ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカードとdカード GOLDの徹底比較/ドコモユーザー必携のクレジットカード

   

よくよく考えたら、dカード GOLDのお得さに目を奪われすぎて、dカードについて言及した記事が非常に少ないことに今更ながら気づきました。

ということで今回は、dカード GOLDではなく、「dカード」目線で、そのお得さ、メリットデメリットについて、詳細まで考えてみようと思います。
入会キャンペーン中でお得!dカード公式サイトdカード


DCMXからdカード

かつて「DCMX」という名前でサービス展開されていたdカード。

2015年12月からdカードと名称を改め、もう二年が経過しました。

DCMXカードからdカードに至る歴史については、関連記事「DCMXカードを持ち続けている人のための昔話」にて書いていますのでそちらを参照していただくとして、dカードと名を変えてからのdカードが置かれた環境は、常にdカード GOLDとの比較にさらされる日々であり、相対的に圧倒的お得さを持つdカード GOLDばかりが注目され、かつて主役だったはずのdカードに向けられる目は、かなり寂しいものになってしまいました。

それでも、最初からゴールドカードであるdカード GOLDは作りにくいドコモユーザーや、お得と言われてもやはりdカード GOLDの年会費が気になるという人たちに、DCMXカード/dカードは根強く利用されてきました。

DCMXカードのころよりも、「iD決済機能」や「ポイントカード機能」が追加搭載され、使い勝手は非常によくなりましたが、そもそも現在のdカードのスペックはどのような内容になっているのでしょうか。

 

dカードの基本スペック

まずはdカードのカタログ上のスペックを記載しておきます。

 

年会費 初年度無料
※2年目以降は前年度に1回もショッピングサービスのご利用
(携帯電話ご利用代金お支払いやETC・iDショッピングの
ご利用を含む)がなかった場合、
1,250円(税抜)(家族会員は400円(税抜))
※キャッシングの利用は、年会費無料の条件にならない
ポイントサービス 1%ポイント還元
ドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額1,000円(税抜)につき
10ポイントショッピング利用:1%ポイント還元
利用金額100円につき1ポイント
入会条件 ・個人名義であること(法人名義不可)
・満18歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
・本人名義の口座を支払い口座として設定すること
・その他ドコモが定める条件を満たすこと
国際ブランド Mastercard/Visa
電子マネー iD
Apple Pay iD対応店舗で利用可能
アプリケーション・オンラインショッピングでの利用はMastercardのみ対応
カードデザイン ・通常版
・ポインコデザイン
追加カード ・ETCカード:初年度無料
※2年目以降は、前年度(本会員のdカード契約月から1年間)に一度も
ETCカード利用の請求がなかった場合、500円(税抜)
※家族会員でETCカードを持った場合、
ETCカードごとに利用する必要がある・家族カード:1枚目無料
※2年目以降は前年度(本会員契約月から1年間)に本会員、家族会員のいずれにも
ショッピング利用がない場合、年会費400円(税抜)/枚
支払い日 毎月16日~今月15日の間の利用分が、翌月10日(休業日の場合は翌営業日)引落し
支払い方法 一括払い・分割払い・ボーナス払い・リボ払い
付帯サービス お買い物あんしん保険・dカードケータイ補償・VJデスク

 

ざっと内容を見ても、一般的なクレジットカードとしての機能は有しているものの、dカードでなければならない、というほど強烈な強みを持っているわけではありません

そのあたりが、dカード GOLDとの大きな違いです。

dカード GOLDは年会費が一万円かかるとはいえ、それ以上の大きなリターンを多数得ることができる点で非常に優れているため、ドコモユーザーが利用するならdカード GOLD、と断言できる要素が満載です。

そのため、もしdカード GOLDを利用する条件を満たしているのであれば、dカードを飛ばしてdカード GOLDの申し込みをした方がいいのですが、dカードにはdカードの良さもあります。

 

dカードの特典・メリット一覧

ドコモのdカードは、ある部分ではdカード GOLDと同等のメリットがあり、そしてdカード GOLDにはないメリットも若干ですが別に持ち合わせています。

まずは特典やメリットを一覧でみていきます。

 

dカードの特典・メリット 内容詳細
決済・加盟店・特約店・iD利用 ローソンなら最大5%還元
マクドナルド全店で
最大5%還元
ノジマならいつでも3%OFF
高島屋なら最大3%お得
dカード特約店にはさらに大きな付与あり
ドトールで4%分のお得
スターバックスで4%分のお得
dカードケータイ補償 買い替え機種分・最大1万円補償
VJデスク利用可能 海外旅行時のサポートサービス
お買い物あんしん保険 カード購入分の商品に対する破損・盗難保険
dカード入会キャンペーン 500円分iDキャッシュバック
利用に応じてさらに4500円分
「こえたらリボ」と
「キャッシングリボ利用枠設定」で
さらに2000円分iDキャッシュバック
合計最大7000円分

 

dカードは年会費無料

厳密に言うと、dカードの年会費は初年度のみが無料で、2年目以降は1250円(税抜)の年会費が発生します。

しかし、2年目以降もdカードをドコモの料金の支払いに設定しておいたり、ショッピングで年にたった1回利用しさえすれば、ずっと無料で利用し続けることができます。

つまり、実質的年会費永年無料です。

そのため、dカードを所有することに、まずデメリットは存在しないわけです。

一方でdカード GOLDでは、お得さの内容を理解できていないとどうしても重たくのしかかってくる年会費1万円が発生するため、それと比較するとこんなに気楽なものはないと思います。

そういう意味で、dカードは特に何かを構える必要なく、気楽に申し込みをすることができるクレジットカードである、と言えます。

 

dカードは18歳から申し込み可能

また、仮にdカード GOLDの利用条件を満たしていない場合でも、dカードであれば問題ない可能性も高いです。

例えば入会年齢に関して、dカード GOLDの入会条件が安定した収入がある20歳以上であるのに対して、dカードは安定した収入さえあれば18歳以上から入会することができます。

早い段階からクレジットカードを所有することで、世の中の信用情報を積み重ねていくことができるのです。

若い人ほどコンビニやファーストフードを利用することも多いのではないかと思います。

だからこそ早めに入手しておいた方がかなりお得に利用できますので、申し込みが可能な年齢と条件を満たしたら、まずは早めにdカードの申し込みをしておくのがお勧めです。

 

dカード特約店をお得に利用できる

dカードをお得に利用することができるdポイント加盟店・dカード特約店などを最大限に活用することで、非常に大きな「お得」を生み出すことができます。

例えばローソン、マクドナルド、ノジマ、高島屋、ドトール、スターバックスなどなど。

多数の加盟店・特約店があり、それらを使いこなすことで、普通に利用するよりも1%~5%程度お得に利用することができるのです。

これは、dカードが、他のクレジットカードと差別化することができる、非常に大きなアドバンテージです。

ちなみにこのメリットに関してはdカード GOLDと全く同等で、のちにdカード GOLDにアップグレードしてもそのまま同じ感覚で利用し続けることができるという点も便利です。

 

dカードの「dカードケータイ補償」は使いにくい

dカードとdカード GOLDでは、dカードケータイ補償の内容には大きな隔たりがあります。

何が異なるかというと、その補償額です。dカード GOLDは最大10万円まで新しく買い替えた機種に対して補償してくれますが、dカードの場合には最大1万円です。

この差は非常に大きいです。

つまり、dカード GOLDでは現行販売されている機種の大部分がまだ10万円以内であることを考えると、ほとんどの機種で全額補償してもらえるのに対して、dカードでは1万円なので、ほんの一部の補償にしかなりません。となると、残りの金額はどうなるのかというと、当然全額自腹です。

 

おそらく多くの方がこの段階でお気づきだと思いますが、1万円だけ補償してもらって残りの額を自分で支払うくらいなら、ドコモのケータイ補償サービスを普通に利用した方がはるかに安く利用することができます。→「ドコモのケータイ補償サービス

当然ケータイ補償サービスは月額料金がかかりますし、交換時には機種によって5000円から11000円ほどかかりますが、それでも1万円を補償してもらった残りの金額を支払うよりはずいぶん安いです。

そう考えると、dカード付帯のdカードケータイ補償は、dカードGOLDのそれとは違い、活用できるケースはほとんどないと言えそうです。この補償に過剰な期待をするのはやめておきましょう。

 

その他特典全般

dカード利用者に対して提供されている特典には他にも様々なものがあります。

dカード GOLDと異なり、海外旅行保険や国内旅行保険は付帯していませんし、空港ラウンジ利用もできませんが、海外旅行をするのであればVJデスクを利用するとより便利に海外旅行を楽しむことができます。

他にも、安心してショッピングに利用することができるように、お買い物あんしん保険がついています。

そのため、クレジットカードを利用する際にどうしてもネガティブに受け止められやすい「万が一失くしたら、盗難されたら」という不安にもしっかり応えてくれます。

 

dカードでもApple Payは利用可能

iPhone 7以降のiPhoneを利用している場合、dカードを所有しているとApple Payを利用することが可能です。

Apple Pay利用に関しては、dカードを利用している場合と、dカード GOLDを利用している場合との間には、基本的に差分はありませんので、まったく同じように利用が可能です。

iPhone側でApple Payの設定をし、iD対応のお店でApple Payを利用した「iD払い」をすることができます。→「iD払いとクレジット払いの違い

実際使ってみての使い心地は人それぞれ感想が違うと思いますが、まずは一度利用してみて、Apple Payとは何か、体感してみるといいのではないでしょうか。→「Apple Payでdカード GOLDを利用する

 

dカードとdカード GOLD比較

dカードとdカード GOLDの比較として、dカード GOLDにはあるのにdカードにない特典を挙げてみます。

 

  dカード dカード GOLD
ドコモ利用に対する還元 1%(ブロンズステージ) 10%(ゴールドステージ)
年間利用額特典 なし 最大2万円分
dカードケータイ補償 最大1万円補償 最大10万円補償
国内空港ラウンジ無料 なし あり
海外旅行保険 なし あり
国内旅行保険 なし あり
専用窓口 dカードセンター dカードゴールドデスク

※dカード GOLDのドコモ利用に対する10%還元は、2018年5月以降dポイントクラブのシステム変更によるゴールドステージ終了後も継続します。

 

金額的な意味で大きな影響があるのは、ドコモ及びドコモ光利用におけるポイント還元率と、年間利用額特典の有無です。

この二つがあるかないかで、年間に獲得できるdポイントと翌年利用できる特典の額がまるで違ってきます。

dカードは年会費を実質無料で利用できる反面、こうしたプラスとなる特典が弱くなっています。

逆に言えば、dカード GOLDは年会費1万円が必ずかかるものの、こうしたプラスとなる要素が非常に豊富で、トータルではほとんどのケースで年会費を回収してなお、プラスにすることができるというわけです。→「dカード GOLDの年会費1万円を回収する方法

 

また、利用のハードルはやや高めではあるものの、dカードケータイ補償の最大補償額の差、国内空港ラウンジの利用、海外旅行・国内旅行どちらにも対応する保険の有無についても、dカード GOLDの非常に大きなメリットと言えます。

むしろその点だけでも人によっては年会費分を回収してしまう可能性もあります。

 

そういう意味で、「dカード」のデメリットは、一般的なクレジットカードとしては非常に無難な反面、突出したお得さを体感できないところ、と言えるかもしれません。

 

dカード入会キャンペーン

dカード GOLDで新規入会キャンペーンが実施されているのとほぼ同じように、dカードでも入会キャンペーンが実施されています。

内容もほぼ似通っていますが、異なる点としては、もらえるiDキャッシュバックの額が異なります。

キャンペーン期間は2018年1月1日から3月31日まで。

dカードに入会すると、それだけでもれなく500円分のiDキャッシュバックがもらえ、さらにキャンペーンエントリー後、入会の翌月末までに2万円(税込)以上の金額をdカードで利用すると、さらに追加で4500円分のiDキャッシュバックがもらえます。

合計5000円分のiDキャッシュバックプレゼントキャンペーンです。

 

さらに、dカード GOLDと全く同じ内容なのですが、「こえたらリボ」と「キャッシングリボ利用枠」の設定をすると、さらに合計2000円分のiDキャッシュバックがもらえるため、ここまで含めると最大合計7000円分のiDキャッシュバックキャンペーンとなっています。

こえたらリボ、キャッシングリボ利用枠の特典はともかくとして、その他の5000円分は必ずゲットしたいところです。

 

dカードは本当にお得なのか・まとめ

ここまで見てきてわかる通り、基本的にdカードよりもdカード GOLDの方が大きなメリットがあるのは確実なので、もしdカード GOLDの入会申し込みをする条件を満たしているのであれば、dカードは飛ばして最初からdカード GOLDの申し込みをした方が確実にお得です。

dカード GOLDのどこがどうお得なのかはdカード GOLDの記事にて詳細解説しています。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

ただ、dカード GOLDよりもdカードを利用したがいい人としては記事内で触れたとおり、まずは18歳以上20歳未満の安定した収入を持つ人です。

未成年なので申し込み時に親権者の同意が必要ですが、社会人としての最初のクレジットカードとして、dカードを手に入れておきたいところです。

他に、dカード GOLDのメリットはともかく、とりあえずdカードで様子を見たい、という人

お得さは特に求めないけれど、とりあえず一枚、クレジットカードを持っておきたいという人などが該当します。

 

ただ私の経験上、今のdカードとdカード GOLDの間の差を実感すると、結局その後dカード GOLDにアップグレードすることになると思われるため、手間を省きたいと考えるのであればやはり、最初からdカード GOLDを申込するのがお勧めです。

そうした点を踏まえた上で改めて、dカードか、dカード GOLDかを検討してみましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏