ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

Xperia X Performance SO-04Hを開封・利用検証してみる

   

ドコモのXperia X Performance SO-04Hを実際に利用してみました。

Xperia Zシリーズから進化したXperia Xシリーズ初のドコモ発売機種です。ドコモとしては2016年の夏モデルに位置しています。

外観や、利用しての感想・使用感などまとめていこうと思います。

Xperia X Performance SO-04Hのスペック詳細

最新Xperia X Performance SO-04Hのスペック詳細を確認していきます。

 

OS Android6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 820(クアッドコア)
内蔵メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部ストレージ microSDXC(UHS-I):200GB
サイズ W71×H144×D8.6mm
重量 約165g
ディスプレイ解像度/サイズ Full HD(1080×1920)約5インチ
メインカメラ 裏面照射積層型CMOS/約 2300万画素
サブカメラ 裏面照射積層型CMOS/約 1320万画素
 バッテリー容量 2570mAh
電池持ち時間
(実使用時間)
約80時間
LTE 対応
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac MIMO対応
Bluetooth 4.2
指紋認証 対応
カラー ホワイト・グラファイトブラックライムゴールド・ローズゴールド

 

メインのスマートフォンとして利用するのに不満を覚える点はほとんどないと言っていいでしょう。

それでもあえて注意点を探すとしたら、FMトランスミッターには対応していないとか、MHLに非対応とか、そんなこまごました内容しか見つけられないほどほとんどの機能に対応しています。

昨今のドコモAndroidスマートフォンの特徴は良くも悪くも継承しており、電池は脱着不可の内蔵型、ワンセグやフルセグには対応しているものの、アンテナが内蔵されていないために同梱されているアンテナケーブルを利用する必要があります。

つまりテレビを見る場合にはそのアンテナケーブルを持ち運ばないといけないため少々手間がかかります。

このXperia X Performanceの次に発売されたXperia XZおよびX Compactからは、充電端子がUSB Type-Cに変更になりましたが、今回までは従来の充電器で充電ができます。

 

Xperia X Performance SO-04Hを開封してみる

ドコモのXperia X Performance SO-04Hです。箱はいつものXperiaと同じような箱でした。

 

xperiaxp001

 

今回のカラーはピンクを選んでみました。女性人気を集めそうな色合いです。

 

xperiaxp002

 

前面と背面に初期のフィルムが貼ってあります。

前面の上部、インカメラの左下あたりにフェリカマークのシールが貼ってあります。別の液晶フィルムなどを張る場合には邪魔になるので、はがす必要があります。

ただ、シールを剥がしてしまうとどこにフェリカポートがあるのかわからなくなってしまうので、場所を覚えておくようにしましょう。

背面のフィルムにはSIMカード挿入時の注意点等が記載されています。

 

xperiaxp01 xperiaxp003

 

左側面にはSIMカード/SDカードスロットがあり、右側面中央に電源キーがあり、同時に指紋センサーを兼ねています。その下にボリュームキーとカメラキーがあります。外部のキーはこの右側面にしかありません。

 

xperiaxp004
xperiaxp005

 

上部左側にはキャップレス防水のヘッドセット/イヤホン接続端子があり、中央部には通話相手が聞き取りやすいようにノイズを抑制するセカンドマイクがあります。

下部には充電端子と、左側に送話口(マイク)がついています。

 

xperiaxp006
xperiaxp007

 

SIMカード/SDカードスロットには、1枚のトレイにSIMとSDを両方同時に置くことができるつくりになっています。

 

xperiaxp009 xperiaxp0091

 

左側にmicroSDカード、右側にnanoSIMカードを載せます。

 

xperiaxp0092

 

Xperia X Performance SO-04Hのワンセグ/フルセグ機能に対しては、アンテナが内蔵されていないため、同梱のアンテナケーブルを利用することで受信ができるようになります。

 

xperiaxp008

 

Xperia X Performance SO-04HにMVNO格安SIMを入れてみる

ドコモのSIMカードを入れて利用できるのは当然なので、各種MVNOのSIMカードを入れてみました。

試したのは

 

OCNモバイルONE

So-net 0SIM

b-mobile おかわりSIM

楽天モバイル

mineo(Aプラン)

LINEモバイル

 

です。

この中で当然のように利用できなかったのは、mineoのAプランです。mineoのAプランはau系SIMカードなので、とりえあずSIMロック解除を実施しないと利用できません

OCNモバイルONE、0SIM、楽天モバイル、おかわりSIM、LINEモバイルについてはどれもドコモ系MVNOなので、APN設定さえ実施すればどれもまったく問題なく通信することができました。

ドコモのXperia X Performance SO-04Hを利用したMVNO格安運用は可能ということです。

SIMカードスロットのサイズはnanoSIMサイズになっていますので、MVNOのSIMカードを利用する際は、サイズを間違わないようにしましょう。

 

実際にXperia X Performanceを利用してみて

現在メイン端末として利用中のXperia X Performanceですが、メインのSIMにはOCNモバイルONEを入れて利用しています。

MVNOのSIMは上記に記載した通り多数所有しているので、実際はどれでもいいのですが、最も使い勝手がいいと私が考えているのがOCNモバイルONEなので、そのSIMを優先して利用しているだけです。

操作性、電池の持ち、タッチパネルの見やすさなどなど、不満を感じる点はまったくありません。

防水認証の場所については、慣れも必要ですが慣れてしまえば問題ありませんし、そもそも指紋認証を使わない人には関係ありません。

ドコモSIMを入れずにMVNOの格安SIMを入れての利用であっても、問題はまったくありません。どこのSIMを使っているかなど、ほとんどわからないです。

データ専用SIMで運用しているため、電話においてVoLTEを利用することはできませんが、音声メイン端末で利用するのであればVoLTEは便利に活用できるはずです。

カメラについても非常に力が入っているため、美しい写真を残すことができます。撮り方によっては背景をぼかすことができ、デジタル一眼カメラのような写真を撮影することも可能です。

SONYのデジタル一眼ブランド「α(アルファ)」の技術がこの辺りに反映されているのだなぁと感じます。

同時に利用しているiPhone 7 Plusと比較しても遜色ない写りです。

ただ、両方を比較して見比べた場合には、やはりiPhone 7 Plusの方が心地よく感じやすい写真の仕上がりになっているような気もします。この辺りは好みの問題かもしれませんが、iPhone 7 Plusの画像処理エンジンとセンサー、レンズのバランスと作りこみのうまさといえるのかもしれません。

一つ、困った問題としては、写真を撮影した際のサイズがかなり大きめにデフォルトで設定されていて、1枚当たり10MB近いサイズになっていたりしたのです。何百枚も何千枚も写真を撮るユーザーにとっては、結構大きな問題です。

撮影サイズを下げればいいのですが、できるだけ綺麗な画質で撮りたい気持ちもあり、という場合には判断に悩むところです。

 

とはいえ、ここまで何の問題もなく利用することができているため、優良機種だと思います。

後継のフラッグシップモデルXperia XZの発売に伴い、店頭からは姿を消しつつあると思いますが、もしまだ在庫が残っているのであれば、おすすめできる機種と言えます。

 - 2016年夏モデル