ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

iPhoneは今買うべきではないのか/2016年5月~6月

   

ケータイやスマートフォン、iPhoneには、「買い時」があります。

どのタイミングで買えばもっともお得なのかという判断は非常に難しいものの、少なくとも「今は買ってはいけない」「買わない方がいい」というポイントは比較的判断しやすいのではないかと思われます。

そしてその基準に照らして考えると、2016年の5月および6月は、少なくともiPhoneを「買ってはいけない」タイミングに近いと言えるのかもしれません。

その理由を検証していきます。

iPhoneを今買うべきでない理由1

3月までの年度末キャンペーンが終了したばかり

ケータイ/スマホ業界は、年間でも最大の商戦期である3月を終えたばかりです。新年度に入り新生活も始まるため、例年4月から6月はケータイやスマホに対する需要が落ち着く時期でもあります。キャンペーンも特別割引も終了し、通常価格に何もかもが戻り始めます。

そもそも4月や5月にケータイやスマホを買うくらいなら、3月までに買っておけばよかったという話なので、そのタイミングを逃して4月~6月にスマホを買うのは非常にもったいないといえます。

それはiPhoneにしても同じことで、割引が少なくなってしまったばかりの時期に購入を検討するのは非常にもったいないので、別のタイミングを狙ってみる方がいいかもしれません。

 

iPhoneを今買うべきでない理由2

総務省の方針の影響を見守りたい

総務省によるケータイ業界への介入により、本体価格の実質0円や一括0円機種が事実上ほぼなくなりました。iPhoneといえば16GBであれば実質0円が一時期はスタンダードでしたが、すでに実質0円で買うことは難しくなってしまいました。

極端な端末値引きを規制する方針を持つ総務省により、今後端末価格は高止まりの方向へと進むかもしれませんが、大手キャリアによる新たな別の割引施策が始まらないとも限りません。

まだしばらく総務省の方向性による影響は出るものと思われます。ある程度今後の方向が落ち着くまではもう少し様子見をしてもいいかもしれません。

 

iPhoneを今買うべきでない理由3

2016年Androidスマートフォン夏モデルが登場する

2016年も5月から7月にかけてはAndroidスマートフォンの夏モデル新機種が登場してくると思われます。

これによりAndroidスマートフォンを中心とした拡販が行われる可能性が高く、iPhoneについては次のiPhone 7待ちの空気が今以上に濃くなってくると思われます。

もちろんiPhoneに関しては時期を問わず年中売れている機種なのでキャンペーン等はAndroidと同等で実施されるとも思われ、そこまで気にしなくてもいい可能性はあります。

 

iPhoneを今買うべきでない理由4

SIMフリーのiPhoneが値下がりしている

実は今、iPhoneを買わない方がいい最大の理由はこれです。

先日、AppleのSIMフリーiPhone(iPhone 6/6 Plus/iPhone 6s/6s Plus/iPhone SE)が突然値下げされました
関連記事:「iPhoneの値下げに伴うAppleからの返金について

昨今一時期の円安傾向から円高方向へと進んでいるドル円の為替相場の影響と思われますが、SIMフリーiPhoneが値下げされたということは、ドコモ/au/ソフトバンクのiPhoneも値下げされる可能性があります。

事実、前回SIMフリーのiPhoneが逆に値上げされた時には、大手キャリア版のiPhoneもその後値上げされています。確実に影響を受ける可能性は高いわけです。

もし今iPhoneを購入して、その後すぐに値下げされたら泣くに泣けません。そう考えると、やはりもう少し待つべきかもしれません。

 

iPhoneを今買うべきでない理由5

iPhone 7の足音が聞こえる

例年新型のiPhoneが発売されるのは9月です。

既にもう、そこまで来ています。今から買うのなら、iPhone 6sよりもiPhone 7を待つべきと考えてもまったく不自然ではありません。

iPhone SEならまだ発売されたばかり、といえば確かにそうですが、iPhone SEは新型というよりもマイナーバージョンアップ版であり、小型のiPhoneを好むユーザー向け端末といえます。

ハイスペック・フラッグシップモデルを狙うならやはり、今ならiPhone 6s、そして次のiPhone 7です。そう考えると、やはり今、iPhoneを購入するのはタイミングとして躊躇われるところです。

 

これらの理由を踏まえたとしても、それでも今すぐほしいということもあるでしょうし故障が絡んでどうしてもすぐに買い替える必要があることもあるでしょう。それならそれで問題ないと思います。

ただ、もし選択の余地があるのなら、ある程度買うべき時期はじっくり考えた上で購入に踏み切るのもありかもしれません。

 - 2016年夏モデル, 2016年秋モデル, iPhoneの裏