ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDとドコモスマホとLCCで快適な空の旅を

   

2017年も残すところ一ヶ月ほどとなりました。年末年始に国内旅行海外旅行を計画している人も少なくないのではないでしょうか。

ドコモユーザーでdカード GOLDを保有していると、様々な旅行時の特典を受けることができます。

国内旅行保険海外旅行保険が付帯したり、空港のカード会社ラウンジを利用することができるようになるという特典は、既に広く知られ始めていると思いますが、加えてプレミアムクーポンを利用することで、JALのサクララウンジも利用することができるチャンスが与えられるのは、まだまだ知らない方も多く、是非活用してもらいたい特典の一つです。→「dカード GOLDでJALのサクララウンジを利用する方法

 

しかし、サクララウンジを利用する権利を得たとしても、当然のことながら実際に搭乗する航空会社がJALでなければサクララウンジは利用することができません

そう考えると、普段から格安のLCC(Low Cost Carrier)を利用している人にとっては、dカード GOLDによってカード会社ラウンジを利用することはできても、サクララウンジを利用することはほとんどないと考えられます。

つまり、同じdカード GOLDを所有していても、JALに乗るのか、LCCに乗るのかによって、空の旅全体のイメージが変わってくるわけです。

そこで今回、ドコモのスマホを利用しながらdカード GOLDを所持し、かつLCCに搭乗した場合に最大限に快適な空の旅を送るための流れを、検証してみました。

JAL/ANAとLCCでは料金が違いすぎるという事実

劇的に安いLCC

普段飛行機にあまり乗らない人は、料金のイメージも持ちにくいと思いますが、調べてみるとJAL/ANAの大手二社とLCCとの料金格差の大きさに気が付くと思います。

さながらケータイ大手三社とMVNOとの料金格差のようです

とはいえ、ドコモとMVNO(格安SIM)との料金格差は、せいぜい大きくて月数千円ほどですが、JAL/ANAとLCC間の料金格差は、片道で1万円~2万円も違うことがあり、これが往復になるとそれこそ3万円も4万円も変わってきますし、家族分ともなると、人数や便によっては10万円近い差が出てしまうこともあり得ます。

もちろん、普段からJALやANA、またはそれぞれのクレジットカードでマイルを貯めているという場合にはこの限りではありませんが、普段からマイルを貯めているわけでもなく、それほど飛行機自体に乗る回数も少ないという場合には、やはりLCCを利用する方がコスト的には圧倒的に有利だと思われます。

ただその分、細かいサービスの違いがあり、当然のことながら、JAL/ANAに乗るよりもLCCでは快適さを犠牲にしてしまうのはやむを得ないところです。

そしてその最たるものは、やはり個人的には機内Wi-Fiの存在ではないかと思います。

 

JALの無料Wi-Fiは快適すぎる/ANAは有料提供

2017年、JALは「JAL国内線・ずっとWi-Fi無料宣言!」として、人気アイドルグループ「嵐」を起用して強力にPRをしているところです。

そして事実、このJALの無料機内Wi-Fiは、非常に便利です。利用開始時に一度だけ、Gogoアカウント(※Googleアカウントではありませんへの登録が必要となりますが、一度登録してしまえば次からは簡単に接続が可能となります。この登録自体もまったく難しくはないですし、最悪近くのCAに聞いてみれば、しっかり教えてもらえると思います。公式サイトにも、やり方は記載されています。→JAL公式サイト

このJALのWi-Fiを一度体験してみると、機内でWi-Fiが使えないLCCの不便さがより際立ってしまいます。

 

一方、ANAの場合は、機内Wi-Fi自体は存在しているものの、有料でのサービス提供となっています。ちなみに、40分プランで550円、フルフライトプランで1050円です。有料と言われると、いくら安いとは言っても「じゃあ使えなくても・・・」となってしまいがちですよね。もしくは、どうしてもWi-Fiにこだわるなら、JALを選べばいい、ということになってしまいます。

 

LCCにはWi-Fiがない

そしてLCCですが、現時点で日本国内のLCCに機内Wi-Fiを備えた航空会社はありません

その分料金が安いのですから、このあたりは受け入れざるを得ないところだと思います。

しかし、Wi-Fiがないというだけでも、機内での時間の活用方法が大きく異なってきます。うまくフライト中に睡眠が取れればそれが一番かもしれませんが、うまくいかなければ時間を持て余してしまいます。その場合アナログな方法ですが、文庫本などを持ち込むという方法もあるものの、そもそも読書の習慣がない人にはそれもどうだろう、と感じられると思います。

そこで、Wi-Fiがない環境、機内モードの状態でも、ドコモのスマホやiPhoneを活用させることができる方法を以下でお伝えしていこうと思います。

 

LCCでスマホを活用するための事前準備

dブックでコミックを/dマガジンで雑誌をダウンロードしておく

限られた機内という環境の中で、時間を有効活用するために非常に役に立つドコモのサービスとして、dブックdマガジンを紹介したいと思います。

dマガジンは月額料金400円(税別)で雑誌読み放題、dブックは都度購入という形でコミックを読むことができるサービスです。→「dブックでキン肉マンを読んでみた話

通常は、ドコモのLTE回線やWi-Fi環境を利用してダウンロードしながら雑誌やコミックを読むわけですが、どちらのサービスも事前に読みたい雑誌やコミックをダウンロードをしておくことによって、機内モードでWi-Fiもない状態であっても、雑誌やコミックを読むことができるようになるのです。

dブックは、基本的にアプリを利用する際にデータをダウンロードしてから読む形になるので問題ないのですが、dマガジンの場合には「ダウンロード設定」から「記事閲覧時のダウンロード設定」をONにしておくことによって、閲覧時に対象雑誌1冊まるごとのデータをダウンロードしてくれます。→「dマガジンを飛行機移動中にフル活用・ダウンロードし放題の便利さ

この機能を使ってダウンロードを事前に実施しておけば、あとは機内で読むだけです。Wi-Fiが使えなくても、まったく問題なく時間を有効に活用できます。

もし、希望の雑誌やコミックが見つからない場合には、AmazonのKindleアプリを利用する方法もあります。

 

dTV/dアニメストアで視聴したい動画をダウンロードしておく

こちらもdマガジン・dブックと基本的にやるべきことは同じで、dTV/dアニメストアで事前に視聴したい動画をダウンロードしておき、通信ができなくても観ることができる状態にして、機内で視聴するという方法です。→「dアニメストアのダウンロード視聴

ダウンロードさえしておけば、あとは視聴するだけなのでいつでも見られそうな気がすると思いますが、実際には視聴前に「ライセンス認証」をしなければならないため、せっかくダウンロードをしておいても、インターネットに一切つなぐことができない機内では視聴ができません。

そのため、実際に飛行機に乗る直前に、このライセンス認証を実施しておく必要があります。そうすると、一度取得したライセンスは48時間有効となりますので、機内でも視聴が可能となるわけです。つまり、飛行機に乗る前に視聴したい動画を一度再生しておけばいいというわけですね。

そうすることで、機内での空き時間のほとんどをうまく埋めてしまうことができ、快適な空の旅を送ることができるようになるはずです。

 

機内モードで利用可能か事前チェック

これだけ準備をしても、実際に大丈夫と思って飛行機に乗ってみて、いざ機内モードで試してみたら読めなかった、視聴できなかった、ということも十分考えられます。

できているつもりでできていないということはよくあることです。

ということで、必ず飛行機に乗る直前に、実際に機内モードに切り替えて、その上で読みたい雑誌やコミック、視聴したい動画が再生するのかどうか、試してみるといいでしょう。機内モードで問題なく動けば、機内でも当然同じように動作させることができます。

 

LCCでもdカード GOLDの空港ラウンジ無料特典は受けられる

LCCを利用する場合、どう頑張ってもJALやANAのラウンジを利用することはできませんが、dカード GOLDで利用することができるカード会社ラウンジについては、LCCでも全く問題なく利用することができます

JALやANAの上級ラウンジのような豪華な食事が出たりすることはありませんが、空港やラウンジによってはかなり快適で優雅な空間を提供してもらえますし、ソフトドリンクが飲み放題だったり、ラウンジによってはアルコールを1杯無料でもらえたりするところもあります。

LCCを利用して料金を最低限に抑えることに成功しながらラウンジも利用できるのですから、十分満足できると思われます。

上を見ればきりがありませんが、個人的には毎回カード会社ラウンジでも十分快適に過ごすことができています。

LCC利用でもdカード GOLDにおける空港ラウンジ無料は利用可能である、という事実はしっかり覚えておきましょう。

関連記事:「dカード GOLDで利用できる羽田空港ラウンジ」「dカード GOLDで成田空港ラウンジを使いこなす

 

LCCでもドコモのスマホとdカード GOLDで快適な空の旅を実現できた

以上みてきたとおり、事前にしっかり準備さえしておけば、Wi-Fi無料の有無は気にすることもありませんし、カード会社ラウンジもちゃんと利用することができるので、LCCだから快適な空の旅が送れない、ということはまったくありません。

むしろ、料金を最低限に抑えながらラウンジサービスを受けることができ、フライト中も時間を持て余すことなくドコモのサービスを満喫できると考えれば、逆にわざわざ高い料金を出してJALやANAに乗る必要性が感じられなくなるかもしれません。

その他dカード GOLDのメリットについては、改めて以下関連記事にて確認されてみてください。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏