ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

子供に落とされ投げられスマホの調子がよくないという話

   

小さな子供がいる家庭では「あるあるネタ」かもしれませんが、自分のスマホをそのあたりに置いていたら、気づかないうちに踏み割られていたり、投げられてしまったり、落としたり、噛まれたりなめられたりと、様々なトラブルが発生する可能性があります。

そのため、通常であれば故障するはずがないスマホの故障費用がかさんでしまうようなケースもあります。

修理費やケータイ補償費用は、元々想定していない費用でしょうから、これがかさむと家計におけるなかなかの痛手になることもあるでしょう。

実は我が家のXperiaも、そうした子供トラブルのためか、最近調子が悪くなってしまいました。

子持ち家庭にありがちな故障トラブルと、その対処方法について、考えていこうと思います。


快適に使えていたXperiaに不具合が出始めた

よくある症状1:充電不良

私が利用していて調子が悪くなってしまったのは、ドコモのXperia X Performance SO-04Hです。

購入して1年数ヶ月です。メインに近い形で利用しているのですが、子供に落とされるケースがとにかく多く、それが原因なのかはわかりませんが、最近かなり調子が良くない状態でした。

私が見舞われた症状としては、フリーズ、そして充電不良です。

フリーズは、内部のデータやアプリの量がそれなりに多いので、そちらに原因があった可能性が高いと思われます。ただ問題なのは充電不良でした。

完全に充電ができなくなっていたわけではありませんが、充電器によっては全く反応しなかったり、充電できても接触が悪かったりということがかなり増えてきていたのです。完全に充電ができなくなるとアウトなので、かなり緊急を要する症状でした。

大切に扱っていても同じ症状が出た可能性はありますが、それでも下手すると割れていてもおかしくないという勢いで落としてしまったりしたことが数度あり、ケースをしていたおかげで衝撃は多少吸収されたとはいえ、内部になんらかの異常が発生していても自己責任で何も言えない、というところです。

我が家のXperiaの症状はこういう症状でしたが、子を持つ家庭ではこのほかにも色々なトラブルに見舞われる可能性があります。

 

よくある症状2:画面破損

意外に多いのが画面破損です。これは子を持つ家庭でなくても起こりえる故障でもあります。

私の場合、落としてはいたものの運よくXperiaの画面が割れることはありませんでしたが、落ち方が悪いとそれほど高いところから落ちたわけではなくても、画面が破損してしまうことはよくあります。

画面破損のパターンとして、外部のガラスが完全に割れてしまうケースと、外部は大丈夫だったけれども内部が割れてしまうというケースもあります。

落としたり、カバンなどに入れていて圧力がかかってしまったり、ポケットに入れていてどこかにぶつけてしまったり、置いていたら子供に踏まれてしまったりと原因は様々です。

子を持つ家庭での破損の原因は、「踏む」か「落とす」か「投げる」などが原因としては多いのではないかと思います。

いずれにしても割れてしまうと完全に無料での修理はできなくなりますので、有償での修理、または修理が難しいようなケースであればケータイ補償サービスdカード GOLDのケータイ補償のいずれかを利用するような形となります

 

よくある症状3:水濡れ

子育て世帯でのスマホの水濡れ故障といえば、よくあるのが「なめられてしまった」「何かをこぼして水がかかった」というケースです。

特に一昔前のフィーチャーフォンの頃によく話を聞いたのが、充電端子部分を子供がなめてしまい充電ができなくなった、というケースです。

この場合、端子部分が腐食してしまっており、修理に出しても水濡れ判定されてしまい修理ができずケータイ補償を誘導されるというケースが多かったようです。

現在では、スマホだけでなくiPhoneも防水に対応しているため、以前と比べれば水濡れ故障の発生確率はかなり減っていると思われますが、とはいえ、防水端末であっても100%水濡れを防ぐことができるわけではないので、意図せぬ水濡れ故障に見舞われてしまうこともあると思います。

 

努力の甲斐もなく、こうした様々な故障が発生してしまった場合、購入から二年近い期間が経過していたら、いっそのこともう買い替えてしまおうか、という気持ちになることも少なくないと思います。

その場合は、店頭窓口よりも有利になるドコモオンラインショップを利用しましょう。

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

 

子育て世帯の要望に応えてくれるスマホ「arrows」

最近、小栗旬さんと山田孝之さんが出演している富士通のCMを見たことがないでしょうか。

見たことがない方のために、Youtubeの動画を置いておきますので、まずはどうぞ。

 

 

二人で犯人を追跡する小栗刑事と山田刑事。しかしその途中、山田刑事はスマホを落としてしまいます。そして、その落としたスマホは残念ながらディスプレイが破損してしまいます。そこで、小栗刑事が一言。

 

お前、arrowsじゃねえの?

 

面白い上に非常にわかりやすいCMですね。私も初めて見た時には笑ってしまいました。ちなみにこのCM、ほかに「似てない刑事篇」と「読めない刑事篇」があり、どちらも非常に面白いので気になる方は観てみてください。

 

で、何が言いたいのかというとつまり、「arrowsは割れにくい」のです。

現在発売中のarrows、arrows NX F-01Karrows Be F-05Jのどちらとも「割れにくい」という特徴を備えています。

F-01Kは、ガラスと樹脂の特殊コーティングされたボディに、耐久性とデザイン性を両立するNEW SOLID SHIELD構造で、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験を実施し、頑丈さが実証されています。また、MIL規格23項目にも準拠しています。

関連記事:arrows NX F-01Kを購入して色々試してみた結果

 

F-05Jも、画面保護フレームや両サイドの金属製の素材、落下時の衝撃を分散させるリジットベゼルに、耐傷性を備えたGorilla Glass 3など、割れにくい工夫が施されており、MIL規格14項目に準拠しています。

関連記事:「arrows Be F-05Jはお勧めか

 

ハイスペックモデルが欲しい人はarrows NX F-01K、コストを抑えたい人はdocomo with対象機種でもあるarrows Be F-05Jと、状況に応じた選び分けも可能です。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

 

iPhoneは人気があり非常に使いやすくもありますが、残念ながらどうしても落下などには弱くディスプレイが割れることも少なくありません。たまに割れたまま利用しているような人を見かけることもあります。

そういう意味で、arrowsは大いに子育て世帯にとってはかなり優位性があると考えていいと思われます。

ちなみに私も、Xperia X Performanceの調子が悪くなったことでXperia XZ1への買い替えを検討しましたが、そうした状況を鑑み、先日購入したarrows NX F-01Kを代わりに利用しています。

もしこれから新機種を検討しているのであれば、割れにくいarrowsは一つの選択肢として検討に値すると思います。

 

iPhone Xは子供に触らせてはいけない

私の現在のメイン端末の一つが、ドコモのiPhone Xなのですが、とにかくカメラ性能が高いため、Android派ではあるものの、かなり気に入って利用しています。

ただし、iPhone Xについては、とにかく子供に触られないように注意しています。うっかりその辺に置き忘れる、ということもNGです。

ガラスボディのiPhone Xはあまりにも儚げに見え、事実、iPhone史上、過去最高に割れやすいというネガティブな評価もあるようです。

実際、落としてしまうと簡単に割れてしまいそうな気がします。ゆえに、子供に触られてはいけません。

とはいっても、そうした親の苦労を見事にかいくぐるのが子供でもあります。どうしても対応できないケースもあると思いますので、万が一のためのケータイ補償サービスの利用は必須です。必ず購入時には申し込みしておくようにしましょう。

合わせてdカード GOLDを所有していれば、全損時にdカードケータイ補償を活用することができますので、こちらもしっかり利用したいところです。

関連記事:「dカード GOLDケータイ補償の全く触れられていない注意事項とわかりにくい手続き方法を詳細解説

 - スマホの故障・設定・使い方, 2018年冬春モデル