ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモはMVNO格安スマホの「10分かけ放題」のムーヴメントに乗るのか

   

そもそも大手キャリアの中で5分かけ放題を最初に開始したのは、auでした。

その後ソフトバンクがスマ放題ライトを、ドコモがカケホーダイライトを発表し、5分かけ放題は一気に、スマホ業界の常識的選択肢に躍り出ました。

もともと通話に関しては大手キャリアに及ぶべくもなかったMVNO格安スマホ事業者も、IP電話やプレフィックス型の通話を利用して、その後徐々に5分かけ放題を投入しはじめました。

ただそんな中でも、「5分かけ放題」というプランを前にして誰もがどうしても感じるであろう気持ちとして、「5分は少し短い」という問題があったわけです。

そんな問題を解決するべく、登場してきているのが、「5分」の倍、「10分かけ放題」です。

すでにワイモバイルOCNモバイルONEなどで開始されています。

こうした業界での10分かけ放題に対するムーヴメントを受けて、今後大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクから10分かけ放題が登場する可能性はあるのでしょうか。

大手キャリアの5分かけ放題を確認しておく

まず、今現在大手キャリアで展開されている5分かけ放題について確認しておこうと思います。

以下まとめているのはすべてスマホ/iPhone用の5分かけ放題です。フィーチャーフォン向けになると必須データ定額などが各社また変わってくるので、そちらは一旦保留します。

 

キャリア ドコモ au ソフトバンク
サービス名 カケホーダイライト スーパーカケホ スマ放題ライト
通話無料対象 1通話あたり5分以内
5分超過時 30秒あたり20円
データ定額サービス 利用必須

 

大手キャリアの5分かけ放題は基本的に横一線です。

特に何か差別化されているわけでもなく、「他社が始めたから差をつけられないようにうちも」、という程度の認識なのかもしれません。

共通している点に、「データ定額サービスの利用が必須」という項目があります。

例えばドコモでは、「必須パケットパック」として、カケホーダイライトに対してのみ、データS/M/Lパック、シェアパック5/10/15、ウルトラパック、シェアオプションのいずれかへの加入を条件としています。

カケホーダイプランでは単独で申し込みをすることができ、パケットパックは必ずしも必須ではないのに、カケホーダイライトに関してのみ必須パケットパックを設けているということは、とにかく定額1700円だけでスマホ利用をしてもらうわけにはいかない、ということなのかもしれません。

そしてこの項目に関しても、各社足並みがそろっています。

gakuwari01

MVNO格安SIMの5分かけ放題

MVNO各社の5分かけ放題に対する取り組みにはまだ少し差があります。

主要MVNOの中にもまだ5分かけ放題を提供していないところもありますし、これから開始予定のMVNOもあります。

nuroモバイルは2017年2月1日より5分かけ放題を開始しますし、mineoは3月1日より開始予定としています。人気のLINEモバイルはまだ5分かけ放題を導入していませんが、LINEでの無料通話やLINE Outを利用できるため、LINEモバイルの場合にはとりあえずそちらで代替することができます。

5分かけ放題サービスで先行している大手キャリアや、10分かけ放題のワイモバイルOCNモバイルONEを追う形ですね。

一覧にしてみます。

 

楽天モバイル nuroモバイル mineo
名称 楽天でんわ
5分かけ放題
nuroモバイルでんわ
5分かけ放題オプション
mineoでんわ(仮)
5分かけ放題サービス
サービス状況 提供中 提供中(2月1日より) 3月1日開始予定
月額料金 850円 800円 850円
サービス内容 5分以内無料
5分超過時 30秒10円

 

MVNO各社は、横並びの月額850円で5分かけ放題を提供しています。

通常通話が30秒20円なので、5分かけ放題を利用せずに月あたりの通話時間が22分を超過すると、5分かけ放題の月額料金を上回ります。

つまり、その水準以上で通話を利用するのであれば、5分かけ放題を選択した方がお得、ということですね。もちろん、1通話あたりの通話時間を5分以内に抑えられることが前提ですが。

さらに、MVNO各社の5分かけ放題のもう一つのメリットとしては、通話時間が5分を超えた場合の通話料が、30秒あたり10円になるという点です。

ドコモなど大手キャリアの場合の半分ですね。

どうしても通話品質では大手キャリアよりは劣ってしまうMVNOですが、完全かけ放題以外の通話に関しては、料金面では比較的有利になりそうです。

 

10分かけ放題のメリットデメリット

5分をさらに超えた「10分かけ放題」を提供している主要MVNOには、ワイモバイルとOCNモバイルONEがあります。

ワイモバイルは当初、10分かけ放題の回数に300回まで、という制限をかけていましたが、2017年2月より、その制限は撤廃されています。

OCNモバイルONEも2017年2月より、今まで5分だったかけ放題の時間を10分へと倍に拡大しました。料金やそのほかの内容は据え置きなので、ユーザーにとっては丸々5分伸びただけという非常にうれしいサービス拡大となっています。

基本的に他のMVNOの5分かけ放題が倍になっただけの内容なので、メリットは単純に1通話あたりに無料でかけられる通話時間が増えたこと、デメリットは特にありません。

5分では足りないと考えていた人にとっては救いのサービスとなりそうです。

 

大手キャリアの10分かけ放題導入はあるか

当たり前のことですが、大手キャリアとして収益を圧迫するとわかっていることはできる限りしたくないはずです。

どちらかといえば大手キャリアの目はMVNOへは向いておらず、大手キャリアのライバル会社へと向いています。

つまり、ドコモならばau、ソフトバンクを意識しており、auならドコモとソフトバンクの動向を気にしているという具合です。

そのため、今のところMVNOでいくら10分かけ放題が開始されても、まだまだ認知度も低く取り扱い会社自体が少ない状況では、あえて10分かけ放題に参入してくる可能性は少ないのではないかと思われます。

 

ドコモはカケホーダイライトの対象パケットパックを拡大したばかり

ドコモは、2017年1月30日より、カケホーダイライトプランにおける対象パケットパックを拡大し、それまで対象外だったデータSパックを対象としました。

この変更によって、今までデータMパック以上を利用していたユーザーの中で、データSパックに下げる人が増えてくる可能性があります。

それに加えてもし、カケホーダイライトのかけ放題時間が5分から10分に拡大されると、今度は今までデータSパックとカケホーダイプランを利用していたユーザーが、データSパックはそのままにカケホーダイからカケホーダイライトに変更する人が増えてくる可能性が出てきます。

そうなるとドコモとしての収益は悪化の一途なので、どこかの大手キャリアが禁断のパンドラの箱を開けない限りはあえて参入はしないかもしれません。

何より、大手キャリアとしては、5分かけ放題プランはできる限り選んでほしくないはずなのです。その選んでほしくないプランのサービス内容拡充は、藪蛇になりかねないわけですね。

 

ただ、大手キャリアにユーザー目線で考える余裕があるかどうか、だと考えています。ユーザーとしてはかけ放題の時間が5分より10分になれば、通常のかけ放題から変更して料金を抑えることもできるのですから、大手キャリアの動向を注視しながら、もし導入されたら素早く変更したいところです。

 - ドコモとMVNOの裏