ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

Android派が勧めるiPhone 7 Plusの魅力

   

スマートフォンを利用しているユーザーの中で、「Android派」なのか、「iPhone派」なのか、という問題は、結構昔からよく話題になっているネタだったりします。

実際のところ、使ってみて使いやすい方を利用すればいいのですから、どちらが勝っているとか負けているなどはどうでもいい話ではあります。

ですが、両派閥にはそれぞれの言い分があり、自分が利用しているスマートフォンを愛するあまり、「こちらの方が勝っている」と言いたくなったりするわけです。そのため、Android派は「iPhoneはSDカードが使えないし」などと言い、逆にiPhone派は「Androidは故障が多くて」など、時に敵を攻撃したりします。

そしてそのどちらの言い分にも、それなりに説得力があったりもします。

 

そんな中で、私は実はガチガチのAndroid派なのですが、iPhoneも決して嫌っているわけではありません。

iPhone 5cに始まり、iPhone SEiPhone 7 Plusなども所有しているので、比較的平等なスタンスにいて、その上で利用しやすいAndroidの方を好んで使っている、と人にはよく話しています。

しかしです。

iPhone 7 Plusを利用して意見が結構変わってきました。

今回はAndroid派の私が感じたiPhoneの世界について、Android派の私だからこそ感じた想いを書いていこうと思います。

大画面スマホを好むならiPhone 7 Plus

iphone706

そもそもスマートフォンとは、インターネットやアプリを楽しむことを大前提として作られていると個人的に考えています。

そのため、スマホ=大画面であった方が何かと便利なことが多いわけです。過去に私が長くGalaxy noteシリーズを利用していたのは、そうした大画面での使いやすさも大きな理由の一つと言えます。

そして今回、iPhone 7 Plusの利用イメージは、そのGalaxy noteシリーズと非常に近いことに気づいてしまいました。

Galaxy noteのようなタッチペンはiPhone 7 Plusにはありませんが、そこはいくらでも妥協できそうです。

それくらい、満足度の高い端末だと思いました。満足を感じた点を簡単に列挙していきます。

 

・iPhoneがもともと備えている操作性の良さ

・見やすく大きく美しいディスプレイ

dカード GOLDと紐づけたApple Payで利用するiD

・カメラの美しさ、面白さ

・電池の持ちの良さ

 

さて、iPhone 7 Plusに満足した点について書き出してみたはいいものの、なんだかありきたりな内容になっていますね。

何をいまさら、という内容ばかりです。ですが、「ここにさえ満足できれば大きな満足へとつながる」というスマートフォンにおける最重要ともいえる部分でもあります。

改めて一つ一つみていきます。

 

iPhone 7 Plusの操作性

iPhone 7 Plusに限らず、iPhoneのシリーズはもともと操作性には定評があります。スムーズな動きとなめらかなタッチ感はiPhone 7 Plusでも健在です。

そしてその操作性については、iPhone 5cと比較すると格段に進化していることがわかります。おそらく、ストレスを感じることは皆無だと思います。

昨今はAndroidスマートフォンもタッチパネルの感度や全体的な操作性はかなり向上しており、iPhoneに負けないくらいのレベルまで進化しています。ただそれでも、iPhoneとは何かが違うのです。

これは実際に操作してみればわかると思います。何が違うのかよくわからないけれど、何かが違う、という感じですね。

特にAndroidスマートフォンの中で、格安スマホに位置づけられる端末と比較するとその差は歴然としたものになります。

格安スマホも決して不満を感じるほどではありません。ただし、iPhone 7 Plusのような圧倒的な満足感は得られません。

これはさすがに、価格が違いすぎることもありますし、iPhoneと格安スマホの間に横たわるどうしても越えられない壁といえるかもしれません。

 

iPhone 7 Plusのディスプレイの大きさ・美しさ

画面の大きさは、人それぞれ好みもあるので一概には言えませんが、とりあえず一つだけ言えることは、Galaxy noteを好んで使っていた人であれば、iPhone 7 Plusの大きさはかなり心地よく感じるということです。

事実、私がそうでした。

大きい画面はアプリにしてもゲームにしてもインターネットにしても、とにかく使いやすいのです。そしてそれこそがスマートフォンが最も求められるポイントでもあると思っているので、その点で強力なパワーを発揮するiPhone 7 Plusは、かなり満足度が高いといえそうです。

ディスプレイの美しさも秀逸です。

 

dカード GOLDとApple PayでiD利用の便利さ

iPhone 7 Plusから対応した日本におけるApple Pay。ドコモのdカード/dカード GOLDを紐づけることによって、オサイフケータイ機能である「iD」を利用することが可能になります。もちろんSuicaも利用できます。

とにかくApple Payを利用することでiPhone 7 Plusは非常に便利になるのですが、それに加えてお得にポイントを貯めることもできます。

例えばローソンで買い物をするときにiPhone 7 PlusでiD決済を利用すれば、3%割引が適用され、dポイントカードで1%、dカードGOLD決済利用によってさらに1%ということで、実に5%分もお得になってしまうのです。

ローソンで実際にApple Payを利用して買い物をしてみたのですが、非常に簡単でした。

 

「iDで」と店員さんに伝え、iDのリーダーライターにiPhone 7 PlusをかざしてTouch IDで認証するだけです。


Apple PayとiDのコラボは、iPhoneシリーズでは、iPhone 7/iPhone 7 Plusにしか対応していない機能でもあるので、iPhone 7/iPhone 7 Plusを利用しているのなら、是非活用していきたいところです。

 

iPhone 7 Plusのカメラの美しさ

とにかくiPhone 7 Plusの機能全体の中で最も満足度が高かったのが、カメラについてです。

 

iphone7plus03

 

カメラの写真の美しさは、一般的にレンズ画像処理エンジンイメージセンサー(撮影素子)によって決まるといわれますが、iPhone 7 Plusはとにかくこの全体のバランスがよく、さらにはiPhone 7にも搭載していないデュアルカメラが最高に使いやすいのです。

私はiPhone 6s/iPhone 6s Plusを所有していないので、どのくらいのレベルで進化したのかは比較できませんが、とにかく写真が美しく綺麗に撮れるのは間違いありません。

iPhoneの特徴として、以前から暗所でも比較的明るく撮影できるというメリットがありますが、なおかつディスプレイの美しさも相まって非常にきれいな写真として認識することができます。

例えばカメラの画素数だけでいえばiPhone 7/iPhone 7 Plusは約1200万画素ということで、2000万画素を超えるXperia Xシリーズにはまったく及ばないのですが、それでも負けず劣らず、あるいは勝っているのではないかというレベルの写真が生成されます。

さらに、利用するまでは「使うことない」と思っていたLIVE PHOTO(ライブフォト)機能が、案外面白く利用できます。普通に写真を撮っただけなのに、その写真が動くのです。これはなかなか面白いです。

動いた方がいいのなら動画を撮ればいいじゃないか、という話なのは承知の上ですが、それでも写真をよく撮る人、特に子供の写真を撮るケースなどにはかなり使えると思います。

加えて、遠くの写真を撮影する場合に役立つのが光学2倍ズームです。

光学ズームとAppleはいうものの、実際のところは広角レンズ望遠レンズからなるデュアルカメラを切り替えているだけで、細かいところではデジタルズームで補っているようです。

 

iphone7plus01 iphone7plus02

 

「1x」の時は広角レンズ「2x」のときは望遠レンズになっているということです。簡単に広角と望遠を切り替えられるのも非常に使い勝手のいい部分です。

デジカメやデジタル一眼カメラを利用すれば、文句なしの美しい写真が撮れると思いますが、当然本体のサイズが大きい分かさばりますので持っていけない場所もあると思いますが、iPhone 7 Plusなら、十分それらのカメラに代替できる程度には美しい写真を残すことができます。

このデュアルカメラがあるだけで、iPhone 7ではなくiPhone 7 Plusを選択する意味があると思います。

 

防水も搭載したので雨が怖くない

今まで、iPhoneを利用しているユーザーが最も恐れるべきは「」でした。Androidスマートフォンではすでに常識になっている「防水」機能を、iPhoneは持ち合わせていなかったからです。

ですが、iPhone 7/iPhone 7 Plusからついに、iPhoneにも防水機能が搭載されました。

防水機能があれば、多少の雨も怖くありません。

外出先で雨に降られてしまうようなケースでも、川や海でのレジャーでも、ある程度安心して利用することができます。

また、防水機能があれば水による故障が激減するため、急な水濡れによるデータ消失というリスクも格段に減ります。ただし、もちろんデータのバックアップは必須です。

 

写真データの移行は、クラウドを利用する

iPhoneを利用したくても利用できない人の一つの大きな要因として、データのバックアップについての問題があります。

Androidスマートフォンは、例外なくほとんどの機種でmicroSDカードを利用することができます。

そのため、そのSDカードにデータをバックアップすることにより、万が一のデータ消失に備えることができるわけです。

パソコンに写真データを保存するときなども、このmicroSDカードを利用するケースも多いと思います。

それがiPhoneではできません。そもそもmicroSDカードに対応していないからです。

では、iPhoneにおけるデータのバックアップはどうすればいいのか、という問題に、今までAndroidスマートフォンを利用していたユーザーは直面するわけです。

iPhoneにおけるデータのバックアップ方法は、一般的にはiCloudを利用します。

iCloudと同期することによって、サーバー上に自動的に保存してくれるわけですが、残念な点としては無料でバックアップに対応しているデータ容量には限度があります。

さらに、使い勝手の問題もあります。iCloudにバックアップをしても、何かとデータの使い勝手が悪くなることもあります。

ということで、私が以前から利用している解決策としては、Androidからもパソコンからもアクセス可能なオンラインストレージサービスである「DropBox」の利用です。

撮影した写真を自宅のWi-Fi環境でDropBoxに都度同期。そうすれば、パソコンでも簡単にダウンロード可能となります。その都度データを消していけば、DropBoxのデータ容量が限度いっぱいになることもありません。。

個人的にはこれがもっとも使い勝手がいいと感じています。

 

iPhone 7 PlusとLINEモバイルSIMの相性

iPhone 7 PlusにLINEモバイルのSIMを入れて利用するにあたって、SIMフリーなのかドコモのSIMロックがかかっているiPhone 7 Plusなのかは関係ありません。

LINEモバイルはドコモ系MVNOなので、iPhone 7 PlusにドコモのSIMロックがかかっていてもフリーでも、どちらでもLINEモバイルSIMの利用は可能です。※APN構成プロファイルのインストールが必要。→「LINEモバイルまとめ
※au・ソフトバンク版のiPhone 7 Plusの場合はSIMロック解除が必要

 

linemobilesim03

 

とにかく、iPhone 7 PlusにLINEモバイルのSIMを入れておけば、LINEを気にせず利用できるという利点があまりに大きく、非常に便利です。

使い方にもよりますが、LINEフリープランでも1GBを使いきれなかったら翌月に回りますし、iPhone 7 Plusとの相性もいいと思います。

 

iPhone 7 Plusまとめ

以上、本当によくあるiPhone 7 Plusのいいところをまとめただけのまとめでした。

ただ、「生粋のAndroidユーザーが利用しても満足度が高いよ!」という点は理解してもらえたのではないでしょうか。

iPhoneユーザーは、iPhone 7 Plusの良さなどは既にわかっていることだと思いますので、それはそれでいいとして、今回の記事のポイントはAndroidユーザーが使うiPhone 7 Plus、という点です。

 

今回の記事では書いていませんが、Androidと比べてここが不便だなぁという点も相変わらず存在しています。そうした点は、あえて書かなくてもAndroidユーザーは既にわかっていることだと思いますし、だからこそAndroidを利用してiPhoneを使っていないのだと思いますので、あえて触れることはしません。

ただ、Androidばかりではなく、たまにはiPhoneも利用してみると、新たな発見があって面白いものだと思いました。

 - 2016年秋モデル, iPhoneの裏