ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

mineoでんわ 5分かけ放題サービスの詳細まとめ

   

2017年3月1日より、mineo(マイネオ)の新サービスとしてmineoでんわ(マイネオでんわ)・5分かけ放題サービスが提供開始予定となっています。

すでに他社で提供されている5分かけ放題や、さらにその上をいく10分かけ放題と何が違うのか、現在提供されている通話定額20/30と何が違うのか、どう使い分ければいいのか、そしてどういうメリットデメリットがあるのか。

詳細内容を検証していきます。

参考:mineo公式サイトmineo

mineoでんわの5分かけ放題サービスとは

人気の格安SIMサービス・mineo(マイネオ)が新しく開始を予定しているmineoでんわ(仮)5分かけ放題サービスは、短時間の通話が多いユーザーに非常に便利に使える新サービスとなっています。

具体的な内容としては、以下の通りです。

 

サービス名 5分かけ放題サービス
提供開始時期 2017年3月1日
サービス内容 5分以内の国内通話が何度でも無料
月額料金 850円
初期費用 無料
利用方法 専用アプリ(mineoでんわ)をダウンロードしアプリから発信
番号通知 発信先には090/080番号がそのまま通知
5分超過時通話料 10円/30秒

 

すでに通話の「5分かけ放題サービス」は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアをはじめMVNOでも多数導入されていますが、今回のmineoでんわ・5分かけ放題サービスはそれに追随する形のサービスとなっています。

内容を見る限りにおいて、特別何か新しいサービス内容が含まれているわけではありませんが、今まで通話定額30/60では対処しきれていなかった通話に対する要望に応えられるようになると思われます。

 

5分かけ放題は通話定額30/通話定額60と何が違うのか

では、現在すでにmineoが提供している通話定額30/通話定額60と何が違うのでしょうか。

それには先に通話定額30/60の内容を知る必要があります。一覧にしてみます。

 

通話定額30 通話定額60
月額料金 840円 1680円
国内通話料 20円/30秒
時間超過後通話料 20円/30秒
申し込み 必要/翌月より適用
廃止時 日割りなし・当月分全額

 

つまり考え方としては、30秒20円で通話を30分利用した場合、1200円の通話料金がかかるところ、通話定額30であれば840円で抑えられるため、360円のお得になるわけです。

ひと月の間にどれくらい通話を利用するかによって、通話定額30にするか60にするか、それとも何も利用しないかの選択肢が変わってきます。

ここに、追加の選択肢として「5分かけ放題サービス」が追加されるわけです。

 

mineoでんわアプリを利用する5分かけ放題サービスでは、5分以内の通話であれば何度かけても通話料無料なので、完全に5分以内に通話を抑えられるのであれば、通話定額30/60よりも圧倒的にお得です。

月額料金も850円なので、通話定額30とほぼ同水準です。

5分刻みであれば、60分以上通話をしても850円なので、現在通話定額60を利用しているユーザーであっても、十分利用価値があると思われます。

 

さらに、規定時間超過後の通話料金について、通話定額30/60が30秒あたり20円なのに対して、5分かけ放題サービスでは、30秒あたり10円と半額になっています。これも大きなポイントと言えそうです。

 

mineoでんわ・5分かけ放題サービスの注意点

もちろん、mineoでんわ・5分かけ放題サービスには注意点もあります。

通話定額30や60と違い、5分を超過しての通話には、すぐに通話料金が発生してしまいます。そのため、通話定額30であれば一気に30分通話を利用してもそれ以外一切利用しなければ月額840円に抑えられますが、5分かけ放題で一気に30分電話をかけると、その時点で通話料が500円、基本料金と合わせると1350円かかってしまいます。

一度の長時間通話には向いていないので、使い方の工夫が必要になってきます。

 

5分かけ放題サービスはmineoでんわアプリを利用する

mineoで5分かけ放題サービスを利用する場合、申し込み後にmineoでんわアプリをダウンロードし、アプリから発信する形での利用となります。つまりは先頭に特定番号を付与して発信する、プレフィックス型の電話ということですね。

そのため、フリーダイヤル・ナビダイヤル・110番などには発信することができないため、それらにかけたい場合には、アプリを利用せず通常発信をする必要があります。

利用はAndroid/iPhone両方に対応しています。

 

大手キャリアの5分かけ放題と比較

5分かけ放題といえば、ドコモのカケホーダイライトやauのスーパーカケホ、ソフトバンクのスマ放題ライトなど、既に大手キャリアからは提供されているサービスです。

サービス内容も今回mineoから発表されている「5分かけ放題サービス」と大きな違いはないため、差別化は難しくなっています。

ただ、逆に言えば、大手キャリアと同等のサービスをmineoが提供開始することによって、もともと有していた大手キャリアに対する料金的アドバンテージを最大限に生かせるようになるわけです。

大手キャリアにとどまる理由が、これでまた一つ、減ったことになります。

 

他社MVNOとの5分かけ放題比較

むしろどちらかというと、mineoのライバルは同業者である他社MVNO事業者かもしれません。

最近5分かけ放題を提供開始したnuroモバイルなど、既に5分かけ放題を提供している事業者も多く、OCNモバイルONEワイモバイルのように10分かけ放題を提供開始しているところもあります。

LINEモバイルは5分かけ放題の提供こそないものの、LINEアプリを利用した無料通話はすでに多くのユーザーに利用されています。

こうした、他事業者との差別化は、今回のmineoでんわの5分かけ放題サービスでは実現できていないものの、今まで出遅れていた分を取り戻す、という意味では十分に意味があります。

 

mineoの契約者数は増加の一途をたどっており、MM総研によると2016年9月時点でそのシェアはOCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイルに次ぐ第4位まで上がってきています。

mineoの通話サービス以外のメリットは、他事業者に勝るとも劣らないものがあるため、今回の5分かけ放題サービスの開始によって、ますますmineoはそのシェアを伸ばしていくかもしれません。

 

参考:mineo公式サイトmineo


 - mineo(マイネオ)