ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ・iPhone 7s/iPhone 8購入準備をのんびり始めてみる

   

元々この記事を最初に書いたのは、2016年9月のiPhone 7/iPhone 7 Plus発売直後でした。

今思い返してもずいぶん気が早い話です。

なにぶん人の興味は移ろいやすく、新機種が登場すると例外なく次の興味は次回作へと移るのですから、その時選んだ話題としては間違っていなかったと思いますが、さすがにいくらなんでも一年前は早すぎました。

早すぎたせいで特にその後の続報もなく、基本的に当サイトでは不確かなリーク情報等は基本的にあまり触れない方針でもあるため、今の今までこの記事は、過去記事の山の中に埋もれてしまっていました。

 

しかし2017年も6月、ドコモからは夏モデルの発表もあり、いよいよ次の興味は例年通りであれば秋・9月に発売される可能性が高い、新型iPhoneへと移ります。さすがに「まだ早すぎる!」とはならないだろうと思い、再編集してみたところです。

2017年のiPhoneは、順当にいけば名称はiPhone 7の次ということで「iPhone 7s」もしくは「iPhone 8」、特にiPhone 8の方が濃厚といわれているようです。

もちろん現時点で、「今年もドコモ・au・ソフトバンクから発売される」、と断言できるはずもありませんが、普通に考えれば3キャリアおよびSIMフリー版が発売されるものと思われます。

ということで、2017年もそろそろ、のんびりながら新型iPhoneの購入準備を進めていきたいと思います。準備万端でiPhone 7s/iPhone 8を手に入れるための方法を検証します。

ドコモiPhone 8/iPhone 7sを迎える準備

iPhone 7s/iPhone 8については、さすがにまだまだ情報も少ないです。というより、Appleから公式発表があるまでは、どんな情報であってもリーク情報というくくりでしかなく、それが正しいか正しくないかにかかわらず正式な情報は何一つないわけです。

そんな中でユーザーとしては、漏れ聞こえるリーク情報を元に、大いに想像を膨らませるしかありません。それはそれで楽しいことかもしれませんが、不正確な情報をもとに具体的な準備はしにくいと思います。

まずはそれよりも、確実にiPhone 7s/iPhone 8を購入するために今できることを、しっかりとやっていき準備するという方向性で購入までの時間を有効活用していきたいと思います。

 

更新ありがとうポイントをもらっておく

iPhone 7s/iPhone 8をドコモで購入するために、少しでも割引をかけることができるように、対象の契約であれば「更新ありがとうポイント」をしっかり忘れずに獲得しておきます。

更新ありがとうポイントは、ドコモの二年更新のプランを継続(ずっとドコモ割コースを選択)し、新たな二年契約に入った段階でもらうことができる期間・用途限定のdポイントのことです。

3000ポイントをもらえるため、ちょうど更新月を終えたところでドコモから更新ありがとうポイントについてのメールが送られてきている場合には、しっかり忘れずに取得しておく必要があります。何故なら、更新ありがとうポイントは自ら取得手続きをしないと、付与されないからです。

更新ありがとうポイント取得可能期間と利用期間は同一なので、運よく更新ありがとうポイントを次のiPhone購入に充てることができるのは、2017年4月以降が更新ありがとうポイントの取得および利用期間になっている人です。

2017年4月から更新ありがとうポイントをもらえる人は、ポイント有効期間が半年となっていますので、2017年9月末までが有効となります。つまり、2017年9月に次のiPhoneが発売されればギリギリ間に合うわけです。

関連記事:「ドコモ更新ありがとうポイントをもらう方法

 

割引キャンペーンを想定して準備する

ドコモの機種購入時のキャンペーンを、次のiPhoneの発売直前にしっかり理解しておき、有効活用できるようにしておきます。

毎月必ず何らかのキャンペーンが実施されていますので、どの割引キャンペーンが最も自分の状況にあっているのか、活用できるのかを理解しておきましょう。

ドコモは2017年6月1日より、「docomo with(ドコモウィズ)」という新しい料金プランを発表しました。毎月の利用料金をずっと1500円割引してくれるという非常にお得なプランではありますが、対象機種が設定されているため、もし次のiPhoneが発売されたとしても、現時点ではdocomo withは利用できない可能性が高そうです。

その代わり、5月24日より受付開始されているシンプルプランについては、基本的にスマホ/iPhoneを選ばずに利用することができるため、新型iPhoneを格安利用したい場合には、シンプルプランを検討しておくといいかもしれません。

関連記事:「ドコモ割引キャンペーンまとめ

 

ドコモ光への転用を検討しておく

NTT東西が、自社の光インターネットサービス「フレッツ光」の卸売を開始したのが2015年春のことでした。

既に2年を経過し、コラボ光を提供する事業者もかなりの数になりましたが、ドコモで新型iPhoneを購入したいと考えるのであれば、やはり同時に「ドコモ光」を利用するようにしておきたいところです。

ドコモ光は単独ではそれほど大きな割引要素にはなりませんが、ドコモのパケットパックやシェアパックに対するセット割引や、dカード GOLDによるポイント付与対象になるという特徴があり、大きな枠でみれば、やはり「パケットパック/シェアパック」、「dカード GOLD」、「ドコモ光」は関連付けることで最も大きな効果を発揮するわけです。

iPhone 8購入時の直接的な割引とはならないかもしれませんが、長期的視野に立つと「ドコモ光」はやはり活用しておきたいサービスの一つと言って間違いありません。

ドコモ光では現在も入会キャンペーンが実施されており、dポイントを10000ポイントもらうことができます。このポイントも、新型iPhone購入時に活用することもできますので、新型iPhone購入に合わせてドコモ光加入も同時に検討しておくといいでしょう。

 

iPhone 7s/iPhone 8購入は本当にドコモでいいのか

そもそもの話です。

そもそも、次のiPhoneを購入するキャリアはドコモでいいのか。au、ソフトバンク、またはSIMフリー版でなくてもいいのか、ということです。

現在ドコモを利用しているユーザーが、わざわざauかソフトバンクに乗り換えて新型iPhoneを購入するのであれば、結局は似たり寄ったりの料金体系や本体価格になる可能性が高いので、あまりお勧めではありません。

あえてドコモ以外で選ぶとするなら、やはりSIMフリー版iPhoneしかないでしょう。

 

結論として、ドコモから離れてMVNOを利用することを前提とするなら、SIMフリー版は選択肢としては十分ありだと思います。

格安SIMの世界に飛び出しつつ新型iPhoneを利用するという方法は、現在すでに格安SIMを利用しているiPhoneユーザーであれば、最もおすすめしたい方法かもしれません。

ある程度自己完結できるユーザーであれば、SIMフリー版は視野に入れておいてもいいでしょう。

ただし、基本的に普段からドコモを利用しているのであれば、端末購入補助のあるドコモで購入するのが正しい選択です。ドコモを利用しながらSIMフリーのiPhoneを購入すると、端末価格ばかり高くついて確実に損をします。

 

ドコモの「過去iPhone」の発売日まとめ

過去NTTドコモにて発売されたApple iPhoneの事前予約開始日・発売日をまとめてみます。

 

事前予約開始日 発売日
iPhone 5c 2013年9月13日(金) 2013年9月20日(金)
iPhone 5s なし 2013年9月20日(金)
iPhone 6/6 Plus 2014年9月12日(金) 2014年9月19日(金)
iPhone 6s/6s Plus 2015年9月12日(土) 2015年9月25日(金)
iPhone SE 2016年3月24日(木) 2016年3月31日(木)
iPhone 7/iPhone 7 Plus 2016年9月9日(金) 2016年9月16日(金)
iPhone 7/iPhone 7 Plus
(PRODUCT)RED
なし 2017年3月25日(土)
iPhone 7s/iPhone 8 2017年?? 2017年??

 

2016年3月に発売されたiPhone SE、2017年3月に新色として発売された(PRODUCT)REDを除いて、例外なく9月に発売されています。しかも発売日も20日前後と極めて狭い範囲で発売日が決められています。

この例に倣えば、2017年のiPhone 7s/iPhone 8も9月20日前後の発売になる可能性は高いと思われます。

そしてもう一つ注目すべきは、iPhone SE・(PRODUCT)REDを除いてすべて「金曜日」に発売されています。

ということで、2017年もこれまでの慣習に従えば、2017年9月15日、もしくは9月22日がXデーとなる可能性は高そうです。

いずれにしても、もう少し先の話ですが、楽しみにしながら少しずつ新型iPhone購入に向けて、準備しておきましょう。

 - iPhoneの裏, 2018年冬春モデル