ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ光電話/ドコモ光電話バリューのメリットデメリットまとめ

   

ドコモより、ドコモ光向けにサービス提供中の「ドコモ光電話」。2016年の4月20日より受付開始していますので、まだまだ新しいサービスといえます。

ドコモ光電話は、NTTフレッツ光でいうところの「ひかり電話」であり、それまでフレッツ光からドコモ光に転用しても、「ひかり電話」のみは転用されず引き続きNTT東西からの請求になっていたものが、「ドコモ光電話」としてドコモ光に完全統合して利用できるようになったものです。

それまでのドコモ光の「インターネットはドコモ・電話はNTT」という中途半端な部分が改善され、光インターネットも固定電話も、両方ともドコモに集約し、完全に通信通話料金をドコモに一本化できるようになっています。

ドコモ光電話とは、具体的にどういうサービスなのでしょうか。

フレッツ光から転用する場合、完全に新しくドコモ光電話を利用したい場合。

それぞれ料金やメリットデメリットなどを検証します。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか


ドコモ光電話/光電話バリューの月額料金

 

ドコモ光電話を利用するためには、まずそもそもの大前提として、ドコモの回線を利用していること、さらにドコモ光を申し込みしている必要があります。

ドコモ光電話のみの申し込みはできず、あくまでドコモ光の付帯サービスという位置づけになるのはフレッツ光に対する「ひかり電話」と同じです。

ドコモ光の料金にプラスして、ドコモ光電話は月額500円(税抜)かかります。NTTの固定電話からの乗り換えであれば、非常に安くお得です。

 

さらに、NTT「ひかり電話A(エース)」と同等サービスとして「ドコモ光電話バリュー」が提供されています。こちらの月額料金は、月額1500円です。ドコモ光電話の機能に追加して、480円分の無料通話と、迷惑電話などの6つの付加サービスがセットになっています。

ひかり電話Aの内容をよく知っているのであれば、ドコモ光電話バリューは内容はそのまま理解できると思います。

 

ドコモ光電話バリューは、6つのオプションサービスとして「通話中着信(キャッチホン)」、「転送でんわ(ボイスワープ)」、「発信者番号表示(ナンバーディスプレイ)」、「ナンバーリクエスト」、「迷惑電話ストップサービス(迷惑電話おことわりサービス)」、「着信お知らせメール」を含んでいます。

フレッツ・ひかり電話、ドコモ光電話に共通して言えることですが、通話の相手先によって通話料が細かく違うため、無料通話分480円分の判断がなかなか難しいという特徴があります。

明らかなのは、携帯電話・PHSに対しては無料通話は適用されないという部分で、主に固定電話への通話が無料通話分の対象となります。

→詳細はドコモの公式サイト内・ドコモ光電話の詳細

 

ちなみに通話先がNTT加入電話やドコモ光電話だと仮定すると、通話料金は3分8円なので、480円相当となると180分相当となり、かなりの通話が無料でできるようになります。

そう考えると、かなり通話の利用が多い場合、または6つのオプションサービスを利用したい場合を除いて、通常のドコモ光電話500円だけでも十分かもしれません。

 

参考情報として、ドコモ光電話のオプションについては、名称がNTTフレッツ光提供分と若干変更されていますが、内容にはまったく違いはありません。

 

ドコモ光電話の通話料金

ドコモ光電話の通話料金は、ひかり電話とほぼ同等となっています。

NTT加入電話(固定電話)に対しては、時間帯や距離にかかわらず日本全国どこにかけても一律で3分8円、携帯電話に対しては事業者によって異なりますが、ドコモに対しては1分16円です。

ドコモ携帯との相互間無料通話はありません。そのため、ケータイやスマホ向けの通話であれば、カケホーダイプランを申し込みしているドコモケータイ/スマートフォンでかけた方が確実にお得です。

 

ドコモ光電話は申し込みをしておけば海外への通話も可能で、料金はアメリカに対してが1分9円など、通常の国際通話と比較するとかなり安くなっています。

ただし国によっても違いますので、その都度確認しましょう。

 

ドコモ光電話のメリット

基本的にNTT「ひかり電話」とほとんど内容は変わらないため、すでにNTTのひかり電話を利用しているユーザーにとっては特に大きなメリットはありません。

あえていうなら、請求を一本化できる点と、ドコモ光電話分の料金もdポイントがつくという点くらいです。

ただ、ドコモ光電話への切り替えを機会として、プロバイダーまで一緒に切り替えをすると、速度改善やWi-Fiルーター0円レンタル他、キャンペーンも多彩な
GMOとくとくBBのドコモ光が最もおすすめです。ドコモ光・タイプAのプロバイダーなので、料金も安いです。

もちろんドコモ光とドコモ光電話の完全な新規契約の場合にも同様です。

たとえば現在固定電話とADSLを現在利用しており、これから光に変えようと考えているのであれば、光と一緒に電話もドコモひかり電話にした方が確実にお得です。

NTT加入電話の基本料金がドコモ光電話の500円になるため、その分安くもなります。

 

さらに、現在インターネットはドコモ、電話はNTTという具合に分かれており、どういうケースの時にどちらに問い合わせをすればいいのかがわかりにくく、加えて問い合わせをしても「その件ならNTTに」「そういう内容はドコモに」という具合にたらい回しにされてしまうようなことも起こりえます。

そんな不便な点が、すべてドコモに一元化されてしまえばもはや問い合わせ先は一つだけなので、非常にわかりやすくなるはずです。

 

ドコモ光電話のデメリット

ドコモ光電話では、緊急通報などは問題なくかけることができますが、停電時には一切利用することができなくなります。これはNTTの「ひかり電話」も同様の弱点を持ちます。

そのため、ドコモ光電話を導入したなら、災害時の連絡手段は主に携帯電話やスマホになります。

 

さらに、もう一点注意点があります。それは、フレッツ提供のひかり電話をドコモ光電話に転用した場合、他のコラボ事業者に番号をそのまま持ち運びできなくなるという点です。

そもそも光コラボは一方通行なので、一度ドコモ光に転用したが最後、ほかの事業者への変更はできません。

どうしても変更したい場合には一度解約をし、そのうえで改めて申し込みが必要となります。

そのため電話番号も解約と同時にそのままではなくなってしまいます。

これを回避するためには、一度ドコモ光電話に変更した電話番号をアナログ回線に戻し、その上で改めて新しい光インターネットの申し込みおよび番号ポータビリティの利用ということになります。

工事料も解約金などもかかりますし、何より多大な手間がかかります。

基本的にドコモ光含む光コラボへの転用およびひかり電話転用は、一度限りの最後の手段ということで覚悟を決めて申し込みをするようにしましょう。

 

ただ、実際のところは光のインターネットは一度変えたらそうそう変更するものでもないので、あまり悩む必要はないでしょう。

フレッツ利用の場合は特に、内容そのままにドコモ光に変更して料金を統合するだけなので簡単なものです。

プロバイダーもそのままでもいけますし、もしタイプBの高いプロバイダーを利用しているのであれば、この機会にドコモ光に転用し、タイプAで安くて速いGMOとくとくBBに切り替えてみてはいかがでしょうか。
GMOとくとくBB公式サイト速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】



 - ドコモ光