ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイル+LINE Payカードでの勘違い体験

   

私はLINEモバイルの支払い方法をLINE Payカードに設定しているのですが、先日、勘違いからくる背筋が凍る体験をしました。

もしかしたら似たような勘違いをしてしまう人もいないとも限らないので(私だけかもしれませんが・・・)、念のために取り上げておこうと思います。これはおそらく、実際利用してみないとわからない注意点ではないかと思います。

今回の記事はLINEモバイル+LINE Payカードを利用しているユーザー向けですが、これから両サービスを利用しようと考えている場合には参考になるのではないかと思います。

関連記事:「LINEモバイルまとめ」「LINE Payカードまとめ

LINEモバイルから請求額確定のメッセージ

はじまりは、LINEモバイルから送られてきたLINEメッセージでした。

LINEモバイルを利用しているユーザーが、LINEモバイルとLINE上で「ともだち」になり、LINEのアカウントとの「契約者連携」を行っていれば、LINEモバイルから定期的にLINEメッセージが送られてきます。

そのメッセージは以下の通りです。

 

linepay100502

 

なんのことはない、請求額が確定したよ、という連絡ですね。

特に意識することもなく、読み流していました。

私のLINEモバイルの契約は、LINEフリープランで上限額が上がるようなことも何もしていないので、500円しかかからないとわかっていたこともあり、しっかり見ることもありませんでした。

このメッセージが来たのが10月3日です。ここまでは特に何も問題ありません。

私の背筋を凍り付かせたのは、2日後に送られてきた、LINE Pay TeamからのLINEメッセージでした。

 

LINE Pay Teamから見覚えのないLINE Payカード利用のメッセージ

10月5日、午前0時3分のことです。

LINE Payカードの利用履歴を即時反映してくれるLINE上のともだち「LINE Pay Team」から、突然LINEメッセージが送られてきました

その時間、私は確実に自宅におり、一歩も外に出ていませんでした。もちろん、深夜のことなので家族も全員家にいました。

にもかかわらず、LINE Pay Teamから次のようなLINEメッセージが送られてきたのです。

 

linepay100501

 

「LINE Payカードで3240円のご利用がありました:AM 0:03」

 

ゾっと、背筋が凍りました。繰り返しますが、私は家におり、外で買い物などまったく何もしていませんし、家族も同じです。

即座に脳裏に浮かんだのが、「財布を外に落としたのかもしれない!」ということでした。

実は私は結構うっかり者で、財布をよく外で落としたり忘れそうになったりということが非常に多いのです。

利用しているはずがない私のLINE Payカードの利用履歴がLINEで送られてくるということは、誰かが私の財布を拾い、LINE Payカードを利用して買い物をしたとしか考えられない、とそう考えたわけです。

 

背筋が凍った私の混乱とLINEモバイルの手数料

とりあえず慌てた私は、自分の財布を探し始めました。見つからなければ誰かに利用されたという可能性が濃厚となります。

探しながら、これが仮にドコモのdカード GOLDであれば失くして不正利用をされてしまったとしても、保障制度があるのを覚えていました。ただ、プリペイドカードであるLINE Payカードはどうだったのか、記憶があいまいでした。

しかも、上記LINEメッセージを見てもらえればわかる通り、直近で1万円分をチャージしたばかりだったのです。

どうしようどうしよう、財布に入れていたクレジットカードはとりあえずすべて止めなければならない、などと半分パニックになりながら財布を探していたら、あっさりと自宅内で財布もLINE Payカードも見つかりました。失くして誰かに不正利用されたわけではなかったのです。

 

では一体何故いきなり、身に覚えのないLINE Payカード利用がかかったのか、原因を探り始めました。

利用履歴を探してどこのお店で利用した分なのかわからないだろうかと考えて探したのですが、わかりませんでした。

しかし次の瞬間、3240円という価格でピンときました。

 

「これ、手数料じゃないか?」

 

そこでようやく、私の頭の中で、LINEモバイルの請求額確定メッセージと、今回のLINE Payカード利用が結びついたのです。

早速LINEモバイルの利用明細を確認しました。

契約初月の月額基本料金無料が適用されており、500円はかかっておらず、かかっているのが手数料だけ、という形で3240円でした。間違いありません。

そして、LINEモバイルの支払いを、LINE Payカードに設定したのもこの私なのです。すっかり忘れていました。

 

LINEモバイル+LINE Payカード利用時の注意点

今回のケースで、もしLINE Payカードがプリペイドカードでなくてクレジットカードだった場合、おそらくすぐにLINEモバイルの請求として気づいたものと思われます。

プリペイドカードで、かつLINEでいきなりメッセージが送られてくるLINE Payカードの便利な仕組みに、逆に勝手にパニックになってしまった形です。

今考えると非常にお恥ずかしい話です。しかし、その時は本気で焦ったのです。

つまり、もしLINEモバイルをLINE Payカード支払いで利用する場合には、同じように請求額がLINEで送られて来るため、初月は手数料分の3240円、それ以降は通常の料金プランの金額がLINE Payカードから利用されていくため、覚えておくようにしましょう。

 

LINE Payカードに利用内訳が表示されれば・・・

LINE Payカードをコンビニで利用すると、そのまま「ローソン」とか「セブンイレブン」という具合に決済履歴に表示されるのですが、残念なことにLINEモバイル利用分についてはただ単に「LINE Payカード決済」としか表示されないため、何の料金が利用されたのかが一目ではわかりません。

これが混乱の元でもあるので、せめてLINEモバイル分、などと表示されるように変更になれば、勘違いもなくなるでしょうし、非常にわかりやすくなるのではないかと思います。

今後の変更に期待したいところです。

 

LINE Payカードを失くした場合

ところで、今回は単純に私の勘違いだったため特に問題はなかったのですが、もし実際にLINE Payカードを紛失したり不正利用されてしまっていた場合にはどうなったのでしょうか。

この機会に改めて確認してみました。

まず、LINE Payカードを失くしてしまった場合(紛失・盗難)には、LINE Pay内から簡単に利用停止手続きができるようになっています。

 

linepay100503

 

「LINE Pay」はLINEのアプリから入れます。その中の「設定」を選択します。

 

linepay100504

 

「設定」の中の「LINE Payカード」を選択します。LINE Payカードのパスワードを入力後、下記サイトに飛びます。カードステータスの「利用中」をタップします。

 

linepay100505

 

すると、「カードの一時停止をしてもよろしいですか?」という問いが現れます。これで「OK」を選択するとカードの一時停止が完了です。

 

linepay100506

 

これでLINE Payカードの不正利用を防ぐための利用停止手続きが完了です。

 

LINE Payカードを不正利用された場合

しかしそんな対応も間に合わず、カードの不正利用をされてしまった、ということもあるかもしれません。

その場合には、2016年2月より導入された、利用者補償制度があります。

すべての「送金」・「決済」・「出金」が補償の対象となり、損害額をLINEがすべてカバーしてくれるということです。

損害発生時から31日以内の申し立てが必要で、原則10万円が補償の範囲となっています。当然のことながら、アカウント所有者の意図の下に行われた金銭移動は除外されます。

例えば身に覚えのないLINE Payの請求が来たり、スマホの紛失によりLINE Payにログインされてしまい、不正にクレジットカードを利用されてしまったりしたケースでも補償対象となります。

こんな補償があると安心ですね。

私のように早とちりさえしなければ非常に便利で高還元率を誇るLINE Payカードです。うまくLINEモバイルとともに利用していきたいところです。

 

 - LINEモバイル