ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイルの端末保証オプションを検討してみた

   

LINEモバイルより、端末保証オプションの開始が発表されています。

ここまで、MVNOにおける最大の弱点とされてきているのは、なんといってもやはりスマートフォン端末に対する保証やサポート体制なので、この端末保証オプションを有効活用することで、よりLINEモバイルを便利に利用できるようになるのは間違いなさそうです。

端末保証と持込端末保証、それぞれの詳細内容を見ていきます。

LINEモバイルの端末保証オプションは「端末保証」と「持込端末保証」

LINEモバイルの端末保証オプションには、2種類の保証が用意されています。

その二つの違いをまとめてみました。

 

月額料金 保証利用料金 対応 保証対象
端末保証 450円(初月無料) 1回目5000円 2回目8000円 交換 LINEモバイルで購入した端末
持込端末保証 500円(初月無料) 1回目4000円 2回目8000円 交換か修理 自身で用意した持込端末

 

まずは、LINEモバイルで購入したスマホ端末を利用しているのか、それ以外なのかで内容が変わってきます。

しかし、LINEモバイルで購入したものでなくても保証登録ができるというのは非常にうれしいですね。

例えば私が利用しているiPhone 7 Plusには、Apple Care+をつけていないので、もし対象端末になるのなら、是非検討してみたいと思います。

万が一の際に、5000円で修理か交換してもらえるのなら、こんなうれしい話はないです。

 

linemobiletanmatuhosyo02

 

LINEモバイル「端末保証」詳細

さらにLINEモバイルの「端末保証」についての詳細をまとめておきます。

 

加入対象者 LINEモバイルで端末を購入した人
申し込み内容選択時に「端末+SIMカード」で申し込みした人
月額利用料 450円
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
問い合わせ先 LINEモバイル 端末保証センター
交換端末 ・原則、同一機種・同一カラーの端末
・新品もしくはリフレッシュ端末
・在庫不足や生産終了などの理由により別の端末となる場合あり
端末が届くまでの期間 約2日
端末引取方法と受渡方法 交換端末と返送キットを同時配送。故障端末を返送キットにいれて送付
端末交換・修理代金 1回目 5,000円
2回目 8,000円
保証期間 3年間
利用回数 年2回まで
保証範囲 故障、水濡れ、破損
その他
・18:00までに受付完了で、交換端末当日発送。
・交換端末は、LINEアプリやi-フィルター、APN設定をプリセットしてお届け。

 

ドコモユーザーであれば、そのままドコモのケータイ補償サービスをイメージするとよさそうです。

ほぼ似たような内容になっており、大手キャリアのお株を奪う手厚い保証となっています。

ドコモのGシリーズ以降のスマートフォンのケータイ補償交換代金は、Android端末で7500円になってしまいましたし月額料金も上がりました。それを考えればこのLINEモバイルの端末保証の方がずいぶんお得です。

ドコモのケータイ補償と違うのは、交換端末はリフレッシュ品、または新品となっているところで、新品が来ることもあるようです。ただし、そのどちらになるかを選択することはできません。実際はそんなに違いはないので気にするほどではないでしょう。

基本的には同一機種同一色との交換になりますが、在庫がない場合にはLINEモバイルが指定する別機種になることもあるという点は、ドコモのケータイ補償とまったく同じです。

ただ、LINEモバイルの端末保証には保証期間があり、これは保証の契約成立から3年間となっていますので注意しましょう。

以後は保証は自動的に終了となります。

LINEモバイル「持込端末保証」詳細

LINEモバイルで端末を購入せず、持ち込みの端末で利用している場合で、その端末に対して保証をかけたい、という場合に利用できる「持込端末保証」です。

たとえば、ドコモのスマートフォンをそのまま利用したいが、端末に保証はかけたいという場合にはこちらを選択することになります。

 

加入対象者 LINEモバイルで端末を購入した人
申し込み内容選択時に「SIMカードのみ」で申し込みした人
月額利用料 500円
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
問い合わせ先 LINEモバイル 端末保証センター
対象機器 修理:Android端末、iOS端末
交換:Android端末
※iOS端末は修理のみ受付
交換端末 ・故障端末と同一OSの端末
・新品もしくはリフレッシュ端末
・LINEモバイル保有の交換端末の中から送付
・交換端末が利用端末と同一の端末とは限らず
・交換端末の指定はできない
端末が届くまでの期間 約2週間
端末引取方法と受渡方法 故障端末は、電話後に受け取った返送キットにいれて送付。
修理完了端末または交換端末は、診断後に送付される。
端末交換・修理代金 1回目 4,000円
2回目 8,000円
保証期間 自然故障の場合:メーカー発売日から3年間
落下・水濡れ等の場合:本オプションを解約するまで
利用回数 年2回まで
保証範囲 故障、水濡れ、破損
保証上限額 50,000円
貸出端末 あり。希望者のみ
IMEI登録
必須。専用ページにて
その他 18:00までに受付が完了すれば、返送キットと貸出端末(希望者のみ)を当日発送

 

気になっていたiPhoneも、上記を見る限り修理対応だけですが、とりあえず対象になるようですね。一安心です。交換されなくても修理でも十分だと思います。

修理代金の保証金額上限が50000円という点は、OCNモバイルONEの「あんしん補償」と同じですが、よほど全損に近い故障でない限り、ある程度の故障はその中に収まるものと思われます。

 

LINEモバイルの端末保証オプションは新規契約時のみ申し込み可能

LINEモバイルの「端末保証オプション」は、「端末保証」にしても「持込端末保証」にしても、新規契約時にのみ申し込みが可能となっています。契約後の申し込みは不可です。

ただし、2017年2月17日までに限り、すでにLINEモバイルを利用しているユーザーも申し込みをすることが可能です。

利用しているスマホ端末に補償をかけておきたいと思うのであれば、早めに手続しておく必要があります。LINEモバイル「マイページ」の「プラン・オプション」から申し込みが可能です。

 

持込端末保証の場合にはIMEI登録が必須

持込端末保証を申し込みした際の注意点です。

端末保証オプション加入後に届くメールか、Myページにて、IMEI番号の登録をしておかないと、持込端末保証の場合にはどの端末が対象となるのか判断できなくなってしまい保証対象外となってしまうため、必ず登録をしておくようにしましょう。

LINEモバイルで購入した端末に関しては、購入履歴等で把握してもらえるのか、IMEI番号登録は必要ないようです。

 

 

スマホの補償・保証の意味を知る

基本的に「保険」的な意味合いを持つサービスは、補償・保証等含めて、相互扶助の考え方に基づいています。

つまり、全員で保険金とするべき原資(保険料)を支払い、誰かが保険事故に遭遇した時に、その保険料から保険金をねん出する、という仕組みです。全員で「悪く事故に遭った誰か一人」を助ける、という形になっているのです。

そのため、自分が助けられることもあれば、自分は恩恵にあずかることなく、保険料だけ支払う形になるケースもあるわけです。

保険とは損得ではなく、万が一に備えるものなので、何もなければその分保険料(月額料金)がもったいないと考えるのは間違いで、何も起こらなければ起こらないに越したことはなく、安心を買うような形になるわけです。そして支払った保険料は何かが起こった誰かを助けるために活用されるわけです。

LINEモバイルの端末保証もおおむね考え方は同じと考えられますので、「自分を含む誰かの万が一をサポート」しようと考えるのであれば、全員で加入した方が効果的です。

 

ただ、生命保険などの「保険」とスマホにおける補償(保証)との大きな違いとしては、リスク細分の考え方まではスマホの保証には存在しないという点です。

つまり、慎重でほとんどスマホを故障させることがない人もいれば、性格が大雑把でよくスマホを破損させてしまう人もいます。その二人の保険料が一緒では、本来割に合わないのです。

ですが、スマホに対してそこまで細かくリスクで保険料を分けることはできないので、一般的に慎重でスマホを大切に扱う人は、端末保証加入にあたって若干損をしてしまう構造になっているものと思われます。

 

LINEモバイル端末保証が得か損か計算してみる

なんと言っても、結局気になるのは、やはり得か損か。LINEモバイルの端末保証が損でなければ加入したいけれど、損をするなら加入したくないという人がほとんどなのではないでしょうか。

持ち込みのケースで考えてみます。

月額500円×24ヶ月=12000円 保証利用料金:5000円(1回目)

二年間利用して、保証を1回利用した場合の合計金額は、17000円です。

これが仮にiPhone 7 Plusであれば、確実に得ですね。Apple Care+に加入するよりも、有償時の金額としてはお得です。

万が一の際には買い替える、と考えている人にはお得感は薄いかもしれませんが、一つの端末を長期間使い続けたいと考えているのであれば、LINEモバイルの端末保証・持込端末保証は非常に使えるサービスと考えていいのではないでしょうか。

 ▼LINEモバイル公式サイト▼

 - LINEモバイル