ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

格安スマホ・iPhoneでFX取引/FXにおすすめ格安SIM

   

一時期の超円高局面を脱し、アベノミクスの影響もあってか現在は円安方向で値動きが続いているドル円の為替相場。

円安時期には注目される機会が減る傾向にありますが、今回は少し方向性を変えて、為替とスマホの話です。

すでに株為替の世界でも、スマートフォン/iPhoneは必須アイテムとなっています。電話やパソコンだけでトレードする時代ではなくなり、常にいつどこにいても相場の動きをスマホでチェックでき、しかもその場で取引までできる時代になりました。

そんな時代にあって、外国為替証拠金取引、いわゆる「FX(Foreign eXchange/フォーリン・エクスチェンジ)」の取引に利用するための通信デバイスにも、ドコモなど大手キャリアのスマホではなく、格安SIMや格安スマホを使いたいというニーズも増しています。

誰もが当たり前に大手キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクを利用しているという時代でもなくなりました。

目覚ましい拡大を見せている格安スマホ市場を見て、FXトレーダーの中でも大きな興味と関心を向けている人も少なくないと思われます。

はたしてFX取引において、格安スマホ/格安SIMは有効に活用できるのか。できるのならどういうスマートフォンがもっとも望ましいのか。大手キャリアのスマートフォンやiPhoneと比較して、格安スマホはどう違うのか、FXトレードにどういう影響があるのか。

眠っている資産を有効に活用し増やすためのFX取引と、FXにおける格安SIM/格安スマホに関して、検証してみました。興味がある方はご一読ください。

FXにおけるスマートフォン/iPhone

世の中には多数のFXトレーダーが存在します。

儲かっている人もいればそうでない人も、どちらもそれぞれに確実に共通していることとして、FXトレードを実施するためのツールを何かしら利用しているということが挙げられます。

通常FXの取引は、まずはパソコンから入る人がほとんどではないかと思います。

大画面で様々な通貨株価のチャートや人々の心理世界の動きなどを一括して確認することができるという意味で、パソコンはトレードにおける最強のツールであり、かつ必須のアイテムでもあります。

 

ただ、そんな中で昨今増えてきているのが、スマートフォン/iPhone、そしてタブレット/iPadを利用してFXトレードしている、というケースです。

特に、常に身に着けて持ち運びをすることができるスマートフォンやiPhoneに関しては、いつでもどこでもチャートを確認することができ、取引注文を好きな時に入れることができるのが何よりも大きなメリットと言えます。

ですが、そんな中でもFXトレーダーの皆さんが利用しているのはドコモやau、ソフトバンクのスマホやiPhoneであることがほとんどで、まだまだ格安スマホやMVNO格安SIMを利用している人は少ないと思います。

利用者が少ないということは、FX取引をするにあたって、やはり格安スマホやMVNOではリスクがあるのでしょうか。

実際に、お勧めのFX業者(FX取引会社)を利用して試してみました。

 

スマホでFXおすすめ取引会社は「外為オンライン」

私の経験上、最もおすすめできるFX取引会社は、外為オンラインです。

お勧めの理由はたった一つ、「使いやすい」。これだけです。そして、この使いやすさこそが、FXの取引会社における重要なポイントではないかと思います。

 

もちろんこの意見には、賛否両論あると思います。それはそれで別にいいと思っています。なぜなら、FXの取引会社の口座開設には、お金がかかるわけではないからです。

とりあえず登録してみて、実際に取引を体験してみて、自分に合うと思ったFX会社を利用すればいいのです。

たまたま私の感性に最もピタリと来たのが、今回外為オンラインだったというだけの話です。

 

参考までに私のFX歴について書いておきます。

FX取引を始めて実施したのは、リーマン・ショックよりも以前にさかのぼります。リーマンショックが2008年なので、もうずいぶん前の話ですね。

勝ち負け様々繰り返してきましたが、トータルでは総資産が微増、というところでしょうか。

センスがないなぁと思うことも多いですが、少額でたまにエントリーするのが非常に楽しかったりするので、今では儲けよりも趣味感覚、完全な小遣い稼ぎ感覚で取引しています。

 

そんな中、なぜ外為オンラインがおすすめなのかというと、とにかく前述したように使いやすいから、です。

FXは、それこそ何度もトレードを繰り返しますので、使いにくいとトレードに影響が出ます。

パソコンでの取引画面はまだしも、スマホでの取引アプリなどはそれこそ取引会社によりさまざまで、実際に利用してみないと感覚はつかめません。

 

私がFXを始めたときは、三つのFX業者に同時に口座を開設しましたが、実際のところ一つは画面を確認しただけでまったく利用しませんでした。

取引を実施するためには当然それぞれの口座に入金しなければならないわけで、それが面倒だったわけです。

ということで、おすすめとしてはまず二つ、多くても三つの会社の開設がおすすめです。それでもダメだと感じたら他のFX取引会社も試してみるといいでしょう。

現在すでに口座を開設している人でも、試みに追加FX口座を開設して利用してみるのも一つの方法としておすすめです。

気分が変わって今までとはまた違った角度からの取引ができるかもしれませんし、新たな気づきがあることもあります。

▼おすすめの外為オンライン公式サイト▼
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

▼もう一つおすすめのDMM FX公式サイト▼


 

FXにお勧めのMVNO格安SIM

FXで為替トレードをするのであれば、通常の固定費、特に高額になりがちな通信費は極力抑えたいところです。

通信費を抑えてその分を貯蓄やFXトレードに回すことができるなら、それに勝ることはありません。

とはいえ、実際の利用に堪えないような通信環境でも困ります。

FXトレーダーが利用するべきMVNO格安SIMとはどういうMVNO事業者のSIMなのでしょうか。

 

FXで取引をする際に絶対的にあってもらっては困ることとは、やはり通信トラブルです。

予想外の相場変動で、絶対にすぐ切らないといけないような局面において、通信トラブルで「チャンスで利益確定できない」、「危ない局面で損切ができない」、というケースが最悪のケースです。

普段は気にならないような通信速度の遅延でも、取引ができなくなるようでは致命的なダメージとなりかねません。

しかし、MVNO格安SIMを利用するということは、そうしたリスクもある程度考えておく必要があるわけです。

もちろん、格安SIMでなくドコモやau、ソフトバンクのSIMを使っていたとしても同じことです。リスクは平等に存在します

ではそのリスクに対処するためにはどうすればいいのかというと、まずは基本中の基本ですが、ストップ(逆指値)注文だけは必ず入れておく、ということです。

万が一の事態に遭遇しても、被害を最小限に抑えることができます。まぁこれは当然といえば当然です。

そして次に、格安SIMを1枚ではなく最低でも2枚用意しておく、ということです。つまり、どちらかの通信網にトラブルが発生しても、もう片方のSIMで通信できれば問題ない、という発想です。できればドコモ系SIMau系SIMという形で分けておくのが一番望ましいです。

例えば、ドコモ系・au系両方のSIMを持つマルチキャリアMVNOのmineoで、DプランとAプランのSIMをそれぞれ用意しておくという方法はどうでしょうか。

あえてmineoにそろえなくても、au系をmineo、ドコモ系はOCNモバイルONELINEモバイルにしても問題ありません。今現在利用しているMVNOに加えて、ドコモ系かau系のSIMを追加すればいいでしょう。

 

通信リスクには、そういう形でいくつかの通信網を確保しておく、ということが大事です。

同じ意味で、パソコンの通信リスクも存在するわけで、パソコンでしか取引をしていない人も同様のリスクを抱え込んでいるわけです。パソコンが故障したり固定のインターネット回線がつながらなくなったり、ルーターが故障したりというときに、スマートフォンで取引ができればどれだけ助かるかわかりません。

MVNO格安SIMでの通信は、万が一のリスクに備えるという意味で非常に有用です。

 

FXにおすすめの格安スマホは

MVNO格安SIMは、上記で説明した形でそろえてもらえれば問題ないと思いますが、では、その格安SIMを利用する格安スマホにはどういう端末を準備したらいいのでしょうか。

格安スマホのスペックが低すぎて固まる、エラーが出る、動作が遅い、などのトラブルは最も回避したいところです。

そんなトラブルを発生させるくらいなら、初めから料金が高くてもスペックの高いスマートフォンを用意した方がいいという話です。これも当然の話で、格安スマホの金額をケチって、数万円の損失を出すくらいなら、初めから性能の高い機種を選んでおいた方がずいぶんマシです。

ということで、とりえあえず手持ちの格安スマホの中から数機種選んで試してみました。

FREETELのPriori 3S LTEとAcerのLiquid Z330です。

 

fxsmaho01
Priori 3S LTE/Liquid Z330

 

それぞれに、外為オンラインのアプリを入れて利用してみました。

Priori 3S LTEは、平均的な格安スマホとして、格安スマホの中でも特に安い部類に入るLiquid Z330は、最低水準として考えて並べてみました。

とりあえず、Liquid Z330である程度不満なく動作すればOKだと思います。

チャートの動作、注文のしやすさ、口座の確認、ニュースの見やすさなどなど、チェックしてみましたが、特に問題なく動作しました。

特別固まりやすいということもなさそうです。

Priori 3S LTEでも同様です。これなら格安スマホであればどの端末を選択しても、ある程度問題なくFXのトレードを実施することができそうです。

 

ちなみに、チャートの反応速度はどうだろうかと思い、試みにiPhone 7 Plusにも外為オンラインのアプリをインストールして比較してみました。

当然のことながら、スペックで言えば圧倒的に格安スマホよりもiPhoneが勝っており、もし差が出るとしたらiPhoneの方が格段に快適に動作しないとおかしいわけです。

その結果として、少なくとも外為オンラインのアプリに関しては、逆の結果が出ました。

レートの動きが、約1秒ほど、iPhone 7 Plusの方が遅延します

これは、Android版iPhone版の違いであり差なのかもしれませんが、スキャルピングで稼いでいる人であればこの1秒の差はかなり大きいかもしれません。

ただ、ここでわかったこととしては、格安スマホは、外為オンラインのFXアプリにおいて最新のiPhone 7 Plusにも負けない動作をする、ということです。

もちろん、他にアプリが多数入っているとか、元々メモリの空き容量が少なくなっているなどの状況であれば、格安スマホの動作の方が影響は受けやすいのは間違いないはずです。そのあたりも考慮しながら、万が一の準備は怠ることなく、格安スマホでのFXトレードを楽しみたいところです。

 

外為オンラインのFXアプリ

外為オンラインのFXアプリは、パソコンでのツール同様非常に使いやすいです。

ユーザーインターフェースも非常に見やすく作られており、初心者にも優しい作りだと思います。

 

fxsmaho05 fxsmaho02

 

通貨ペアごとに現在のレートとチャートを確認することができ、チャートは1分足から月足まで簡単に切り替え可能です。

何より、すっきり見やすい取引画面が魅力ですね。

私はFX初心者の頃に他のFX取引会社も数社利用してみましたが、画面が複雑で非常に分かりにくかったのを覚えています。

以下のメニュー画面から、様々な内容の確認ができます。Android版・iPhone版両方ともリリースされており、見た目の画面はほとんど変わりません。

 

fxsmaho03

 

FXにおすすめ格安SIMまとめ

FXに利用するのであればここがおすすめ、というMVNO格安SIMをまとめておきます。

 

OCNモバイルONE MVNOシェアNo.1。
日コースが存在するため、万が一当日速度制限がかかっても翌月には復活する。
LINEモバイル NTTコミュニケーションズによる安定した回線が魅力。
SNSの使い放題プラン「LINEフリー」と「コミュニケーションフリー」は他にはない大きなメリット。
mineo ドコモ系SIMとau系SIMの両方を取り扱うマルチキャリアMVNO。
通信回線を分けることで万が一の通信トラブルリスクを低減させることができる。

 

FX取引会社おすすめ口座開設まとめ

最後に、改めてFX口座を開設したい人向けのおすすめFX取引会社をまとめました。
外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

使いやすさで最もおすすめ。ドル円スプレッド1銭のため、最低入金は10万円程度はあった方が無難です。少なすぎるとロスカットされるリスクが高まります。

 

DMM FX
 

テレビCMもかなり放送されていますので、会社名は聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際に利用してみると、なかなか使いやすかったので、好印象のFX会社です。スプレッドはドル円で0.3銭という業界最狭水準のため、超短期の取引(スキャルピング)でも非常に利益が出しやすくおすすめです。

 

資産を増やしたい人に注目の仮想通貨

ここ数年、株為替を上回る勢いで注目を集めているのが仮想通貨です。代表的な通貨としてはビットコインですね。

特に2017年、10倍近い値上がりを見せていることでさらに注目が集まりました。まだまだこれからも伸び続けていく可能性もあり、すでにビットコインを安値で調達して大量保有している人も少なくありません。

このような大きな波は、そうそうあるものでもないため、今のうちに口座を作り、早めに準備をしておくことが大切です。

せっかくの儲けの大チャンスを、行動しなかったばかりに逃してしまうのは非常にもったいないです。

おそらく、今年ビットコインを購入した人で、長期保有しているのであれば現時点で損している人は一人もいないはずです。それほど、一方的に値上がりを続けています。

ドコモスマホを利用した仮想通貨取引については関連別記事にて解説しています。

関連記事:「ドコモスマホで仮想通貨取引できるのか

 

今すぐビットフライヤーに登録してみる

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 - スマホ/iPhoneでFX・仮想通貨取引