ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINE PayカードとLINEポイントのメリットデメリットまとめ

   

ポイントカード業界は、Tポイント、Rポイント、Pontaポイント、dポイントなど、合従連衡を繰り返しながらのまさに戦国時代へと突入しています。

そんな中で発表されたLINE PayカードLINEポイントは、先行する各種ポイントサービスと比較してどんなメリットがあるのでしょうか。

果たして今から利用していくほどのお得感や使い勝手が存在しているのでしょうか。

LINEユーザーは増加の一途で、もはやスマートフォン/iPhoneを利用していながらLINEを利用していない人はかなり少数派と思われる上に、むしろ「LINEを使いたいからスマホに替える」という人すら増えてきている状況です。

LINE PayカードとLINEポイントについて、メリットやデメリット、またドコモ dカード/dカード GOLDau WALLETカードとの比較などを検証していきます。

LINE Payカードとは

LINEが2016年3月24日より提供開始したLINE Payカードは、キャッシュレス・ウォレットレス社会の実現を目指して、国内6800万人と言われるLINEユーザーに対する「スマホのおサイフサービス」として、今まで以上の利便性向上を図って発行開始されたプリペイドカードです。

LINEとJCBの協業により実現したLINE Payカードは、LINE Payの残高を国内・海外約3000万店のJCB加盟店での支払いに利用することができます。

クレジットカードではありませんので、利用する場合にはLINE Payに残高があるか、なければ事前にチャージをしておく必要があります。

使い方としては、日常での買い物やインターネット各種サービスの支払いに利用することができ、利用特典として利用金額の2%(100円につき2ポイント)が「LINEポイント」として貯まっていきます。

貯めたポイントは各種LINEのサービスで利用できたり、1000ポイント以上になればLINE Pay残高に電子マネーとして交換も可能となっています。

LINE Payカードの主な特徴を見てみます。

 

ポイント付与条件 ショッピング利用100円ごとに2ポイント
決済ブランド JCB
カードデザイン ブラウン、ブラック、ホワイト、カラフル、Sweet Cony、Happy Holiday(全6種類)
入会金・年会費 無料
年齢制限 なし
発行審査 なし
申込方法 LINEアプリ内のLINE Payにて必要事項を記入し申込後、約1週間~10日で自宅に郵送
独自機能 利用直後にLINEアプリにプッシュ通知を送信(リアルタイムで残高確認・利用履歴の閲覧が可能)

 

LINE Payカードについて最も注目すべきは、ポイント還元率の高さです。

100円につき2ポイント、つまり2%というポイント還元率は、他のクレジットカードやポイントカードと比較しても、最高水準です。

うまく活用すれば実にお得なカードになる可能性を秘めています。

さらに、クレジットカードではなくプリペイドカードなので、申込時の与信審査や年齢制限もなく、手軽に申し込みが可能です。

 

加えてLINE Pay利用時には、LINEアプリにプッシュ通知を送信してくれるため、いつ何に利用したかなどが非常にわかりやすく、管理もしやすくなっています。クレジットカードでよくある「使いすぎ」を防ぐ効果もあります。

 

LINE Payカードを申込してみる

実際にLINE Payカードを申込みしてみます。まずはLINEアプリを立ち上げます。

 

linepay01

 

LINEアプリの設定画面の中にある、「LINE Pay」を選択します。

 

linepay03 linepay04

 

以下2種類はNewデザインです。

Sweet Conyは2016年8月に、Haapy Holidayは2016年11月に追加されました。

 

linepaycard01 linepaycard02
Sweet Cony Happy Holiday

 

合計六つのデザインからLINE Payカードを選択します。その後、必要事項として名前と住所などを入力します。これだけで終了です。

もともとLINE Payを利用している場合には、「LINE Pay」の中にある「LINE Payカードを申し込む」から申し込みをすればOKです。実に簡単ですね。

 

linepay05

 

 

あとはカード到着後に、「カード受取後の利用開始手続きはこちら」から利用開始手続きを実施して完了です。

 

LINE Payカードのチャージ方法

LINE Payカードへのチャージについては、いくつか方法があります。

まずLINE Payの内容を確認する場合には、LINEアプリから確認ができます。LINE Payアプリは現在、LINEアプリに統合されました。

LINEアプリ内のLINE Payを確認すると、「チャージ」という項目があります。

linepay07

 

チャージ方法として選択できるのは5パターンです。

「銀行口座」「コンビニ」「チャージ専用口座」「Pay-easy」「オートチャージ」

 

linepay06

 

それぞれのLINE Payのチャージ方法について次に確認していきます。

 

LINE Payを銀行口座からチャージ

LINE Payの銀行の口座からのチャージは、理屈としてはもっとも単純でわかりやすいチャージ方法かもしれません。

LINE Payカード開始当初に連携されていた銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行のみで、数としてはかなり少なめでしたが、現在ではかなり数が増えて拡大されています。

 

【LINE Payカード・銀行口座チャージ対応の銀行一覧】(2016/11/3現在)

ゆうちょ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・横浜銀行・伊予銀行・滋賀銀行・百五銀行・福岡銀行・親和銀行・秋田銀行・十六銀行・熊本銀行・千葉銀行・北洋銀行・八十二銀行

 

加えてオートチャージ機能が2016年3月24日より開始されています。

オートチャージ機能は、銀行口座を連携しているユーザー向けのサービスで、LINE Pay残高が一定額を下回った場合に、ユーザーが設定した金額が自動的にチャージされる仕組みです。

これにより、わざわざチャージをしなくても、常にLINE Payが利用できる状態になります。

 

LINE Payのチャージ専用口座を利用

LINE Payはジャパンネット銀行との提携により、2016年3月24日より「チャージ専用口座」を開始しています。

チャージ専用口座とは、LINE Payを利用する場合に自動的に各個人に割り当てられるジャパンネット銀行口座のことで、この銀行口座に通常の金融機関から振り込みを行うことにより、LINE Pay残高にチャージすることができるような仕組みとなっています。

 

linepay08

 

チャージ専用口座は「ラインブラウン支店」、「ラインコニ―支店」とされており、口座名義は「ラインペイ(カ」となっています。口座番号だけが、各個人ごとに違います。

7桁の口座番号になりますので、単純計算1支店あたり999万9999人分の口座が作れるため、2支店で約2000万人分です。LINEの国内総登録数からすれば全く足りていませんが、LINE Payの利用者数の増加に伴い、ジャパンネット銀行の支店も増やされていくことが予想されます。

チャージ専用口座の利用は非常に簡単ですが、金融機関から振り込みを行う手間がかかります。さらに、振り込み時間によっては翌営業日となりますので、即時でのチャージには向いていません。

 

LINE Payをコンビニでチャージ

全国のコンビニエンスストアにて、LINE Payはチャージが可能となっています。実際のところ、この方法が最初は最も無難なチャージ方法かもしれません。

チャージ可能なコンビニエンスストアとしては、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、サークルKサンクスが対象とされています。

linepay09

 

まずはチャージ金額を選択し「チャージ」をタップします。

linepay091

 

各コンビニエンスストアでチャージ方法はそれぞれ若干異なりますので、詳細な手続きがわからない場合は、下部の「ご利用方法のご案内」から確認しましょう。

 

なお、2016年6月からは、全国のローソン(約12000店舗)にて「LINE Payカード」を提示することで、レジで現金を支払いしてLINE Payにチャージすることが可能になりました

コンビニでの実際のチャージ方法及び、実際のLINE Payカードを使い方については別記事にまとめてありますので、そちらを参考にどうぞ。
別記事:「LINE Payカードのコンビニチャージから買い物まで体験してみた

 

LINE Payはクレジットチャージはできない

各種電子マネーのチャージ方法の一つに、クレジットカードからチャージする「クレジットチャージ」が存在します。

場合によってはクレジットチャージを利用することで、クレジットカード側にもポイントが付くケースもあり、非常にお得なポイント二重取りができるようなケースも存在しますが、LINE Payについてはクレジットチャージそのものが存在しません。

そのため、チャージポイントなども対象外となりますので、この点は注意が必要です。

ただ、逆に言えば、ポイント獲得効率を考えてクレジットチャージを計算し始めると、かなり利用方法が煩雑になってくることもありますので、シンプルにチャージはチャージで銀行やコンビニなどでのみ可能と考えておくとわかりやすいと思われます。

 

LINEポイントの利用方法

LINE Payカードを介した買い物により、100円で2ポイントが付与されるLINEポイント。

還元率の高さから今後かなり注目を集める可能性が高いですが、では貯まったLINEポイントはどういう場面で利用することができるのでしょうか。

ポイント還元率がいくら高くても、そのポイントが使えないポイントでは何の意味もないので、本当に使えるポイントなのかを確認しておく必要があります。

 

まず、2016年4月25日をもって、現在のLINEフリーコインがLINEポイントに統合されました。今後はまとめてLINEポイントになります。そのため、LINEのアプリ内でも「LINEフリーコイン=LINEポイント」は今まで通り貯めることができます。

 

貯まったポイントの利用方法ですが、まずはLINE STOREやLINE FRIENDS公式オンラインショップでの買い物に利用可能です。そして、さらに、1000ポイント以上のポイントを貯めれば、LINE Pay残高への電子マネーとしての交換が可能です。LINE Pay残高になれば、そのままLINE Pay加盟店で買い物ができますので、使い勝手はかなり広がります。

他にもユーザー間の送金や、指定の銀行口座への出金も可能です。さらに、他社のポイントプログラムとの相互交換も可能となっています。

Amazonギフト券、nanacoポイント、Pontaポイント、メトロポイントなどです。

いずれも大手の外部サービスなので、有効活用していくことでLINEポイントの利用価値がさらに高まります。

ただし、交換比率に関してはそれぞれ1対1では交換できないため、若干の手数料分のポイントがかかる点は注意が必要です。

さらに、それまではLINEで利用できるスタンプを購入する際には、LINEポイントをLINEコインに変換する必要がありましたが、10月末から11月にかけてのLINEのバージョンアップで変更が入りました。

 

linecoin04

 

このバージョンアップによって、LINEコインをわざわざLINEポイントに交換しなくても、LINEポイントのままLINEスタンプの購入が実施できるようになりました

実際にLINEポイントでのLINEスタンプの購入を試してみると次のように表示されます。

 

linecoin05

 

つまり、自動的にLINEポイントがLINEコインに変換されて交換されるということです。これなら確かに便利ではあるものの、残念なことにLINEポイントがどれだけ消費されるのかわからず、レートの表記などもないので、非常にわかりづらいです。

これならLINEコインに交換してから購入した方がマシかもしれません。

今後のさらなる更新を待ちたいところです。

 

dカード/au WALLETカードよりもLINE Payカードはお得なのか

NTTドコモのdポイント、auのWALLETポイントと比較して、LINEポイントはお得なのでしょうか。

ドコモのdポイントは、クレジットカードであるdカード/dカード GOLDを利用しないと決済ポイントが付かないため、ドコモの場合はdカード、auの場合も条件を合わせてau WALLETクレジットカードを、LINE Payカードと比較してみます。

 

ドコモdカード au WALLETカード LINE Payカード
カードの種類 クレジット クレジット プリペイド
100円あたりポイント 1ポイント 1ポイント 2ポイント
ポイント還元率 1% 1% 2%
決済 iD決済
クレジット決済
MasterCard加盟店 JCB加盟店

 

商品購入時の決済ポイントは、ドコモdカードの場合、GOLDカードも含めて1%となっています。

au WALLETカードの場合は、クレジットカードで1%、プリペイドカードの場合は0.5%です。

それに対してLINE Payカードは、そもそもクレジットカードが存在せずプリペイドカードのみとなっており、還元率は2%です。

ドコモ、auに対してLINE Payカードは倍のポイント付与率となっています。

クレジットカードではなくプリペイドカードであるという点もメリットの一つで、申込時の与信審査なども存在しないため誰でも申し込みが可能であり、気楽に利用開始することができます。

 

ここだけを見ると、圧倒的にLINE Payカードを利用してのLINEポイント獲得の方がかなりお得に思えますが、ドコモのdカードについてのみはもう少し考える必要があります。

ローソンで買い物をする場合のポイント付与が、最大5%あるdカードは、使い方によってはLINE Payカードよりもお得になる可能性があります。

ただし、LINE Payカードを利用する際にPontaカードかdポイントカードを所有していれば、ローソンで買い物時につく加盟店ポイント1%は受けることができるので、ローソンでLINE Payカード決済で買い物をした場合のポイント還元率は合計3%となります。dカードよりも2%ほど弱いという結果です。

ただし、ローソン以外での利用を考えると、すべての決済場面で2%の還元率が適用されるLINE Payカードは、利用状況によってはdカードよりもお得と言える可能性が高そうです。

 

そもそも入会金も登録料も無料のLINE Payカード、持っておいてまったく損はしません。

簡単なので、申し込みして利用してみても面白いのではないでしょうか。

 

LINE Payカード、サービス開始三日間で10万枚突破

LINE Payカードは、サービスを開始してわずか三日で、10万枚の申し込みを突破したそうです。

さすがのLINEパワーとも言えますし、まったく損することがなく非常にお得なLINE Payカード、しかも申し込みも簡単で審査も一切不要となれば、申し込みをしない方がもったいないと言えます。

開始当初の四種類のカードタイプの中で一番人気は、ブラウンということです。続いてカラフル、ホワイト、ブラックという人気になっているようです。

ブラウンは派手すぎずシンプルすぎずというバランスの良さが人気の秘密かもしれません。

カラフルはかなり派手めのようにも思えますが、LINEらしさが感じられるデザインでもあるので人気があるのかもしれません。ブラックは逆にシンプルすぎてLINE Payカードであるということがわかりにくいためあまり選ばれていないのでしょうか。

ともかくこれからLINE Payカードを申込しようと考えている人は、新しく追加されたSweet ConyとHappy Holidayも加えた全六種類のデザイン人気分布も参考にしながら選びたいところです。

 

LINE Payカードは1週間から10日ほどで届く

LINE Payカードを申込したなら、届くのが待ち遠しいと思います。しかし焦ってもそう早くは届きません。目安としては申込をしてから1週間から10日ほどで届く予定になっているようです。

実際にLINE Payカードが届く前にLINEにて「利用開始手続きをしてください」との通知が来たため、Twitterでその件をツイートしたところ、LINE公式アカウントからリプライがありました。

 

linerep01

 

早く届かないかなぁという思いでツイートしたところ・・・。

 

linerep

わざわざリプライしてくれました。逆にこちらこそ申し訳なかったです。

四の五の言わず、おとなしく送られてくるのを待とうと思います。そしてLINE Payカードをしっかりフル活用してみたいと思います。

 

LINE Payカードが届いたので利用開始手続き

私がLINE Payカードの申し込みをしたのが、2016年3月25日でした。

その後、4月3日に「LINE Pay Admin」より「LINE Payカードの利用開始手続きをしてください」というLINEメッセージが届きました。

そして4月6日、LINE Payカードがついに届きました。1週間から10日ほどで送られるということですが、日数にして12日、LINE Payカード開始当初ということもあり、配送に若干遅れが生じたのかもしれません。

とりあえずLINE Payカードが送られてくるまでは約1~2週間と認識しておけば、なかなか届かなくてもやきもきしないかもしれませんね。

では、我が家に届いたLINE Payカードです。

 

linepay991

 

LINEの封筒に入って送られてきました。封筒の裏面にはこんな文章が。

「あなたのスマホがおサイフに LINE Payカードでお得に!便利に!」

 

linepay994

 

早速封筒を開封してみました。

 

linepay992

 

私が選んだのは二番人気のカード「カラフル」です。利用開始手続きの方法も記載されていました。簡単なのですぐにできますね。

 

linepay993

 

見た目は普通のクレジットカードと全く変わりません。右下に「JCB」のマークと、その下に「PREPAID」という記載があります。

クレジットカードと同じように、4桁×4の16桁の数字が記載されています。先頭の数字はブランドを表しており、JCBの場合には「3」、VISAなら「4」、MasterCardなら「5」が記載されます。LINE PayカードはJCBなので「3」です。

 

linepay995

 

これであとは、利用開始手続き後、すぐにチャージをして利用開始することができるようになります。早速使ってLINEポイントをたくさん貯めていきましょう。

 

LINE Payカードをコンビニ/レストランで利用

LINE Payカードをチャージして、コンビニやレストランで実際に利用してみました。

結果として、普通のクレジットカードとまったく同じ感覚で簡単に利用することができました。

ただ、一部対応していない機器が設置してあるためか、利用できないケースもありましたので、別の支払い方法をしっかり用意した上で使ってみるといいのではないでしょうか。

詳細は以下の記事で解説しています。

関連記事:「LINE Payカードのコンビニチャージから買い物まで体験してみた

 

LINE Payカードをdカード GOLDと併用する

ドコモユーザーにとっての最強の組み合わせは、LINE Payカード+dカード GOLDです。

dカード GOLDの高還元+多くの特典に加えて、LINE Payカードの決済ポイント2%還元を組み合わせれば、非常にお得な利用が可能となります。

dカード GOLDで補えない決済ポイント分をLINE Payカードで補い、それ以外のクレジットカードとしての付帯保険や特典等をdカード GOLDで受ける形となります。

ドコモ利用の場合のdカード GOLD活用については別記事を参考にしてください。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

MVNO/LINEモバイルもLINEポイント連携

2016年9月、ついに先行サービスが開始されたLINEのMVNOサービス「LINEモバイル」。

LINEモバイルの料金支払い時にも、LINE Payカードは利用することができます。実際に私はLINEモバイルの支払いにLINE Payカードを充てています。

格安でLINEの通信容量をカウントしない「LINEフリー」や、LINEだけでなく、FacebookやTwitter、Instagramの通信容量もカウント対象外とする「コミュニケーションフリー」など、人気のプランを揃え、バックボーンであるMVNEにはNTTコミュニケーションズという強力な布陣で、後発組ではありますが、上位を占めるMVNOをこれから追い上げていくことが予想されます。

誰もが利用しているLINEだからこその強みがありますし、LINE Payカードを利用している人はもちろんLINEモバイルは第一の選択肢になりますし、逆もそうだと思います。

今後の展開も考えて、LINEモバイルとLINE Payカードのセット利用は是非実現したいところです。

 

追記:

後日、LINEモバイルとLINE Payカードのセット利用で、ヒヤリハットを体験しました。以下、要注意です。
LINEモバイルをLINE Payカード払いにしている場合は要注意/予期せず訪れるヒヤリハット

 

LINE Payカードを利用してみての感想

LINE Payカードが開始してしばらく、ポイント還元率の高さから積極的に利用していこうと考えていたLINE Payカードも、そのチャージの不便さからなかなか利用できないでいました。

ただ、その後ローソンでのレジチャージが開始されたタイミングから、手軽にチャージが可能となったことで再度LINE Payカードの利用を開始しました。

それから1万円単位でLINE Payカードにチャージするようにし、コンビニで買い物をするときには必ず利用するようにしています。

ローソンでは、dカード GOLD/dポイントカードも併用できるため、よりポイントが貯めやすく、ローソンに寄れないときでも還元率の高いLINE Payカードは現時点で最高に使い勝手がいいです。

やはりお気に入りは、LINE Payカードを利用した直後にLINE Pay Teamから送られてくるLINEメッセージです。

 

「LINE Payカードで○○円のご利用がありました。(付与予定ポイント:○○ポイント)」

 

このメッセージのおかげで、いついくら利用したかが一目瞭然です。

ただ、もう少し改善してくれたら、と感じる点としては、現在のLINE Pay残高や合計LINEポイントまで同時に同じLINEトーク内で表示されるようにしてくれたらより便利なのになぁと感じています。

さらに、LINE Payの利用直後に、LINEポイントもリアルタイムで反映したらいうことなしです。

今後の改善を期待したいところです。

 

LINE Payカードで頻繁にコンビニで買い物した結果

LINE Payカードのローソンレジチャージ開始以降、私の生活リズムの中にコンビニでの買い物はLINE Payカードというサイクルが出来上がりました。

最近は現金で買い物をすることはほとんどありません。

ほぼLINE Payカードとdカード GOLDの併用です。

私の場合は、利用しなくてもゴールドステージに優遇されるdカード GOLDはとりあえず所有だけしておき、普段の買い物にはポイント還元率が高いLINE Payカードを優先して利用しています。

その結果が以下の通りです。

 

linepay091901

 

貯まります。どんどん貯まります。

その結果、数か月で800Pを超え、さらに10月末現在で1177ポイントまできました。

好きなスタンプをそこそこ買えそうですね。

 

linepay091902 linepay091903
9月のポイントが・・・→ 10月末にはここまで増えました。

 

LINEコインに交換してスタンプを購入するもよし、LINE Payカードの残高にチャージしてもよし、2%という高還元率はやはりかなりの魅力です。

dカード GOLD所有時のゴールドステージ優遇によるドコモ利用に対する10%という異常に高い還元率には及ばないものの、通常のクレジットカードでの還元率1%前後と比較すると破格の還元率です。

ドコモユーザーであれば特に、dカード GOLDと合わせてのLINE Payカードの利用は大きなメリットがあるといえます。

私も他にもっとお得な利用方法が登場しない限りは、この利用パターンを継続していこうと思います。

 

LINEポイントの有効期限

上記のLINEポイントの画面を見てもらえるとわかりますが、ポイント有効期限が延びています。

これがどういうことなのかを解説しておきます。

LINEポイントには有効期限があります。その有効期限とは、最後にポイントを獲得した日から180日後、となっています。

つまり、LINEポイントの獲得を日々続けていけば、延々とLINEポイントの有効期限は延ばし続けていけるわけです。

dポイントの4年のように長い有効期限が設定されているわけではないのですが、その代わり常にポイントを貯めていけば、延長に延長を繰り返し、事実上有効期限なしとして貯め続けることができるわけです。非常にお得ですね。

LINEポイントの有効期限切れを起こさせないように、日常的にLINE Payカードをしっかり利用していくことでそれが防げると思いますので、そうい意味でもLINE Payカード、しっかり利用していきたいところです。

 

 - LINEの裏, LINEモバイル