ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモの料金を少しでも安くする方法

   

毎月毎月、高額な通信費に悩んでいる人は少なくないと思います。

どうして毎月こんなに高くなるんだろうかと、ケータイやスマホに詳しい知り合いに相談してみた結果、返ってきたのは「どうしてそんなに高いの?」という言葉だったというケースも多いのではないでしょうか。

実は多くの人が見過ごしてしまっている大手キャリアの通信料金におけるポイントがあります。

そして、そこに気づかないがために毎月の料金が高騰してしまい、放置してしまっているがゆえに延々と高い料金を支払い続けなければならなくなってしまっているのです。

知らないことは怖いことです。

今回の内容は、おそらく料金をしっかり適正価格にできている人にとっては知っていて当たり前のことだと思います。

この内容を知らないからこそ、毎月高額になってしまうのです。そういう人たちは早急に料金全体を見直す必要があるかもしれません。

今回の記事を読んでポイントを抑えたら、さっそく自分で料金の見直しを実施してみましょう。

料金見直しポイント1:料金プランは適正か

まずは基本中の基本です。

料金プランが適正なプランになっているのかどうか、確認しておく必要があります。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの料金システムでは、基本料金プランパケット通信料金が分かれており、それらが両方とも適正かどうかを見なければいけません。

例えば、カケホーダイプランにした方が安いのにタイプXiにねんのままになっていないか、シンプルプランにした方が安くなるのにカケホーダイプランになっていないか。

そしてパケット通信自体ほとんど利用しないのに、ひと月あたりの利用可能データ量を非常に大きいウルトラデータLパックなどにしていないかどうか。

 

もし、「ドコモショップで見直ししてもらっているから大丈夫」という人は、用心してもう一度確認した方がいいでしょう。

なぜなら、大手キャリアショップにて最安値のプランを常に案内されるとは限らないからです。

キャリアショップでは、まずは標準プランが案内されたり、利用状況に合わせた提案が行われるため、初めから最安値は出てこないと考えた方がいいでしょう。

つまり、ドコモ含む大手キャリアのより良いものを適正価格で届けたいという理想と、とにかく価格を安くしたいと考えるユーザーの思いは、基本的に相容れないのです。

 

ドコモの公式カタログを見れば一目瞭然ですが、パケットパックにおいてはデータMパックとシェアパック15が「標準」とされているのです。

もしショップにおいて「パケットパックは標準にしておきますね」と言われて、特に気にせずそれを承諾してしまうと、使いもしないデータMパックの容量5GBを持て余す展開になってしまう可能性があるわけです。

これを防ぐためには、本当に自分の利用状況に今現在のプランが適正なのかを、正しく判断する必要があります。

実際に平均して自分がどれくらいの容量を使っているのかは、dメニューのお客様サポート(My docomo)から調べることができます。

それが難しいなら今現在自分がどれくらいの容量を使っているのかをショップやインフォメーションセンターで調べてもらった上で、どのプランを利用するかを「自分で」選択する必要があります。

そもそも判断には、個人差や誤差がつきものです。ゆえに、判断を人任せにしてはいけません。

 

料金プランについてはほかにも、カケホーダイプランをカケホーダイライトに変えなくてもいいか、もしシェアパック利用中で通話も少ないのであればシンプルプランの方が最適なのではないかスピードモードが無駄についていないか、シェアパックは必要なのか不要なのか、シェアパックがいいのか単独の方が得なのか、機種購入をするのであれば価格を最安値で利用可能なdocomo with(ドコモウィズ)対象機種を選んでいるかなど、見直しポイントは多いです。

 

特に、よく見逃されていることが多いスピードモードについては注意が必要です。

1GB追加オプションと違い、スピードモードは規定のデータ容量を超過すると自動的に上限を上げ、1GB1000円が課金されてしまうため、たとえ速度制限がかかって使い勝手が悪くなったとしても料金を上げたくない、という場合には必ず外しておく必要があります

このように、料金プラン全般をほんの少し見直すだけで、料金は大きく変わる可能性を秘めています。

 

料金見直しポイント2:無駄なオプションはついていないか

dマーケット系・ドコモ外オプションにも注意

次に見直すべきポイントも、よく言われる部分です。

有料オプションの見直しです。

昨今、紙ベースで料金内訳が送られてこなくなったため、どういう部分に料金が余分にかかっているのか気づいていない人も増えているのではないでしょうか。

インターネット上やスマホ上で簡単に確認できるとはいえ、その方法を知らない、知っていても調べない人の方がむしろ多いのではないかと思われます。

 

 

dTVdアニメストアdマガジンdヒッツなどのdマーケット系サービスや、パッケージング商品のおすすめパックあんしんパック、オプションパック、dヘルスケアパックなど、必要もないのにパックでついていないか、使ってもいないドコモ外の有料サービスが外し忘れて残ったままになっていないかなど、チェック項目は多いです。

確認してみると意外と一つや二つは残っているという人も少なくないはずです。

特に見直しをあまりしていない、毎月の料金が高いという人であれば、かなりの高確率で何かしら残っている可能性が高いと思われます。

無駄なオプションは早急に外しましょう。これだけで毎月の料金は劇的に安くなることもあります。

 

数万・数千円の有料オプションという嘘のような事実

ちなみに私の経験上、実に数万円単位で有料オプションがついていた、という嘘のような本当の知人の話もあります。このケースでは、小学生のお子様の様々な有料オプションへの無断登録が原因だったのですが、もう少し支払い金額に気を留めていれば、もっと早く気づけたはずでした。

さすがにそのようなケースは稀だとしても、数千円単位の無駄なオプションがついているというケースだと、利用総額があり得ない金額ではないために気づきにくく、そのままかなり長期にわたって放置されているというケースも十分あり得ます。

特に家族まとめて何回線も所有している場合は、料金がわかりにくくなりがちなので要注意です。

「ちょっと高いんじゃないか?」と少しでも感じたら、必ず内訳を確認する癖をつけましょう。

 

料金見直しポイント3:長期的視野に立てているか

dカード GOLDによる大きなメリット

次に見直すべきは、ポイントの獲得に関してです。

この点も実は、無関心だと気付きにくい見直し項目です。

最近は高効率でポイントを貯めていけるdカード GOLDやdポイントカードがあるにも関わらず、うまく利用できていないという人も少なくありません。

加えて、正しく内容を理解できていないために、逆に損をしているケースも多いのです。

 

 

長期的視野に立てば必ずプラスに働くdカード GOLDを、目先の年会費1万円に惑わされて「高すぎる」と思い込み、活用できていない人が非常に多いのです。

年会費1万円は高いけれど、毎月かかっている有料オプションは1000円~2000円分も平気でついている、ということもあるわけです。おかしな話ですね。

年会費1万円は月あたりで考えれば約830円程度です。

dカード GOLDのポイント付与率10%だけでも十分元をとれる可能性が高い上にそれ以外の特典も多数つくことを理解できれば、いかにドコモユーザーがdカード GOLDを利用しないことがもったいないのかがわかると思います。

例えば個人事業主の方であれば、ほぼ100%、メリットはあります。→「個人事業主/自営業ならdカード GOLDが最強にお得な理由

 

それでもどうしても年会費が気になるのであれば、ほかの部分で料金の見直しを実施して安くなった分で補っていると考えてでも利用するべきサービスです。実際にはそれ以上のメリットにあずかることができるので確実にお得です。

dカード GOLDが一体どういう点においてお得なのかが気になる方は、詳細内容は以下の関連記事を参考にどうぞ。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

ドコモ光利用でさらに輝く還元率

dカード GOLDの利用で優遇されるゴールドステージによるドコモ利用時の料金に対する10%還元は、ドコモ光にも適用します。そのため、ドコモ光を合わせて利用している場合には、dカード GOLDは最高に輝きます

また、ドコモ光利用でドコモ光パックが適用され、毎月の利用料金も安くなりますし、長期利用者ほどずっとドコモ割による割引還元をより多く受けることができます。

もしまだ、フレッツ光のまだだとか、他社光を利用しているということであれば、積極的にドコモ光への切り替えを検討するべきです。→「ドコモ光への転用のメリットデメリット

それだけでも全体としての費用はかなり圧縮できるものと思われます。

関連記事:ドコモ光は本当にお得なのか

 

究極の見直しポイント:そもそもドコモでいいのか

料金見直しも行きつくところまでいくと、結論としては必ずここに行きつきます。

すなわち、ドコモでいいのか。au、ソフトバンクの方がいいのではないか。

 

とりあえず大手三大キャリアの中で動いても、以前同様そこまで大きくは変わりません。最近は昔ほどには横並びの料金プランではなくなってきているものの、劇的に料金を安くしたいと考えるのであれば、やはり格安スマホ/格安SIMしかありません。

格安スマホ/格安SIMは、最近はもうずいぶん市民権を得てきましたので、ある程度理解できる人はさっさと切り替えている人も少なくありません。

ただ、一周回って最近は、逆に格安スマホ/格安SIMからの還流も起こってきています。

一度格安スマホ/格安SIMを利用してみてドコモの良さがわかった、という人もいれば、結局ドコモがなんだかんだで安心、という人もいます。

また2017年に入ってからは、ドコモがシンプルプランやdocomo withなどの格安プランを続けざまに発表していることも無関係ではありません。格安SIMとドコモの料金格差が、少しずつ埋まりつつあるのです。

 

いずれにしてもまだ、さすがに格安スマホ/格安SIMまでは考えていない、という人も少なくないと思います。

それはそれで一つの選択肢だと思いますし、中には、MVNOには替えない方がいい、替えてはいけないような人もいるわけです。→絶対にドコモからMVNO格安SIMにしてはいけない人

しっかり無駄を省いて効率よくポイント還元や特典を獲得し、賢くスマートフォンを利用していきたいところです。

 

ドコモの料金の限界地点

ドコモのiPhone/スマートフォンを利用していく中で、「どう頑張ってもこれ以上安くするのは無理だ」という限界点があります。

そしてその限界点は、電話やインターネットの利用容量が多い人ほど高くなります

どんなに安くしようとしても、そもそも利用が多ければ安くするのはなかなか難しいのです。

何より、昨今増えてきたスマホの料金プランの選択肢は、最低料金を引き下げるという方向性に基本的には動いており、ヘビーユーザー層にはほとんど刺さらない変更が多かったわけです。

そんな中でのウルトラデータLパックやLLパック、ウルトラシェアパックなどは、利用が元々多いユーザーにとって非常にありがたいパケットプランなのですが、料金が安くなるわけではないのです。基本的にむしろ高くなる可能性の方が高いです。

 

例えばこういう人がいたとします。

 

電話は毎日いろんな人にかなりかけます。仕事中の空き時間にかなり動画を見ます。家族はいません。独り身です。家でインターネットを利用する気は一切ありません。クレジットカードも持ちたくありません。

 

典型的な外出の多いヘビーユーザーです。

電話をたくさんかけるのでカケホーダイプランをライトプランにするわけにはいきません。

動画視聴も多いということなので、できればウルトラデータLパック程度はほしいところです。

家族がいないのでシェアパックも組めない(組む必要がない)、シンプルプランにもできない、家族まとめて割も使えません。自宅にパソコンがないのでそもそも家で過ごす時間は寝るばかり。自宅にドコモ光をひく気は一切なく、それでも明らかに利用が多いのでdカード GOLDが特別に輝くはずなのに、利用をしていないということです。

この状態であれば、どの面からみても割引も少なく、安くするのはほとんど無理です。これがドコモの限界です。限界まで到達したら、それ以上はその時点ではどうすることもできません。

 

ということで、その限界地点を突破するためには、これこそ完全にドコモからの脱出を図るしかありません。

「少しでも安く」の限界に達したら、OCNモバイルONELINEモバイルなど、自己責任でMVNO格安SIMを検討しはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事:「おすすめMVNO格安SIM

 

 - ドコモのサービス情報の裏