ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモで対応してくれないLINEのトーク引き継ぎ方法まとめ

   

ドコモやau、ソフトバンクでは対応してくれない、LINEのトーク引継ぎについてまとめます。

機種変更時、どうしてもLINEのトークを新しい機種に引継ぎしたいこともあると思います。

通常は、LINEの引継ぎはできても、それに伴いトークが自動引継ぎされることはありません。当然ドコモなどキャリアでは、そこまでLINEについての情報を持っているわけではないので、やり方も知りませんし、仮に知っていても間違った案内を恐れて教えてもらえないことがほとんどです。そもそもキャリアとして他社アプリの使い方を教える義務はないのですから当然と言えば当然です。

そんな時に、自分の力でトークの引継ぎをする方法です。

ちなみにトーク引継ぎに関しては、Android版LINEiPhone版LINEで大きく異なります。

Android版では公式にバックアップと復元方法が存在しますが、iPhone版ではテキスト形式でのバックアップのみ対応し、復元には公式には対応していません

Android版LINEのトーク引継ぎ

Android版のLINEでトークを引継ぎする場合には、引き継ぎたい相手とのトーク内容を、一つずつバックアップする必要があります。全員のトークをすべて一括でバックアップすることはできません

そのため、数多い相手とのトークを引継ぎしようと思うと、かなり手間と時間を要する可能性があります。

できる限り、「この人とのトークだけは」という相手に絞ってバックアップをとりたいところです。

 

まず、そのバックアップをおこないたい相手とのトーク画面を開きます。右上に「∨」のマークがあると思いますので、これをタップします。


linetalk1

 

そうすると、下の画面が出てきますので、その中から「トーク設定」を選びます。

 

linetalk2

 

次に、「トーク履歴をバックアップ」を選択します。

 

linetalk3

 

ここで一点、大きなポイントがあります。「トーク履歴をバックアップ」を選ぶと、次に二つの選択肢が出てきます。

テキストでバックアップ」と「すべてバックアップ」です。この項目にはそのままの意味があり、「テキストでバックアップ」を選択するとテキストファイルでバックアップをする形となり、トークの内容をテキストとして文章のみを確認することができるようになります。

 

linetalk4

 

ただし、「テキストでバックアップ」を選択した場合、あとでトークデータの復元を実施することはできません。あくまで、テキストとしてデータを残したいときにのみ選択する項目と覚えておいた方がいいでしょう。

LINEに同じようにトークを戻したいと考えているのであれば、ここは必ず「すべてバックアップ」を選択しましょう。

次に以下のような確認が出てきます。

 

linetalk5

 

つまりこの段階で、自分のスマートフォンの「LINE Backup」というフォルダに、この相手とのトーク保存データが生成されているのです。

目に見えるようにフォルダをファイルマネージャー系アプリで確認するとこう見えます。

 

linetalk7

 

この中に、

 

 

linetalk8

 

こんな感じでトークデータが保存されていきます。

このデータがあれば、トークデータの復元が可能なのです。

上記の「LINE Backup」フォルダにトークデータがあることをLINEはチェックしてくれ、その該当の相手とのトーク設定画面には、「トーク履歴をインポート」という項目が表示されます。

ちなみに、「LINE Backup」フォルダにバックアップデータがない相手とのトーク設定画面には、この「トーク履歴をインポート」という表示が出てきません。つまりここで気を付けるべきは、バックアップを取っておいても、正しく「LINE Backup」フォルダにデータを入れておかないと、復元できないということです。

 

上記の画面で「メールを送信しますか?」と聞いてくるのは、データを外部に逃がしておかないと、新しい機種でデータを復元することができないからです。

メールを送信しますか?と言われても、一体誰に送信するの?と途方にくれてしまうと思いますが、つまりはデータをどこに保存しておくようにするか、ということなのです。ですので、ここはとりあえず、「はい」を選択するのが正解です。

メールの送付先は、自分のGmailのアドレスなどが望ましいのですが、もう一つ問題点として、トークのデータが大きすぎてメールで送信できないというケースがあるのです。そうすると、データを外部に逃がせないので、トーク保存データがなくなってしまい、新しい機種でトークを復元できません。

この場合の方法としては、一つは単純に「LINE Backup」内のトーク保存データをSDカードなど、外部媒体にコピーしておくという方法です。ファイルマネージャー系のアプリを使えば簡単にできますね。

もう一つは、メールで送信しますか、と聞かれたところで「はい」を選び、他のクラウド系のアプリを利用してそちらにデータを保存するという方法です。個人的にはこちらがおすすめです。

 

linetalk6

 

操作を選択する画面が出てきて、通常はここでメールアプリ(ドコモメールなど)を選んでデータを送信するのですが、ここはあえてメールアプリを選択せずに、私はDropboxを選択しています。(※Dropboxの事前インストールと設定が必要です

すると、トークの保存データを、Dropboxと連携して自分のクラウド上に保存してくれるのです。

これなら非常に簡単です。復元するときも、Dropbox上にバックアップデータがあることを検知してくれ、「トーク履歴にインポート」もしっかり出てきます。簡単に復元できます。

 

この一連の流れさえつかんでしまえば、Androidスマートフォンでのトークのバックアップと復元も何も恐れるところはありません。

もちろん、現在利用しているスマートフォンに故障が発生してしまい操作ができなくなってしまうとデータのバックアップもできなくなりますので、大切なトークに関しては普段からこまめにバックアップをとっておくことをお勧めします。

こうした、iPhoneではできないけれどもAndroidならできる、という点は、外部アプリとの連携がうまく活用できるインテント機能を最大限に活用できるAndroidスマートフォンの強みといったところでしょうか。

 

 - LINEの裏