ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDの申し込みパターンと必要書類や注意事項

   

dカード GOLDの申し込みをする場合、いくつかのパターンが存在します。

大きく分けると以下の通りです。

 

・dカード GOLD新規申し込み

・DCMXカードからdカード GOLDへのアップグレード

・dカードからdカード GOLDへのアップグレード

・DCMX GOLDからdカード GOLDへの券面切替

 

以上4パターンです。

このそれぞれのケースについて、内容が若干異なってきますので、一つずつ解説していこうと思います。

あわせて、実際の申し込み時の注意点、必要書類などを再確認していきます。

dカード GOLD新規申し込み

 

dカード GOLD申し込みの中で、最も基本となるパターンが新規申し込みです。

今までdカードもDCMXカードも所有したことがない人が、まったく新しくdカード GOLDを申込する時のパターンです。

参考:dカード GOLD公式サイト

 

 

dカード GOLD公式サイト内の、申し込み入口の左側、「新規入会お申込み」を選択すると新規申込みが可能です。

一方で、dカードからのアップグレードや、DCMXカードからのアップグレードの場合には右側の「アップグレードのお申込み」を選択する形となります。

 

事前準備として必要になるものとしては、運転免許証口座番号などがわかるキャッシュカード等があれば問題ありません。

運転免許証は免許証番号の入力が求められますが、免許証の写真データのアップロード等は求められませんので、最悪手元に免許証がなくても免許証番号さえわかれば手続き可能です。

キャッシュカードも同じですね。口座番号や有効期間等を入力していく必要があるため、手元に準備しておいた方が簡単です。

ドコモユーザーの場合、その他に「ケータイのお支払い口座流用」という方法も用意されています。これを利用すると、わざわざ口座番号などの入力をする必要がないため、非常に便利です。特に問題がなければ活用しましょう。

もし会社員の方であれば、勤務先情報の入力等も必要となるため、勤務先名、住所、電話番号などがわかるように準備しておくといいでしょう。

本人確認書類については、以下の注意点がdカード GOLD公式サイトに記載されています。

「本人確認書類」の返送依頼文書を送付する場合があります。その際は必要事項を記載の上、同封の返信用封筒にてご返送ください。

 

個人事業主の方の場合も申し込みは可能ですが、法人の場合には申し込み不可です。

そのほか、老若男女誰でも申し込みができるdカード GOLDですが、満20歳以上(学生は除く)で安定した継続収入があることが条件となっています。

dカードが満18歳以上(学生は除く)で安定した継続収入があること、という条件なので、さすがにゴールドカードなだけあり、若干最低申し込み年齢が上げられています。

以下、dカード GOLDの主な特徴です。

 

年会費 10000円
ポイントサービス dポイントクラブ ゴールドステージ特典
10%ポイント還元ドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額1,000円(税抜)につき100ポイントショッピング利用
1%ポイント還元
ご利用金額100円につき1ポイント
入会条件 個人名義であること(法人名義では申込み不可)

満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること

本人名義の口座を支払い口座として設定すること

その他ドコモが定める条件を満たすこと

国際ブランド Visa/Mastercard
電子マネー iD
Apple Pay iDに対応した店舗での利用が可能。
アプリケーション・オンラインショッピングでの利用はMastercardのみ対応
追加カード ETCカード:無料

家族カード:1枚目無料
2枚目以降のdカード GOLD家族カードは、利用の有無にかかわらず、
初年度から1,000円(税抜)/枚

支払い日 毎月16日~今月15日の間の利用分について、翌月10日(休業日の場合は翌営業日)に、
支払い口座より引落し。
支払い方法 一括払い・ボーナス払い・分割払い・リボ払い
ポイント交換先 JALのマイル(JALマイレージバンク)、商品券(VJAギフトカード)、iDキャッシュバック、
素敵な商品に交換、ケータイの機種変更・付属品の購入、dマーケット・dショッピングでつかう
付帯サービス dカードケータイ補償・国内旅行保険・海外旅行保険・お買い物あんしん保険・dカード GOLD年間ご利用額特典など

 

安定した継続収入という条件があるため、例えば完全に仕事をしておらず収入もない場合には申し込みは厳しいですが、仕事をしていなかったとしても安定した継続収入として不動産収入などがあるのであれば、申し込みは可能です。

ただし、審査をパスできるかどうかはもちろん実際に申し込みをしてみなければわかりません。

 

DCMXカードからdカード GOLDへのアップグレード

現在DCMXカードを利用している場合、dカードへの券面切替を飛ばしてdカード GOLDへと一気にアップグレードをすることが可能です。

この場合、カード番号は変更となり、審査も改めて実施されます。その点、アップグレードとは言うものの、新規申し込みとそれほど変わりません。

違いとしては、元々DCMXカードで登録されている個人情報をある程度そのまま引き継ぐため、若干手続きが簡略化されます。引き落とし口座はそのままです。

カードブランド(VISA/Mastercard)については、DCMXカードで利用していたブランドがそのまま継続となります。変更はできません。どうしても変更したい場合には、一度解約後、再度新規申し込みをするしかありません。

DCMXからdカード GOLDにアップグレードする場合、変更手数料等はかかりませんが、年会費が変わってきますので注意しましょう。

 

DCMXカードからdカード GOLDへアップグレードすることにより、それまで持たなかった機能が追加されます。

 

・dポイントカード機能(ローソンやマクドナルドで購入時にdポイントを付与してもらえる)

・iD決済機能(iDで商品購入が可能・後期のDCMXカードには対応しているものもあり)

 

これにより、dカード GOLDと別にdポイントカードを持つ必要がなくなりますし、おサイフケータイやApple Payを利用しなくてもdカード GOLD自体でiD決済による商品購入が可能となります。

 

dカードからdカード GOLDへのアップグレード

dカードからdカード GOLDへのアップグレードの場合には、DCMXカードからアップグレードするのと近い感覚となります。

変更手数料なし、カードブランド変更なし、口座変更なしです。ただしカード番号だけは変更となります。

 

dカードの場合には元からdポイントカード機能iD決済機能を有しているため、dカード GOLDに変わったからといってそれらの点での変更は特にありません。

その上で、dポイントクラブのゴールドステージ優遇によるポイント還元率アップだったりdカードケータイ補償だったり、様々な特典をdカードよりも有利に受けることができるようになります。

そのあたりの詳細については別記事「dカード GOLDは本当にお得なのか」を参照ください。

 

各パターン共通の注意事項

dカード GOLDを申し込みした場合の、共通の注意事項について触れておこうと思います。

 

カードご利用明細照会サービス

dカード GOLDの申し込みに際し、「カードご利用明細照会サービス」が標準となります。

そのため、封書での利用代金明細書の発行を希望する場合には、後日別途申込みが必要になります。発行手数料は1通あたり50円です。この内容については、別記事「dカード GOLDの利用明細が紙で欲しい」で解説しています。

基本的にはWEB上で簡単に利用明細の確認はできますし印刷もできるので、できる限り標準の「カードご利用明細照会サービス」のままにしておいた方がいいでしょう。

 

受付メール

入会申込が完了した後、登録メールアドレスあてに、受付メールが配信されます。メールの受信を確認しておきましょう。審査結果についても、入会手続きが完了した段階で、完了のご案内メールが配信されます。

迷惑メール対策設定をしている場合は、自動的に拒否されてしまい受信しませんので、受信したいドメインとして『d-card.jp』を追加しておく必要があります。

中には、「そんなメールは必要ないし、むしろ送ってこないでほしい」という人もいますので、その場合にはわざわざ迷惑メール設定から受信設定をする必要はありません。

逆に後から、dカードの「お得情報メール」「ご利用額お知らせメール」を受信したくないということで、迷惑メール設定をして送られてこないようにしている、という人もいるようです。もちろんそこまでしなくても「お得情報メール」と「ご利用額お知らせメール」には配信停止設定がありますので、そちらから手続きをすれば問題ありません。

 

クレジットカードの署名

dカード GOLDはクレジットカードでありゴールドカードです。

裏面には署名欄が用意されていますが、これはクレジットカードの一般的な仕様です。

人によってこの裏面の署名をしていないというケースも見受けられますし、緩い店舗ではそのあたりを確認することもなく利用ができてしまったりすることもありますが、基本的には裏面には署名をしておく必要があります。

その署名欄にある署名筆跡と、カードを利用した際の明細に書くサインを、本来であれば店員側で確認をするようになっているわけです。

私も個人的に字があまりうまくないので、せっかくのゴールドカードの裏面を自分の字で汚してしまうような気がして若干抵抗がありますが、これは仕方ありません。人に見せて恥ずかしくない字で署名しておきたいところです。

 

その他dカード GOLD申し込みにあたっての注意事項

一般的にはそれほどの時間もかからず審査も完了し、カードが送られてきますが、申し込み内容によって審査に時間がかかる場合もあります。その場合には、別途メール等でお知らせが送られてきます。

送られてきたカードをいつまでも受け取らず、最悪返送になってしまった場合など、解約になってしまう場合があるということなので、この点は注意したいところです。

特にあまり家にいない、という場合などに起こりがちかと思いますが、できる限り再配達などを利用して早めにカードは受け取るようにしましょう。

 

カード最短5分で入会審査完了手続き

現在dカード GOLDの申し込みにあたってはスピード審査が実施されており、最短5分で入会審査が完了します。

ただし、それにはある程度の条件があります。以下の通りです。

 

・9:00~18:50にカード申し込み手続きが完了していること

・申込時に引き落とし口座の設定が完了していること

 

この条件を満たしている場合でも、必ずしも即時審査で手続きが完了するとは限らないため、うまくいけば最短5分、場合によっては通常審査という感じで長めに見ておくと間違いないと思われます。

 

DCMX GOLDからdカード GOLDへの券面切替

最後に、DCMXカードからdカード GOLDへの券面切替についてです。

もともとDCMX GOLDを利用している場合、dカード GOLDへそのまま券面の切り替えを実施することができます。

このケースでは、カードの種類が新しくなるだけなので、改めて審査が入ることはありませんし、カード番号もそのまま引き継ぎとなります。

手数料や口座の変更などもなく、利用するにあたっての大きな変更は特にありません。

では何のためにDCMX GOLDからdカード GOLDへ変更するのかというと、単純に券面が新しくなったりとか、それまでDCMX GOLDにはなかったdポイントカード機能やiD決済機能を利用することができるようになるなど、カードの使い勝手がより向上します。

別にそんな使い方はしないからそのままでもいい、ということであれば慌てて変える必要はなく、次回のカード更新時に自動的に新しくdカード GOLDに変わりはするものの、せっかくのdポイント付与機能やiD決済機能など、積極的に使っていかなければGOLDカードのメリットが半減してしまうので、機会があれば是非変更しておきましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏