ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

b-mobile S 開幕SIMはソフトバンク系格安SIM

   

いよいよ日本通信よりソフトバンク系格安SIMが発売されました。

2017年3月22日発売で、格安SIMの名称は「b-mobile S 開幕SIM」です。

まぁ正直、b-mobileについては以前、「おかわりSIM」の記事の反応があまりよくなかったので、触れるべきかどうか悩んだのですが、とりあえず取り上げておこうと思いました。

ただし今回発売される開幕SIMは、かなり利用ユーザーが限定されており、現ソフトバンクユーザーで、iPhoneを利用しているユーザーのみが対象です。

ということで、ドコモユーザーおよびauユーザーの方にはまったく役に立たない内容となっていますが、興味本位で一読いただければと思います。

開幕SIMは単純明快

b-mobileの新格安SIM「開幕SIM」は、その内容が単純明快です。

とにかく開幕SIMのウリは一つだけ、ソフトバンク系でありiPhone用である、という点に絞られます。

料金プランも簡単です。1GB、3GB、7GB、30GBの四つの容量から選択可能です。

 

データ容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1580円
7GB 2980円
30GB 4980円

 

ほかにかかる費用は、初期手数料相当のパッケージ料金3000円のみ。二年縛りなどもありません。

非常にわかりやすく簡単です。

 

開幕SIMに音声プランはない

MVNOが提供する格安SIMは、音声通話機能をつけようとすると、大元のMNOとの契約の問題が絡んでくるため、今回開幕SIMでは提供はないようです。

もともとソフトバンクと日本通信の間に色々軋轢があった上でのサービススタートとなっていますので、音声通話機能の提供までにはもう少し越えなければならない壁があるのではないでしょうか。

ということで、電話機能が利用できないことにより、SMS機能も、利用することはできません。

 

 

実際に利用する際には、データ通信専用で「開幕SIM」は利用していく必要があります。

最近は音声通話機能付きSIMがかなり伸びてきており、データ通信のみのSIMでどこまで戦えるのかが注目と言えそうです。

「音声通話できないなら、他のドコモ系、au系を使おう」という動きになっても全くおかしくないからです。

 

ソフトバンク系の格安SIMに何のメリットがあるのか

基本的にMVNOは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を借りてサービス提供をするため、そのサービスエリアは大元のキャリアに依存します。

ただ、それ以外に、どのキャリアの回線を利用している格安SIMなのかということは、あまり重要ではなかったりします。

実際、スマホを利用しているときに、自分の回線がドコモ系、au系など気にすることはないでしょうし、気にしたところで何の意味もないからです。

となると、あえてソフトバンク系MVNOを利用するというメリットは、よほどソフトバンクしか電波が入らないエリアに住んでいる、とか、またはソフトバンクのスマホ端末を所有しており、その端末をそのまま利用したい、というケースしかありえません。

前者はほとんどないと思われるため、あるとすれば後者の理由が、開幕SIMを積極的に利用するべき唯一のケースです。

そして、それこそが開幕SIMのターゲットとなっています。現在iPhoneを利用しているソフトバンクユーザーです。

とはいっても、開幕SIMには音声プランがないため、そのまま開幕SIMに移る、ということは難しいでしょう。

そこで、狙いとしてはすでに使わなくなった(以前使っていた)ソフトバンクのiPhoneを所有しているユーザー向け、ということになります。

なんだか条件が厳しすぎるような気がしないでもないですね。

ソフトバンクユーザーはiPhoneユーザーが圧倒的に多い、という理由もあるのかもしれませんが、せめてAndroid向けの格安SIMも同時に展開していれば、というところではあります。

ということで、ソフトバンクのAndroidユーザーは、今後の動きを待つしかありません。

待てない場合は、ドコモ系・au系の格安SIMに移行したが早いです。

 

開幕SIMの契約にはクレジットカードが必要

開幕SIMの契約には、多くの格安SIMがそうであるように、支払い方法としてクレジットカードが必要となります。

口座振替等は用意されていませんので、注意が必要です。

もしクレジットカードを所有していない場合には、まずクレジットカードを申し込みしたあとに、開幕SIMの契約手続きをするようにしましょう。

 

開幕SIMはテザリング非対応

開幕SIMは、テザリング機能にも対応していません。

テザリングの利用は、一般的にかなり広がってきていますので、当たり前に使えると思っていると危険ですので注意しましょう。

シンプルな内容であるものの、機能もかなり制限されています。

どうしてもテザリングを利用したい場合は、そのままソフトバンクの契約を継続するか、別の格安スマホ・格安SIMを検討しましょう。

 

ソフトバンクにとってはまったくありがたくないMVNOか

こう考えていくと、開幕SIMはソフトバンクからiPhoneユーザーを奪うことだけが考えられているようで、ソフトバンクからするとまったくありがたくないサービスといえるのかもしれません。

現に、au系MVNOであるUQモバイルに、auから乗り換えをする場合には、やはりauとしては自社回線を使うとはいえ単純に単価が下がりUQモバイルにauから流出すればするほどマイナスになるためか、UQモバイル側でauから乗り換え時の割引をつい最近まで少なく設定していました。

ソフトバンクとしても、自社回線を使うことに変わりはないのに、b-mobileで利用単価だけ下げられてしまっては、利益はどんどん減っていきます。

ソフトバンクとしてMVNOであるb-mobile S 開幕SIMに期待するのは、ドコモやauから契約を奪うことにあり、ソフトバンク本体の契約を吸収してもらうことではないはずなのです。

ただ、そのあたりのソフトバンク側の都合は日本通信にはかかわりないということかもしれません。

 

開幕SIMはお得か・まとめ

とりあえず現時点では、最初に宣言した通り、ドコモユーザーやauユーザーにとっては何のメリットもなく、ソフトバンクユーザーかつiPhone利用中のユーザーのみ利用可能かつお得になる格安SIMです。

とはいえ、音声通話がないため、利用方法そのものが限定されてしまうため、まずはある程度リテラシーが高い層向けという形になるのかもしれません。

さすがにメリットがない、というより私はソフトバンクのiPhoneを所有していないので、そもそも利用する意味がありませんので今回は見送りです。

もう少し使い勝手の幅が広がってくれば、また利用の検討をしてみることもできるようになるかもしれませんので、しばらく様子見というところですね。

 - b-mobile