ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDでiDキャッシュバック/dポイント利用方法

      2017/09/12

dカード GOLDを利用していると、dポイントがいつの間にかたくさん貯まっている、ということも少なくないと思います。

ドコモ利用分に対する10%還元だけでなく、通常時からdカード GOLDを積極的に利用していると、非常に効率よくポイントは貯まっていくからです。

貯まったポイントは様々な活用方法があるものの、普段からそんなにポイントを利用したいものもないしケータイやスマホもそれほど買い替えることはない、という人は、ポイントをついつい利用するのを忘れてしまっていることもあるかもしれません。

dポイントは、獲得した月から起算して48ヶ月後の月末まで失効することはありませんので、つまり約4年の猶予があり、そう簡単に失効してしまうことはないとは思いますが、それでも使わなければやはりもったいないのは間違いありません。

そのため、dポイントは貯めるばかりではなく、ある程度貯まったら積極に「利用」についても考えていく必要があります。

 

dポイントの利用方法は様々用意されていますが、もし、買い物に利用したい、と考えた場合、dポイントを利用することができる店舗に足を運ぶ必要が出てきます。ローソンやマクドナルドが近くにあればまだいいですが、周囲にはセブンイレブンやファミリーマートしかないということもあると思います。

これでは買い物でdポイントを利用することができません。

 

しかし実は、そんな時のために「iDキャッシュバック」という仕組みが用意されており、dカードやdカード GOLDでiDキャッシュバックを有効活用することで、非常に便利にdポイントを多くのお店で使えるようにすることができるのです。

その詳細な内容について解説していきます。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

dポイントをiDキャッシュバックに交換

 

dポイントの活用方法の一つに、「iDキャッシュバックに交換してiD利用代金に充当」という方法があります。

つまりどういうことかというと、dカード GOLDやiDを設定したスマホ端末でiDを利用して買い物をした際に、その利用代金に対してdポイントを充当させ割引する、という使い方です。

通常dポイントは、ローソンやマクドナルドなど一部の店舗でしか利用することはできませんが、このiD利用分に充当する方法なら、iDが利用できる店舗であればどこでもdポイントを使えるのと同じこととなるため、非常に便利です。

dポイントの利用方法としてこの「iDキャッシュバック」があることで、dポイントは利用できる店舗数がまだまだ少ないという弱点を、見事にカバーしているのです。

 

iDキャッシュバックへの交換は2000ポイント単位で、2000ポイントにつき2000円分のiDキャッシュバックになるため、価値が減ることもありません。

iDキャッシュバックへの交換可能ポイント上限も、一ヶ月あたり40000ポイント(20口)ということで、かなり余裕をもって設定されています。

 

iDキャッシュバックの充当期間

dポイントのiDキャッシュバックへの交換上限が一ヶ月40000ポイントまで可能となると、一度にどれくらいまでdポイントをiDキャッシュバックに交換すればいいのか、悩んでしまいそうです。

ただ、一度に大きなポイントを交換してしまうと、気になってくるのはそのiDキャッシュバックに交換したポイントの充当期間についてです。iDキャッシュバックにしたはいいものの、使わないままに失効してしまう、という事態は避けたいところです。

 

公式サイトによると、iDキャッシュバックの充当期間については、申し込み受付月の16日を起算日とした6ヶ月間(15日まで)とされており、その期間に充当されなかった、つまり利用されないままとなったiDキャッシュバック(dカード)は失効します。

しかし、約半年の猶予があるので、普段からiDを利用するように意識している人にとっては、まず使い切ることができずに失効してしまうということはあり得ないと思います。

さらに、iDキャッシュバック(dカード)交換後、その申込月を含む6か月後の末日までに追加で交換した場合には、以前交換したiDキャッシュバック(dカード)の残額の利用期間は、最新のiDキャッシュバック(dカード)の利用期間に更新される、という特徴もあります。

細かく追加していけば、延々とiDキャッシュバック交換分の利用期間はどんどん伸びていく、ということですね。

 

ただ一つ注意が必要なのは、iDの利用が身についておらず、ついつい現金で支払ってしまい滅多にiDを利用しない、というような人の場合です。

自分のiDの利用率を考えながら、dポイントをiDキャッシュバックに交換する場合には、多すぎず少なすぎないポイントを交換するようにしましょう。

もし他に利用用途があるのであれば、無理してiDキャッシュバックに交換しなくても、他にもdポイントの使い道はありますし、dポイントのままであれば有効期間も約4年と長いので安心です。

 

ちなみに、iDキャッシュバックを利用した場合の充当タイミングとしては、例えば9月10日にdポイントのiDキャッシュバックへの交換申し込みをした場合、9月16日から翌年3月15日までが利用期間となり、初回利用を9月16日に実施した場合には、11月請求分に充当される形となります。つまりdカード GOLDにおける11月10日引き落とし分ですね。

タイミングが少しわかりにくいので、「翌月の請求を見て充当されていない!」と慌てないようにしましょう。

また、交換した当月分は16日から利用開始されるため、1日から15日に交換申し込みをした分がすぐにその場で充当されるようになるわけではないので注意しましょう。仮に2日に交換申し込みしても、充当が開始されるのはその同月の16日以降のiD利用分となります

 

dポイントをiDキャッシュバックに交換する方法

dポイントをiDキャッシュバックに交換する手続きが完了していれば、あとは有効期間内であれば勝手にiD利用分に対して充当してくれますので、手続きは不要です。余った分は翌月に繰り越しされ、前述したとおり半年間は充当され続けます。

では、そのdポイントをiDキャッシュバックへ交換するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず、dポイントクラブの公式サイト、またはdポイントクラブアプリを利用します。

その中の「つかう」を選び「交換商品につかう」または「商品と交換」を選択します。カテゴリから探す、という項目の中に、「iDキャッシュバックコース」を見つけることができます。

 

 

ここから交換したい口数(1セット=2000ポイント)を選択し、申し込みを完了させるとその当月の16日より反映されます。

 

 

dカード GOLDの家族カードを利用している場合

dカード GOLDの家族カードを利用している人が、dポイントをiDキャッシュバックと交換した際の注意点です。

家族カードはあくまでメインのカードと紐づいていますので、家族カードでdポイントをiDキャッシュバックと交換した場合、本会員およびその他の家族会員を含むすべてのdカード(iD)ショッピング利用代金に対して、自動的に充当します。

つまり、家族カードでdポイントを4000円分(2口)交換したとしたら、メインカードや他の家族カードで利用した「iD」に対しても、割引対象となります。

とはいえ、家族カードを利用している時点で「サイフは同じ」はずですから、そう問題になることはないとは思います。

 

dカード GOLDのiD決済とクレジット決済を間違わない

iDキャッシュバックを利用する際のもう一つの注意点ですが、dカード GOLDを利用したクレジットカード払いについては、iDキャッシュバックとは関係ないため、割引として充当されません。あくまで、dカード/dカード GOLDを利用した「iD決済」の場合についてのみ、利用料金への充当が実施されます。

そのため、クレジットカードとしての買い物や、ETCカードの利用代金についても支払いに充当はされません。

また、ドコモの携帯電話料金、ドコモ光利用料金、NTTファイナンスおまとめ請求、故障修理代、分割払い端末代金の残債一括清算、事務手数料などの支払いにも充当されません。

あくまで、「iD」を利用して買い物をした分にのみ充当される形となります。「iDキャッシュバック」を利用する際の重要なポイントです。

 

iDキャッシュバック以外のdポイントの活用方法

dポイントの活用方法はiDキャッシュバックばかりではありませんが、普段からiDを使い慣れている人であれば、dポイントを普段のiDからの割引として充当することで、効果的に貯まったdポイントを利用できます。

この辺りは性格次第ですが、できるだけ貯めに貯めてからスマホ代などに一気に使いたい人もいれば、ある程度貯まったらすぐに使う、という形で細かく利用していく人もいると思います。

どちらがお得ということもまったくありませんので、使いやすい場面でdポイントは利用していきましょう。

 

参考までに、私が最近よく利用しているdポイントの利用方法としては、dデリバリーでのピザの宅配や、dブックでのコミックの購入などがあります。→「dデリバリーを使ってみたら非常に便利だった話」「dブックでキン肉マンを読んでみた話

dデリバリーは作りたくない、しかし出かけたくもない、という何もしたくない日の夕食などに利用できますし、dブックは読みたいと思ったときにすぐに読みたいコミックをポイント交換できるので非常に便利だと感じています。是非一度試されてみてください。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏