ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイルのSIMでLINEの年齢認証をする方法

   

MVNO格安SIMを利用している場合に、非常に不便に感じる点の一つに、LINEの年齢認証ができない、という点が挙げられます。

別に年齢認証くらいできなくても、と思われるかもしれませんが、LINEの年齢認証ができないと何ができないかというと、ID検索及び電話番号検索ができないのです。

そのため、知らない他人と「友だち」になるときの方法が限られてしまい、非常に不便です。

電話帳との同期を利用した「友だち自動追加」、「QRコード」、「ふるふる」、「招待」などを利用すればいい話ですが、その場に相手がいなかったり、思うように操作ができず友達に追加できないという場合に、ID検索や電話番号検索ができれば非常に簡単です。

そうした理由があり、LINEの年齢認証は、できる限り実施しておきたいわけです。

ということで、LINEの年齢認証をMVNO利用時に実施するための方法を検証してみました。

大手キャリア契約時に年齢認証を実施しておく

MVNOの格安SIMを利用している場合、年齢認証はどうしても実施することができないため、LINEの年齢認証を実施しておきたい場合には、ドコモやau、ソフトバンクの契約がある段階で実施しておく必要があります。

MVNO契約で実施不可のLINE年齢認証も、大手キャリアの契約であれば実施することができます。

ですので、MVNOへと番号そのまま移転する前の段階で、LINEの年齢認証をしておき、そのLINEアカウントをそのままMVNO利用時にも引き継げばいいのです。

ただし、当然のことながら契約者が18歳以上である必要はあります。もともと年齢認証が開始された目的は、未成年者が不特定多数の見知らぬ他人とつながってしまうことを防ぐことだったので、未成年者の場合にはどちらにしても年齢認証はできません。

 

大手キャリア時代にLINEの年齢認証を実施しておくと言っても、すでに年齢認証をしないままにMVNO格安SIMを利用している場合や、大手キャリアでのスマホ契約を持たず、これからMVNOを契約しようと考えている場合にも年齢認証が難しくなってしまうということが問題です。

そんなケースを回避する方法として登場したのが、LINEモバイルを利用する方法です。

 

LINEモバイルでLINEの年齢認証

LINEモバイルのSIMカードを利用している場合、契約時に年齢もLINEモバイルに対して開示しているため、年齢認証が可能になるという大きなメリットがあります。ほかのMVNO格安SIMではできないことです。

そういう意味では、この「LINEの年齢認証ができる」という点は、LINEモバイルの他のMVNOに対する一つのアドバンテージでもあるのです。

LINEを年齢認証も含めて自由に利用したいと考えるなら、MVNOにはLINEモバイルを選択するのが一番です。

また、LINEアカウントを初めて作るときには通常SMS認証が必要ですが、これもLINEモバイルなら、SMS機能なしのデータ専用SIMだったとしてもLINEアカウントを作ることができるというメリットもあります。

 

LINEの利用はしているが年齢認証ができていない時

実は次のケースは結構多いのではないかと思います。

 

「LINEの利用はすでにしている、ただし年齢認証ができていない」

 

私がまさにこのケースでした。

ドコモやau、ソフトバンクを利用しているならいつでも年齢認証は可能なのですが、MVNO利用中はそう簡単にはいきません。

ドコモをかつて利用していたもののLINEの年齢認証はしておらず、そのままMVNOのSIM入りスマホへとLINEを移したため、年齢認証ができないままの状態で利用していました。

誰かとLINEの友だちになりたいときなど、ID検索ができないことでかなり不便な思いをしてきました。

ということで、LINEモバイルを契約したこの機会に、今まで年齢認証できなかった私のLINEアカウントの年齢認証を実施してみようと思いました。

本当にLINEモバイルのSIMカードなら、年齢認証をクリアすることができるのでしょうか。

 

LINEモバイルのSIMをLINEをインストールしているスマホに入れてみる

早速LINEモバイルのSIMカードを、LINEをインストールしているメインのスマホに入れてみました。

とりあえずAPN設定をして通信できるようにします。※関連記事:「LINEモバイル詳細まとめ

LINEを立ち上げると、画面上で登録されている電話番号の変更画面が表示されました。

linemobilenenrei001

 

私が最初にLINEを登録した時の電話番号が表示されています。特に変更しても問題なかったため、ここはそのまま変更実施しました。LINEモバイルSIMの電話番号がそのまま登録されました。ちなみに「070」番号でした。最近MVNOでは「070番号」も増えてきています。ドコモが070番号を優先的にMVNOに貸し出しているのかもしれませんね。

ちなみに、このLINEと紐づいている携帯電話番号についてですが、仮にメインの番号が最初に登録されていたとしても、LINEモバイルのSIMで年齢認証をしようと思ったら、LINEモバイルのSIMの番号にどうしても変更する必要があります。

LINEの登録電話番号が変更になったら、何か問題が起こるのではないだろうか・・と不安になるかもしれませんが、実際のところ特に大きな問題はありません。

あくまでLINEのアカウント一つに対して必ず携帯電話番号が紐づいている必要があるため、最初にLINEの新規登録を行った際に紐づいていた番号が、LINEモバイルのSIMの番号に変更になるだけです。

LINEが消えたり、友だちとの関係が切れたり、現在利用しているスマホで使えなくなったりというようなことはありません。

 

linemobilenenrei002

新しいLINEモバイルSIMの電話番号に電話番号変更が完了したら、続けてLINEの年齢確認画面から、年齢認証を実施してみました。

 

linemobilenenrei003

年齢認証が完了していないため、「不明」と表示されています。この部分をLINEモバイルの力で認証にもっていきます。

 

linemobilenenrei004

年齢認証画面をタップすると、「年齢確認を行いますか?」という問いが出てきます。「NTTdocomoをご契約の方」、「LINEモバイルをご契約の方」と出てきますので、ここは当然「LINEモバイルをご契約の方」を選択します。

ちなみに、ドコモ契約の場合はここで「NTTdocomoをご契約の方」を選択するわけです。

 

linemobilenenrei005

 

次に出てくるのが、LINE MOBILE年齢確認画面ですが、ここで必要となるのが、LINEモバイルの「利用コード」です。

 

linemobilenenrei006

 

LINEモバイルの利用コードとは?ととりあえず悩んでしまうと思います。その同じページの下部に内容は記載されています。

LINEモバイルWEBサイト内にある「マイページ」→「契約情報」→「利用コード」で確認することができます。

以下のような画面です。

 

linemobilenenrei007

 

利用コードをコピーして、そのまま先ほどのLINEの年齢確認画面に戻ります。利用コードを張り付けて進むと、年齢確認画面が出てきて、完了します。

 

linemobilenenrei008 linemobilenenrei009

 

これで無事年齢確認が完了し、長く年齢認証ができないためにID検索ができないという悩みから解放されるに至りました。

LINEモバイルを利用していてLINEの年齢認証ができていない人は是非試してみてください。

 - LINEモバイル