ上がっているはずですし、それ以外のアルトコインが安いころに買っていた人に関しては、100倍以上になっている人も多いという驚くべき状況です。

こんな大チャンスは今後まず、ありえないと思われます。

株式市場において、株価が10倍以上に値上がりした銘柄のことを「テンバガー」と呼びますが、これを株式市場で見つけ出すのはそう簡単なことではありません。

しかし仮想通貨の世界は、まだ生まれたばかりでこれから伸びていくしかないという通貨も多く、テンバガーと同じような、そしてそれをはるかに上回るような飛躍的な値上がりをする通貨も非常に多いのです。

 

もちろん、100万円を1000万円にとか、1000万円を1億にするというような、大きな話ばかりでなく、5万円が50万円でもいいと思います。それだけでも45万円の利益になるわけです。

小さな金額から初めて、徐々に利益を積み上げ増やしていくことこそが、投資の醍醐味でもあります。

銀行に寝かせていても、増えるどころかATM利用の手数料などでむしろ減っていく可能性の方が高い銀行預金よりも、こうした仮想通貨のような新しい可能性に、余裕資金の一部を振り分けてみるのは十分ありだと思います。

そして、損をするよりも得をする可能性の高い、黎明期こそがやはり狙い目ともいえます。

 

ドコモのAndroidスマートフォン/iPhoneで利用可能

ドコモのスマートフォンでもiPhoneでも、それぞれGoogle playとApp Storeで専用アプリが用意されているため、どちらもコインチェックやビットフライヤーに登録・取引利用が可能です。

 

Android版 iOS版

 

どちらも人気の取引所なので、両方試しに登録してみて使い勝手を試してみるのも一つの方法です。

ちなみに、ドコモのスマートフォン・iPhoneに限らず、au、ソフトバンクのスマートフォンやiPhone、格安スマホでも利用可能です。

 

通信の安定性でドコモスマホ/iPhoneが安心

株、為替、仮想通貨、どれをとってもそうなのですが、オンライン上で取引を行う場合、どうしても発生するリスクがシステム障害リスクです。

システム障害が万が一発生してしまうと、ここぞという取引のタイミングを逃してしまい、場合によっては大きな損失を被る可能性があります。

特に格安SIMなどを利用していて速度が低下して通信ができなくなったり、格安スマホでフリーズしてしまったりするようでは、安心してオンライントレードを実施することはできません。

もちろんこうしたリスクはどのキャリア・どのスマホを利用していても変わらず存在するのですが、少しでもリスクを抑えたいと考えるのであれば、やはり最大手のドコモのSIMとドコモのiPhoneを利用するのが最強です。

iPhoneであれば操作性も快適ですし、フリーズするということはまずないと思われます。

 

仮想通貨取引はスプレッドに注意

通常の為替相場でのFXと比較して、ビットコインはじめとする仮想通貨取引は、取引の際の「スプレッド」が非常に大きいことが特徴です。

スプレッドとは、買値(Ask)と売値(Bid)の差額のことで、例えばドル円の相場で買値が「113.53円」、売値が「113.52円」の場合、スプレッドは1銭です。

1万通貨(1lot/1枚)の取引を行った場合に、1銭の値動きで発生する利益または損失が100円なので、スプレッドが1の場合、1枚で最初から100円のマイナス、100枚なら10000円のマイナスが生じていることとなります。

もしこれが、スプレッドが5なら、100枚の取引で最初から50000円もマイナスを抱えている形になるのですね。

つまりFX取引において、いかにスプレッドが少ない取引業者を選択するかが重要なのですが、仮想通貨取引では、今のところどの会社をとっても通常の為替のFXと比較してスプレッドが極端に大きいです。

そのため、一日に取引を何度も繰り返すスキャルピングやデイトレードなどは仮想通貨には向いておらず、基本的には長い目でみたスイングトレードや長期のホールドが向いていると言えます。

もし短期間で売買を繰り返したい場合には、株やドル円などでのFXを検討しましょう。

 

実際に仮想通貨取引ができるまで時間がかかる

もし、今こそ仮想通貨を取引する大チャンスだ!と感じた時に、取引所への登録が完了していない状態だと、取引をしたくても行うことができません

実際これは、私が体験したことで、夏頃に一時的にビットコインの価格が大きく下落したことがあったのですが、ここが買いだと判断して取引所に登録手続きを取ろうとしたところ、完全に完了してトレードできるようになるまで、数日を要しました。

この数日のタイムロスが実はかなり大きく、結果的に手続きが完了してビットコインを購入しても十分利益は出たものの、もう少し早く手続きが完了していれば、もっと安い水準で購入することができていたため、利益はさらに大きかったはずです。

取引所をしっかり開設させて準備しておかないと、こういうリスクがあるわけですね。

一方で、しっかり取引所さえ準備しておければいつでも取引ができるので安心です。

大きな値動きがあれば、そこで一気に参入するもよし、じっくり待つもよし、とにかく時間をロスしてチャンスを逃してしまう可能性は減ります。

今大きな波が来ている仮想通貨の世界においては、たった一つ、「行動できるかどうか」で儲けが大きく変わります。

 

ドコモスマホでビットコインFXも可能

各仮想通貨取引所では、通常の仮想通貨取引だけでなく、レバレッジをかけて少ない資金で大きな利益を狙えるFX取引を実施することもできます。

例えばビットフライヤーではビットコイン相場におけるFX取引をすることができ、値動きの大きい仮想通貨において一気に大きな儲けを狙うこともできます。もちろん、ハイリターンを狙えるということはその分ハイリスクではあるので、初心者の方にはお勧めできませんが、取引に慣れてきたらチャレンジしてみるのも一つの方法です。

仮想通貨でのFXをスタートさせるのであれば、まずは通常のドル円相場など、一般的なFXから練習してみるのもコツがわかるのでありかもしれません。

ドル円の場合、他の通貨ペアと比べても値動きは比較的緩やかで、ある程度想定内の動きをしてくれることも多いので、FXにおいては最も初心者向きといえます。

関連記事:「格安スマホ/iPhoneでFX取引

外国為替証拠金取引の外為オンライン

 - スマホ/iPhoneでFX・仮想通貨取引