ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモのiPhone XでApple Payを利用して顔認証も試してみた/iPhone Xを色々検証

   

いよいよ発売されたiPhone X。

既に手に入れることに成功した人、予約が遅れてまだ入荷待ちの人、これから購入を検討している人など様々だと思いますが、実際にiPhone Xに触れてみた最初の印象としては、「面白い」iPhoneだと思いました。

iPhone 8と比べると、やはりホームキーがないことによる使い勝手の違いや、FACE IDを利用したロック解除など、「今までと違う」という点が楽しさに繋がっています。

サイズも、5.8インチというディスプレイサイズから想像していたサイズとは全く異なり、iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plusよりは一回り小さく、iPhone 8とは比較すると少しだけ大きいもののほとんど変わらないサイズ感で、非常に持ちやすい大きさに仕上がっています。

「今までと違う」ことによって、「あれ? これはどうするんだろう?」と感じる部分も多く感じたため、一つずつiPhone Xについて検証していきたいと思います。

 

関連記事:「iPhone X/iPhone 8の購入準備を始めてみる
iPhone Xは在庫が少ないため今すぐ予約しましょう↓
ドコモオンラインショップ

iPhone Xの外観

iPhone Xの箱は、ここしばらくのiPhoneの箱と同様に、外側にiPhone Xのイラストがデザインされています。

開封すると、iPhone Xが登場し、その下にLightningケーブルとLightningアダプタが同梱されています。この辺りはiPhoneを毎回購入している人からすれば見慣れたものです。

 

 

電源を入れるために、まずは電源ボタンを探します。今までのiPhone同様、右側に発見することができました。SIMスロットの上あたりです。電源ボタンの長さは今までよりも2倍くらいに長くなっています。

左側は、ボリュームキーがこれも今までのiPhoneと同じように用意されています。その上部には、これも今までと同じくマナーモード切り替えのボタンもついています。

 

 

上部には特に何もなく、下部にはスピーカーやLightningの電源コネクタがついています。

 

 

イヤホン端子はiPhone 7/iPhone 8同様ありませんので、イヤホンを利用する場合には充電端子に同梱のアダプタをつけて利用するか、Bluetoothのワイヤレスイヤホンを利用するしかありません。

 

iPhone Xの大きさ比較

iPhone Xの大きさをイメージするために、iPhone 7 PlusとiPhone 8と並べてみました。

左から、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone Xです。

 

 

iPhone 8よりは少し大きく、iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plusよりは一回り小さいサイズです。

一番大きいPlusシリーズと並べるとこんな感じです。デュアルカメラが、横並びが縦並びに変わっています。さらに付け加えると、iPhone 7 Plusの時に記載されていた「総務省指定」のような余分な文字がなくなりました。これはiPhone 8も同様です。

 

 

全体のサイズは確実にPlusの方が大きいのですが、ディスプレイサイズについてはiPhone Xの方がiPhone 7 Plusよりも大きいです。ホームキーをなくして、下部が丸々ディスプレイになったことが非常に大きいです。

Plusよりも大きさは小型になったのに、ディスプレイは大きくなっているというのが最大の特徴ですね。

 

 

横幅もPlusより短くなっているので、非常に持ちやすくなりました。文字も片手で打ちやすいです。

 

iPhone Xでスクリーンショットを撮影する方法

外観を確認したら、早速電源を入れて設定をしていったのですが、途中ふと気づいたこととしては、ホームキーがない状態で、どうやってスクリーンショットを撮影すればいいんだろう?ということです。

今までは電源ボタンとホームキーでスクリーンショットが撮れていましたが、ホームキーがないiPhone Xでは、それができないわけです。

とはいえ、スクリーンショットが用意されていないということは考えられないので、色々試してみた結果、電源ボタンとボリュームキーの上(ボリュームアップ)キーを同時押しでスクリーンショットを撮影することができました。

 

 

最初は今までとやり方が違うことで戸惑いもあるかもしれませんが、正直今までよりもかなりスクリーンショットは撮影しやすいです。両側のボタンを同時押しなので、片手でも操作できます。

今までは電源ボタンとホームキーということもあり両手を使わないとなかなか撮影が難しかったため、これはかなり好印象です。

 

iPhone XのFace IDは非常に便利

初期設定途中、注目のFace IDによる顔認証の設定も同時に行いました。顔を立体的にスキャンする感じで二度設定をすると完了します。非常に簡単です。仮に初期設定時に設定を飛ばしたとしても、あとから「Face IDとパスコード」という項目から設定をすることができます。

実際に利用してみるとこの顔認証、驚くほど簡単に認証してくれます。以下画像の、時間表示の上部にある鍵マークに注目してください。

 

   

 

Face IDに登録した顔でiPhone Xをのぞき込んでいると、自動的にロックが外れるイメージです。

あまりにもスッと自然にロックが外れるので、一瞬本当にロックがかけられていたのか不安になるくらいです。

試みに顔を登録していない家族に試してもらうと、ロックが外れず、そのままパスコードを入力する画面に飛ばされます。

今までのTouch ID(指紋認証)で指紋が通らないときに起こる動作と同じです。

 

ここで思い出したいのが、arrowsにおける虹彩認証です。

虹彩認証も、非常に面白い認証方式だと思っていたのですが、iPhone XのFace IDを利用してしまうと、どうしても見劣りしてしまいます。

何故なら、虹彩認証は、どうしても目の虹彩を利用して認証するため、しっかり画面上に虹彩を写さないと認証してくれません。

しかしFace IDは、顔が大きい枠でとらえられていれば認証してくれるので、わざわざ瞳をレンズに合わせるという必要がないわけです。

色々試してみましたが、片手を伸ばし切った状態でも顔認証してくれますし、目でディスプレイを捉えられる程度であれば斜めを向いていてもしっかり認証されます。

すなわちiPhone Xを前にして、操作をしようとしている状態であれば、わざわざ認証してもらうための動作が何も必要とせず、勝手に認証してくれるイメージなのです。

おそらく、このFace IDを体験すると、虹彩認証には戻れません。そしてこのFace IDの便利さは、後述しますがApple Pay利用時にも見事に発揮されました。

 

では、iPhone 8/iPhone 8 Plusまで採用されていた指紋認証と比較するとどうでしょうか。

指紋認証も、多くの指を登録しておけば、ホームキーに触れて画面を起動した瞬間ロックが外れるので、非常に便利でした。そういう意味では、画面起動時にホームキーを押すのか、電源ボタンを押すのかの違いとも言えます。

ただし、Face IDの場合には、電源ボタンを押して画面を起動した後に、もうひと手間、ディスプレイ下部から上へスワイプをして初めて通常画面になるため、指紋認証よりもワンテンポ通常画面への遷移が遅れてしまいます。

この辺りは、好みの問題かなぁというところです。

ホームキーがあり指紋認証の方が便利だ、という人もいるかもしれませんが、サイズがiPhone 8とほとんど変わらないのにディスプレイ自体はiPhone 8 Plus以上に大きく見やすくなっているというメリットがあり、Face IDを搭載したからこそそれが実現できていると考えれば、許容範囲ではないでしょうか。

 

iPhone XでApple Payを利用してみた/Face IDで認証

iPhone Xを利用するにあたっても、やはりApple Payの設定は欠かせません。

ということで、早速Apple Payにdカード GOLDを設定して、コンビニでiDを利用してきました。

設定方法については、基本的な流れは変わっていませんので、ここでは解説しません。別記事を参考にされてください。→「Apple Payでdカード GOLDを利用する

 

Apple Payの設定ができた状態で、iPhone XでApple Payを利用する場合には、電源ボタンを二度押しします。

すると、Apple Payが立ち上がり、利用できる状態になります。

 

 

ここで、そのまま顔をiPhone Xの前に置いておくと、自動的に認証が開始されます。

 

 

そして、リーダーにかざしてください、という表示に切り替わります。この状態で非接触決済のリーダーにかざすと、聞き慣れた音ともにiD決済が完了します。

かざす前に顔認証が完了しているので、指紋認証を利用するiPhone 7やiPhone 8よりも簡単です。

Apple Payによる「iD決済」は、実際一度使ってみるまでは緊張するものですが、iPhone Xの場合にはかざす前に準備ができているので、まったく難しいことはないです。

流れとしては、以下の通りです。

 

1.支払いは「iDで」と店員さんに伝える

2.電源ボタン二度押しで、iPhone XのApple Payを起動する

3.Face IDで顔認証

4.「リーダーにかざしてください」という画面になったら、そのままリーダーにかざす

5.支払い完了

 

簡単です。是非試してみましょう。

この方法でしっかり「iD」を活用していけば、dカード GOLDの利用額もどんどん増えて、年間利用額特典を獲得しやすくなります。→「dカード GOLDの年間利用額特典を最大活用する

もしまだ、dカード GOLDを所有していない場合にはかなりもったいないので、早めに準備しておきましょう。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

iPhone Xの電源を切る方法

普通、電源を切る場合には電源ボタンを長押しすればいい、というのはスマホを利用している場合の常識です。

しかし、iPhone Xにはこの常識が通用しません。

電源をONにするときには通常通り電源ボタンを長押しすればいいのですが、電源をOFFにしようと思って同じように電源が入っている状態で電源ボタンを長押しすると、iPhone Xの場合なんとSiriが立ち上がってしまいます。

 

電源ボタンの長押し・・・Siri起動

電源ボタンの二度押し・・・Apple Pay起動

 

つまり、電源ボタンを一度押しても二度押しても、電源を切る画面にはならないのです。

そんなに頻繁に電源を切ることもないかもしれませんが、いざ電源を切ろうとしたときにどうすればいいのかわからず戸惑ってしまうのは間違いありません。

今まではSiriを利用するのにホームキーを利用したりしていたわけで、そのSiriを起動する役割がそのまま電源ボタンに移ってきた感じです。スクリーンショットの撮り方同様、ホームキーがなくなってしまったことが、こういうところにも影響を及ぼしているわけですね。

 

ということで、iPhone Xで電源を切る場合、どうすればいいのか、その方法を解説します。

これはわかってしまえば非常に簡単で、電源ボタンとボリュームキーの下(ボリュームダウン)キーを同時に長押しします。そうすると、「スライドで電源OFF」という見慣れた表示と、「緊急SOS」という表示が出てきます。

ここで注意点としては、緊急SOSを絶対に選ばないようにしましょう。私が電源OFFを試しているときに、一度いきなり緊急アラームのような音が鳴り始め、緊急SOSが選択されそうになってしまったことがありました。

おそらく間違ってそちらに触れてしまったのだと思いますが、そこで素早くキャンセルしていなかったら緊急通報してしまっていたかもしれません。

間違うことなくスライドで電源OFFを選択すれば、通常通り電源をOFFにすることができます。

 

【iPhone Xの操作】
・電源ボタン+ボリュームキーの上キー/スクリーンショット撮影
・電源ボタン+ボリュームキーの下キー/電源OFF

 

Apple Watchを新しいiPhone Xに切り替える

iPhone Xへの機種変更時、Apple Watchのデータに関しては、うっかりしているとiPhone Xに切り替えた際にすべて消えてしまいます。

ドコモでApple Watchが発売されたのは2017年が初めてなので、実際のところドコモユーザーにはまだそれほどApple Watchを既に利用していたという人は多くないと思われますが、もし自分で既にAppleからApple Watchを購入して利用していたという人は要注意です。

Apple Watchを利用したウォークアウトなどのデータが特に必要なければ、それほど気にする必要はありませんが、他にもApple Payの設定やインストールしていたアプリなどもすべてリセットされてしまうので、再設定に手間がかかります。

いずれにしても必要となる作業としては、今までのiPhoneとのペアリングの解除と、新しいiPhoneとのペアリングです。

この作業はなかなか手間がかかります。加えて、以前のiPhoneとのペアリングを解除してしまうと、その時点で新しいiPhoneとペアリングを実施するまでの間はApple Watchが利用できなくなってしまいます。

そのため、もしペアリングを解除する場合には、すぐに新しいApple Watchとペアリングできる状態にしてから解除するようにしましょう。

 

そのほか、とりあえず様々なテストをしていきたいのですが、今日のところはここまでにしておきます。

また引き続き、追記していきます。

iPhone Xは在庫が少ないため今すぐ予約しましょう↓
ドコモオンラインショップ

 - iPhoneの裏, 2017年秋冬モデル