ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dヘルスケアパックは新たな強制オプション/レ点営業

      2017/03/16

ドコモのdヘルスケアパックについて、多くの人がほぼ確信していた通りdヘルスケアパックは新たな強制オプションとなりました。

そもそもサービス発表と同時にそんなことを想像してしまったわけですが、結果予想通りだったということですね。いきなりマイナスイメージMAXの記事タイトルをつけてしまったのも、一概に間違いではなかったということです。

もしかしたら今後、ヘルスケア分野はもっともっと劇的に伸びてくるジャンルなのかもしれません。高齢化社会がますます進む日本において、必須サービスであるのかもしれません。

しかし、まだまだ世間一般に認知され必要とされるには、時間が必要なサービス群ではないかとも思われます。詳細内容を検証します。

dヘルスケアパックとは

ドコモのサービスの中で、他に「パック」売りされているサービスとしては、「オプションパック」、「おすすめパック」、「あんしんパック」があります。それぞれのパック内容は以下の通りです。

 

オプションパック・・・「留守番電話」・「キャッチホン」・「メロディコール」・「転送電話」

おすすめパック・・・「iコンシェル」・「スゴ得コンテンツ」・「クラウド容量オプション+50GB」

あんしんパック・・・「ケータイ補償サービス」・「あんしん遠隔サポート」・「あんしんネットセキュリティ」

 

特徴としては、それぞれ単体で申し込みをするよりも、パックで利用した方が合計金額としては安く各サービスを利用できる仕組みになっています。

今回発表されたdヘルスケアパックについても、考え方はこれらと同じです。

 

dヘルスケアパック・・・「カラダのキモチ」・「からだの時計」・「Runtastic」・「歩いておトク」

 

既にサービス提供されている、女性向けサービス「カラダのキモチ」、体内時計に合わせた食と運動と睡眠をサポートする「からだの時計」、楽しくトレーニングができる「Runtastic」に加え、新たに「歩いておトク」がセットメニュー入りしています。

 

カラダのキモチ からだの時計 Runtastic 歩いておトク
300円 300円 350円 300円

 

それぞれ単独で利用すると合計で1250円かかるところが、セットにすれば「dヘルスケアパック」として月額なんと500円で利用できます。

他のおすすめパック、あんしんパックやdマーケットサービス同様、初回31日間の無料期間が設定されているため、お試しで気軽に利用してみることができます。

今まで各サービスを使ってこなかった人も、健康にまだまだ興味がない人も、この機会にお試ししてみると新たな発見もあるかもしれません。

 

dヘルスケアパックは新たな強制オプション

大方の予想通り、新しい強制オプションとなってしまったdヘルスケアパック。

最近何かとケータイスマホ業界への口出しが趣味になりつつある総務省も、本来真っ先に改善する必要があるはずの強制オプションに対しては完全スルー、明後日の方向ばかり向いている状況です。

そんな半強制べた付け的なことをしなくても、本当に魅力のあるサービスであれば、着実にサービス利用の裾野は広がっていくはずなのですが、ケータイ/スマホ業界にそんな選択肢はなく、なかなか自浄作用は働きません。

端末販売と同時の強制ベタ付けオプション、まさしくレ点営業そのものの悪しき慣習により、今回のサービスもどんどん加入者を増やしていくものと思われます。どんな方法を使ったとしても、契約者数が伸びていけば「○○万人突破」などといかにも人気があるサービスであるかのように装うことはできます。そうしてブランド力を地味に高めていくのです。

そしてそうした販売手法による外し忘れビジネスは依然としてかなりの収益を上げていると思われ、今後も引き続き大手キャリアの収益を支えていくのではないでしょうか。

 

どんなサービスであっても、そのサービスを必要とする人もいれば必要としない人もいます。ドコモのd系サービスは、単独で見ると少なからず需要のあるサービスであるのは間違いなく、その分野に興味がある人から見れば優良サービスでもあるのですが、残念ながら確実に興味がない層にまで「半強制体験」を強いることにより評判を逆に落としてもいるわけです。

ヘルスケア事業に至っては、必要としているユーザーはまだまだ少数派だと思われます。

そんなことは当然ドコモも理解していると思いますが、おそらく言い分としては「いいサービスだからこそ多くの人に体験してもらいたい」などということになるものと思われます。

サービス提供側からすれば、体験してもらいたいのは当然でしょうが、それを事実上強制していることが問題であるということに、気づいていないのか気づいているけれど改善する気持ちがないのか、変わる気配は一切ありません。

 

dヘルスケアパックスタートキャンペーン/「歩く・走る」だけで300ポイント

※以下キャンペーンは終了しています。

全力でdヘルスケアパックのマイナスポイントばかりを挙げてみましたので、ここからはプラスのイメージを挙げていこうと思います。

とりあえず、dヘルスケアパックのスタートキャンペーンとして「歩く または 走るだけで300ポイントが貯まる」キャンペーンが実施されます。

dヘルスケアパックの中の、「歩いておトク」または「Runtastic for docomoランニングアプリを利用した場合に、もれなくdポイント300ポイントがプレゼントされます。

ただ歩いたり走ったりするだけで300ポイントです。非常におトクですね。

提供条件としては、

 

1.キャンペーン期間中にdヘルスケアパックを新規で契約

2.「dヘルスケアパック」契約後、2016年8月31日(水曜)までに「歩いておトク」アプリで歩数計測、または「Runtastic for docomo」ランニングアプリでdアカウントログインしアクティビティ保存

 

というもので、キャンペーンに対する応募などはありません。条件を満たせば自動適用となります。

ただし300ポイント提供条件のなかに、31日無料期間内にdヘルスケアパックを解約した場合にはポイント進呈対象外とありますので、ポイントのみ目的としての無料期間利用はまったく意味がありません。

あくまで利用を前提とした300ポイントなので、月額料金500円が最低でも1回以上かかることを考えれば、ポイント分がプラスになることはありません。月額料金の一部を300ポイントで補てんしてもらえる、と考えた方がいいでしょう。

女性の体調管理や男性も含めた健康管理、トレーニングに興味があるという人は、一度この機会に利用してみてもいいのかもしれません。

 

 - dマーケット