ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

KATANA02/FREETELを開封してみた感想まとめ

      2016/01/15

ついに我が家にFREETELWindows 10 mobile搭載モデル「KATANA02」が届きました。

新しい端末はやはり、ドキドキしますね。

早速開封レビューしてみようと思います。

KATANA02の段ボールを開封する

ヤマト便で送られてきた小型の段ボール箱。四方に「FREETEL」の文字が。

 

CapD20160113

 

待ちきれず早速開封してみました。

 

CapD20160113_1

 

中には、FREETEL SIMについての解説書「できる FREETEL SIM」が同梱されていました。

内容を確認してみると、FREETELのSIMカードについて、詳細に解説してくれています。目次はこんな感じです。

 

CapD20160114 CapD20160114_2

 

ん、目次に何か足りないような・・・。

FREETEL SIMをAndroid端末で使うには、FREETEL SIMをiOSで使えるようにするには・・・。

あれ? Windows 10 mobileは??

 

・・・まぁなんとなくわかってはいましたが。

慣れないWindows 10 mobile端末として「KATANA02」を購入し、ちゃんと説明書がついてる!と思って喜ばないようにしましょう。ぬか喜びになります。あくまでFREETEL SIMの解説書です。

ちなみに今回、私はFREETEL SIMを同時に注文はしていません。端末のみの購入です。それでも「できる FREETEL SIM」が入っていましたので、Android端末でもWindowsでもSIMありでもなしでも、FREETEL商品を購入したらついてくるのかもしれませんね。

 

CapD20160113_4

 

ということで、まず段ボールの中に入っているものは、「できる FREETEL SIM」と「KATANA02」本体、この2点でした。

さて、それでは続けて「KATANA02」を開封していきます。

 

KATANA02を開封する

CapD20160113_5 CapD20160113_7

 

さて、いよいよ本番です。

iPhoneの箱を思わせるようなホワイトベースの外観。質感もちょっと似ているかも。でも中に入っているのはiPhoneではありません。Androidスマホでもありません。Windows 10 mobile端末「KATANA02」です。

 

CapD20160113_10 CapD20160113_17

 

上段と下段の二段に箱が分かれ、本体とリアカバーとは別の箱に入れられていました。本体側の箱の下に、電池と充電器が同梱されています。

 

CapD20160113_11

 

一枚紙の、非常に簡単なSIMカードの取り付け方法の用紙が入っていました。慣れている人は特になくても困らないかもしれませんが、スマホ完全初心者の人にとってはこれだけでもありがたいかもしれません。

 

CapD20160113_15

 

KATANA02の裏面です。SIMカードスロットが二つとmicroSDスロットが一つついています。デュアルSIMというなんとも甘美な響きですが、残念ながら日本国内では片方のスロットしか利用できないそうです。

つまり、もう片方は海外で利用できるSIMを入れる用のスロットということです。海外での通話用SIMとLTE/3Gでの通信という使い方ですね。日本国内でLTEをデュアルで利用できるデュアルSIM機も実際には存在しますが、KATANA02はそうした機能には対応しません。

ちなみに対応しているSIMカードは、microSIMカードです。

 

KATANA02を起動してみる

CapD20160113_21

 

SIMカードを挿入し、電池を取り付け、実際にKATANA02を起動してみました。お試しだったので、とりあえずSIMカードはOCNモバイルONEのmicroSIMカードを取り付けてみました。

 

CapD20160113_19

 

迷わず日本語を選択します。

 

CapD20160113_20

 

どんな面倒な初期設定が待っているのだろう、と思っていましたが、案外普通です。Androidとそう変わらないような気もします。一旦国の設定のため、再起動がかかりました。その後次の項目に進みました。

 

CapD20160113_23

 

簡単に確認して次へ進みます。

 

CapD20160113_24

 

ネットワークの選択がここで可能となります。デフォルトでFREETELが最初の画面に出てきていますが、そこをタップすると他の主要MVNO事業者のAPN設定がずらりと出てきます。有名どころは大体おさえてあるように感じました。

その中にOCNモバイルONEもあったので、そのまま選択すると、あとはWi-Fi設定などが入って起動画面にたどり着きました。途中microsoftアカウントの設定もありましたが、とりあえず後で設定することにしました。

 

CapD20160114_3

 

Windows 10 mobile独特の画面が登場しました。感無量です。画面右下にWord、Excel、Powerpoint、One noteのアプリがプリインストールされています。

ブラウザはMicrosoft Edge、写真は「フォト」で確認ができます。フォトのとなりに「ストア」があり、そこからアプリを追加することができます。上記写真では、何かのゲームの写真に切り替わっています。

Wi-FiおよびOCNモバイルONEでのLTE通信、ともに問題なく動作しました。

特にOCNモバイルONEの設定については、初期設定で選択するのみで、煩わしいAPN設定なしで済んだので非常に楽でした。

 

KATANA02の基本動作確認動画

基本的な上下左右の動きを確認してみました。参考までにどうぞ。

KATANA02、開封後感想と評価レビュー

KATANA02、とりあえず開封および初期動作確認がこれで完了しました。

感想としては、思ったより動作は悪くないと感じました。

すでに先行して利用しているKATANA02ユーザーの皆様の感想を見るに、反応速度が悪い、処理が遅いという意見が多かったので、実はかなり使い勝手が悪いことを覚悟していたこともあり、ハードルが低かったせいかもしれません。

普通に利用する分にはそれほど支障はないレベルではないでしょうか。

ただ、動作に関してやはり不満もあります。次回は反応速度について、その不満について評価レビューしようと思います。

関連記事:「KATANA02の評価レビュー/不満および注意点

 - 格安スマホ/SIMフリースマホ, KATANA02