ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

引っ越し時、光・Wi-Fiなしの環境を乗り切る方法を考えてみた

   

異動に伴う転勤や引っ越しによって、インターネット環境の再構築までに一か月以上の時間がかかるというケースは非常に多いと思います。これはドコモ光をはじめとする光の申し込みから開通までが、どうしても時間がかかるためです。

そんなときに、Wi-Fi環境がないと生きていけない私のようなユーザーは、いったいどうやってその期間を乗り切ったらいいのでしょうか。

効果的な対策がないか、考えてみました。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

ドコモなど大手キャリア回線を所有している場合

Wi-Fiが一時的に利用できないということは、その間に本来利用するであろう大きなデータ容量をどう補うか、ということを考える必要があります。

もし、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアの契約を保有しているのであれば、最も現実的な選択肢としては、料金プランを一時的に大容量プランへ変更するという方法が考えられます。

ドコモであればウルトラパック、auであればスーパーデジラ、ソフトバンクであればギガモンスターです。

それぞれ、20GB・30GBプランが用意されているため、20GBプランで一日あたり700MB程度、30GBプランなら一日1GBの利用が可能となります。

基本的にプラン変更の申し込みをした翌月からの適用となるため、光回線が利用できない期間を計算し、早めに計画を立てておく必要があります。

デメリットとしては料金の高さです。20GBで月額6000円、30GBで月額8000円となります。

ただ、考え方次第ですが、20GB6000円であれば、普段5GB5000円のプランを利用している人からすれば、1000円の追加で15GBも増えると考えることもできます。

 

格安SIMしか契約していない場合

もう一つのケースとしては、普段格安SIMしか利用していない場合です。

この場合、Wi-Fiがない環境になると、圧倒的にデータ容量が足りない可能性が高いです。そもそも格安SIM自体、大容量を利用するというよりも料金をできる限り抑えることを目的としているケースが多いため、Wi-Fiを補うほどの大容量の利用にはあまり向いていません。

ただ、OCNモバイルONE楽天モバイルなどに関しては、大容量20GB/30GBの料金プランが用意されており、あらかじめ準備しておくことができれば、20GB/30GBプランへの変更手続きをしておけば、翌月からの利用が可能となります。この辺りは大手キャリアの契約を所有している場合と同じですね。異なる部分としては大手キャリアよりも料金が安い、という点です。

このケースの弱点としては、当月すぐに大容量が必要になった場合や、大容量プランを持たない他の格安SIMを利用している場合です。

その両方のケースで対応できる方法としては、追加で大容量プランの格安SIMを新規申込する方法です。

 

追加でSIMカードを契約するなんて、かなり料金が高くなりそう、というイメージを持たれている人も多いと思いますが、実は実際はそんなことはないのです。

例えばOCNモバイルONEのデータ通信専用SIMであれば、公式サイトから誘導されるAmazonで購入するとパッケージ料金の割引キャンペーンが行われていることがあります。そうすると、新規契約の事務手数料がかからず、パッケージ料金も数百円で済みます。

月額料金に関しても、20GBで4150円、30GBで6050円と、大手キャリアと比較しても割安です。さらに便利な点として、データ通信専用SIMには契約に対する縛りがなく、例えば二年使わないといけないとか、一年は規定利用期間が存在するとか、そういったものがまったくありません。

つまり契約して翌月解約をしたとしても、解約金等は一切かからないわけです。

OCNモバイルONE公式サイトOCN モバイル ONE

 

このメリットをうまく活用すれば、申し込みからSIMカード到着までの数日を待つだけで、到着後すぐに開通手続きをすれば利用が可能となり、光回線が開通するまでそのまま利用し、その後すぐに解約、という方法もとることができます。新規事務手数料、解約金ともになしで、かかるのは月額料金のみという形となります。

OCNモバイルONEであれば、直近三日の利用が多かった場合の速度制限なども一切ありませんので安心です。容量を使い切るまでは速度制限なしです。

 

もし、30GBでも足りないとなるとさらに追加申し込み等をする必要がありますし料金もかなり高くなってしまうので、できる限り30GB内で抑えるようにしたいところです。

通常の利用であれば、そこそこ動画などを見たとしても30GBあればある程度問題なくストレスも感じることなく利用できると思います。

 

低速で無制限という選択肢

もう一つの選択肢として、UQモバイルに存在しているデータ無制限プランを活用するという方法もあります。

UQモバイルのデータ無制限プランのメリットとしては、格安(1980円/月)でデータ容量を一切気にすることなく利用できる点が挙げられますが、ただ一つの注意点としては、データ無制限プランは通信速度が遅く、送受信最大500kbpsとされています。

そのため、速度が気になる使い方をする場合には注意がいるものの、ある程度の速度で容量なしで問題ないという場合には一つの候補になるでしょう。

ちなみにUQモバイルはau系MVNOなので、動作確認が取れているSIMフリースマートフォンを所有していることが大前提です。

UQモバイル公式サイトUQモバイル

 

光回線が開通するまで

光が開通するまでは、以上の方法を検討しながら乗り切るしかありません。

光のインターネットによるWi-Fiがない生活はかなり不便が大きいと思いますが、データ容量をうまく調整しながら利用していけば、最低限の費用でどうにかできないことはありません。

いずれにしても、光の申し込み段階から、どの期間がインターネットが利用できなくなるのかなどまである程度見通しを立てておくと、対策も立てやすいですし、それほど不便を感じることなく光開通を迎えられるのではないでしょうか。

 

 - ドコモ光