ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

きのこの山に「光ダケ」がドコモだけに登場したという話

   

明治の国民的お菓子「きのこの山」に、ドコモの「光ダケ」バージョンが登場したと、ツイッターやニュース等で話題になっています。

光ダケとは、光ダケバージョンのきのこの山とは、一体何なのか。

そして一体どこでもらえるのでしょうか。

「きのこの山」光ダケバージョンはドコモショップで機種購入時にもらえる

問題の光ダケバージョンの「きのこの山」は、明治とドコモのコラボ商品となっており、非売品でドコモショップで機種購入をした場合に期間限定でもらえるようです。

ツイッターではドコモショップのアカウントの多くで、この「光ダケ」バージョンのきのこの山がツイートされています。

hikaridake

 

ドコモの光ダケとは何者か

ドコモの公式キャラクターは「ドコモダケ」ですが、光ダケはその派生キャラクターとなっています。

「光」は「ドコモ光」とかけてあり、ドコモ光用のキャラクターとなっています。

 

hikaridake1

 

光ダケには実はプロフィールが存在します。

 

hikaridake2

 

「一家」、「おトク」、「まとめたがる」、「ものすごく速く」、「光の胞子」などなど、ドコモ光のキーワードを細かくプロフィールに埋め込まれています。

つまり光ダケは、ドコモの「ドコモ光」に対する執念の結晶というわけですね。もっと言えば、プレゼント用商品にも「ドコモ光」へのつながりを持たせるというドコモの商魂のたくましさがわかります。

 

光ダケ登場に合わせてドコモダケファミリーを振り返る

実は、あまり詳しくは知られていないかもしれませんが、ドコモダケにはファミリーが存在します。

そのファミリー一覧を紹介してみます。

 

・チチドコモダケ

・ハハドコモダケ

・チュウガクドコモダケ

・ショウガクドコモダケ

・ジージドコモダケ

・バーバドコモダケ

・ムスメドコモダケ

・カレシドコモダケ

・ベイビドコモダケ

 

ここまでが、ドコモダケファミリーです。

そのほか、ドコモダケにはファミリーではない派生タイプが多数存在しています。

 

まず、ドコモダケの新種/進化形として「コドモダケ」がいます。

コドモダケは三種存在し、「モモコドモダケ」「キイコドモダケ」「ソラコドモダケ」です。このコドモダケは、キッズケータイ用キャラクターです。

 

次に、ドコッチダケという実は誰にも知られていないのではないかと思われる地味すぎる新種も存在します。球体という形を見ても、この辺りはもはや何がなんだかわかりません。

 

さらに、一時期CMなどで登場していたDJダケというドコモダケがいます。CMに出ていたドコモダケは、とりあえず見たことはあると感じるかもしれません。

 

そして、今回登場した光ダケです。とりあえずドコッチダケと比べたら、ずいぶんマシです。

 

実は奥が深いドコモダケストーリー

ドコモダケは、NTTドコモによって実は詳細に設定を作りこまれており、様々なストーリーを持っています。

YOUTUBEで探してみればすぐに出てきますが、一体いつどこでこんなドコモダケの物語が作られ公開されたのか、というような動画がたくさん出てきます。

 

いつの間にか結婚したムスメダケ、オーディションを勝ち抜いたカレシドコモダケ、気が付いたら生まれていたベイビドコモダケなど、水面下でドコモダケストーリーは様々な展開を見せているのです。

せっかくそこまでするのなら、もう少しドコモダケの露出を上げてもよさそうなものですが、なぜかそこまではしないところがドコモの慎み深さということでしょうか。

株主からも散々叩かれダメ出しをされて大失敗に終わったCM「ドコモ田家」などを展開するくらいだったら、この普通のドコモダケストーリーをやればよさそうなものでもあるのですが。

 

ドコモはそれなりに力を入れてはいるものの、ユーザーにはそれほど親しまれていないドコモダケ。

その新種「光ダケ」。

 

何はともあれ、「きのこの山光ダケコラボ」は非売品で非常に貴重ではあるので、もし今の時期ドコモショップで機種購入をしてもらうことができたなら、記念に写真の一枚でも撮っておきたいところですね。

ちなみに期間限定で在庫限りのようなので、もらえないこともあるかもしれません。

もしこの光ダケコラボ「きのこの山」がどうしても欲しい、という人は急いでドコモショップに走りましょう。

 

 - ドコモのキャンペーン情報の裏