ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

格安で子供・家族用スマホ/誰かとの連絡用スマホを追加で持つ方法

   

例えば子供によくスマホを触られるので、自分のインターネット検索履歴が残っていると色々と望ましくない、という人は世の中に多いようです。

WEBブラウザやGoogleアカウント上/Safari上の検索履歴を消す方法を知っていれば、そんなに問題はないかもしれませんが、その都度いちいち履歴消去を繰り返すのもなかなか骨が折れます。
関連記事:「Googleの検索履歴・閲覧履歴が消えない

 

そこで、非常に役立つもう一つの選択肢が登場します。

それが、MVNO格安SIMと格安スマホを活用して、もう一台別のスマホとSIMを契約し、それを子供用のスマホとして利用させるという方法です。

例えば恋人用に一台、別にスマホを持つという選択肢もありでしょう。

そんな、気軽に「もう一台」を持つことができるという点こそが、格安スマホ+格安SIMの最大のメリットといえます。

「もう一台」の追加スマホがあれば、メインのスマホを子供や家族に触らせる必要はありません。安心して追加スマホを必要な時に渡せばいいのです。

今回はそんなときに利用できるおすすめ格安SIM+格安スマホを考えていきます。

自分のスマホを子供や家族・恋人に触られるリスク

人には誰しも、「隠したい」というほどではなくても「できれば誰にも見られたくない」というちょっとした秘密は持っているものだと思います。

昨今のGoogleやYahooに代表される「検索」は非常に便利で、ちょっとしたときに本当に気軽に調べ物をすることができる半面、それほど興味がないことでもいつでも検索できてしまうからこそ、大した興味もなくなんとなく検索した内容を家族や子供、恋人に見られるのは、誤解の原因にしかなりません。自分のスマートフォンを家族や恋人など近しい人に見られるのは、トラブルの元になりかねないわけです。

子供に見られては親の威厳にかかわるような内容を検索していることだってあるかもしれません。配偶者や恋人には見られたくない内容もあることでしょう。

そういう意味で、「基本的に自分のスマホは家族であっても触らせない」というのが、平穏無事に日常を送るための基本スタンスになります。

ただ、どうしても「子供が勝手に自分のスマホを触りたがる」、「家族や恋人がちょっとスマホを貸してほしいと言ってくる」というケースには、断り切れない場合もあると思います。

その場合、普段から検索履歴を削除しておいたり、予測変換をリセットしておいたりすることである程度対処はできるわけですが、毎回これを繰り返すのは非常に面倒です。

そこでもう一つの方法として浮上してくるのが、昨今非常に安価に利用できるようになった、格安スマホ+格安SIMを利用する方法なわけです。

 

人に触らせてもいい「もう一台」格安スマホ+格安SIM

もう一台のスマートフォンに、ドコモ・au・ソフトバンクのスマートフォンを準備しようとすると、普通に契約すればどうしても6000円から8000円前後の料金が毎月かかってしまいます。

例えばドコモのシェアパックを利用すれば子番号は比較的安く抑えることができますが、シェアパックを利用するそもそもの親回線が高くなります。そこで格安のSIMカードを利用することを考えます。

今話題のMVNO・格安SIMです。月額料金はインターネット専用なら実に0円から利用可能(※0SIMの場合)です。既に100社以上が参入しているMVNO事業ですが、例として有名どころをいくつか挙げてます。

 

 MVNOブランド名 月額料金 データ容量
0SIM 0円~ 499MB~ 
LINEモバイル 500円 1GB 
楽天モバイル 525円 制限なし(200kbps) 
OCNモバイルONE 900円  110MB/日

 

最安値は499MBまでは0円で利用することができるSo-netの0SIMで決まりです。ただ、利用が増えてくると自動課金され上限1600円までは料金が上がってしまうため、それを考えると初めから指定の容量までしか利用できないMVNOを選んでもいいでしょう。

0SIMと同じソニーが運営するnuroモバイルでは1GB、2GB、3GBと1GB刻みのプランも用意されていますし、LINEモバイルであれば1GB500円に加え、LINEの利用に対しては通信容量を消費しないカウントフリーとなるため非常にお得です。

楽天モバイルのベーシックプランは月額525円と格安で容量制限もありませんが、初めから容量制限がかかっているのと同じ200kbpsという通信速度のため、インターネットを快適に利用したいという人には向いていません。もう一つ上の3.1GB900円プランと合わせて検討したいところです。

OCNモバイルONEでは、ほかのMVNOにはない一日あたり110MBコースが存在します。

速度制限がかかっても翌日には解除されるというメリットがあるため、非常に使いやすいプランでもあります。私も利用していますが、繰り越しをうまく使えば一日あたり200MB以上使うことができます。その他、様々な理由から最強のMVNOだと個人的に考えています。

 

ただ、この中で格安スマホを同時に購入しようと考えた場合にお得なのは、現時点では楽天モバイルかもしれません。

格安スマホの中でも特に人気の高い、防水機能を有したarrows M03を最安値で購入できるのが楽天モバイルです。

arrows M03は、ドコモの2016年夏モデル「arrows SV F-03H」がベースとなっているモデルなので、中国・台湾メーカーが多い格安スマホ市場の中で、メインをドコモで利用している人にも、より安心できるスマートフォンと言えます。

 

中古スマホ+格安SIMなら激安

もし、以前利用していたドコモのスマートフォンをまだ所有しているのなら、そのスマートフォンを再利用することもできます。格安スマホを購入する必要がないので、コスト的にはこれが最安値となります。

利用したいスマートフォンが決まれば、あとはどのMVNOを利用するのかを決めるだけです。

 

楽天モバイル公式サイトから申し込み→楽天モバイル

OCNモバイルONE公式サイトから申し込み→OCN モバイル ONE

 

検索履歴を消す代わりにロックをかける

以上の格安SIMとスマートフォン端末(格安スマホか中古スマホ)を準備することができたなら、あとは自分のスマートフォンには検索履歴を消す代わりに、誰にも触られないようにロックをかけておけばOKです。

子供や家族には新しく追加した1台を利用してもらうようにしましょう。

逆に、新しい端末を恋人など、特定の誰かとの連絡用として使ったり、人に知られたくない検索をするためのスマホ端末として利用するのもありです。新しい追加の1台の使い道は、自分で好きなように考えてみればいいでしょう。

これで今までの検索履歴削除などの手間を一気に省いて、快適にスマホ利用をすることができるようになります。

新しく登場してきた格安SIM/格安スマホ、しっかり有効に利用してみましょう。

 - ドコモとMVNOの裏