ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dポイントはデータ容量追加料金に利用可能

   

ドコモのスマートフォン/iPhoneを利用していると、どうしてもデータ容量が足りなくなる場合があると思います。

あらかじめプランによって設定されたデータ容量は、データSパックの最小2GBからウルトラシェアパックの最大100GBまでありますが、料金を抑えて少ないパケットパックで利用しているときに、容量が足りなくなるケースが多いわけです。

実際に容量が足りなくなった場合の対処方法としては、大きくわけて四つの方法があります。

 

1.スピードモードによる容量自動追加(即時適用

2.1GB追加オプションによる容量手動追加(即時適用

3.上位パケットパックへのプランの変更(翌月適用

4.制限がかかったら利用を我慢して、制限解除される翌月まで耐える

 

この選択肢の中で、どうしてもすぐに高速通信を利用する必要がある場合には、スピードモードか1GB追加オプションしかありません。

スピードモードはあくまであらかじめ容量オーバーをした場合に備えて準備しておく必要があるサービスなので、事前準備さえされていれば特に手続きは必要としませんが、1GB追加オプションの場合には手動で容量を追加する必要があり、その都度追加料金が1GBあたり1000円かかります。

ただ、この容量追加料金に対して、なんとドコモのdポイントが利用できるという事実はあまり知られていないようです。この特徴をうまく活用することで、ドコモのインターネットライフがより快適なものへと変わります。

詳細内容を検証していきます。

dポイントはデータ容量追加に利用可能

データ容量が足りなくなった場合、1GB追加オプションを利用して1GB1000円で利用容量の追加を実施することができます。

そうすることで、128kbpsと速度制限がかかった状態を解除し、通常の速度での利用ができるようになります。

この時、もしdポイントを多く所有していれば、そのポイントをそのまま容量追加分に充てることができます。

具体的には、1GBあたり、消費税込みの1080ポイントで追加を実施することが可能です。

 

1gtuikapoint

 

1GB1080ポイント、2GBなら2160ポイント、3GB追加なら3240ポイントです。ポイントをたくさん持っていれば持っているほど、多くの容量追加に活用することができます。

充当したい回線それぞれからの、「dポイントクラブサイト」などでの申し込みが必要で、当然のことながらパケットパック利用者のみが活用できます。

もしシェアパックを利用している場合には、シェアパック代表者からのみの申し込みが可能となります。

 

dポイントが貯まる=使える容量が増える

データ容量が足りない時にdポイントを活用できるということは、そのままつまり「dポイントがたくさん貯まる」=「容量追加に充当して利用可能データ容量を増やせる」ということでもあります。

毎月データ容量が微妙に足りない、という人ほど、dポイントをとにかくたくさん貯めれば、そのまま利用容量の追加に割り当てることができるわけです。

たくさんデータ容量を使いたい人は、パケットパックのプランを変えたりシェアパックを検討したりすることも一つの方法ですが、単純にdポイントを貯めるという行為自体が、そのまま使える容量の増加にもつながっていきます。

そして、dポイントを貯めることがそのまま容量をたくさん使える最大の方法なのだとしたら、最高にポイントを貯めることができるdカード GOLDの利用は、そのままデータ容量を最大限に効率よく使うための最も適した方法でもあります。

 

dカード GOLDが利用容量拡大に役立つ

ドコモのdカード GOLDのドコモ回線およびドコモ光利用に対するポイント還元率は、なんと驚きの10%です。

仮に1ヶ月の間に15000円の利用があるユーザーであれば、単純計算で月あたり10%の1500ポイント貯まるため、最低でもその時点で1GBの容量を追加するポイントが貯まっている、というわけです。

つまりはdカード GOLDを所有することがそのまま、データ容量追加のための原資を生み出すという好循環になるわけです。

こんなキャッチコピーがあってもいいくらいです。

『dカード GOLDで、データ容量1GBを毎月追加』

月あたり約1000円分dポイントが貯まるということは、つまりはそういうことです。

 

dカード特約店でのクレジット決済・iD決済・加盟店ポイントを貯めて容量追加

もう少し考え方の幅を広げます。

ドコモ利用以外でも、dカード GOLDを積極的に使うようにします。それは、クレジットカード決済でもいいですし、iD決済でも、iDと紐づけたApple Payでもなんでもいいです。

そしてできれば、dカード特約店での利用が望ましいです。

仮にクレジット決済+iD決済の合計で、月に10万円を利用したとします。ドコモ外での利用時のポイント還元率1%のdカード GOLDでは、dポイントが10万円利用で1000円分貯まります。

もちろん、前述したドコモ利用分に対してのポイント(ゴールドステージ・10%)もついている状態です。合計すると月あたり2000円分を超えるdポイントがもらえる計算となります。

約2000円分、つまりデータ容量としては2GB追加できる分のポイントがひと月で稼げてしまうわけです。

 

クレジット決済やiD決済で10万円はハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、これが案外徹底してカード利用を強化すればそれほど難しくはありません。

買い物やガソリン給油、高速道路を利用する際のETCカード、通信費や光熱費、保険などの固定費などにdカード GOLD決済を利用していけば、それなりの金額になってくると思います。

仮に利用が月5万円程度だったとしても、それでも特約店での利用を中心にしていけば、非常に多くのポイントが貯まります。

とにかくデータ容量の追加を十分にできるだけのdポイントをたくさん効率的に貯めていきたいと考えるのであれば、dカード GOLDを最大限に活用するのが最高の近道です。

貯めるだけ貯めたなら、あとは自分の好きなタイミングでデータ容量にdポイントを使うもよし、別の用途に使ってもいいでしょう。

とにかくまずは、ドコモユーザーであればdカード GOLDを所有して最高にポイントを貯めていく環境を構築しておきたいところです。
▼dカード GOLDの公式サイトはこちら▼

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏