ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dヒッツの活用方法と音楽聴き放題

   

dTVdマガジンdアニメストアと合わせて、4大dマーケットサービスの一つとして人気を集めるdヒッツ

「音楽なんてあまり聴かないんだよなぁ」という人にとっては全く利用価値が感じられないサービスかもしれませんが、着メロ、着うたのころからケータイやスマホと音楽は、かなり密接に結びついています。

私も元々自分の好きなアーティストの曲以外はあまり積極的に聴く方ではないため、dヒッツを必要としたことは全くありませんでしたが、実は「必要でない」と感じるほどにdヒッツのことを「知らなった」ということに最近気づきました。

実際に使ってみると、なるほどこんな使い方もあるんだ、という発見があるんですね。

幸いdヒッツは、他のdマーケット系サービス同様、初回31日間無料サービスが設定されていますので、今回紹介する使い方に興味を持たれたら、初回無料期間内で試しに使ってみられてはいかがでしょうか。

そんなdヒッツの詳細内容とおすすめの使い方を紹介していきます。

dヒッツ公式サイトdヒッツ

dヒッツを改めて知る

ドコモの音楽聴き放題サービスdヒッツの内容をここで簡単に改めて確認しておこうと思います。

dヒッツ(500円) dヒッツ(300円)
月額料金 500円 300円
プログラム数 約4000プログラム
Myヒッツ 月10曲まで なし
Myヒッツ有効期間 6ヶ月 なし
ダウンロード 不可
歌詞表示 可能
利用可能デバイス Androidスマホ・タブレット・iPhone・iPad

 

dヒッツには、もともとサービス開始時点から提供されていた月額300円バージョンと、その後追加されて今はメインになっている月額500円バージョンとがあります。

どちらも音楽を聴く、という機能自体はまったく変わらず利用できるのですが、大きな違いとしては「Myヒッツ」登録ができるかどうか、という点があります。

このMyヒッツがあるかないかでは、dヒッツの使い勝手はかなり大きく変わってきますので、最大限dヒッツを使いこなしていきたいと考えるのであれば、やはり月額500円のdヒッツにするのがお勧めです。

 

dヒッツは一曲ごとに聴くのではなくプログラム単位での配信

dヒッツで音楽を聴く場合、最初におそらく戸惑うであろう点としては、曲ごとではなく、プログラムごとに配信されている、という点です。

例えば、あるアーティストの曲が聴きたいと思ったときに、その曲名やアーティスト名で簡単に検索をすることはできますし、実際に曲としても出てくるのですが、その曲を聴こうと思ったら配信プログラムごと聴く必要があるわけです。

配信プログラムは実に約4000も用意されており、様々なシーンで利用できるプログラムが組まれています。

その中から、目的の曲を見つけたなら、その曲の順番までスキップした上で聴くことができます。

 

ただしこのシステム、慣れないうちはなんだか非常に面倒に感じられます。

別にプログラムの別の曲が聴きたいわけではなくて、目的の曲だけ聴ければいいという場合には特にそう感じるはずです。

ではそんなときに目的の曲を聴きたい時に聴くことができるようにすることはできないのかというと、その時に利用できるのが、Myヒッツ、というわけです。

 

Myヒッツとは何か

そもそもMyヒッツとは何なのでしょうか。

簡単に言えば、自分で任意に登録したお気に入り楽曲、というような意味合いなのですが、このMyヒッツに登録することができる楽曲数には、限りがあります。

数としては、毎月10曲まで。それを6ヶ月分で、合計60曲が最大です。

このMyヒッツに登録をしておくと、プログラム単位ではなく楽曲個別に聴くことができ、加えてMyヒッツ内でプレイリストを作ってみたり、順番を変更したりと、自分のお気に入りの曲を好きな順番で聴けるように変更することができるのです。

最大60曲を多いとみるか少ないとみるかはそれぞれですが、このMyヒッツの最も大きな問題点としては、一度登録した曲は、Myヒッツから外すことができない、という点です。

そのため、当月10曲をMyヒッツに登録したあとに、追加で登録したい曲が出てきたとしても、翌月を待つしか方法がありません。

基本はプログラムごとに音楽を聴くようにしておき、特にこの曲は繰り返し聴きたいという曲のみMyヒッツに登録するような使い方がいいかもしれません。

 

dヒッツの通信消費容量はどれくらいなのか

dヒッツの音楽再生は、基本的にストリーミング再生となっているため、曲を聴く都度、通信容量を消費します。

そのため、あまり油断して長時間聴き続けてしまうと、思いもしなかった容量を消費してしまっていることがあります。

おおよその目安としては、一つのプログラムを全曲通して聴く場合には消費するデータ容量の記載があるため参考にすることができます。

たとえばあるプログラムでは約148.2MB(音質:128kbpsの場合)/約340.0MB(音質:320kbpsの場合)と言った具合に記載があります。

音質に関しては設定で変更ができますが、通常音質は128kbpsに設定されています。

一曲あたりの消費容量は記載がなく、Myヒッツに登録してもそれは同じなので、プログラム全体の消費容量から局数で割るとおおよその予測は立ちます。

 

月あたりのデータ容量をドコモのデータSパック(2GB)で利用していた場合、上記のプログラムを繰り返し聴いたとして、14周聴くと完全に2GBを超えます。

そう考えると、Wi-Fi環境以外であまり長時間聴きすぎると、容量的に問題があるといえそうですが、ドコモのウルトラパックなどの大容量プランを利用している場合にはほとんど問題にはならないと思います。

 

また、Myヒッツに登録をしておいた場合には、キャッシュがダウンロードされ、基本的にはそこから再生される形となるため、Myヒッツ外の曲を再生するときのように完全にストリーミング再生にはならないため、多少容量の節約はできるかと思います。

基本的に24時間に一度、dアカウントの認証確認が入りますが、この段階で通信がしっかりできていれば、あらためてキャッシュから再生されるということです。

ただ、念のため容量の消費だけは毎日しっかりチェックしておくようにしましょう。

 

dヒッツは自動車での移動中に輝く

dヒッツの利用方法の中でお勧めな方法として、自動車での移動中の利用があります。

通常、自動車で移動するときにはラジオやCDをかけて移動する人が多いのではないかと思いますが、毎日繰り返しているとCDも聴いたことがある曲ばかりになって飽きてしまうこともあるかと思います。

そこでスマートフォンやiPhoneのBluetooth機能を利用して、dヒッツの音楽を車内で聴くという方法があるのです。

この使い方であれば、毎日まったく違うプログラムを聴くことで気分転換にもなりますし、今までしらなかった曲の発掘にもつながるかもしれません。

設定自体非常に簡単なので、是非一度試してもらいたい方法です。

注意点としては、Myヒッツのプレイリスト再生でなくプログラムを選んで再生する場合には、やはりストリーミング再生なので、ある程度の容量消費が考えられます。

どうしても容量が気になる場合にはもう一つ、まったく別の方法もあります。

 

LINEモバイル・MUSIC+プランでLINE MUSICを使う

人気のMVNO・LINEモバイルには、LINE MUSICの通信容量をカウントフリーで使い放題にしてくれるMUSIC+プランが存在しています。

とにかく音楽をたくさん聴きたいという人は、これを活用するのがお勧めです。

 

LINEモバイルのMUSIC+プランの大きな特徴として、LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えてLINE MUSICについても通信容量をカウントしないカウントフリーが適用されるという点が挙げられます。

データ通信専用SIMのMUSIC+プランで3GBを選択した場合の月額料金が1810円、音声通話付きSIMで2390円です。

この料金に、LINE MUSICの料金が加算されることになりますが、再生時間無制限のプレミアムプランを利用した場合、30日間で960円です。

最安値で1810円+960円で、LINE MUSIC使い放題のデータ通信SIMが出来上がるというわけです。

LINE MUSICおよびMUSIC+プランについては関連記事にて確認ください。

関連記事:LINEモバイルのMUSIC+プラン詳細まとめ

LINE MUSIC公式サイト【LINE MUSIC】

 

dヒッツで聴ける曲のレパートリー

音楽聴き放題サービスは、動画系サービスと同じように、現在多数の競合サービスがひしめいています。

その中でどのサービスを利用するかは、毎月の利用料金だったり、あとは取り扱い楽曲数やレパートリーで判断するケースが多いものと思われます。

たとえばdヒッツでもかなりの取り扱い楽曲があるものの、ジャニーズ系の曲が一切ないとか、一部有名アーティストの曲がないとか、そういう問題は抱えています。

ただしこれはdヒッツだけではなく、他の音楽聴き放題サービスでも同じことです。そのため、どうしてもこの曲が聴きたい、という目的をもって利用するのではなく、普段あまり聴かないような曲を幅広く聴くというイメージで利用する方がいいでしょう。

どうしても聴きたい曲がある、という場合にははじめからCDや楽曲データを購入した方が早いです。

 

dヒッツに関しては、初回31日間無料キャンペーンがありますので、一度利用してみてどういう曲があり、どういう曲がないのかまで確認してみてもいいでしょう。

LINE MUSICについては一度最安値のベーシックプラン(500円/月)で使ってみるのもありかもしれません。

もし使えると感じたなら、LINE MUSICに合わせてLINEモバイル・MUSIC+プランも利用すれば容量の心配をすることなく、本当に聴き放題で利用することができるようになります。

 

dヒッツはキャリアフリー・ドコモ以外でもOK

他社音楽サービス、たとえばauの「うたパス」などと比較した場合のdヒッツの大きなアドバンテージとしては、ドコモ以外のユーザーであっても利用することができる、キャリアフリーサービスである、という点が挙げられます。

この点は、ドコモのdマーケット系サービスすべてに共通した特徴であり、利用する側からするとメリットでもあります。

仮にドコモを辞めても継続して使い続けることができますし、仮にドコモを一度も利用したことがなくても、dアカウントさえWEB上で取得すればいつでもすぐにdヒッツの利用を開始することができます。

 

似たような音楽サービスでアニメソングに特化したアニュータを先日取り上げましたが、それぞれの音楽サービスごとに特徴がありますので、どういう曲の聞きたいのか、どういう使い方をしたいのか、現在どのキャリアのスマホを利用しているかなどによって選択肢はどうしても変わってくるものですが、dヒッツについてはオーソドックスな音楽サービスでキャリアにも縛られないので、非常に使いやすいサービスといえるのではないでしょうか。

dヒッツ公式サイトdヒッツ

 - dマーケット