ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイルで10分かけ放題(0035でんわ)は開始されるのか

   

NTTコミュニケーションズより、格安スマホ・格安SIMを提供するMVNO向けに、利用者が音声品質を落とさず安い料金で国内通話を利用することができる「OCNでんわ」の卸サービスを2017年3月1日より開始すると発表がありました。

これを受けて、ニフティが運営するMVNO「NifMo(ニフモ)」では、現在OCNモバイルONEが提供している「OCNでんわ」と同等サービスの提供を2017年6月より予定しているということです。

 

これを受けて考えたのは、LINEモバイルでも同等サービスが開始されないだろうか、ということでした。

一見、LINEモバイルには何の関係もなさそうですが、OCNでんわの卸先には「ドコモの回線を利用しているMVNO」を対象としているということなので、NTTコミュニケーションズをMVNEとしているLINEモバイルには十分導入の可能性はあります。

LINEモバイルでも10分かけ放題サービス開始の可能性があるのか、考えていきます。

NTTコミュニケーションズの「OCNでんわ」とは

NTTコミュニケーションズがMVNO・OCNモバイルONEにおいて提供している「OCNでんわ」は、専用アプリを利用して通話をすることで、相手先電話番号の先頭に「0035-44」というプレフィックス番号を付与することで通話料を安く利用することができる電話サービスです。

音声通話SIMを利用しているときに無料で利用することができ、通話が多い場合にはさらに、月額850円で1通話あたり10分間を無料でかけることができる「10分かけ放題オプション」を申込することもできます。

ドコモはじめ大手キャリアではすでに、通話に関しては完全通話定額制プランの「カケホーダイプラン」などが標準となっており、それに対してどうしても通話部分では不利になってしまうMVNOはそれに追随する形で、プレフィックス型電話やIP電話を中心として時間制限付きのかけ放題プランを拡大してきています。

そんな中での今回のNTTコミュニケーションズのOCNでんわのサービス卸は、他社MVNOに大きな影響を与えるものと思われます。

 

MVNOに対するNTT Comのサービス卸

NTTコミュニケーションズは、ドコモ系MVNOに対するOCNでんわの卸サービスの提供により、今までの格安SIM事業で利用されていた標準料金よりも、もっと低廉な価格かつ高い音声品質で通話サービスを提供できるようになるとしており、さらに一定時間の国内通話を月額定額料金でかけ放題にする料金プランの相談も可能としています。

つまりは、「10分かけ放題」の開放です。

加えて、利用者が簡単に使えるアプリを同時に提供可能としており、わざわざ利用する際にプレフィックス番号を入力しなくても簡単に使えるようにできるというメリットもアピールしています。

その内容をそのまま提供するのでは、たとえば先行しているOCNモバイルONEとの差別化にはなりませんが、よりよいサービスの提供を目的とするのであれば、同等サービスを開始することはMVNO側にとっても長期的にみてメリットはあるものと思われます。

従来からIP電話型の通話サービスの評判があまりよくなかったNifMoなどは、今回のOCNでんわの卸を受けて10分かけ放題も提供予定としており、MVNOとしての魅力はそれだけで格段に増すと思われます。

 

LINEモバイルは「OCNでんわ」卸を利用するのか

LINEモバイルに関しても、十分OCNでんわの卸サービスを利用して新しい通話プランの提供を開始する可能性はあります。

ただ、LINEモバイルの場合、もともとコミュニケーションアプリ「LINE」においてLINE同士の無料通話を利用することができる点や、LINE Outという自社通話サービスを持っていることから、慎重な検討がなされることが予想されます。

個人的な感想としては、LINE Outは仕組みが少しわかりにくく、「使いたい」という気持ちになりにくいサービスだと以前から考えていたため、この機会にLINEモバイルでもOCNでんわを利用したプレフィックス電話が開始されると非常にうれしいところです。

 

なお、LINEモバイルは2017年初夏を目処に、通話定額サービスを開始すると発表しています。

おそらくこの新サービスこそが、LINEモバイルの10分かけ放題になるのではないかと思われます

NTTコミュニケーションズおよびNifMoはじめいくつかのMVNO事業者の動きを受けてのLINEモバイルの今後の展開を、注視していきたいと思います。

 - LINEモバイル