ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

海外1dayパケのスペシャルキャンペーン「アメリカでもとことん使いホーダイ」

   

ドコモの海外サービス「海外1dayパケ」で実施されている期間限定スペシャルキャンペーンが、好評につき期間延長された上、対象国・地域も拡大されることが発表されました。→再延長決定!2018年1月15日24時まで(日本時間)

改めて、海外1dayパケとはどういうサービスなのか、詳細内容を振り返りながら、非常に便利な海外1dayパケを有効活用していけるよう考えていきたいと思います。

海外1dayパケとは

海外旅行に行くにあたって、日本で利用しているスマートフォンを持っていかない、という人はいないと思います。もはや現代人にとってなくてはならない存在になっているスマートフォン、ありとあらゆる自分に必要な情報がスマホ1台の中に詰まっている、という人も少なくないはずです。

とはいえ、そのままスマートフォンやiPhoneを海外に持って行って日本と同じように利用してしまうと、海外ではかなりの通信料金がかかってしまい、非常に大きな負担となってしまいます

 

そこで、ドコモの海外サービスとしては、海外パケ・ホーダイというサービスが先に提供開始されました。

もうずいぶん前、2010年9月の話です。

ドコモで初代Xperia SO-01Bが発売されたのが同じ2010年の4月なので、まだまだスマートフォンの黎明期です。スマホがそこから爆発的に普及するなど、想像もできなかったころですね。→「歴代Xperiaシリーズまとめ

 

海外パケ・ホーダイは、その後スタートすることになった海外1dayパケとは異なり、使った分だけ料金が変わる、というシステムで、一定容量までは1980円、それを超えるとすぐに上限の2980円/日に近づいてしまうため、一日あたりの金額と考えるとなかなかに割高でした。

そんな中、2013年末より開始されたのが、海外1dayパケです。

Xperiaでいうと、Xperia Z1や、ドコモのツートップとして人気を集めたXperia A SO-04Eが発売された年です。初代Xperiaからたった三年ですが、もうかなりスマホも普及し、当たり前に街行く人々もスマホを持つようになっていた時期です。

 

海外パケ・ホーダイとの大きな違いとしては、海外1dayパケは一日あたりに利用できる容量が定められており、なおかつ料金も定額となっているため、自動的に料金が高くなってしまうという事態を防ぐことができます。

また、海外パケ・ホーダイでは一日最大約24.4MBの利用までは1980円だったところが、海外1dayパケでは上限30MBを980円/1280円/1580円で利用することが可能です。

料金の差は、対象となる国による差で、例えば韓国なら24時間980円ですが、ドイツでは1280円、といった具合です。

海外パケホーダイだと、規定容量を超過すると上限の2980円まで上限金額が上昇してしまいますが、海外1dayパケの場合には既定の30MBを超過した後は速度制限がかかり送受信最大16kbpsになるものの、料金が変わることはありません。

そのため、料金については安心して利用することができます。

 

使い放題で使いたいなら海外パケ・ホーダイにメリットあり

海外1dayパケを利用すると料金的には高額になることがない定額料金のため安心して利用することができますが、その一方で、利用できる容量が一日30MBとかなり少なく設定されているため、思うようにインターネットを利用できない可能性はあります。

その場合、料金の上限額はかなり上がりますが、海外パケ・ホーダイを利用すれば容量の上限がないため、思う存分インターネットを利用することができるというメリットがあります。

海外1dayパケがいいのか、海外パケ・ホーダイがいいのかは、よくよく考えて選択するようにしましょう。

 

期間限定スペシャルキャンペーンで容量無制限

前述したとおり、多くのデータ容量を利用したい場合には、海外1dayパケよりも海外パケ・ホーダイの方が有利なのですが、現在海外1dayパケでは、期間限定スペシャルキャンペーンと銘打って「アメリカでもとことん使いホーダイ」が実施されており、対象国での利用可能容量の上限が撤廃されています。

このキャンペーンにより、通常一日の利用が30MBまでしか高速通信ができないところを、キャンペーン期間内、対象国での利用であれば4Gのサクサク通信を無制限で利用することができるようになっています。

つまり、渡航場所が対象国でさえあれば料金も安く容量制限もなしということで、確実に海外パケ・ホーダイを上回るメリットが享受できます。

対象国は、アメリカ(ハワイ・アラスカ含む)・中国・韓国・台湾・タイ・香港・シンガポール・フィリピン・マカオ・グアム・サイパン・米領バージン諸島・プエルトリコが対象となります。

ハワイ含むアメリカやシンガポール、フィリピンなどが追加されたのは非常に大きいですね。

期間限定の当キャンペーンは当初、2017年9月30日までとされていたところが延長が入り、2018年1月15日24時までとなっていますので、それまでに対象国に渡航するのであれば、必ず海外パケ・ホーダイではなく海外1dayパケを選択するようにしましょう。

 

海外1dayパケの利用方法

海外1dayパケを利用するためには、事前の申し込みが必要となります。

ドコモショップ、インフォメーションセンター、WEBのMy docomoより申し込みが可能となっています。

その上で、専用の「海外1day開始」アプリをインストールしておけばより簡単です。専用アプリはAndroid版のみが現在提供されており、iPhone版はありません。iPhoneで設定をする場合には以下で解説する手順を踏む必要があります。

 

Androidスマートフォンを利用している場合には、渡航先でアプリを立ち上げ、利用開始ボタンを押した時点が「24時間」のスタートとなります。あとはそのままインターネットの利用を開始することができます。

海外1dayパケを利用する場合には、同時に「WORLD WING(月額無料)」の申し込みもしてある必要があります。無料なのでほとんどの契約にセットで申し込みしてあることが多いとは思いますが、念のためちゃんと申し込みしてあるかどうかは事前に確認しておきましょう。

 

なお、iPhoneで海外1dayパケを利用する場合には、アプリがありませんので手動で設定をしていく必要があります。

手順としては以下の通りです。

 

iPhone版海外1dayパケ設定手順

まず、飛行機に乗るときに設定してあるはずの機内モードを外し、通常モードに戻します。そのあと、ドコモからのお知らせがSMSで届きます。その中で、海外での利用料金や使い方などが説明してあります。

ちなみに、SMSは「メッセージ」というアプリに届きますので、通常のメールアプリを探して見当たらない!と勘違いしないように注意しましょう。

次に、海外1dayパケを利用開始する専用ダイヤルに電話をかけます。専用ダイヤルは、「*135*1#」です。

ダイヤル発信が完了すると「135*1#」というダイアログが表示されますので、「了解」を選択します。そうすると、海外1dayパケを利用開始したという内容が記載されたSMSが再度届きます。

次にiPhoneの「設定」の中にある「モバイルデータ通信」を選択し、「通信のオプション」を選びます。その上で、「データローミング」をONにします。モバイルデータ通信もONになっていると思いますが、もしここがOFFになっているようなら、同時にONにします。

これで設定の完了です。あとはその時点から24時間、キャンペーン対象国であれば使い放題でインターネットが利用でき、キャンペーン対象外の国であれば30MBまで高速通信が利用可能となります。

 

海外1dayパケの注意点

海外1dayパケを海外で利用すれば、海外でもインターネットを自由に利用できるようになり、加えてキャンペーン対象国でのとことん使いホーダイ対象になれば、容量もまったく気にする必要がありません。

使い方の幅も大きく広がるわけですが、主な利用方法としては、例えば現地での情報収集だったり、Googleマップを利用した道や現在地周辺の確認だったり、あとはSNSへの投稿など、旅日記などをSNS上で展開するのにも役に立ちます。

しかも、使いホーダイであればわざわざホテルのWi-Fi設定を実施する必要がなく、手間もかかりません。

暇な時間に大容量の動画を見るなどの使い方さえできてしまいます。

小さいお子様を連れての海外旅行であっても、その点安心できます。

 

ただし、海外1dayパケにも注意点があります。

以下、簡単にまとめておきます。

 

・事前申し込みが必要

・WORLD WINGの申し込みが必要

・利用開始から24時間以内に利用データ量が30MBを超えた場合、通信速度が送受信時最大16kbpsになる(キャンペーン対象外の国・地域の場合)

・データ通信専用プランの場合利用不可

・利用開始操作から24時間経過後は自動でパケット通信が切断され、再度利用したい場合には改めて利用開始操作が必要

 

以上を踏まえた上で、海外旅行を最高に充実させるために、しっかり海外1dayパケを活用していきましょう。

 

海外1dayパケをauの世界データ定額と比較

 

最近、au、ソフトバンクを含めた大手キャリアは、そろって海外向けデータ通信サービスを拡充させてきています。

例えばauでは、「世界データ定額」というサービスが提供されています。

ドコモの海外1dayパケと比較して、どちらがどうお得なのでしょうか。

 

auの世界データ定額の特徴としては、1日あたりの料金が海外1dayパケの最低料金と同じ980円で固定されている、という点です。

通常、利用できるのは32の国と地域を対象としており、使えるデータ容量は、日本で利用しているデータ定額プランの容量をそのまま使える、という内容です。

この点、ドコモとは全く違うアプローチのサービスとなっています。ちなみに、利用単位が24時間になっている点はドコモの海外1dayパケと全く同じです。

 

通常時の一日あたりの利用可能容量が30MBしかないドコモと比べると、日本で利用しているデータ定額プランの容量をそのまま使えるauの世界データ定額は、利用可能な容量としてはドコモよりもかなり有利です。

さらに現在実施されているキャンペーンにより、対象の国と地域が131も追加されており、合計で163の国と地域で利用が可能となっています。

また、au STARギフトの毎月もらえる特典として、世界データ定額24時間分プレゼントがあるため、一ヶ月に一回は無料で24時間、容量を日本と同じままに利用できるという内容になっています。

 

つまりキャンペーンも含めて考えると料金はauの世界データ定額が有利、データ容量については通常時はau有利だけれどもキャンペーン時はドコモが使い放題なので有利、といった感じです。

どちらにもメリットデメリットがあるので一概に比較はしにくいですが、行きたい国とスマホやiPhoneの海外での使い方によって、どちらの方が使い勝手がいいかは変わってきそうです。

たまにしか海外旅行をしない場合にはそのためにキャリアを変更するまではいかないと思いますが、頻繁に海外に行く、という人にとっては、この内容の違いが結構重要だったりしますので、しっかり内容を把握してどのキャリアの海外サービスが最も便利かを理解しておきたいところです。

 - ドコモのサービス情報の裏