ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

人気再燃!? iPhone 8/iPhone 8 Plusの魅力

   

ドコモが展開する、春のiPhoneデビュー割キャンペーンを受けて、iPhone 8/iPhone 8 Plusの人気が再燃しています。

元々2017年秋に発売されたiPhoneの中では、iPhone Xが最も注目を集めたモデルだったわけで、その流れに乗って私自身も現在iPhone Xを利用しているのですが、そんな中でiPhone Xよりも現在人気が高いというiPhone 8の魅力を改めて確認してみることにしました。

iPhone 8はドコモオンラインショップに現在在庫がありますので、そのまま新規契約/機種変更が可能です。

久しぶりに取り出してみたiPhone 8

2017年秋、iPhone XとiPhone 8、両方購入したはいいものの、実際に日常生活で二つもiPhoneが必要であるわけもなく、メインをiPhone Xにしようと決めた時から、iPhone 8はほぼ活躍の場を失ってしまいました。

それ以来、iPhone 8は完全に箱の中にしまいこんで、ほぼ起動もしない状態になっていました。

久しぶりに箱を取り出し、中からiPhone 8を取り出して出してみると、充電も完全に切れてしまっていたので、改めて充電して起動してみました。

 

 

電源を入れたばかりの状態だと、時間の設定も完全にずれていましたが、少し経つと自動調整されました。ちなみにSIMカードは入っていませんし、Wi-Fiにも繋いでいません。

久しぶりに見たiPhone 8(ゴールド)ですが、軽くピンクがかったゴールドが、なかなかいいなと改めて感じました。

 

 

久しぶりに手に持つと、iPhone Xの大きさに慣れているためか、やはり少しコンパクトに感じられます。

最新iPhoneの外観のサイズは、

 

iPhone 8 Plus > iPhone X > iPhone 8

 

の順になっており、大画面を好む人はPlusやiPhone X、コンパクトさを希望する人はiPhone 8を選択するといいと思います。

ちなみにディスプレイサイズは、iPhone Xが5.8インチで5.5インチのPhone 8 Plusよりも大きくなっていますが、見た目の感覚では、横幅があるせいか、Plusの方がやや大きく感じられます。

 

【左からiPhone 7 Plus・iPhone 8・iPhone X】

 

iPhone XとiPhone 8のスペック差

ここで改めて、iPhone XとiPhone 8/iPhone 8 Plusのスペック差を確認しておきます。

 

 9/22発売 iPhone 8 Plus iPhone 8
カラー シルバー・スペースグレイ
ゴールド
シルバー・スペースグレイ
ゴールド
容量 64GB・256GB
ディスプレイ 5.5インチ
Retina HD
4.7インチ
Retina HD
解像度 1,920 x 1,080ピクセル
解像度401ppi
1,334 x 750ピクセル
解像度326ppi
カメラ 12MP
広角カメラと望遠カメラ
12MP
カメラ
生体認証 Touch ID Touch ID
CPU A11 Bionicチップ
充電コネクタ ・ワイヤレス充電 (Qi充電器に対応) ・Lightning
サイズ 158.4×78.1×7.5 138.4×67.3×7.3
重量 202g 148g
防沫防水防塵 あり
Apple Pay 対応
バッテリー iPhone 7 Plusとほぼ同じ iPhone 7とほぼ同じ

 

11/3発売  iPhone X
カラー シルバー・スペースグレイ
容量 64GB・256GB
ディスプレイ 5.8インチ
Super Retina HD
解像度 2,436 x 1,125ピクセル
解像度458ppi
カメラ 12MP
広角カメラと望遠カメラ
生体認証 Face ID
CPU A11 Bionicチップ
充電コネクタ ・ワイヤレス充電 (Qi充電器に対応) ・Lightning
サイズ 143.6×70.9×7.7
重量 174g
防沫防水防塵 あり
Apple Pay 対応
バッテリー iPhone 7より最大2時間長い

 

iPhone XとiPhone 8で大きく異なる点としては、やはりFace ID対応か、Touch ID対応か、という部分です。

正直、以前iPhone 7 Plusをメインで利用しており、現在iPhone Xを利用しての感想としては、そのどちらが便利かと言われれば、これはもう間違いなくTouch IDが便利です。

ロックを外す作業をするたびに顔をiPhoneの前に持っていく必要があるFace IDは、逆に不便です。

確実に言えることとしては、iPhone Xを利用し始めてから、ロックをパスコードで解除する回数が劇的に増えた、ということです。これは多くのiPhone Xユーザーが感じているのではないでしょうか。

もし今後もFace IDを継続していくということであれば、できればarrows NXが虹彩認証と指紋認証のデュアル認証を搭載したように、iPhoneでもFace IDとTouch IDの両方を搭載してもらいたいところです。

ただ、arrows NXのデュアル認証では、指紋認証があれば虹彩認証はほぼ利用しないという現実があるので、iPhoneにおいてもTouch IDがあれば、Face IDは必要ないとも言えそうな気もします。

 

そのほか、iPhone XとiPhone 8を比較した場合に気になる点としては、解像度の差カメラの差、そして電池の差ですね。

カメラについてはデュアルカメラ搭載のiPhone XとiPhone 8 Plusに対して、iPhone 8のカメラレンズはシングルです。もちろんiPhone 8でも十分きれいに撮影できますが、こだわりたい方には気になるかもしれません。

電池の持ちは、iPhone Xの方がやや長持ちなので、iPhone 8を検討する場合には気になるかもしれません。個人的にはiPhone Xでもそれほど長持ち、と言えるほどではないかなと感じているので、電池が気になる方はiPhone 8 Plusの方がいいかもしれません。

 

iPhone 8/iPhone 8 Plusの価格

iPhone 8/iPhone 8 Plusの機種変更/契約変更時の価格は、発売当初からほとんど変わっていません。

格安プランのdocomo withには非対応で、月々サポートが適用されます。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

 

iPhone 8 機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
3,699円/月
(88,776円)
4,455円/月
(106,920円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
2,403円/月
(57,672円)
2,376円/月
(57,024円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,296円/月
(31,104円)
2,079円/月
(49,896円)
iPhone 8 Plus 機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
4,185円/月
(100,440円)
4,941円/月
(118,584円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
2,376円/月
(57,024円)
2,376円/月
(57,024円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,809円/月
(43,416円)
2,565円/月
(61,560円)

 

一方で、iPhone 8/iPhone 8 PlusのMNPを含む新規契約時の価格には変更が入っています。

当初月々サポート対象だったところから、端末購入サポート対象へと変更され、春のiPhoneデビュー割によってさらに割引額が増額されています。→「ドコモのキャンペーンまとめ

 

iPhone 8 新規契約/MNP新規
64GB 256GB
割引適用前機種代金 88,776円 106,920円
端末購入サポート −57,672円 −57,672円
春のiPhoneデビュー割 −8,424円 −8,424円
割引適用後機種代金 945円×24回
(22,680円)
1,701円×24回
(40,824円)
iPhone 8 Plus 新規契約/MNP新規
64GB 256GB
割引適用前機種代金 100,440円 118,584円
端末購入サポート −57,672円 −57,672円
春のiPhoneデビュー割 −8,424円 −8,424円
割引適用後機種代金 1,431円×24回
(34,344円)
2,187円×24回
(52,488円) 

 

iPhone 8もiPhone 8 Plusも、64GBモデルの安さが際立っており、iPhone 8 Plusでも、iPhone Xの64GBモデルの半額程度の価格で収まります。価格を重視して選択するのであれば、iPhone Xを選ぶ理由はありません

ここが、現在iPhone 8が人気を伸ばしている最大の要因と思われます。

上記価格に加えて、家族まとめて割下取りプログラムを活用することができれば、さらに料金は安くなります。

 

iPhone XとiPhone 8の明確な差として認識できるFace ID、カメラ、電池の持ちに目をつぶることができるのであれば、コストパフォーマンスの高いiPhone 8を選択するのがよりお得です。

機種変更時にはそれほど大きく変わりませんが、特にMNP含む新規契約時の価格に大きな差があり、他社からドコモへの転入だったり、これから始めてスマホを持つ学生には狙い目と言えそうです。

iPhone 8購入時、docomo withは非対応ですが、ドコモの学割は条件を満たせば適用対象となります。→「ドコモの学割2018

 

iPhone 8を久しぶりに利用してみた感想

iPhone Xの利用に慣れてしまっていると、iPhone 8利用時についついやってしまう操作が、ディスプレイ下部からのスワイプ動作です。

iPhone Xにはホームキーが存在しないため、ディスプレイ最下部からのスワイプでホームに戻る必要があったので、それが癖になってしまっているわけです。

iPhone 8はその点、ホームキーを押すだけでいいので、やはりお手軽です。

何よりロックが指紋で解除できるため、わざわざ顔をもっていかなくていいのが楽でいいです。

全体的な動作に関しては、iPhone Xとはそう違いを見つけられない気がします。カメラもきれいに撮影できます。

例えば学生が利用すると考えるのであれば、iPhone 8で十分すぎる性能があります

 

もし私が子供にiPhoneを買い与えるとしても、iPhone Xは選ばず、iPhone 8にすると思います。新規契約時に価格が倍もするiPhone Xを子供に買い与えなければならない必要性が、現時点で思いつきません。

これから新年度に向けて、学生などのお子様とiPhone購入を検討されているのであれば、今新規およびMNP新規で最も安く購入することができるiPhone 8は最大の注目機種です。

このタイミングをうまく利用して、お得にiPhoneを手に入れたいところです。

その際、ドコモオンラインショップとdカード GOLDの活用を忘れないようにしましょう。

ドコモオンラインショップでは自宅で手軽に手続きができ、なおかつdカード GOLDで一括決済することでdポイントが2倍付きます。

dカード GOLDのお得さはこちらで確認ください。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

ドコモオンラインショップのメリットはこちらをどうぞ。→「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的にお得な件

 - iPhoneの裏, 2017年秋冬モデル