ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

2016年3月~4月のドコモ割引キャンペーンまとめ

   

3月18日更新

NTTドコモの2016年2月29日終了のキャンペーンから、3月~4月にかけてスタートしたキャンペーンをまとめます。

2月より新しく始まったキャンペーンはすべて継続という形をとっていますが、2月で終了となったもの、3月から開始されたサービスとそれぞれです。

新入学新生活シーズンとして最大の商戦期でもある3月は、それだけ割引キャンペーンも増えてくる時期でもありますので、しっかり確認しておきたいところです。
※関連記事「2016年2月~3月のドコモ割引キャンペーンまとめ

2016年2月29日で終了したドコモのキャンペーン

ドコモのキャンペーンは1月末でかなりの数が終了となり、2月から多くのキャンペーンが改めてスタートとなっています。そのため、2月29日で終了となったキャンペーンはそれほど多くはありません。

唯一、当初3月31日まで継続予定だった「光スマホ割」が、2月29日で終了となっています。

ただし、光スマホ割は、新規契約申込月の翌々月1日までにドコモ光申し込みが入れば適用するため、2月に新規契約をし、かつ同時にシェアグループに追加をしている場合、光スマホ割を受ける権利を有しているため、その後4月1日までにドコモ光を申込すれば光スマホ割は適用されます。

 

2016年3月開始のドコモのキャンペーン・新プラン

2016年3月は、ドコモの新キャンペーンというよりも、新プランがいくつか新しくスタートしています。

 

まず、2月から開始され、3月も継続中のキャンペーンを確認します。

春のおとりかえ割、U25スマホ割、家族まとめて割、ドコモの学割、下取りプログラム

それぞれ詳細は別記事にて詳細内容をまとめていますので、そちらをご覧ください。

春のおとりかえ割詳細内容まとめ
U25スマホ割詳細内容まとめ
ドコモの学割・2016年春・詳細内容まとめ

 

2016年3月は、ドコモの新プランとして「シェアパック5」が開始されています。利用状況によっては各種キャンペーンよりもずっとおトクになる可能性もあるため、しっかり内容を把握、確認しておきたいところです。

詳細は「ドコモのシェアパック5のメリットデメリット内容まとめ」にて

 

さらに、ドコモ光の新プランとして、「ドコモ光ミニ」が開始されました。こちらは、インターネットをほぼ利用せずひかり電話のみ利用したいというユーザーに対してメリットがあるプランになっています。

2段階制料金プランとなっており、上限まで到達すると通常のドコモ光料金よりも高くなります。インターネットも利用したいと考えているユーザーにはメリットがないプランとなっています。

さらに、戸建てタイプのみ、単独タイプのみという注意点もあります。

詳細は「ドコモ光ミニは使えないプランか」にて

 

ドコモ光について、新規申込および転用の申し込みをしたユーザーに対し、dポイント・5000ポイントプレゼントキャンペーンが実施されています。

条件としては、

1.期間中(2016年4月30日まで)にドコモ光を申込み、さらに2016年10月31日までに利用を開始すること

2.ペア回線がdポイントクラブに加入していること

3.ドコモ光の二年定期契約を利用中であること

とされています。特に厳しい条件ではなく、普通に申し込みをすればほとんどのケースで条件を満たしていると思われるため、単純に「2016年3月~4月にドコモ光を申し込みをすると5000ptがもらえる」と考えればいいでしょう。

 

家族まとめて割は継続・シェアパック5は対象外

家族まとめて割は2016年3月も継続となります。キャンペーン期間は2月1日~3月31日までとなっています。

期間中であれば、仮に月をまたいで家族がそれぞれ機種購入をしたとしても、同一シェアグループなど他の条件を満たしていれば割引は適用されます。ただし同一店舗同一日以外の購入の場合は、請求書還元という形で後日利用料金から割引される形となります。

割引金額は1台あたり9600円(税込10368円)となっています。

対象機種が以前よりかなり限定されているため、注意が必要です。廉価版機種とタブレットが家族まとめて割対象外となっています。

ちなみに、3月より開始されたシェアパック5では、家族まとめて割は適用されないため注意が必要です。

家族まとめて割の適用条件として、シェアパック10以上の申し込みが必要となります。

 

ドコモの「実質0円」「一括0円」は継続中

総務省の指導により、端末販売価格の適正化が進められている状態ですが、実質0円機種および一括0円機種は依然として存在する状態が続いています。

実際のところ、どの水準からが不適正な販売とされるのかが明確でなく、必要以上に割引をNGとすればキャリアの販売戦略にも影響してくるためか、あまり大きな影響は出ていません。

ただ、現在が移行時期であり、今後はやはり一括0円、実質0円はなくなっていく方向ではあると思われるため、今のチャンスをしっかりとらえておきたいところです。

関連記事:「ドコモオンラインショップにて一括0円

 

dtvターミナル・0円プレゼント実施店舗あり

テレビでdtv/dアニメストアを視聴することができる専用アダプター・dtvターミナルを0円でプレゼントするキャンペーンを実施ている店舗があるようです。

このキャンペーンについては店舗によって差があり、未実施店舗、もしくは条件付き実施店舗と差があるようです。

条件付き0円プレゼントを活用してdtvターミナルを大量入手し、ネットオークションで転売している人もかなり増えています。

関連記事:「dtvターミナル・0円~10円ばらまき中

 

3月からの割引キャンペーン・新プランまとめ

3月は、一年間の中でも最大の商戦期ではあるものの、2016年はキャッシュバックもなく、いまいち盛り上がりに欠けているような印象もあります。

今後もう少し追加のキャンペーン等も入らないとも限らないので、毎日状況をチェックしておいた方がいいかもしれません。

とりあえずシェアパック5については、家族でまとめて利用し、あまりデータ容量を必要としていない場合にはかなり使えるプランとなっていますので、早速申し込みをしておきましょう。

 - ドコモのサービス情報の裏, ドコモのキャンペーン情報の裏