ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dTV VRが観たくてVRゴーグルを購入してみた

   

dTV VRというサービスをご存知でしょうか。

dTVといえば、ドコモが提供する人気の動画コンテンツであり、映画やドラマ、アニメなど様々な動画を月額500円で見放題で視聴することができるサービスです。

その中で、VR(バーチャルリアリティ)動画を視聴することができるのが、dTV VRです。

基本的にdTV VRでVR体験をしたいと思う場合には、VRゴーグルが別に必要になります。

ドコモでも以前、ショップで「VRスコープ」を無料配布をしていたことがありましたが、私はそれをもらい損ねてしまったため、手元にVRがみられるゴーグル的なものはまったくありませんでした。そのころからVR動画に興味はあったのですが、なんとなく機会がなくここまで来てしまいました。

しかしいい加減、一度VRを体験しておこうと思い立ち、ついに市販のVRゴーグルを購入してしまいました。

そのVRゴーグルを利用して、dTV VRを体験した内容を今回はお伝えしたいと思います。

関連記事:「dTVのサービス変遷と詳細まとめ

dTV VRを利用するために

dTV VRを利用するために必要はものが、二つあります。

一つは、dTVアプリとは別の、dTV VRアプリです。これはGoogle PlayかApp Storeからインストールすればいいので簡単です。Android、iPhone両方対応です。

 

そしてもう一つ、重要なアイテムがVRゴーグルです。

その名の通り、VR動画を視聴するためのゴーグルです。スマホを視線の先に設置する形になるので、結構大きなサイズになりがちです。

第三者からそのゴーグルをつけているところを見られるとなかなかに恥ずかしいですが、外で使うことなんてないので気にしないようにしましょう。

 

とにかくVRゴーグルを手に入れないと、臨場感あふれるVRコンテンツを楽しむことはできないため、まずはVRゴーグル探しを始めました。

といっても、人気のゴーグルをなんとなく選んだだけですが。私が選んだのは人気商品のこのVRゴーグルです。

 

 

Amazonで「VRゴーグル」で探したら人気商品として出てきたゴーグルです。価格帯としては、1000円~2000円程度のもっと安いものもありますが、このゴーグルは3300円ほどしました。

まぁせっかく買うのなら多少いいやつの方が・・・と思ったわけですが、さすがに5000円近くするような商品には手が出ませんでした。

もし、このVRゴーグルを「購入してみようかな・・・」と一瞬でも思われた方は、まだ待ってください。

最後までこの記事を読んでいただいてからでも遅くはありません。というか、最後まで読まれたら買う気はなくなるかもしれません(笑)

 

VRゴーグルの作りを確認してみる

私はVRゴーグルってそもそもどういうものなんだろう、というレベルの知識しかなく、実は結構無知な状態でした。

送られてきたゴーグルをみて初めて、「あぁなるほど、こういう風に使うのか」と納得した次第です。

全体のイメージでは上記の写真でもなんとなくわかると思いますが、以下は横と逆から見た写真です。

 

 

耳にはヘッドホン、頭はバンドで固定する形で、これを装着した状態だと一体誰なのかはまったくわからなくなります。そういう意味では人に見られても恥ずかしくない、、かもしれません。。

メガネの前の部分が開閉できるようになっており、そこにスマホやiPhoneを設置します。

 

 

装着した時の左側にイヤホン端子がついており、これをスマートフォンにつければヘッドホンから音が聞ける仕組みです。

iPhone 7/iPhone 7 Plusのようにイヤホン端子がない場合は、アダプターが要りますね。iPhone 7/iPhone 7 Plusは元々パッケージに同梱されています。

 

 

iPhone 7 Plusを装着するとこんな感じになります。

 

 

iPhone 7 Plusはやはり画面が大きい分迫力も良好ですが、装着したところから外す際に上部のボタンが少し引っかかってしまうような感じになってしまうので、しっかり奥まで装着する必要があります。そういう意味で、脱着が少し不便です。

しかもあまり奥までしっかり装着すると、スマホやiPhoneに傷がつきそうな気がしないでもないです。

私のiPhone 7 Plusはブラックなのでまだいいですが、もしジェットブラックを利用している場合には注意した方がいいかもしれません。細かい傷でもついたらショックだと思いますので。

通常の5インチサイズのスマホでも、横幅が近ければ同じようになりますが、多少つけやすくはなるかなといったところです。

 

このスマホの装着感は、VRゴーグルの課題点の一つです。

その他気になったところとしては、ヘッドホンのフィット感がいまいちです。場所の調整程度はできるのですが、しっかりはまらないので、VRの世界に没入したい時には両手でヘッドホンを抑えておく必要がありました。

贅沢をいいすぎでしょうか。ただ、VR自体、日常とは違う世界へ連れて行ってもらうことが大きな目的なので、やはり全体としてのフィット感は大事だと思うわけです。

 

dTV VRはコンテンツが少なすぎる

そんなことをグチグチいいながらも、とりあえず試してみることにしました。

利用するのはiPhone 7 Plusです。事前にdTV VRアプリはインストール済みです。ヘッドホンのアダプタも接続して準備完了です。

dTVは普段から申し込みしているので特に問題ありません。dTV会員でなくても見られる動画もあるのですが、dTV会員だと選択肢が増えます。

視聴したいコンテンツを選ぶときには、スマホやiPhoneを直接操作するしかないので、完全に装着してしまう前に操作しましょう。

 

と、そこで私は一つの重大な事実に気づきました。

dTV VRのコンテンツが、何故か少ないのです。

特に見たいコンテンツがありませんでした。おかしいな、他にどこかコンテンツ一覧を見る場所はないのかなと結構色々探した結果、わかったことは、dTV VRのコンテンツは私が発見したそれだけの数しかない、ということです。

いくらなんでも少なすぎないだろうか・・・と思ったのですが、どうしようもありません。ないものはないのです。

なるほど、VRはまだまだ普及しておらず、コンテンツとしてもそこまでの需要はないためか、数に限りがあるということかもしれません。

残念ですが、現在提供されているコンテンツから選んで視聴するしかありません。

 

いくつかのコンテンツを順番に、視聴してみました。

VRゴーグルの上部と横に、視点と近さの調整ができるダイヤルのようなものがついており、それを使ってもっとも自分の目でVRが体感できる場所を探ります。

ピタリとあった、と感じる部分があると思いますので、そのポジションで視聴してみます。

目の前には立体的な映像が繰り広げられています。同時に、首を回すとその分、視界も周り、プラネタリウムで映像を見ているような感覚です。

ライブ映像では、その場所に自分がいるかのような体験もできます。

なるほど、これがVRか、そう感じました。

 

dTV VRに期待しすぎてはいけない

例えば、自分が見たかったコンテンツが多数そろっており、映像もきれいになり、もう少しゴーグルとヘッドフォンがフィットしたなら、臨場感あふれる魅力的な体験ができるようになるのかもしれません。

ただ個人的な感想としては、まだまだですね。期待しすぎたのかもしれません。

そもそも視聴したいコンテンツがなければ、普通はわざわざVRゴーグルを購入してまで利用するはずもなく、さすがに私でも今回購入したVRゴーグルは、すぐにお蔵入りになるパターンだなと確信しました。

dTV VRというサービスそのものも、VRゴーグルも、どちらもイマイチだなと感じました。VRゴーグルのもう一つ気になった点としては、スマホを固定するための枠の部分で、これが真ん中あたりに大きく設置されているため、視界に思い切り入ってきます。

これが、気になって仕方ありません。せめてこれがなくなるだけでも、ずいぶん感じ方は違ったのかもしれないと思いました。

他のVRゴーグルを試していないのでなんとも言えませんが、他の商品でも同じようになるのか、このゴーグル特有の現象なのかは確認しようがありません。

まぁ、見たところその固定部分はネジで止めてあるだけなので、外してしまうことは可能かもしれませんが、そうすると今度はスマホの装着が不安定になるものと思われます。

dTV VRに関しては、コンテンツの少なさをみても、これを目的としてdTVを契約するのはかなりもったいないと思われます。

体験してみるだけなら、dTV会員以外もみられる動画で十分です。

dTVを申込する場合には、dTV VR目的というよりも、普通に映画などを見るのに利用するようにしたいところです。

 

dTV VR以外のVRコンテンツでも利用できる

とりあえず今回のVRゴーグル購入は、半ば失敗の感がありますが、VR動画というものを体感できた、という意味ではメリットもありました。

もしかしたら今後、続々とコンテンツも増えてくるかもしれませんし、そうなった時にいつでも対応できると思えば納得もできそうです。というか、もはやそれに期待するばかりです。

ぎりぎりの救いとしては、VR映像はdTVだけのものではないため、他にVR動画を見るけることができれば、それらには対応できるものと思われます。

何より現時点でのVRへの感想は、「コンテンツ不足」で集約できてしまいそうです。体験の素晴らしさよりも何よりも、これにつきます。

 

VRにソードアートオンラインの感じを期待していた結果

なんだかんだでVRって、結構夢があると思うわけです。

イメージしていたのは、人気アニメ「ソードアートオンライン」のナーヴギアという頭につけるやつ、あれです。

そんな感じで全くの異世界に没入してみたい・・・。そんな憧れは多少なりとも多くの人が持っているのではないかと思います。

そんな片鱗が、このVRゴーグルとdTV VRで味わえるのかなぁと思ったのですが、さすがにそこまでは望みすぎでした。

これからの技術の進歩に期待したいところですね。

 

以上、なんだかどういうものなのか、VRが気になってきたなぁという物好きな方にはお勧めですが、一般の方には今回のVRゴーグルとdTV VRはまだまだお勧めするには早いかな、という感じです。

この情報を参考に、もし気が向けば、本当に気が向けば、実際にVR動画を体感されてみてください。

関連記事:「dTVのサービス変遷と詳細まとめ

 - dマーケット