ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

nuroモバイルの「時間プラン」で大容量動画を閲覧した感想

   

2017年2月より開始された、nuroモバイルの時間プラン。

一日あたり5時間までであれば、容量制限なく使い放題でインターネットの利用をすることができるという画期的プランで話題を呼びました。

今回、早速その話題のnuroモバイルを「時間プラン」で申し込みして、利用してみました。

普通にインターネットが利用できるのはもちろんなのですが、時間プランの使い勝手など、詳細とその感想をお伝えしていこうと思います。

 

関連記事:nuroモバイルのメリットデメリット

nuroモバイル公式サイトnuromobile

nuroモバイル・時間プランの使い方

nuroモバイルの時間プランの詳細については以前別記事にて解説しましたので、そちらを参考にどうぞ。
→「nuroモバイルの時間プラン詳細

今回は、そのnuroモバイルを早速申し込みし、利用できるところまで設定を進めてみました。
→「nuroモバイルの申し込み手順と契約時準備しておきたいこと

使い方、といっても、特別な方法があるわけではなく、普通の格安SIMの利用法と変わりません。

 

 

まずは送られてきたSIMカードを利用したいスマートフォンに入れる準備をします。

今回は、元々同じソニーネットワークコミュニケーションズの「0SIM」を入れて利用している「iPhone SE」で使ってみることにしました。

0SIMとの差し替えですね。0SIMのSIMカードを抜いて、nuroモバイルのSIMカードを差します。

ちなみに私の所有しているiPhone SEはSIMフリー版なのでnuroモバイルの格安SIMはそのまま利用可能ですが、ドコモのiPhone SEでもまったく同じようにSIMロック解除なしで利用することができます。

これはnuroモバイルがドコモの回線を借りてサービス提供している、ドコモ系MVNOであるがゆえの特徴です。

 

 

nuroモバイルのiPhone用APN構成プロファイルは0SIMと同じ

nuroモバイルのSIMをiPhone SEに入れたなら、あとはAPN構成プロファイルをインストールすればOKです。以下URLよりインストール可能です。

 

http://www.so-net.ne.jp/retail/i/

 

簡単にインストールできますので、あとはそのままインターネットを利用すると、nuroモバイルを利用したインターネット接続が可能となります。

ちなみに、今回私の場合は、元々同じSo-netの0SIMを利用していたため、「So-net APN(Ver.2)」というAPN構成プロファイルがはじめからインストールされている状態でした。

そして、0SIMとnuroモバイルの構成プロファイルは、どちらも同じで共通しています。

ゆえに何も設定することなく、単純に0SIMとnuroモバイルのSIMカードをそれこそ入れ替えるだけで、何も設定なしで利用することができました。非常に簡単で便利でした。

0SIMユーザーの方は、nuroモバイルのSIMカードは相性がいいので、一番の選択肢になると思います。

 

Androidスマートフォンの場合もAPN設定は0SIMと同じ

ちなみに、Androidのスマートフォンを利用している場合のAPN設定も、0SIMとまったく同じです。

一応記載しておきます。

 

ネットワーク名 so-net
APN so-net.jp
ユーザー名 nuro
パスワード nuro
認証方式 PAPまたはCHAP

 

0SIMを利用している場合には、上記APN設定が完了しているはずなので、そのまま設定変更一切不要でインターネットが可能となります。

ほかのSIMをもともと利用していたり、新しい格安スマホを入手した場合などは、上記APNを改めて設定すればOKです。

 

時間プランで「dTV」の大容量動画視聴

さて、無事nuroモバイルのSIMカードを利用して通信ができるようになったなら、あとは普通に利用していくだけです。

特にインターネットの利用に関して、nuroモバイルだから、という特徴は特に感じられません。通常通り、インターネットの利用は可能です。

そのnuroモバイルの特徴を最大限体感するために今回申し込みしたのが、「時間プラン」です。

 

1日5時間まで高速通信を使い放題で利用可能であり、その間、容量を使いすぎたことによる利用制限もないというのが特徴です。

この特徴がどういう場面で最も輝くのか、というと、やはり大容量の動画の視聴だと思います。

そこで、ドコモの動画視聴サービス「dTV」を使用して試してみました。

 

まず、問題なくdTVが視聴できるのか、ということですが、利用してみた結果、まったく問題ありませんでした。

特に途中で固まったりすることもなく、スムーズに視聴できました。

もちろん、仮にWi-Fi環境下であっても、作品の人気の度合いによっては固まったりうまく動作しないこともあるため、100%常に安定動作するとは保証できませんが、とりあえず普通の作品を普通に利用する分において、不都合を感じることはなさそうです。

 

とりあえずその動画を五分未満視聴した段階で、時間プランの「時間」の消費がどのように表示されるのか確認しようと思い、すぐに「ご利用者向けページ」にログインしてみました。

ご利用者向けページには、SIMカード台紙に記載してある電話番号とパスワードを利用してログインすることができます。

 

nuroモバイル・ご利用者向けページ
→ https://mobile.nuro.jp/mobile_contract/u/login/

 

 

ご利用者向けページでは、ログインした契約のプランや請求金額、そして時間プランにおいては「残り高速通信時間」を確認することができます。「5h/日」は時間プランを指し、「データ」はデータ通信専用SIMのことを指します。

 

 

dTVで5分未満だけ動画を視聴したあと、すぐにこのご利用者向けページで残時間を確認したのですが、その時点ではまだデータが反映されておらず、まったく通信を利用した形にはなっていませんでした。完全なリアルタイム反映ではないようです。

その後、5分ほど待って確認したところ、しっかり反映していました。

 

 

残り高速通信時間は「nuroモバイルのメリットデメリット」でも解説した通り、5分単位で消費していきます。動画視聴を続けると、上記の残時間が4時間50分、4時間45分、4時間40分・・・と、5分単位で減っていきます。

そしてその残りの時間に関しては、毎日午前0時にてリセットされ、また残り5時間から、となります。

極端な例ですが、例えば朝から日中にかけて一度も通信することなく、19時になれば、そこから24時までの5時間は、完全なる使い放題となります。何も心配することなく、思う存分利用できるというわけです。

仮にWi-Fi環境がなかったとしても、その5時間に関しては、残り容量などを一切気にすることなく大容量の動画を視聴し続けることができます。

 

外出先で大活躍のnuroモバイル時間プラン

私はもともとデータ通信のメインプランの一つとして、OCNモバイルONEの日コースを利用しているため、一日単位の料金プランにはなじみがありました。

そのため、時間プランの一日区切りの時間プランもそれほど違和感なく利用できています。

そしてこのnuroモバイルの時間プランは、実際に利用をしてみると、やはり遠出をするときに特に輝くと感じました。

 

遠出をする場合には、何かとインターネットで調べ物をする機会が増えます。

そのため、データ通信容量が少なめのプランだと、あっという間に上限に到達してしまいます。

これはOCNモバイルONEの日コースの場合も同様で、制限がかかっても日コースの場合翌日まで待てばいいものの、その当日中は制限にかかれば高速通信はできなくなってしまいます。

しかし、nuroモバイルの時間プランの場合には容量は関係ないので、大容量の通信を含めた調べ物をなどをいくらでも利用ができます。

5時間まで、という制限の中での調整はもちろん必要となりますが、そこさえ気を付ければ最強の使い勝手の良さといえるかもしれません。

 

nuroモバイル時間プランの弱点

nuroモバイルの時間プランは、時間内使い放題という特殊武器を持つため、使い方によっては十分メインの契約としての利用も可能です。

 

たとえば同じSo-netの0SIMの場合、安さでいえば最低0円からスタートという、業界で類を見ない激安料金を実現しているわけですが、0円の価格帯は月あたり499MBまでという制限が存在するため、なかなかシビアに容量調節をしていかないといけません。

そのため0SIMは、サブのSIMとしては輝くものの、メインの格安SIMとして利用するのは少し厳しい、という側面があります。

 

それに対してnuroモバイルの場合には、十分メインとして利用可能な使い勝手を実現してはいるものの、一方で弱点といえる部分としてはやはり、その料金ではないでしょうか。

データ通信専用SIMで2500円/月、音声通話SIMであれば3200円/月です。

この料金を高いと感じるか安いと感じるかは判断が難しいところですが、それこそ0SIMやSNS使い放題のLINEモバイルと併用したりするのもありかもしれません。少なくとも使い方の幅は大きく広がります。

 

例えばこのnuroモバイルのSIMカードをタブレットやiPadに入れて利用するという方法もあります。動画視聴もしやすくなりますし、メインのスマホの通信容量が切れた場合の補助としての役割を持たせることもできます。

少なくとも私は現在、この使い勝手の良さをなかなか気に入って利用しています。

料金と相談し、自分が所有しているキャリア契約や格安SIM全体での料金バランスを考えて、nuroモバイルの時間プランを追加候補に入れてみても面白いかもしれません。

 

nuroモバイル公式サイトnuromobile

 - nuroモバイル