ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

nuroモバイルの時間プランが画期的すぎる/詳細比較まとめ

   

nuro01

正直な話、独自性がなくてイマイチだなぁと感じていたnuroモバイルが、見事に化けました。

今回新しく発表された「時間プラン」は、今までにない発想で作られた新プランで、ドコモ・au・ソフトバンクはもちろん、ワイモバイルLINEモバイルなど人気のMVNOにもまったく存在しない新しいプランとなっています。

もちろん、それぞれのユーザーの利用状況にもよります。人によってはまったく必要ないと感じられる人もいるでしょうが、逆に、これしかない、というユーザーが実は結構な数存在するのではないかとも感じたわけです。

ということで、何がどう画期的なのか、詳しく解説していこうと思います。

まずは公式サイトを見るnuromobile

nuroモバイル「時間プラン」詳細

nuroモバイル「時間プラン」の詳細内容を見ていきたいと思います。

まず、月額料金です。

 

データ専用 SMS付き 音声通話付き
月額料金 2500円 2650円(2500+150) 3200円(2500+700)
高速通信 5時間/日

 

基本となる料金が2500円です。それに、SMSをつければ+150円、音声通話(SMS含む)をつければ+700円です。

MVNO格安SIMとしては、そこまで「激安」というほどではないですが、それでも大手キャリアなどと比べたらかなりの安さだと思います。

そしてこのプランの中で最も重要なのが、「1日5時間使い放題」という部分です。

今まで、大手キャリアも各MVNO事業者も、料金課金は常に「データ容量」によって行われていたところに、nuroモバイルは「時間」という概念を持ち込んできました。

1日の間に5時間までは高速通信が使い放題、しかもその間の容量制限なし。これがどれだけ大きなメリットをもたらすのかは、動画視聴やアプリダウンロード、ソフト更新やインターネット利用など、様々な利用シーンをイメージしてみればわかると思います。

 

時間プランの使い方・手動切り替え不要の自動適用

1日5時間まで高速通信が使える、というnuroモバイルの時間プラン。

では、その時間プランを利用している中で、高速通信を使うための切り替えはどうしたらいいのでしょうか。逆に、高速通信を使わない場合の切り替え方法などもあるのでしょうか。

時間で1日あたりの高速通信を区切る、ということは、切り替えはあってしかるべきなわけですが、nuroモバイルの場合、切り替え方法というものは存在しません。すべて、自動切換えです。

では具体的にどういう形で切り替わるのかというと、「高速通信時間への切り替えの注意事項」として公式サイトに記載があります。以下の通りです。

 

※契約者様による面倒な操作不要で、「シンプル」に、必要な時間だけ高速通信をご利用頂けます

※弊社のシステムで一定時間内に高速通信に切り替えるべき通信量を検知次第、5分高速時間をユーザへ自動付与します

※5分高速時間の満了時、動画閲覧中などにより、引き続き高速通信を維持すべき通信量を検知した場合のみ、さらに5分高速時間をユーザへ自動付与し、不必要な高速通信時間の消費を抑制します

 

つまり、nuroモバイルのシステム上で、高速通信に切り替えるべきだ、と判断できる通信容量が検知された場合に、一旦5分の高速通信時間が与えられるわけです。

さらに、その5分の高速時間を満了したタイミングで、引き続き高速通信を維持すべきだという判断がされた場合にはまた改めて5分の高速時間が付与される形となります。その繰り返しです。

5時間は300分なので、60回自動付与が行われた1日5時間が終了です。

 

参考:nuroモバイル公式サイトnuromobile

 

1回高速通信を利用したら、5分は使ったがお得

5分ごとの自動付与、という内容から考えると、一度高速通信に入ったなら、5分はそのまま利用した方がお得、ということになりそうだと考えて、nuroモバイルの「SIMサービスサポート」に問い合わせをしてみました。

例えば、一度高速通信を使うようなインターネットを利用し、2分で目的が終了したので一度通信をやめ、10分後にまた2分の利用をしたとしたら、合計4分しか使っていないのに、それぞれ5分ずつ自動付与されているために10分の消費になるのではないか、と考えたわけです。

確認の結果、やはりそういう計算になるということで間違いないということです。

つまり、nuroモバイルの時間プランは、高速通信利用時間が5分単位で消費されていくため、一度高速通信を開始したなら、最も効率よく利用していきたいと考えるならば5分をフルに利用したほうがいい、ということです。

 

そもそも1日5時間も高速通信を使うのか

時間内なら高速通信が使い放題で利用できることはわかったけれど、一日24時間ある中のたった5時間しか利用できないのでは、全然足りないのではないか、という心配をする人もいるかもしれません。

特にヘビーユーザーの場合は、確かに5時間という制限は気になるところですね。

本当に1日5時間、使うのか」が大きなポイントです。

 

自宅で夜に延々と動画を視聴する、という人や、休みの日に一日動画を見て過ごしている、という人であれば確かに5時間では足りません。しかしその場合は自宅に光のインターネットを契約してWi-Fi環境を作った方がいいでしょう。

以前人から聞いた話ですが、長距離でトラックや自動車を運転する仕事をしているため、その間中、youtubeで音楽だけを流している、という人がいるそうです。加えて、休憩中に動画をタブレットで視聴するため、容量がいくらあっても足りないと。

さすがにこのケースでは他の方法を模索した方がいいレベルなので、nuroモバイルどころか大手キャリア、他社MVNOでもなかなか拾いきれないケースだと思います。

 

しかしそうしたケース以外で1日5時間、そう簡単には使い切れない時間ではないでしょうか。

 

朝一時間も利用しますか?

昼の休憩中、ずっと利用していますか?

学校や仕事の時間中に利用しますか?

帰宅中に利用することがありますか?

帰宅してから自宅で、Wi-Fi環境以外で通信を利用しますか?

 

自分で一度、一日どれくらいの時間スマートフォンやiPhoneを利用しているのか、計ってみたらいいのかもしれません。

思った以上に、利用していないかもしれませんよ。

 

参考:nuroモバイル公式サイトnuromobile

 

nuroモバイル「時間プラン」で注意したいケース

nuroモバイルの時間プランを利用する際に注意したいのは、やはり、こまめな通信を行うことが多い人の場合です。

つまり、仕事中の空き時間にほんの数分、インターネットを利用するが、とにかく回数が多い。このケースです。

なぜなら、前述したように、nuroモバイルの高速通信は自動適用で5分単位で消費していきます。

あまりに細かく通信を行ってしまうと、その都度5分、消費してしまうわけです。

5時間=300分、つまり60回更新を繰り返すと、それで5時間が終了してしまいます。

仕事中などに20回も30回もインターネットをチェックするとか、SNSをチェックするというようなケースには不向きと言えます。

逆に言えば、LINEやFacebook、Twitter、Instagramなどの細かいチェックが多いユーザーであれば、それらの通信容量をカウントしないコミュニケーションフリープランを持つLINEモバイルの方がおすすめです。

 

nuroモバイルで通信制限がかかったら

nuroモバイル「時間プラン」は、1日の利用時間を使いすぎると、速度制限がかかってしまい、200kbpsでの通信を余儀なくされます。

さすがにその速度では遅すぎて何もできない、というような状況に陥ってしまいますが、ではもし、速度制限がかかってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。

通常プランの場合には、別料金を支払うことで高速通信を利用できる容量を追加することができますが、時間プランの場合には速度制限がかかったとしても追加をすることはできません。

なぜなら、1日ごとのプランであるため、次の日になったら速度制限が自動解除されるので、わざわざ追加をする必要がほとんどないのです。

それでもどうしても次の日まで待てないという場合には不便かもしれませんが、少しの我慢で次の日はまた5時間利用できるのですから、それほど大きな問題にはならないと思われます。

 

nuroモバイル「時間プラン」とOCNモバイルONE比較

シェアNo.1MVNOのOCNモバイルONEは、独自の「日コース」という特徴的なプランがありますが、nuroモバイルの時間プランは、内容は違えど同じ1日単位のプランであるという点が共通しています。

どちらも、次の日になれば速度制限が解除されるため、速度制限がかかった状態が継続するということがほとんどないため、非常に使い勝手がいいプランになっています。

プラン内容については、OCNモバイルONEの日コースが、「110MB/日」か「170MB/日」で選択できるのに対して、nuroモバイルは1日5時間という時間で区切ってある点が大きく異なる点です。

月額料金もOCNモバイルONEの110MB/日コースが900円、170MB/日コースが1380円であるのに対して、nuroモバイルは2500円なので、最低限の利用しかしないというユーザーにはOCNモバイルONEはメリットがあります。

ただし、1日110MB、170MBでは到底動画などは視聴することができません。

一方で、nuroモバイルの場合には、5時間までなら容量無制限なので、いくらでも動画が視聴できます。2時間の映画も2本は視聴できる計算です。

利用方法によって、このあたりの選択肢は変わってくると思われますが、今まで以上に、大きな容量を使うユーザーにとっても、nuroモバイルは大きなメリットがあるプランといえそうです。

参考:nuroモバイル公式サイトnuromobile

 

nuroモバイル「時間プラン」とLINEモバイル比較

 上記項目で解説した内容の通り、nuroモバイル最大の弱点は、細かく高速通信を行う場合です。

このケースで多いのは、やはりLINE、FacebookなどのSNSを利用するケースだと思いますが、そのSNS利用時の通信容量をカウントしない「コミュニケーションフリープラン」を持つのがLINEモバイルです。

LINEモバイルの場合、10GBが2640円なので、ここがnuroモバイル「時間プラン」との比較ポイントとなります。音声通話付きの場合でも3220円です。

仮に、一ヶ月の間にデータ容量を10GB内に抑えられるのであれば、高速通信をどれだけ細かく実施しても、SNSを非常に頻繁に利用したとしても、利用容量にカウントしないLINEモバイルはやはり最強です。

ですが、動画を毎日2時間ずつ視聴する、というようなケースであれば、nuroモバイルが確実に有利です。

自分の使い方に合わせて、両SIMサービスから選択すればいいでしょう。

参考:LINEモバイル公式サイトLINEモバイル

参考:nuroモバイル公式サイトnuromobile

 

もっと安価な2時間プランがほしい

ここからは、願わくば、という話です。

私のようなライトユーザーの場合、それほど大きな容量も長時間の使い放題も必要ないので、5時間といわず、1日2時間でいいのです。

2時間で、料金は半額以下の1000円でどうでしょうか。

これなら大容量を必要とするユーザーのみならず、ライトユーザーをも取り込めるのではないかと思うわけです。

せっかく特徴ある独自プランが登場したのですから、今後さらに進んで、こうしたプランが登場してくれるのを期待したいと思います。

 - LINEモバイル, nuroモバイル