ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

LINEモバイルをLINE Payカード払いにしている場合は要注意/予期せず訪れるヒヤリハット

   

重大な事故や災害につながらなかったものの、一歩間違えばそうした事故などに発展してもおかしくなかった事象のことを「ヒヤリ・ハット」と呼ぶことがあります。

そのまま日本語の「ひやりとした」経験だったり、「ハッとした」体験だったりのことを、まとめてそう呼ぶのですね。

このヒヤリ・ハットを、LINEモバイル利用中に体験したので、人気のMVNO・SIMサービスである「LINEモバイル」ユーザー向けに共有しておきたいと思います。

今回私が体験したヒヤリ・ハットは、LINEモバイルの月額利用料金を、LINE Payカード払いにしている時に起きた、ヒヤリ・ハットです。

LINEモバイルの決済方法はクレジットカード払いのみ

まず、基本を振り返っておきたいのですが、LINEモバイルの利用料金の決済方法は、現時点でクレジットカード払いのみとなっています。

口座振替やコンビニなどでの払い込みは不可です。

そのため、LINEモバイル申し込み時点でクレジットカードを所有していることが大前提となります。

まぁこの点は、当ブログでもお勧めしているdカード GOLD楽天カードアメックスカードなどなんでもいいので一枚クレジットカードがあればそれだけで済むので、特に大きな問題ではないのですが、お得にLINEモバイルを利用したいと考えた場合に、プリペイドカードであるLINE PayカードをLINEモバイルの支払いに設定することが可能なのです。

クレジットカードではなくプリペイドカードであるLINE Payカードを支払いに設定するメリットとしては、ポイント還元率の高さにあります。

LINE Payカードのポイント還元率は実に2%という高還元率で、ほかのクレジットカードの還元率を凌駕します。

そのため、LINEモバイルを利用する場合、LINE Payカードを支払いに設定するのが実は最も効果的だったりするわけです。

他にも、たとえばクレジットカードを作ることができない、という人にとっても、LINE Payカードを利用することでLINEモバイルを契約するチャンスができることにもなります。

 

LINE Payカードがプリペイドであるがゆえに起こりうるヒヤリ・ハット

私の最近のクレジットカード利用のトレンドは、dカード GOLDによるiD決済(Apple Pay含む)と、ゴールドカードに育てていきたいという意図があるアメックスカード(グリーン)の利用がメインとなっていますが、LINEモバイルの料金に関してのみ、最初に設定したLINE Payカードを引き続き利用していたわけです。

ですが、LINE Payカードの利用が最近かなり減っていたこともあり、チャージするのをずっと忘れていたのです。

 

LINE Payカードに関して、確かにポイント還元率の高さは非常に大きなメリットではあるのですが、プリペイドカード特有の「その都度、チャージをしなければならない」という点が、実は私にとっては非常に大きな「手間」に感じられていたのでした。

もちろん、一応フォローしておきますが、LINE Payカードにはあらかじめ設定した金額を下回った場合に自動でチャージしてくれる、「オートチャージ機能」もあります。単純に私が、面倒でこのオートチャージを設定していなかったことも問題だったわけです。

 

で、そのチャージを忘れていた結果、2017年1月5日、LINE Payの利用メッセージがLINEで届きました。

LINEモバイルの利用料金の決済通知でした。

ここで私は、ひやりとし、ハッとしたのです(ヒヤリ・ハット)。

 

LINE Payの残高は残っていただろうか」。

 

そろそろチャージしないといけないなぁと、少し前に考えていたことがあったのを思い出したのです。私はあわてて、LINE Payの残高確認を行いました。

 

定期の支払いにLINE Payカードは向いていない

オートチャージを設定している場合を除いて、やはりプリペイドカードであるLINE Payカードに、LINEモバイルの月額料金などの定期定額の料金支払い設定はあまり向いていないと感じました。

その理由は単純至極、チャージ金額不足による支払い不履行が、意図せず発生してしまう可能性があるため、です。

 

さて、慌ててLINE Payの残高確認を行った結果ですが、以下の通りでした。

 

linepayzandaka

 

「あ、あぶない・・・」。

 

2017年。これが私の、今年初のヒヤリハットでした。

もし残高不足だったらどうなったのでしょうか。今までそんなこと考えたこともなかったので、調べていません。

というより、残高不足をそもそも発生させてはいけません。

 

基本的にクレジットカードの有効活用を常に心がけているため、支払いの遅延や未払いを絶対にしたくないと考えています。というより、決められた期限内に決められた額を支払うことは、「契約」をしている場合において当然のことだと思います。

そして、その積み重ねが社会的な信用(クレジット)を積み重ねていくのですから、一切の油断はできません。

ということで、LINEモバイルの支払いについて、LINE Payカードから普通のクレジットカード払いに変更するべく、現在再検討中です。自分の性格上、クレジットカード支払いの方が確実だと感じたからです

 

LINEモバイルを利用中、もしくは今後利用したいと考えている方、同時にLINE Payカードによる支払いを考えている方は、私の支払い遅延未遂の二の舞にならないよう、重々注意をされてください。

 - LINEモバイル