ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

iOS10にアップデートする前の注意点

      2016/09/14

2016年も新しいiPhone 7/iPhone 7 Plusの9月16日の発売に先立ち、日本時間9月14日未明iOS10がリリースされました。

 

ios10

 

私も所有しているiPhoneで、すぐに実施してみました。

今回の新しいiOSについては、iPhone 5以降に対してアップデートが提供されるということで、iPhone 4s以前の機種ではiOS10へのアップデートは実施できませんので注意が必要です。

iPhone 5以降の機種を利用しているユーザーとしても、何も考えずにiOS10へのアップデートを実行してしまうと、予想外の事態に巻き込まれてしまう可能性もありますので、準備は万全にした上で、未知の世界であるiOS10の世界へとチャレンジしましょう。

その事前準備について検証していきます。

データの事前バックアップ

iOS10へのアップデートを実施する前には、必ず大切なデータのバックアップをとるようにしましょう。

OSのバージョンアップのような大規模なメジャーアップデートを実施する際にどうしてもついてくる問題が、アップデートの失敗です。

アップデートに失敗したとしてもやり直しがきくのであれば特に問題はないのですが、往々にしてOSバージョンアップに失敗するとそのまま操作不能で文鎮化してしまい、二度と利用できなくなってしまう可能性があります。

それが最悪のケースだとしたら、次に悪いケースとしてはアプリが利用不可となってしまうパターンです。

アプリによってはiOS10へのバージョンアップに関して、とりあえず実行を待つようにという通知が出ているものもあるようです。

そうしたアプリは、まだiOS10への対応の確認が取れていない、もしくは対応自体が間に合っていないものと思われますが、そのままiOS10にアップデートしてしまうと、最悪データが消失したりアプリが利用できなくなったりする可能性も考えられます。

おとなしくアプリ側から「正式にiOS10に対応した」という通知がくるまで待つか、もしくはあらかじめ万全のバックアップを実施した上で、最悪しばらくの間該当アプリが利用できなくなるのを覚悟の上でイチかバチか試してみるしかありません。

基本的に、正式対応まで待つのが上策で、一か八かのチャレンジはおすすめではありません。

 

とりあえず人柱報告を待つ

基本的に、iOSに限らずAndroidでもWindowsでも、OSのバージョンアップ時には様々なリスクがつきものです。

もっと言うなら、アプリのアップデートなどにもリスクはあるわけです。

そのため、常に万が一に備えたデータやアプリのバックアップはどうしても必要になってくるわけですが、それでもできる限り早く新しいOSやシステム・アプリに触れてみたいという気持ちも人間にはつきものです。

では、OSバージョンアップ時にできる限りリスクを回避しながら早めの更新を実施するにはどうしたらいいのでしょうか。

おすすめの方法としては、必ず存在するイノベーター(革新者)層ないしはアーリーアダプター(初期採用者)層の人柱報告を待ち、そのうえで実行するというものです。

世の中には、誰よりも早く新しい情報を入手したいという層が必ず存在し、そうした人々は当然データのバックアップ等も実施した上で、リスクを恐れずにOSバージョンアップへ突撃します。

人柱というと一見、損をしているようですが、彼らは自らその役割を買って出ており、失敗もある種、「失敗を見つけた」という成功だと考えていたりします。そのため、非常に有益な情報を有していますので、確実に参考になります。

そうした情報を確認した上で、問題なくiOS10へアップデートできると確信したところで実行に移せば、何もわからずにアップデートするよりずいぶんリスク自体は減ると思われます。

 

2014年・iOS8/2015年・iOS9へのアップデートを振り返る

ちなみに私はiPhoneをいくつか所有していますが、ここ2年は新iOSリリースと同時に、まさに人柱のような気分でメジャーアップデートを実行しています。

2年とも、幸いそれほど時間もかからずにアップデートに成功し、特に不具合も出ることはありませんでした。

もちろん様々なテストも実施されているでしょうし、基本的に特別問題が起こることはないのでしょうが、やはりアプリの利用が多いユーザーは特に要注意です。

私はそれほど熱心なiPhoneユーザーではないため、もともとインストールされていたアプリが非常に少なかったため特に大きな問題が起きなかったということも考えられます。

逆に言えば、データのバックアップが完全に実施されており、かつアプリはそれほどインストールしていないという人であれば、iOS10へのメジャーアップデートにおけるリスクも最低限に低減されるのではないでしょうか。

万全の準備を実施し、様々な可能性を考慮の上、iOS10へのアップデートは実行するようにしましょう。

 - iPhoneの裏, 2016年秋モデル