ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモとチャイナモバイルの「バーチャルアイドル」は成功するのか

   

2016年12月2日、ドコモから面白い報道発表がありました。

内容としては、チャイナモバイルグループ会社とドコモが協創により、「バーチャルアイドル」を日中で展開する、というものです。

スマートフォンの進化も以前と比べると鈍化しており、興味や関心も今までより薄れてきている中で、久しぶりにこれまでにない展開と言えそうな気もします。

ということで、チャイナモバイルとドコモ、そして順調に進みつつある「バーチャルアイドルプロジェクト」についてまとめてみました。

ドコモとチャイナモバイル・KT社/3社事業協力契約

ドコモは2011年1月、チャイナモバイルと韓国のKT社との間に、3社事業協力契約を締結しています。

当初、グローバル化やスマートフォンの台頭などのビジネス環境の変化を踏まえながら、技術・プラットフォーム連携などの未来に向けた事業協力を検討していくとされていました。

ただ実際のところ、これまでそれがユーザーの目に見える形になったことはありませんでしたが、今回初めて、「あぁ、そんな事業協力関係があったんだなぁ」と思い出させる内容となっています。

チャイナモバイルのグループ会社でアニメ関連ビジネスを展開している「ミグ動漫」と「コンテンツの共同制作及び共同運営に関する契約」を締結したとしており、ドコモとミグ動漫が制作したバーチャルアイドルを、2017年5月以降に日中の様々なプラットフォームで音楽やダンス、ライブ番組などで活躍させる計画のようです。そうした中でファンとの交流を深め、新たな体験と感動の提供を行うとしています。

ドコモのパートナー企業および中国のパートナー企業も含め、協力してバーチャルアイドルを活用したキャラクタービジネスについても検討していくようです。

この取り組みが実際にスタートして、どれだけ一般ユーザーの共感を得ることができ、大きなムーヴメントになるかは完全に未知数ですが、「今までにない」という意味では期待を込めて今後の動きを追っていきたいところです。

 

今までのドコモとチャイナモバイル・KTの動き

参考までに、これまでのドコモとチャイナモバイル、KTの動きを振り返ってみます。

 

まず2015年10月、訪日するチャイナモバイルおよびKTのユーザー向けに、ラオックス等の店舗で利用できるクーポン配信サービスを開始しています。クーポンを提供するパートナー企業は12ブランド・施設まで拡大しているということです。

同月、KTとの協力により、世界初日本ー韓国間における双方向の海外VoLTEローミングを開始しています。

2016年9月、チャイナモバイルのインターネット通販サイト「和生活」内に日本の商品を取り扱う専用ページ「日本館」開設。中国のユーザー向けショッピングサービスを展開と発表されました。

このサイトに関しては、どれどれ、どんなページなんだろうと思って探してみましたが、私はまったく中国語がわからないのでかなり苦戦しました。

その結果として、それらしきところはどうにか見つけたのですが、すでに現在は商品がまったくおかれていない状態です。ただサイトのあった名残があるだけの状態ですね。

 

興味がある方はこちら→「和生活内・日本館

 

触れ込みの通り、当初化粧品、日用品、ヘルスケア用品、伝統工芸品などが取り扱われていたものの、商品が少なすぎて「ちょっとなぁ・・・」と思わざるを得ない内容でした。そしてそんなお寒い内容すら、現在ではなくなってしまっています。

事業協力している、と言えるのか疑問になるレベルです。本当にやる気があるのか、これではよくわかりません。もちろん、国境を越えての通販となると、色々な問題が絡んでくるのでしょうし、これでもかなり頑張ったレベルなのかもしれませんが、ユーザー目線で見るとイマイチな印象大です。

いずれにしても今後に期待といったところです。

 

日中合作バーチャルアイドルはいつ登場するのか

ということで、不安も大きいながら、逆に期待もしてみたい、日中協創のバーチャルアイドルですが、プロジェクト公式ホームページの公開は、2016年度内を予定しているということなので、ここ数か月内に何らかの内容は明らかになるものと思われます。

ただ、少なくともNTTドコモは日本においてシェアNo.1のケータイキャリアであるのは間違いなく、同時にチャイナモバイルもユーザー数がなんと7億人を超える世界最大の通信事業者です。

そんな両社が取り組む「バーチャルアイドル」なのですから、ある程度の期待はしたいところです。

大きく伸びるのか、それとも盛大にコケるのか、今からいろんな意味で楽しみなプロジェクトといえるかもしれません。

 

続報:Anime Japan2017にてステージイベント実施

2017年3月、ドコモとチャイナモバイルの協同プロジェクト「バーチャルアイドルプロジェクト」のステージイベントが、AnimeJapan 2017にて開催されることがわかりました。

「バーチャルアイドルプロジェクト~NTTドコモ×ミグ文化×中国移動 presents~」が実施されます。

今後の「バーチャルアイドルプロジェクト」の展開を、楽しみに待ちたいところです。

参照元:「ケータイWatch

 - ドコモのサービス情報の裏