ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイル新規契約時の本人確認書類をまとめてみた

   

ドコモやauやソフトバンクのケータイ・スマホの新規契約をする際、もっとも面倒なのは契約時に必要な本人確認書類をそろえることではないでしょうか。

せっかくショップまで新規契約に行ったのに、本人確認書類が足りなくて帰る羽目になり、今度こそはと揃えて出向くと不備があるといわれ・・・。

そんな経験がある方も実は少なくないのではないかと思います。

昨今の本人確認の厳格化や割賦販売の普及に伴い、必要書類等もかなり複雑化しています。

 

ネット上で契約できる格安SIMも、当然契約時には必要な本人確認書類があります。ただ、大手キャリアの契約と比べると比較的シンプルになっていますし、不備があったからといって何度も店舗まで出向いたりする必要はないのでまだ簡単です。

人気のMVNO・LINEモバイルの場合の、新規契約時に必要な本人確認書類および、その他必要なものをまとめてみました。

 

関連記事:「LINEモバイル詳細まとめ

LINEモバイル公式サイトLINEモバイル

LINEモバイルの新規契約時に必要なもの一覧

LINEモバイルの新規契約に必要なものとしては、以下の3点(+1点)が挙げられます。

 

「本人確認書類」「クレジットカード(もしくはLINE Payカード)」「メールアドレス」(+「MNP予約番号」)

 

通常新規契約の場合には「本人確認書類」「クレジットカード」「メールアドレス」の3点でいいのですが、他社から番号を持ってくるMNP新規契約の場合には、それに加えて1点「MNP予約番号」が必要となります。

それぞれ1点ずつ、詳細を確認していきます。

 

LINEモバイルの新規契約時必須アイテム:本人確認書類

新規契約時に必要となるものの代表は、やはりこの本人確認書類です。

ドコモ含む大手キャリア契約の場合には、ここが非常に複雑なのですが、LINEモバイルの場合は比較的シンプルです。

その理由としては、やはりネット受付なので、家族受付や代理人受付が存在しないことや、割賦受付などが絡まないためにシンプルになるものと思われます。

以下の書類、いずれか1点を準備しましょう。

 

運転免許証

運転経歴証明書

日本国パスポート+補助書類

在留カード

特別永住者証明書

住民基本台帳カード

健康保険証+補助書類

後期高齢者医療被保険者証+補助書類

届出避難場所証明書

身体障害者手帳

療育手帳

精神障害者保険福祉手帳

特定疾患医療受給証+補助書類

特定疾患医療登録者証+補助書類

 

「+補助書類」となっているものに関しては、補助書類として「公共料金領収書」か「住民票」が必要となります。

本人確認それぞれに対して、上記に書ききれない注意事項がありますので、必ずLINEモバイル契約前に、公式サイトで詳細まで確認しておきましょう。「申し込み」から入って本人確認書類をチェックできます。→LINEモバイル

加えて、補助書類に関しても、発行から三ヶ月以内であることが条件になっていたりと、注意点がありますので合わせて確認しましょう。

 

ドコモなどの新規契約に関してもそうですが、やはり本人確認書類として最強なのは現住所記載の運転免許証です。もちろん有効期限内である必要があります。

運転免許証があれば補助書類等も必要ありませんし、非常に手続きがスムーズに進みます。

もし免許証がない場合、次の候補としては健康保険証になると思いますが、その場合はどうしても補助書類が必要となります。

住民票を取りにいければ一番いいのですが、わざわざ取りに行かなくても、必要事項が記入されている公共料金領収書があれば間に合います。ただし、注意事項はしっかり確認しておく必要があります。

加えて、あくまで公共料金の「領収書」であり、「請求書」ではありません。公共料金請求書では受付不可です。

 

もう1点ドコモとの違いとして、ドコモの新規契約の場合には現在、マイナンバーカードが新しく新規契約書類に追加されていますが、LINEモバイルの場合にはマイナンバーカードは新規契約時の本人確認書類としては利用できませんので注意しましょう。

 

LINEモバイルの新規契約時必須アイテム:クレジットカード

LINEモバイルの支払い設定の選択肢としては、クレジットカード払いのみとなっており、口座振替やデビットカードは利用できません

契約者名義と同一名義のクレジットカードのみが利用可能なので、契約者が夫でクレジットカード名義が妻、というような形にはできません。

もともと所有している契約者名義のクレジットカードを利用するか、もしくは事前に楽天カードなどクレジットカード初心者が申し込みしやすいカードを申し込みしておけばいいでしょう。

もちろん、ドコモユーザーでdカードやdカード GOLDを所有している場合はそのままLINEモバイルの支払いに利用することもできます。

 

LINEモバイルの支払い方法のもう一つの選択肢としては、LINE Payカードを支払いに充てるという方法もあります。

LINE Payカードはプリペイドカードなので、誰でも簡単に申し込みが可能です。ただし、その都度チャージをしておく必要があるので注意も必要です。

関連記事:「LINEモバイルをLINE Payカード払いにしている場合は要注意

 

LINEモバイルの新規契約時必須アイテム:メールアドレス

LINEモバイルの新規契約時には、メールアドレスが必要です。

特に、ドコモなど大手キャリアからの乗り換えの際は、キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)を登録しないようにしましょう。

なぜなら、番号そのままでMNP新規契約をした場合、もともとのキャリア契約は解約になってしまうため、キャリアメールは利用できなくなってしまいます。

大手キャリア解約後にも利用可能な、GmailiCloudメールなどを利用するようにしましょう。

 

LINEモバイルの新規契約時必須アイテム:MNP予約番号

データ通信専用プランや電話番号を持ってこない新規契約であれば必要ありませんが、もし他社から電話番号をそのまま持ってくる場合には必ず準備しておかなければなりません。

ドコモ契約中の場合にはドコモショップ、My docomo、インフォメーションセンターにて受付しています。

ドコモからLINEモバイルへのMNPポートイン方法については、「LINEモバイルへのMNP転入はドコモからが有利」にて詳しく解説しています。

 

LINEモバイルの契約が実はそんなに難しくない理由

比較の問題になりますが、ドコモを例とすると、LINEモバイルの契約は非常に簡単です。

ドコモの場合には、前述したように家族受付や代理人受付のケースや割賦契約、ファミリー割引、支払い口座、シェアパックなどなどの各種問題から、誰と誰に電話確認が必要で、この場合は委任状が必須で、書類もこれはコピーで問題ないけれどこれは原本で・・・などなど、おそらく案内している側すら混乱しかねないような状況に陥りがちです。

そう考えれば上記のLINEモバイルの契約時に必要なもの程度は、ある程度すぐにそろうと思います。

それほど難しく考えなくてもあっさり手続きは完了しますので、初めての場合でも心配しすぎずに申し込みしてみましょう。

申し込みの流れは実際の体験記事:「LINEモバイルを申し込みしてみた」を参考にされてください。

 

LINEモバイル公式サイトLINEモバイル

 - LINEモバイル