ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

2017年1月~2017年2月のドコモ割引キャンペーンまとめ

   

いよいよ2017年がスタートしました。1月から2月にかけてのキャンペーン詳細内容をまとめます。

新機種冬モデルもある程度出揃ってきましたし、新生活が始まる4月に向けて欲しい機種に照準を定めたら、あとは最大の商戦期でもある3月の特売やキャンペーンに注視しておけばいいのではないでしょうか。

キャンペーンを一つずつ確認していきます。

ドコモの学割2017が受付開始

例年通り、2017年もドコモの学割の受付が開始されました。受付期間は2017年5月31日までです。

詳細内容は「ドコモの学割2017詳細まとめ」を参考にされてください。

データ増量に重きが置かれていた2016年と比較すると、25歳以下の「はじめてカケホーダイ&パケあえるを申し込みしたユーザー」や「すでにカケホーダイプランを利用していてもウルトラパックを利用しているユーザー」を対象としたところが特徴的です。

ここ数年同様、学生でなくてもU25(25歳以下)であればキャンペーン適用の権利を持つことができます。しっかり有効活用していきましょう。

 

冬のおとりかえ割が春のおとりかえ割に

ドコモ冬のキャンペーンとして実施されていた冬のおとりかえ割」が、「春のおとりかえ割」と名前を変えて継続実施されています。

内容としては、2016年5月以降発売のiPhone/スマートフォンを機種変更・契約変更で購入した場合に、機種代金から最大5,184円(税込)割引するというものです。

冬のおとりかえ割開始当初は、月々サポート増額という形の割引キャンペーンでしたが、途中で割引還元に変更になり、そのままの形で春のおとりかえ割に引き継がれています。

これは、月々サポート対象機種が多く端末購入サポート対象に変更された影響かもしれません。

対象機種は、2016年5月以降に発売されたXiスマートフォン、iPhone 7/iPhone 7 Plusです。

arrows SV F-03HMONO MO-01J、Disney mobile on docomo DM-02H、AQUOS EVER SH-02J、らくらくスマホ4 F-04Jの5機種が、条件を満たしていても春のおとりかえ割については対象外となっていますので注意しましょう。

春のおとりかえ割は2017年1月20日から3月31日までとなっています。

 

冬のドコモフェア・恒例ディズニーカレンダー・ドコモにチェンジ割・エンジョイ15ギガは終了

11月1日より開始された冬のドコモフェアは終了しました。当初の予定通りの終了となりました。

毎年恒例のディズニーカレンダーの配布も終了しています。次は2018年版、また今年の年末まで待ちましょう。

ドコモにチェンジ割・エンジョイ15ギガキャンペーンも、予定通りすでに終了していますので、注意しましょう。

年末年始のキャンペーンは、ある程度予定通りに終了しています。

関連記事:「2017年ドコモ・ディズニーカレンダーはないのか」

 

ドコモのご家族紹介キャンペーン継続

当初、iPhone 7/iPhone 7 Plus発売に合わせて開始されたキャンペーンで、期間は2016年10月31日までとされていました。

その内容がほぼそのまま継続され、11月1日から2017年3月31日までに延長されています。

内容としては、紹介者は期間中にキャンペーンエントリーを行い、紹介された人(家族)は、期間中に他社からドコモに乗りかえ、または新規契約で対象機種を購入し購入月の翌月1日時点で紹介者と同じシェアグループにいることが条件で、条件を満たすと紹介者に対してひとりの紹介につきdポイント(期間・用途限定)が10000ポイント付与されます。

ポイント付与時期は購入月の翌々月上旬予定、ポイント有効期限は2016年11月、12月購入分は2017年3月31日まで、2017年1月、2月、3月購入分は2017年6月30日までとなっています。

つまり、家族の中に他社利用者がいる場合、その家族を誘ってドコモにMNPポートインしてもらうようにした上で、同一シェアグループに加入し、かつ対象機種を購入すれば条件を満たすことになります。もしくは家族に新規契約検討の人がいる場合でも同じです。

対象機種はiPhone、スマートフォン、キッズケータイを除くドコモケータイが対象なので、ほとんどの機種が対象になりますので心配はいりません。

この機会にまとめてドコモのシェアパックに、というキャンペーンですね。紹介1人につき1万ポイントなので、家族3人を連れてくれば3万ポイントです。家族が他社に多くいる人ほどお得に活用できるキャンペーンといえます。

 

はじめてスマホ割は継続

今まで一度もスマートフォンを利用したことがない、FOMA・フィーチャーフォンユーザー向けの割引キャンペーン「はじめてスマホ割」が実施されています。

開始当初より、10月31日までとアナウンスされていましたが、2017年5月31日まで、長期の延長となりました。

ドコモとしては早めにフィーチャーフォンユーザーをスマホに移行させてしまいたいという思いかもしれませんが、しかしこのキャンペーンはユーザー側から見ても大きなチャンスです。

実際に、以前実施されていた「シニアはじめてスマホ割」のタイミングを逃してしまい、その後スマホに変えたシニア層のユーザーは、確実に損をしてしまっているからです。スマホに少しでも替えてみたいという気持ちがあるのであれば、このチャンスに変更するしかありません。

期間中、FOMAフィーチャフォンからXiスマートフォンやiPhoneに契約変更した場合、最大24か月間1520円の割引が実施されます(カケホーダイプランの場合・カケホーダイライトの場合は850円引き)。

1520円が最大24ヶ月の間割引されるので、総額にすると最大36480円の値引きとなります。他の割引キャンペーンと比較しても、かなり割引金額が大きいです。

まだスマホを利用したことがないユーザーにとっては、これは逃すことができないチャンスであるということがわかると思います。

もしiPhone 7/iPhone 7 Plusを検討しているとしても、2017年5月31日まで延長されましたので、慌てずに手続きできそうです。

関連記事:「はじめてスマホ割の詳細内容まとめ

 

シニア特割がスタート

2017年1月30日より、シニア特割が受付開始されます。

その名の通り、60歳以上のユーザーが対象となります。

内容としては、はじめてスマホ割が適用する場合かつカケホーダイライトを利用した場合、通常1520円×24回の割引が850円×24回の割引と減額されるはじめてスマホ割の割引金額を補てんし、従来のはじめてスマホ割の割引金額を割り引くというものです。

これにより、あまり電話をしない60歳以上のユーザーがカケホーダイライトを選択したとしても、はじめてスマホ割が減額されることなく適用されるため、従来よりも安くスマートフォンを利用できるようになります。

関連記事:「シニア特割を理解する

 

カケホーダイライトでデータSパックが選択できるように拡大

さらに、カケホーダイライトプランで今まで選択できなかったデータSパックを選択できるようになります。

1月30日から受け付け開始です。

これにより、今まで最安値だったカケホーダイプラン+データSパックを下回り、最安値の組み合わせとしてカケホーダイライト+データSパックが選択可能となります。

はじめてスマホ割およびシニア特割が適用される60歳以上のユーザーに対してもかなりメリットが大きくなる内容となっています。

関連記事:「カケホーダイライトプランはお得なのか

 

ドコモ光関連キャンペーンは1月も継続

ドコモ光関連キャンペーンは、1月も継続です。

ドコモ光を申込みした際にdポイントがもらえるキャンペーンも継続で、5000ポイントがもらえます。

加えて、5000ポイントを選択せずに、dtvターミナルを選択することもできるようになっています。dtvターミナルは普通に購入する場合には7538円(税込)するため、非常にお得です。

2016年7月1日からは、ドコモ光申込みに合わせてデータプラン契約を持っていればさらに5000ポイントがもらえるように追加になりましたが、これは1月も継続です。

つまり、従来の5000ポイント+5000ポイントで10000ポイントです。もしくはdtvターミナル+5000ポイントとなります。3月31日までの予定です。

この追加キャンペーンの特徴として、ドコモ光+データプラン(タブ/ルーター)の新規契約が必要というわけではなく、既にタブやルーターを持っているユーザーがドコモ光を追加しても10000ポイントプレゼントが適用されます。

具体的には、「ドコモ光と紐づく契約回線と同一のシェアグループ内(2台目プラス含む)に、ドコモ光開通月の月末時点でデータプラン契約があること」が条件となっています。

さらにドコモ光工事料無料/半額キャンペーンに関してもそのまま継続し、2017年5月7日までとされています。

「ドコモ光を新規で申し込みをした場合」「新規工事料無料」となります。

過去、工事料無料の条件とされていた、「ペア回線新規契約」は必要ありません。

2017年5月7日までの期間限定でドコモ光の新規工事料は無料となります。

工事費でドコモ光導入を悩んでいたユーザーがもしいたら、このチャンスは生かすしかありません。

 

家族まとめて割は12月期~1月期で新たに開始

家族まとめて割は、11月期でいったん終了となり、また新たなクールとして12月~1月期が設定されています。

割引金額は5184円(税込)に統一され、10368円割引のパターンがなくなりました。

条件は、さらにシンプルに戻され、同一シェアグループで2回線以上購入した場合に割引、となっています。

MNPの場合に限り、1回線でも家族まとめて割適用は継続しています。

シェアパック5に関しても、MNPポートインの場合のみ家族まとめて割対象となります。

シェアパック5は、それ以外の機種変更時などでは家族まとめて割は適用されません。

家族まとめて割は、Androidスマートフォン、iPhoneが対象機種となっています。ただし、2台以上購入の計上対象とはなるものの割引対象外となる機種も存在するため注意が必要です。
※対象機種はドコモ公式キャンペーンサイト参照

 

dカード GOLD入会キャンペーンは1月も継続

dカードおよびdカード GOLDの入会キャンペーンは、引き続き継続しています。1月は内容の変更はほとんどありません。

dカード GOLDを申し込みすると、dポイントを無条件で1000ポイントもらえ、なおかつiDキャッシュバックも1000円分付与されます。

今回、上記の特典1についてはエントリー不要です。

さらに特典2として、こちらはエントリー後、入会月を含めた3か月間に5万円以上のカード利用があれば追加で8000円分のiDキャッシュバックがもらえます。

こちらも非常にお得なキャンペーンなので、忘れずに活用するようにしましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

Apple Pay・iDキャンペーン実施中

dカード/dカード GOLDユーザー向けキャンペーンとして、Apple Payの利用でポイント5倍、iDの利用でポイント2倍キャンペーンが実施されています。

対象ユーザーにとっては非常にお得なキャンペーンなので、iPhone 7/iPhone 7 Plusユーザーであれば必ずApple Payを、そうでなければiDを全力で活用していきたいところです。

関連記事:「dカード/dカード GOLDキャンペーンまとめ

 

1月からの割引キャンペーン・割引サービスまとめ

2017年1月は、年末年始のキャンペーンが月半ばで軒並み終了しています。

新しい割引キャンペーンとしては例年通り「ドコモの学割」が開始され、はじめてスマホ割を拡大する「シニア特割」がスタートしましたが、その他は新しい動きは少なめです。いずれも対象を限定する割引なので、多くのユーザーにとっては、もう少し広い範囲で適用されるキャンペーンが始まってほしいところかもしれません。

今後3月に向けて、新しい割引キャンペーンなどがどの程度追加されるのか、注目したいところです

 - ドコモのキャンペーン情報の裏