ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

「iD払い」と「クレジットカード払い」の違い

   

昨今ドコモユーザーの中でもかなり、dカード GOLDユーザーが増えてきていると思います。

ゴールドカードでなくても、通常のdカードを所有している人となるとさらに多くなります。

そんな中で、今さらかもしれませんがdカードにおける「iD決済」と「クレジットカード決済」について考えてみました。

なぜそんなことを考えたのかというと、2016年10月25日にApple Payにdカードが対応したことと、最近個人的に毎日、コンビニで買い物をするときに「iD決済」ではなく「クレジットカード決済」を利用することも多いからです。

どちらの決済方法も、コンビニでは非常に早くお手軽に利用できるのですが、そもそも「iD」の買い物の仕方がわからない、クレジットとの違いがわからないという人もまだまだ多いように感じましたので、その点を少し明確にしていきたいと思います。

この記事を読めば、買い物をする際にdカードを利用する頻度が増え、さらにdカード GOLDにアップグレードした方がますますお得になるということが理解できると思います。

ドコモの「iD」とは何か

そもそもドコモの「iD」とは何なのでしょうか。

「iD」を一言で表現すると、ドコモが提供する電子マネーといえばわかりやすいと思います。

例えば電子マネーとして有名な楽天EDYやセブンイレブンのnanacoについては、先払い方式(プリペイド)の電子マネーですが、ドコモのiDは後払い方式(ポストペイド)の電子マネーとなっています。ほかに後払い方式の電子マネーとして有名どころとしては、QUICPay(クイックペイ)があります。

後払い方式の大きなメリットとしては、わざわざ事前にチャージをしたりする必要がなく、仮にiDを利用するクレジットカードが折れてしまったりスマホが故障したりしても、何の問題もありません。これが先払い方式だと、チャージしたスマホが故障するとチャージした分がそのまま全額使えなくなってしまうため、なんとか取り出す手続き(レスキュー)をする必要があり手間がかかります。

 

0gazou20160902

 

そのドコモのiDには、使い方が二通りあります。

一つはケータイ/スマートフォンにiDの設定をして、ケータイ/スマホをiD決済端末にかざして買い物をする、いわゆる「おサイフケータイ」方式。iPhone 7において2016年10月より日本で対応したApple Payも、iDをiPhone 7/iPhone 7 Plusで利用できるようにするため、「おサイフケータイ」方式ですね。

もう一つは単純にiD機能を搭載したクレジットカード、「dカード/dカード GOLD」をiD決済端末にかざして買い物をする方法です。

ではそれぞれ、実際に買い物をする場合にはどうすればいいのでしょうか。

 

コンビニでiD決済を利用してみる

一般的に、iD決済を最もよく利用するであろう場所として挙げられるのは、コンビニエンスストアです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、大手コンビニエンスストアでは、そのほとんどが「iD」に対応しています。

現金で買い物をするよりも、「iD決済」を利用した方が間違いなく早く手間がかかりません。加えてdポイントまで貯まりまるのですからどう考えてもお得です。

 

「iD」で買い物をする方法は簡単です。

レジに商品を持って行ったなら、現金を出す代わりに一言「iDで」と言えばOKです。

以前は「iD(アイディー)」を理解できず、言葉がうまく通じない店員さんに当たることも多かったですが、最近はかなり浸透してきているためか、ほんとどそういうこともありません。活舌が悪いとたまにiDとEDYを間違われてしまう程度ですね。

たったこれだけで支払いは終了し、dポイントも貯まり、さらにもしローソンならiD決済を利用することで3%OFFになるので非常にお得です。

もう一つ忘れてはいけないのは、ローソンの場合には「加盟店ポイント」も貯まるので、dカード/dカード GOLD/dポイントカードのいずれかを提示し、1%分のポイントも忘れずもらう必要があります。この分の1%、iD決済分の1%、3%OFF分と合計5%、お得になります。

これこそが、dカード/dカード GOLDおよびiDを活用する最大のメリットです。

注意点としては、もしdカード以前のDCMXカード/DCMX GOLDを利用している場合、後期のDCMXカード/DCMX GOLDでなければiD決済機能を搭載していない可能性が高いため、早めにdカードへ、もっとお得に使いたいならdカード GOLDへとアップグレードしておきましょう。

 

ちなみに、iD決済を利用した場合の支払いは、iDと紐づいているクレジットカード、つまりdカード/dカード GOLDで支払われる形となります。

唯一、dカードminiを利用している場合についてのみ、dカード/dカード GOLDを必要とせず、iD利用金額はドコモの利用料金と合算されます。

 

コンビニでクレジットカード決済を利用してみる

0gazou20160901

 

では、iD決済ではなく、コンビニエンスストアで買い物をする際にクレジットカード決済をする、ということはどういうことなのでしょうか。

実はこのクレジットカード決済の方が一般的ではないのかもしれません。

なぜなら、クレジットカードで決済をする場合、通常は暗証番号の入力が必要だったり、サインをする必要があったりと支払いにそれなりの手間がかかるため、そんな面倒な作業をわざわざコンビニでしたくないと考えている人が多いと思われるからです。

ただ、最近はそうではないのです。

コンビニでクレジットカード決済をする場合、暗証番号入力やサインは一切必要ありません。

手続きとしては、クレジットカードをレジに通してもらうだけです。一瞬で支払いは終わります。

おそらく手間としてはiD決済を利用する場合とそう変わりません。

 

ただ、私の経験上、特にローソンでクレジットカードを利用して決済してもらおうとすると、バーコードリーダーを二度、あてようとされることがあります。

つまりどういうことかというと、一度目は「Pontaカードかポイントカードお持ちではないですか?」という問いかけに対してdポイントを付与してもらうためにdカード/dカード GOLDを出すわけですが、そのあとクレジットカード決済をしてもらおうと同じカードを再度手渡そうとすると、店員さんは反射的にバーコードリーダーをもう一度あてようとしてくるわけです。

そのため、「いや、そうではなくて、支払いをクレジットで」と付け加える必要があります。

基本的にクレジットカード決済をしたい場合にはクレジットカードを手渡し、「クレジットで」と一言いえば通じるはずですが、ローソンの場合についてのみ、その点気を付けましょう。

そもそもこの方法は、iD決済を利用できるdカードやdカード GOLDを所有しているのであればわざわざクレジットカード決済を申し出る必要はないため、ほかのクレジットカードやLINE Payカードなどで支払いをしたいときにこの方法をとればいいでしょう。

ただ、iD決済に対応していないDCMXカード/DCMX GOLDを所有しており、スマホやケータイでおサイフケータイの設定をしていない場合には、あえてこのクレジット決済を選択する必要があります。

 

Apple Payの利用はiD決済? クレジット決済?

ここまでの話が理解できれば、iPhone 7/iPhone 7 PlusにおけるApple Payは、dカード/dカード GOLDを利用するドコモユーザーの場合「iD決済」に該当するということが当然わかると思います。

つまり、iDの設定が完了したiPhone 7/iPhone 7 PlusをiD決済端末にかざすだけで買い物ができるようになるのです。

その時は一言、「iDで」と言えばOKです。わざわざ「Apple Payで」などと言う必要はありません。それこそ混乱のもとです。

厳密にいえばApple Payに対応するクレジットカードはdカードだけではありませんし、電子マネーとしてはApple PayはQUICPayにも対応します。

以下、Appleの公式サイトより引用します。

 

applepay01

 

つまり、コンビニにおいて、「Apple Payで」などと支払い方法を提示してしまうと、店員さんとしては「iD」なのか「QUICPay」なのかがわからず対応できないのです。

ドコモユーザーでdカード/dカード GOLDをiDに紐づけている場合、必ずApple Payを利用する場合にも「iDで」と言うようにしましょう。

 

iD決済とクレジット決済、どちらがお得?

dカード/dカード GOLDを所有している場合、iD決済もクレジット決済もどちらも選択が可能です。

ではその両者はどちらがよりお得なのでしょうか。

その答えとしては、どちらも同じ、です。

なぜなら、結局どちらも同じdカード/dカード GOLDから決済されるのですから、何も変わりません。

唯一変わる場面としては、dカード特約店での利用の場合です。

dカード特約店では、iD利用の場合にdポイントが加算されるお店もあれば、クレジット決済利用の場合にdポイントが加算されるケースとがあります。この点については、それぞれよく利用するdカード特約店についてしっかり事前に確認しておきましょう。

 

dカード GOLDがあれば絶対的にお得な理由

以上、iDについて、クレジット決済について、改めて一から確認してみました。

そんな中でもう一つ、dカードdカード GOLD、役割は似ているけれども持つならどちらの方がお得なのか、という部分も気になると思います。

この点については、別記事「dカード GOLDは本当にお得なのか」でじっくり詳細をお伝えしてありますので、参考までにどうぞ。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏